• トレンド
  • 節約しながらダイエット?両立させる方法はこれ!
節約ダイエット

節約しながらダイエット?両立させる方法はこれ!

一人暮らしを始めると問題になるのが、生活費の管理です。自炊に慣れていない人は外食が多くなり、出費がかさんで節約 […]

posted on 2018.11.07

一人暮らしを始めると問題になるのが、生活費の管理です。自炊に慣れていない人は外食が多くなり、出費がかさんで節約ができないこともあるのではないでしょうか。さらに外食は高カロリーになりやすく、続けると太るリスクが高くなります。ダイエットをしようとしても、市販のダイエットフードやサプリメントは高額で、継続するにはさらなる出費に。そこで、一人暮らしを始めてから太ったという人のために、節約とダイエットを両立させてくれる低価格食材と、食費をセーブしながら健康的に痩せるレシピを紹介します。

 

実は関係が深いダイエットと節約

肥満

節約とダイエットの間には深い関係があります。太ることの要因は第一に食べすぎですね。食べすぎが癖になっている人は、それだけ食事にかけるお金が多くなっているということです。そのため、無駄な出費が重なってお金がたまらないばかりか、1回の食事の量が多いので太ってしまいます。

食べるためにはお金を使わなくてはいけません。だらだらと食べている人はだらだらと出費をしているようなもの。こうしたことから、節約がうまく行っていない人には太っている人が多いのです。

食べすぎの原因にはいろいろなものがあるでしょう。話題のスイーツはチェックしておきたい人、ストレスがたまって過食してしまう人。そしてこのような習慣がすべて食費の無駄づかいとなって、節約の邪魔をするのです。

高額なものは高カロリーであることも多い

一人暮らしを始めてから太ってしまったと言う人は、外食が多くなったことと同時に食事の献立作りに問題があるのかもしれません。自身で食事を用意するようになると、まず悩むのは何を買ったらいいのか。商品の底値やどこで買うのがコスパが良いのなどが分からないので、知らない間に高額なものを買ってしまう。

また、料理が得意ではない人は、すでに下味が付けられた肉やお惣菜ばかり買っている場合もあるでしょう。しかしこのような食材は脂質や糖質が高く、高カロリーです。また味付けが濃くなっているのでついつい食が進んで米飯なども食べ過ぎてしまいます。

もちろん、自炊に比べて割高にもなっています。そのため、出費も多くなりますし太る原因にもなってしまうのです。高額な食材は、ダイエットの大敵なることもあるのです。そして一人暮らしを始めたばかりのころは、このような太りやすい食事に陥りやすいリスクがあるのです。

このことを良く知っておいて、自炊の習慣をつけたり、スーパーを複数見て何が安いかの知識を深めることが必要です。食事の内容を管理したり、出費を抑えることに繋がるからです。

お金がない人と太っている人の共通点は

節約とダイエットには密接な関係があることを紹介しました。そこでさらに太ってしまう人ととお金を貯められない人の間にどのような共通点があるのか見ていきましょう。お金を使えば使うほど太ってしまう原理が見えてきます。

惰性でお金を使ってしまう人

ハンバーガー

コンビニやファーストフードなど手軽なお店を利用する習慣がある人は、ダイエットや節約がうまくいっていないかもしれません。こうした店舗は街中のいたるところに展開していますね。そのため、仕事帰りにちょっと、とかコーヒーが飲みたいからちょっと、など無意識に無駄使いをしてしまうのです。

コンビニなどに入ると、商品数が多いので目的のもの以外にもついつい買ってしまうことも。そしてそれを食べているのだから当然太ることにつながります。

料理が嫌い

自炊

自炊は節約のためには欠かせません。ですが今まで実家暮らしで人に食事を作ってもらっていたので、自分で作れない、作りたくないという人も多いのでは。

だからといって外食を続けたりコンビニのお弁当ばかり食べていると、毎日お金を使うことになるので節約にはなりません。またすでに述べたようにカロリーも高い食事です。健康管理のためにも自分で料理することは必要です。料理が嫌いだという人は太るのと同時に無駄な出費というリスクも抱えていることを認識しましょう。

得用サイズ品ばかり買ってしまう

お得なビッグサイズのお菓子やおつまみもあります。節約のためと考えそうした商品ばかり買うのは逆効果な場合もあります。確かに単価で考えるとコスパはいいのですが、問題は入っている量が多いことです。

つまりそれだけたくさんの量を食べてしまうと言うことです。特にスナックやチョコなどは糖質が高く血糖値を上げやすいので、たくさん食べるとそれだけ脂肪に変わりやすくなります。さらに徳用とはいっても販売価格は高いので、結果として無駄使いになってしまいます。

すぐご褒美を買ってしまう

自分へのご褒美は大切です。仕事を頑張ったあとや疲れているときは、心と体に活力をつけるためにも必要なことです。しかしそれが癖のようになってしまうと、少し考え直す必要がでてきます。ご褒美が増えることは、自制心がなく自分に甘くなっている証拠かもしれません。ご褒美のためのお菓子やお酒はあくまで特別なシーンだけにしましょう。

我慢するのがいや

一人暮らしを始めることは大人の仲間入りという面もあります。そのため、自分で自分のことをしっかり管理して必要な出費とそうでないことのメリハリをつけなくてはいけません。ですが、いつまでも子どものようにわがままで我慢するのが嫌いという人も中にはいるのです。

ダイエットしたいけどお菓子は食べたい、節約したいけどほしいものは買う。目的のために我慢するということができないひとは、太りやすいですしお金もたまりません。

節約にもダイエットにもある程度我慢することは必要です。食べたいもの、ほしいものを買わずに決まった額の生活費で毎日のやりくりをする。そうした習慣が身につかなくてはいけません。

節約とダイエット、双方の見直しを

節約ダイエット

お金がたまらず太ってしまう人の傾向として次のようなものが見えてきます。

  • 料理がきらいなど自己管理ができない人
  • 自分に甘い人
  • お金の使い方にメリハリのない生活をしてしまう人。

つまりお金に関しても食事に関しても、良くない習慣がついてしまっていると言うことです。そこで今の自分のお金と食事の実態を変えていかなくてはいけません。まずは見直しをしていきましょう。

自分の生活を視覚化する

まず、ダイエットがうまくいかないことと節約がうまくいかないことの原因を知るために、自分の1日を視覚化することが必要です。視覚化するとは、日記やメモ、動画あるいは音声で食事の内容や出費を記録することです。

目に見える形にすることは大きな意味を持っています。自分が普段食べているものの内容、毎日使っているお金の金額が、意識的に確認できるからです。太っていて節約がうまくいかない人ほど、習慣的に無駄使いしていて、お金を使っているという認識が甘いことがあります。

そうした状況を打破するために、レシートを写真に取ったり、家計簿を付けてみたり、携帯動画で食事の内容を記録して見ましょう。支出が予定していた生活費より多いとき、高カロリー食が続いているときは、ダイエットも節約もうまくはいきません。

「やる」「やらない」のメリハリをつける

節約もダイエットも、あまり最初からがんばりすぎると長続きしません。太りやすいひとは我慢が苦手という傾向もあるので、極端なカロリー制限、食費の制限はストレスしか与えないのです。

そこで、買い物する日、運動する日を週のこの日とこの日、と言った具合に決めておいて、生活にメリハリをつけましょう。この日はお金を使っていいけど、今日は使わないからお店には行かない、今日は休むけど明日はしっかり運動をする。

買い物ならば1週間分の食材を買いだめして、買った分で作れるものを作るようにすると無駄使いが減ります。とにかくお店に行けば行っただけお金を使ってしまうので、まずは行かない日を作ることがポイントです。

運動も毎日続けようとすると、いったんはうまく行ってもある日飽きてしまうとそれっきりになります。体を動かす日と休む日のメリハリをつけるのが長続きさせるためのコツです。好きな番組をいくつか決めておいて、これを見ている間は筋トレやストレッチをするなどのルールを決めましょう。

はっきりとしたゴールを決める

やみくもに買い物をやめたり、食べる量を制限するとストレスになって、痩せたとしてもリバウンドしてしまうかもしれません。そこで、ダイエットを始めるときは「何月何日まで続ける」「何キロ痩せる」など数字や期間のゴールを明確に決めておきましょう。そうすることでモチベーションを維持して途中で挫折するのを防ぐことができます。

食費の場合も、1週間分はこれだけ、と決めたらその金額しかお財布に入れないようにします。そしてその決まった金額で上手にやりくりできるようにするのです。

最初にゴールを設定しておくと、その後で計画的に動けるのでダイエットや節約には有効です。はっきりした目標がイメージできていると、いつ何を買って、どんな運動をすればいいのかなどが頭に入りやすくなります。一番よくないのは無目的に始めることです。何故節約するのか、何故ダイエットするのかの目標を常に掲げていれば、どんなことでも長続きできます。

節約とダイエットを成功させるための便利食材

ダイエット食材

ダイエットをしながら節約も成功させるには、ローカロリーで低価格な食材で自炊することが一番です。おすすめ食材を紹介します。

もやし

もやし

気候の影響を受けず安定した供給が可能なので、常に低価格で購入できます。100g当たり14キロカロリーと低カロリーであり、食物繊維やビタミンなども含んでいます。

豆苗

とうみょう

もやしと同様に安定供給が可能な上に低価価格で、栄養価も高く注目されている野菜です。ダイエットで陥りがちな低栄養状態を防ぐことができます。

豆腐

豆腐

ダイエット中はタンパク質をとったほうがいいですが、より低カロリーなのが植物性蛋白。特に豆腐は煮物、炒め物、鍋など用途も幅広く使い勝手がいいのが利点です。

鶏胸肉

鶏胸肉

食肉の中でも脂質が低くカロリーも低いのでダイエットには最適です。価格も安いので節約にもなります。

 

節約食材を使ったダイエットレシピ

低価格低カロリーの食材を使ったメニューで、お金を節約しつつ上手にダイエットをしていきましょう。野菜も多めにとればきれいに痩せることができます。

豆腐と豆苗の水晶鶏鍋

【材料】 鶏胸肉1枚、豆腐1丁、豆苗1株、酒:大匙1、片栗粉:大匙1、昆布だし:適量

【作り方】
鶏胸肉1枚は皮と取ってフォークで全体に穴を開け、薄く削ぎ切りにします。鶏肉に酒をもみこんで、片栗粉をまぶし、沸騰したお湯で軽くゆでる、ざるにとります。
鍋に昆布だし(顆粒だしでも可)を沸かし、煮立ったら豆腐と鶏肉を入れて煮込み、火を止める直前に豆苗を入れる
好みでポン酢などをつけていただきます。豆苗は煮すぎると硬くなるので最後にいれるのポイントです。

鶏胸肉ともやしのつくね焼き

【材料】
鶏胸肉ひき肉200g、もやし100g(袋に半分程度)、片栗粉:加減を見ながら、塩コショウ:適量
酒、醤油、みりん、砂糖:各大匙1

【作り方】
もやしはみじんぎりにし、水分が出るのを抑えるために片栗粉をまぶしてきます。ひき肉に塩コショウをして粘りが出るまで練り、もやしを加えて固まりになるまでさらに練っておきます。
熱したフライパンに油(分量外)をしいて、スプーンで丸く成型したつくねを焼き、焼き色がついたら中弱火にしてひっくり返し、蓋をして蒸し焼きにします。
火が通ったら酒、みりん、砂糖、醤油を回しいれて、強火にし照りがでるまで煮詰めます。

もやしと鶏肉の胡麻和え

【材料】
鶏胸肉1枚、もやし200g、中華風出汁のもと:小匙1.5、ごま油:小匙2、すりごま:適量
【作り方】
鶏胸肉は酒(分量外)をふって600ワットのレンジで3分ほど加熱しておきます。(機種によるので様子を見ながら)
加熱が終わったら荒熱が取れるのを待って、手で細かく割いておきましょう。
もやしに顆粒だし、ごま油を混ぜて耐熱ボウルにいれ、600ワットのレンジで2分加熱。取り出して鶏肉とすりゴマで和えます。

節約素材を使っておいしくダイエット

まとめ用

ダイエットの大敵は食べすぎ。そしてつい食べ過ぎてしまう背景には、お金の使いすぎというものがありました。節約とダイエットはとても密接したテーマです。おいしく食べてダイエットをするためにも、普段の自分の食生活や会計を見直し、安い食材を上手に買えるようになりましょう。

その上で低価格低カロリーメニューを自炊するようにすれば、食べすぎてもカロリーオーバーを抑えられますし、栄養バランスも整って健康的なダイエットができます。

節約ダイエット

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter