• トレンド
  • 脂肪燃焼しやすいタイミングは朝!朝ジョギングで体脂肪を減らす・・・
アイキャッチ画像

脂肪燃焼しやすいタイミングは朝!朝ジョギングで体脂肪を減らすコツ

ジョギングはここ数年ダイエット方法として最近注目されてます。とはいえただ単にジョギングしているよりも適切な時間 […]

posted on 2018.11.05

ジョギングはここ数年ダイエット方法として最近注目されてます。とはいえただ単にジョギングしているよりも適切な時間帯とスピードをもって行うことではるかに効率を上げることを知っている人は少ないと思います。今回は、朝ジョギングとそのスピードを紹介するとともに、オススメの朝食を紹介していきます。

朝ジョギングは脂肪が燃焼しやすい

ジョギングには理想的なタイミングがあります。それがこれから紹介する朝ジョギングです。ジョギングは、有酸素運動でウォーキングやランニング、水泳などと同じようにダイエットを期待できる運動です。

それだけではなく健康維持や美容効果も期待できる有酸素運動なので、非常に期待されている運動です。さらに行われるタイミングによってその効果も変わってくるので適切なタイミングで行うことが大事になってきます。

脂肪燃焼をするためのタイミングとしては「朝」に行うことがベストだと言われています。

朝ジョギングで1日脂肪燃焼しやすい体に

朝ジョギングがなぜ理想的なタイミングなのかをここからは紹介していきます。まずは脂肪燃焼効果が高いことが大きな理由の1つになっています。
これは朝食前にジョギングを行うことが前提となっています。実際には朝や昼、夜とどの時間帯でもジョギングによる体に与える効果は変わりはありません。ではなぜ朝食前がいいのか、それはお腹が空いているからです。

通常、朝起きた時は夕飯を食べてから何も食べていない状態であり、胃の中は空になっており血糖値も下がっているダイエットには理想的な状態です。この状態で運動をすれば、等がないために体はいきなり脂肪をエネルギーとして使うようになるので、脂肪燃焼効果が高くなるというわけです。

代謝を上げれば1日の脂肪燃焼効果を上げられる

さらに朝の段階でジョギングなどの運動を取り入れることで1日の代謝量を上げることができます。実は代謝は起きたばかりの朝の段階では一番低くなっており、その後徐々に上がってきます。

誰でも昼くらいには上がってきて、夜とともに下がっていくのですが、朝からジョギングを取り入れることで一気に代謝を上げることができ、仕事や学校などにいる段階でも代謝量を高いままで維持することにつながり、脂肪も燃えやすくなってくれます。

この効果によって朝ジョギングをしているときの脂肪燃焼効果プラス、日中の行動による脂肪燃焼効果が加わるので、より一層のダイエット効果が期待できます。

朝ジョギングの脂肪燃焼のための適切な方法

朝ジョギングはもちろん朝にジョギングをすることですが、嫌いや行なっていたり、無理矢理行なっていてはあまり効果が期待できません。朝ジョギングをするということは、早起きしなければなりませんし、今までの時間での生活とは異なってくるのでしっかりとした準備が必要です。

いつもより30分早く起きる

これは当たり前なんですが、ジョギングをするのでいつもより早起きをします。ただし、いきなり1時間、2時間と早く起きる必要はありません。朝起きてからいきなり皆さんも行動はしていないと思います。

朝ジョギングの過程で目を覚ましている部分もあるので、まずは30分くらいから早く起きましょう。自ずと朝ジョギングのために早く寝る習慣もついてくると思うので生活リズムにおいてもプラスアルファが生まれてきます。

20〜30分以上のジョギングを目指す

基本的なことになりますが、ジョギングなどの有酸素運動は20〜30分以上行うことで、徐々に脂肪が燃焼されていきます。つまり、脂肪燃焼効果によるダイエットを目指すのであれば最低でも20〜30分のジョギングが必要になってきます。

慣れないうちは、10分でもいいですのでまずは続けられるようにしましょう。疲れすぎてはダイエットにつながらないので、続けられる時間でジョギングを行うようにしましょう。また、最初のうちは毎日行わず、2、3日に1回くらいの頻度でも良いでしょう。

ジョギングをするタイミングは人それぞれの生活リズムに合わせればいいのですが、起きてからいきなり走るのではなく、起きてから1時間くらいたってからジョギングするようにしましょう。

朝起きてから軽めに、水分補給をしたり、ストレッチをしましょう。先ほど紹介したように脂肪を効率的に燃焼するためにも朝食は摂らない方がいいので、食べずにジョギングを開始するようにしましょう。

ゆっくり走ると脂肪燃焼効果アップ

ジョギングの走り方にも重要なポイントがあります。ランニングのようにスピードがあり、距離もかなりの距離を走ってしまうと、かえって脂肪燃焼効果が下がる可能性があります。

この際のランニングとジョギングの違いは、スピードだけではなく、体感として、ランニングは息が弾むくらいのスピードであり、ジョギングはウォーキングよりも少し早く息もちょうどよく会話もできるくらいのスピードです。

先ほども紹介しましたが、ジョギングであれば、脂肪が使われるのに効果的ですが、ランニングになると強めの有酸素運動となり、60分を超えてくると脂肪だけでなくグリコーゲンもエネルギー源として使われるようになり、脂肪だけでなく筋肉も落ちてしまい、かえって痩せにくくなってしまいます。

そのため、ベストなのはゆっくりと走るジョギングです。さらにそのスピードもさることながら、その長さも大事になってきています。最近注目されているジョギングに「LSDラン」トレーニングというものがあるのでご紹介します。

Long Slow Distanceでさらに脂肪燃焼効果アップ!

「LSD」は「Long Slow Distance」の略で、読んで字のごとく長い距離をゆっくりと走るトレーニングです。極端に言えば歩いてる人と同じくらいのスピードで走るジョギングです。

時間の目安は短くても90分くらい、長い人だと2〜3時間くらい走るトレーニングが理想的です。走り方はランニングと同じフォームですが、あくまで超スローです。

もちろん、理想が90分以上なのであくまで有酸素運動ですし、いきなり普段練習をしていない人がこのトレーニングをすると大変なので、徐々に走る距離と時間を伸ばしていくことが大事です。

目標としては、それでも30分以上を目指しましょう。呼吸が乱れない程度のスローペースで走っていけるようにして徐々に時間を伸ばしていきましょう。

LSDランをする頻度は?どんな道を走ればいいの?

普段ランニングやジョギングをしていない人からすると気になるのはやっぱり頻度です。です。実はその面ではLSDランは楽な方かもしれません。というのも当然毎日ではありませんし、3日に1回とかでもありません。

2週間に1回、多くても2回くらいがベストだと言われています。もちろん、このLSDランだけではなく、それ以外の日には2〜3日おきに30分前後の軽めのジョギングを行うことでできるだけ体を動かしていくことが大切です。
高頻度で行えば、必ずしもダイエットに繋がるわけではないのでやりすぎには気をつけましょう。

また、最終的に90分のLSDトレーニングを行うのであればコース選びも大事になってきます。というのも小さな公園などを何度も周回したり、一直線の道を何度も往復したりすることでは、さすがに景色の移り変わりもなく飽きてしまい、逆に疲労につながってしまう可能性があります。

理想としては最低でも1週もしくは1往復で5kmくらいあるような公園やコースを見つけて、できるだけ景色に移り変わりがある状態でジョギングできるようにしましょう。

朝食前の運動が脂肪燃焼効果が高い理由

先ほども紹介しましたが、ジョギングに限らず朝食前の運動が脂肪燃焼効果が高くなってきます。普通の生活をしていれば、夕食を7時くらいに食べていると思うので、朝起きた時間には完全に空腹な状態になっているはずです。

そうなると血液中にもエネルギーが枯渇している状態になっており脂肪を燃焼させてエネルギーを得ることになるわけです。脂肪を燃焼してくれるので、おのずとダイエットにつながるというわけです。

夕食前でも確かに空腹になっているかもしれませんが、朝食前に比べれば空腹でもないですし代謝も落ちていますし、夜中に向けて代謝が上がるのも寝付きに影響してしまうので朝食前がベストなのです。

空腹過ぎても筋肉量の減少につながる!?

空腹の方が、脂肪をエネルギーにはしてくれるのですが、同時にあまりにエネルギー源がなさすぎると、筋肉のタンパク質からエネルギーを摂取することにつながることもあり、脂肪も減りますが、筋肉も減ってしまうので効率が悪いという説もあります。

そのため、最近では朝ジョギング前にも軽めの朝食を食べてから行うことも提案されています。朝ジョギングをする前には、多少のエネルギーを蓄える程度の朝食を食べるという方法もあるのです。

お腹が減り過ぎていてジョギングどころではないという風になってしまう人は、軽めの朝食を摂ることをオススメします。例としては、バナナやサラダ、ヨーグルトなどの軽食が一般的です。その他にも野菜ジュースやゼリータイプのドリンクなどもオススメです。
その中でもここでは脂肪燃焼のためにもっとも効率的である脂肪燃焼スープをご紹介します。

朝ごはんは脂肪燃焼スープがおすすめ

脂肪燃焼スープというのは、文字どおり脂肪を効率的に燃焼するためのスープであり、国立病院ダイエットと呼ばれる方法の中で提唱されているスープです。
脂肪燃焼効果に優れた栄養素が豊富に詰まっており、ダイエット以外にもいろいろな効果を期待することができます。

脂肪燃焼スープの効果

脂肪燃焼スープにはたっぷりの野菜が含まれているので、食物繊維を豊富に摂取することで、腸内環境が改善されます。摂り込んだ食物繊維がたまった便を絡め取って排出してくれるので便秘解消に役立ちます。便秘解消はそのままダイエットにもつながりますし、腸内環境の改善で美容効果なども期待できます。
さらに脂肪燃焼スープの材料によって血がサラサラになり血行が改善されることで、代謝がアップすることも期待できます。代謝がアップするということはそのままダイエット効果も期待できるので朝ジョギングとともに1日の代謝にアップでより一層のダイエット効果を期待きでます。
腸内環境が改善され、栄養も十分に脂肪燃焼スープから摂取できるので免疫力が上がり病気をしにくい体になる可能性もあるので、朝ジョギング前に限らず、昼食、夕食にもオススメのスープです。
最近では脂肪燃焼スープ1週間ダイエットというダイエット方法があるくらい人気のダイエット方法です。

脂肪燃焼スープのレシピ

それではここからは代表的な脂肪燃焼スープダイエットレシピを紹介していきます。
以下の野菜を全て小さめに切って、ホールトマトと一緒に鍋に入れます。水をひたひたになるまで入れて、スープの素と一緒に煮込みます。野菜が柔らかくなるまで煮込みましょう。最後にお好みで、胡椒、カレーパウダー、チリソースなどで味をつけるのもオススメです。

<材料>
(引用)
玉ねぎ(大きめ) 3個
セロリ 1本
キャベツ 半玉
トマト(大きめ) 3個
※400gのトマト缶でも代用可能
にんじん 1本
ピーマン 1個
水 2~3リットル
★かつお節 10g
★鶏がらスープの素 小さじ1
★昆布 5g
★塩 少々
生姜1片
※★はコンソメキューブ1個でもOK

脂肪燃焼スープの食べ方

基本的には、お腹がある程度満たされる程度まで脂肪燃焼スープを食べても大丈夫です。
通常の食事で脂肪燃焼スープを食べるでのあれば、メインの食事も魚や卵などのタンパク源と野菜、海藻類などを食べて、脂肪分はなるべく控えめにするようにコントロールすると良いでしょう。
とはいえ脂肪燃焼スープだけによる極端なダイエットを行うとリバウンドを起こす可能性があるため、他にも食事をきちんと摂るようにしてください。
脂肪燃焼スープだけのダイエットよりは朝ジョギングとセットで
先ほど脂肪燃焼スープによるダイエットがあることを紹介しました、脂肪燃焼スープだけによるダイエットをするのであれば、1日単位で考えると栄養はやっぱり偏ってしまっているので、数日間の短期間のダイエットにしましょう。
タンパク質不足になってしまうダイエットでもあるので太りやすい体になりリバウンドしやすい体とも言えるのでダイエット方法としては慎重にするべきです。
そこでここでも紹介してきた朝ジョギングと組み合わせてジョギング前の軽めの朝食として脂肪燃焼スープを組み合わせるとより効果的になるでしょう。

脂肪燃焼を効率的に行うために朝ジョギングと脂肪燃焼スープを組み合わせよう!

いかがでしたでしょうか?朝ジョギングについて紹介してきましたが、おそらく普段運動していない人からすれば、朝に運動することが一番大変なんじゃないでしょうか。
とはいえ、朝ジョギングこそが、脂肪燃焼にもっとも効果的ですし、代謝アップによってその日1日のダイエット効果すらも上げてくれます。また、リラックス効果もあるので生活習慣全般の改善に効果的です。さらには朝ジョギングの効果をさらに上げるために栄養価満点の脂肪燃焼スープを摂り入れてダイエットにつなげていきましょう。

アイキャッチ画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter