• トレンド
  • サラバおデブ!ダイエットを成功させる5つの秘訣

世の中にはたくさんのダイエット情報が溢れていて、次から次へと新しいダイエット法が流行しては消えていきますよね。 […]

posted on 2018.11.05

世の中にはたくさんのダイエット情報が溢れていて、次から次へと新しいダイエット法が流行しては消えていきますよね。今まで多くのダイエット法に挑戦しては失敗を繰り返してきた方も多いのではないでしょうか?失敗してきた原因を探って、今度こそ最後のダイエットにしましょう!

なぜ失敗する?あなたがダイエットに失敗してきた10の原因

woman-with-a-sign-in-the-face-with-a-question-mark_1134-555

無謀な計画

例えば1ヶ月で10kg以上痩せるような計画だと、達成するためには相当の我慢を強いられるためストレスが溜まりやすく、そもそも達成するのがかなり難しいため、挫折する確率が高くなってしまうのです。目標を立てる時には、無理のないペースで現実的に達成できるものにしましょう。

リバウンド前提の短期決戦型

「とりあえず痩せられれば良い」というような考えで、目標達成後にその体型をキープしていくことを全く考えていないと、リバウンドを繰り返すことになってしまいます。しかも、減量とリバウンドを繰り返すたびに脂肪ばかりが増えて筋肉が減ることによって、太りやすく痩せにくい体質に変化していってしまうため注意が必要です。

糖質制限ダイエット

短期間で効果が出やすいため大流行したダイエット法ですが、「糖質制限中は痩せたけど、その後にまた糖質を摂るようになったらリバウンドした」という体験談が多いため注意が必要です。そもそも日本の食生活では、主食となっている炭水化物を抜いた生活を長期間続けるのは難しかったり、おかずだけで食事を用意すると食費がかさんでしまうというデメリットがあります。

食べないダイエット

極端に食事量を制限する「食べないダイエット」では、必要なエネルギーが入ってこないことで体が飢餓状態になってしまい、エネルギー消費を抑える省エネモードになってしまう危険性があります。そうすると、あまり食べていないのに痩せないという状態を作り出してしまい、体はエネルギーを強く欲するために突然の暴食を引き起こす原因にもなりかねません。しっかり食べて健康的に痩せるのが一番ですよね。

スタートダッシュで頑張り過ぎた

ダイエットを決意すると、初めはやる気満々の状態なので食事制限や運動など、一気にいろんなことを始めてしまいがちですが、急に多くのことをやろうとすると、挫折しやすくなってしまいます。また、最初から出来る限りのことを全てやってしまうと、停滞期がやってきてしまった時に打つ手がなくなってしまうため、小さなことから少しずつ段階を経ていくようにしましょう。

体重に振り回されてしまう

私たちの体に蓄えられた脂肪は、たった1日で突然1kgも増えたり減ったりすることはありません。しかし、体内の水分量の変化や便秘などによって体重は大きく変動することがあります。それを「太った」と思って落ち込んだり、「痩せた」と思って喜んだりして一喜一憂していると精神的に疲れて挫折しやすくなってしまいます。

停滞期で挫折してしまった

ダイエットを続けていて、最初のうちは順調に体重が減っていったのに、途中で急に減らなくなることがあります。しかし、この「停滞期」はダイエットが順調な証拠であり、この時に体重が減らなくても諦めず、気長に取り組むことが重要です。

仕事が忙しい

せっかくダイエットを決意して、食事や運動の計画を立てても、仕事が忙しくて実行する時間が無くて中断してしまったという方も多いのではないでしょうか。計画通りに進められないことによって罪悪感やイライラを感じてしまうようであれば、仕事が忙しい時期は避けたり、忙しくても無理なく継続出来る簡単な内容の計画を立てましょう。

睡眠不足

ダイエット中に食事や運動をしっかり頑張っているのに、睡眠時間に関しては特に気にしていないという人が多いですが、実は睡眠もダイエットに影響があるのです。睡眠が不足していると、食欲増進ホルモンであるグレリンが増加し、食欲抑制ホルモンであるレプチンが減少する傾向があるため、注意が必要です。

お酒がやめられない

お酒が大好きな人にとっては、ダイエット中の禁酒は辛いですよね。全て禁止にしてしまうと我慢の限界がきて挫折してしまいやすいので、週に1回などルールを決め、種類や飲み方に気をつけて、上手に付き合っていきましょう。

ダイエットに欠かせない3つの要素とは

①意思の力に頼らない

ダイエットといえば「我慢」のイメージが強く、意思が強くなければ成功しないと思っている方が多いですが、ストイックな食事制限や運動はいつか我慢の限界がやってきてしまい、一生涯続けていくことは難しいのです。そのため、意思の力でねじ伏せようとするのではなく、食べ物を口にする時に「意識すること」が大切です。毎回、本当にお腹が空いているのか、今それを食べる必要があるのか、自分に問いかけるようにしてみましょう。

②ダイエットは期間限定のイベントではない

ダイエットを成功させる要素は、期間限定のイベントとして捉えるのではなく、今後一生続いていくものとして考えましょう。また、ダイエットを頑張ろうと思って気合いを入れてしまうと、だんだんと疲れが出てきて、頑張れる時期とやる気が出ない時期の波が出来てしまいます。そのため、あくまでも平常心を保って日々やるべきことを淡々と継続していきましょう。

③ムリなく続けられる自分に合った方法を見つけよう

さまざまなダイエット情報が溢れていますが、効果が出るか出ないか、継続出来るか出来ないかは、非常に個人差が大きくなっています。そのため、芸能人や友だちが上手くいったという方法をマネしてもあなたには合わない可能性があります。気になった情報はまず試してみて、ムリなく続けられそうなものだけ取り入れていきましょう。

ダイエットを成功させる5つの秘訣

appetite-bowl-centimeter-1332189

<食事編> 食事の「質」を改善

ダイエットというと「食事量を減らす」というイメージが強いと思いますが、食べないダイエットは空腹を我慢するのが辛く、体も栄養不足になってしまうため、かえって痩せにくくなってしまいます。食べる量を減らすことよりも、体に悪いジャンクフードやお菓子を減らして、栄養価が高いものをしっかり食べることを心掛けましょう。食事の「質」を意識していくことで、今までの「太りやすい食習慣」が改善され、リバウンドも防げます。

<運動編> 筋トレで痩せやすい体質にチェンジ

体重を減らすためには「摂取カロリー<消費カロリー」の状態にすることが重要です。そのため、カロリー消費を期待してランニングなどの有酸素運動に取り組む人が多いですが、実は筋トレの方がダイエットには効果的なんです。筋トレによって筋肉量が増えることで、安静にしている時でもカロリーを消費する基礎代謝量が増え、痩せやすい体質へと変化させることが出来ます。筋肉は使われなければ加齢とともにどんどん減少していってしまうため、筋トレを取り入れていつまでも若々しい体をキープしていきましょう。

<マインド編> ①自分を信じる

ダイエットは、開始することも終了することもあなたが自分自身で決めることが出来るので、「わたしには出来ない」と諦めてしまえば、そこですべて終了してしまうのです。成果が出るまで継続できるかどうかは、自分自身を信じられるかにかかっています。もしダイエットが辛くなったり、誘惑に負けそうになってしまった時には「わたしは絶対に達成出来る」と自分を信じるようにしましょう。

<マインド編> ②他人と比較しない

痩せやすい、痩せにくいという体質は個人差が大きく、たくさん食べても太らない人もいれば食事制限をしていてもなかなか痩せない人もいます。自分が思うような結果が出ない時に、ダイエットが順調に進んでいる人と比較してしまうと「自分はこんなに頑張っているのに…」と落ち込んでしまうかもしれません。友だちと一緒に頑張って励まし合うのはモチベーション維持のために良いことですが、自分と比較しないように気を付けましょう。

<マインド編> ③自分を責めない

ダイエットを続けていると、時には誘惑に負けて食べ過ぎてしまったり、運動をサボってしまう時もあると思います。そんな時に自分を責めてしまうと、余計にストレスが溜まってドカ食いを引き起こしたり、ダイエット自体を投げ出してしまいかねません。「こんな日もあるよね」と気楽に考え、早めに319気持ちを切り替えるようにしましょう。

注意!ダイエットを成功させるのに絶対押さえておきたいポイント

ストレスはダイエットの大敵

ダイエット中は食べたいものを我慢したり、慣れない運動をしたり、ストレスが溜まりやすいですよね。しかし、ストレスが溜まるとドカ食いを引き起こしてしまったり、便秘や肌荒れ、睡眠の質が低下を引き起こし、ダイエットが上手くいかない原因になりかねません。自分にご褒美をあげたり、リラックスする時間を設けるなど、早めのストレス解消を心掛けましょう。

体重で一喜一憂する必要はない

私たちの体に蓄えられている脂肪は、1kgあたり約7200キロカロリーといわれており、たった1日で体脂肪が1kgも増えたり減ったりすることはありません。しかし体重は、胃腸の内容物や、むくみなどによる体内の水分量の変化によって1~3kgくらいあっという間に変動します。そのため、体重はあくまで目安として考え、数値に振り回されないようにしましょう。

誰にでも停滞期はやってくる

せっかく順調に体重が減っていたのに、突然まったく減らなくなる「停滞期」がやってくることがあります。これは、人間の「ホメオスタシス(恒常性)」という性質によるもので、体内機能を一定に保とうとして少ない栄養でも今までと同じように活動できるよう省エネモードになってしまうのです。期間は個人差があり、2週間~2ヶ月ほど続く場合もありますが、省エネモードが解除されればまた今までと同じようにエネルギー消費が始まります。心が折れそうになりますが、諦めずに今までのダイエットを継続し、再び体重が減り始めるのを気長に待ちましょう。

秘訣を押さえて、ダイエットを成功に導こう!

即実践!太りにくい食べ方ルール

■よく噛んで食べる
■肉・魚・卵で積極的にたんぱく質を摂取
■スープや味噌汁など温かい汁物を取り入れる
■夜遅い時間帯の食事は避ける

私たちの体は食事をした後、食べた物を消化・吸収する時に内臓の動きが活発になり、熱が発生してエネルギーを消費する「食事誘発性熱産生(DIT)」という働きがあります。1日のエネルギー消費量のうち、約1割を占めており、食材の選び方や食べ方、食事を摂る時間帯によってエネルギー消費量が異なってきます。上記のポイントを押さえておくことで、食事誘発性熱産生を高め、エネルギー消費量を増やして脂肪燃焼効率を上げることができます。

ダイエット中のお酒の飲み方

お酒の種類によって含まれる糖質の量が異なるため、なるべく糖質が少ないお酒を選ぶのが最大のポイントです。ビールや日本酒の醸造酒は避けるようにして、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒を飲むようにしましょう。また、実はお酒よりもおつまみを食べ過ぎて太ってしまう事もあるので気を付けましょう。

日常生活の中で運動不足解消

運動不足が気になりつつも、ジムに通ったり、ウォーキングやランニングなどまとまった運動の時間を確保するのは難しく、ハードルが高く感じられてしまいますよね。そこで日常生活の中で、いつも使っていた駅のエスカレーターを階段に変えてみたり、バスや電車を一駅手前で降車して歩いてみたり、最寄りのコンビニより少し遠い店舗に行ってみるなど、手軽に出来る身近な運動から始めてみてはいかがでしょうか?

ダイエット中でも食べられるオヤツでストレスフリー♡

ダイエット中は甘い物を完全に禁止してしまうと、かえって食べたくなってしまったり、我慢することでストレスが溜まって挫折してしまう可能性があります。ダイエット中でも罪悪感なく食べられるオヤツを取り入れて、適度に息抜きしながらストレスフリーなダイエットを継続していきましょう。

<プロテインバー>

<0kcalゼリー>

<80kcalアイスクリーム>

食べ物以外でのストレス解消法

お腹はそんなに空いていないのに何か食べたい、口寂しくてついつい食べてしまう、イライラして甘い物が食べたくて仕方ない…など、純粋な空腹感ではなく、ストレスから食に走ってしまう方には食べ物以外でのストレス解消がおススメです。リラックスできる癒しタイムで、ストレスを解消しましょう。

<アロマテラピー>

<セルフマッサージ>

<ハーブティー>

あなたのペースでストレスフリーなダイエットを

今までなぜ何度もダイエットに失敗してしまったのか、自分自身を見つめなおして原因を見つけることは出来ましたか?ダイエットは期間限定の一時的なイベントではなく、一生続いていく長期戦です。痩せるための重要なポイントは押さえつつも、あなたに合ったやり方でマイペースに続けていきましょう。

01

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter