ダイエットのためにスムージーダイエットを行おうと思っている人!ちょっと待ってください。正しいスムージーダイエッ […]

posted on 2018.10.26

ダイエットのためにスムージーダイエットを行おうと思っている人!ちょっと待ってください。正しいスムージーダイエットのやり方をきちんと知っていますか。もし、知らなければスムージーダイエットを始める前にこちらの記事を読んでください。スムージーダイエットは、正しいやり方で行わなければ、逆に太ってしまうことにもなりかねません。今回は、スムージーダイエットの正しい知識と、低カロリーのスムージーの作り方などをご紹介いたします。

 

スムージーダイエットとは?

sumu-ji6

スムージーダイエットとは、その名の通りスムージーを飲んでダイエットをするというものです。しっかりと基本のやり方を頭に入れてから行うようにしましょう。

1食分を置き換えが基本

スムージーダイエットは3食のうち1食をスムージーに置き換えるというやり方が基本です。通常のダイエットでは食事制限と運動を組み合わせてダイエットを行っていきますが、スムージーダイエットは運動などのを行わなければならないということがないので、ストレスを感じることなくダイエットを続けることができます。スムージーを作るのもとても簡単なので、忙しい人でも続けやすいことも魅力です。

野菜や果物をまるごと摂取

sumu-ji7

スムージーは野菜や果物を生のままで水分といっしょにミキサーにかけるだけで作ります。したがって、野菜や果物の栄養を壊すことなくまるごとそのまま摂取することができるのです。ジューサーなどで作ったジュースですと、食物繊維を摂ることはできませんが、スムージーですと、食物繊維などもまるごと摂取します。

作りおきはしない

スムージーを飲む際には、たとえ冷蔵庫で保存をしたとしても作りおきはしないようにしましょう。スムージーは生の野菜や果物で作りますので酸化しやすいことが特徴です。作ってから時間が経つにつれて味も落ちてしまうことはもちろん、栄養価も落ちてしまいます。したがって、スムージーは飲む直前に必ず作るようにしましょう。

 


スムージーダイエットの効果

すっきりデトックス効果

スムージーの効果として挙げられるものにまず、「デトックス効果」があります。デトックス効果が得られる理由としては、スムージーは生野菜や果物をまるごと使いますので食物繊維が多く含まれているからです。食物背には体内で消化されません。消化されずにそのまま排出されるため、腸内の不要な物質を一緒にからめ取り排出してくれるのです。その結果、便通がスムージーになります。

腸内に不要な物質が溜まってしまっていると、栄養の吸収がきちんとできないために、肌荒れなどの問題が生じてきます。したがって、スムージーを飲むことで肌荒れを防止することもできるのです。

驚きの美容効果

先ほども述べたように、スムージーダイエットは便通を良くしますので、腸内をきれいにすることで肌トラブルを改善してくれます。

さらに、スムージーに含まれている種々のビタミン類が、肌質やニキビ、吹き出物などのお悩みも解消してくれます。さらに選ぶ食勢によってはバリエーション豊かな栄養素を摂り入れることができますので、体内でのエネルギーを効率的に生むことができますので、糖質や脂肪を効率的に消費することができるようになります。したがって、ダイエットの効果もさらに向上することが期待できます。

エクササイズと組み合わせて脂肪燃焼

スムージーには、食物繊維やタンパク質が多く含まれていますので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。脂肪を燃焼させたいとき、胎児になってくるのが「血糖値」です。食事を摂ると血糖値が上がり、インシュリンが分泌されます。インシュリンは、血中の糖質を細胞内に摂りこんで運動エネルギーに変えます。そして残った糖質を、体脂肪として蓄積をするはたらきがあります。そのため、血糖値が上昇すると、体に蓄積されている脂肪は燃焼しませんし、さらに脂肪が蓄積されてしまうということになります。そこで、体脂肪を効率よく燃焼させるには、インシュリンの過剰分泌を抑えなければなりません。そのためには、血糖値の急上昇を防ぐ必要があるのですが、これをしてくれるのが、スムージーに含まれている食物繊維やタンパク質なのです。さらに、ここに軽いジョギングやウォーキングなどのエクササイズを加えることで、蓄積されている体脂肪をさらに効率よく燃焼することができます。

代謝を高める効果

スムージーは熱を加えずに作りますので、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維や食物酵素をそのまま摂ることができますので、消化や代謝を高めてくれます。代謝がアップすると、生活を送るだけで消費カロリーが上がり、体質を痩せやすい体質へと変えてくれます。運動をして筋肉をつけて基礎代謝を挙げるという方法が苦手だという人にはおすすめです。スムージーダイエットでは、スムージーを飲むだけで基礎代謝を挙げることができるのです。

 

 

 

手作りスムージーが高カロリーになる理由

ショック

人気のスムージーダイエットも、選ぶ食材によっては高カロリーになってしまうことがありますので注意が必要です。

高カロリーになりがちな食材

【バナナ】

野菜が苦手な人はスムージーに果物ばかりを入れてしまいがちですが、それではすぐに高カロリーなスムージーのできあがりです。スムージーに入れる王道の食材ではありますが、バナナは果物の中でもカロリーが高いものとなります。皮も剥きやすく、味もまろやかになるためにバナナをたくさん入れてしまいがちになりますが、入れ過ぎには注意が必要です。

【アボカド】

アボカドにはビタミンやミネラルが豊富に入っていて、栄養価が高い食材です。しかし、「森のバター」と別名を持つ通り、バター並みに高カロリーなことも確か。使いたい場合には、たくさん入れるのではなく少量で抑えるようにしましょう。

【ナッツ】

香ばしい香りが魅力のナッツは、スムージーを栄養価が高いものにもしてくれる食材で、ぜひ摂り入れたい食材ではあります。しかし、ナッツは高カロリーかつ高脂肪なので、量には気をつけなければなりません。他にも高カロリーな食材を入れる際には、入れるのは控えたほうがいいでしょう。

【牛乳】

スムージーを作る際、水分は基本的には水を入れて作ります。しかし、味わいをまろやかにしたい人は牛乳を入れます。牛乳を入れることは、カルシウムを摂取するという面ではいいですが、カロリー面から考えると、高カロリーになってしまうので控えたほうがいいでしょう。それでも牛乳を入れたいという人は、入れる量を少なくしたり、低脂肪牛乳や無脂肪牛乳を使うといいでしょう。

 

低カロリーのスムージーを作る3つのコツ

スムージーダイエットを行う上で大事なことは、やはり継続できることです。いくら効果的なダイエットでも継続できなければ意味がありません。スムージーダイエットを継続させるには、やはりスムージー自体が美味しくなければいけないでしょう。そこで、低カロリーでも美味しいスムージーを作るコツを3つご紹介いたします。

低カロリーの食材を使う

スムージーには野菜だけでなく果物も入れますが、果物を使う場合、なるべくカロリーが低いものを使うのがいいでしょう。果物に含まれるビタミン類やミネラルは、ダイエット中にも必要な栄養素です。健康的にダイエットを行うのには果物は欠かせません。しかし、そんな果物も摂り過ぎには注意が必要です。カロリーが低い果物の例を挙げると、みかんなどのかんきつ類、いちご、りんご、キウイフルーツ、グレープフルーツなどがおすすめです。

バナナは栄養価が高くダイエットにもよく用いられる果物ですが、果物の中ではカロリーが高いです。したがって、スムージーのカロリーを低く抑えたい場合には使わないほうがいいでしょう。

上記の果物はビタミンCがとても豊富で、肌トラブルが気になる人や風邪気味の場合にもおすすめな食材です。

低カロリーの飲み物を使う

スムージーに牛乳を使う人も多いかと思いますが、牛乳のカロリーは思った以上に高カロリー。100㏄あたりおよそ70キロカロリーもしますので、ダイエット目的でスムージーを飲もうと考えている人にとっては、高カロリーになってしまいます。牛乳のようにまろやかな味わいにしたいのであれば、牛乳の代用品としてアーモンドミルクがおすすめです。アーモンドミルクは、100㏄あたりおよそ16キロカロリーと牛乳と比べてかなり低カロリーなので、ダイエット目的のスムージー作りにはおすすめです。

また、成分無調整豆乳を使うのもおすすめ。100㏄あたり50キロカロリーとアーモンドミルクよりカロリーは高くなってしまいますが、スムージーに不足してしまうタンパク質を補うことができます。さらに、ビタミン類、大豆イソフラボンやレシチン、サポニンなどを摂取することができます。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たようなはたらきをしますので、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、さまざまな美容効果をもたらしてくれます。

素材の味を味わう

スムージーを美味しくするために甘さが欲しいというのは、わかりますが、前述したようにそこに甘みのある砂糖やはちみつ、加糖ヨーグルトなどを入れてしまってはカロリーオーバーになってしまうのは当たり前です。スムージーには果物がしっかり入っていますので、果物の甘みだけでも、十分甘く感じることができるかと思います。はじめは甘みを感じることができない人も、飲み続けることによって、果物の甘さを感じることができるようになります。野菜や果物のそれぞれの素材の味を味わうようにしましょう。

おすすめ低カロリースムージーのレシピ

ダブルベリースムージー

【材料】

小松菜・・・2株

いちご・・・7個

ブルーベリー・・・100g

チアシード・・・大さじ1杯

豆乳・・・200㏄

【作り方】

①小松菜を適当な大きさに切ってミキサーに入れましょう。

②いちごはヘタをとって半分に切ってミキサーに入れましょう。

③ブルーベリー、チアシード、豆乳を加えたらミキサーのスイッチをオンします。

④50秒ほど攪拌し、なめらかになったらできあがりです。

【ポイント】

チアシードがお腹の中で膨らんで、さらに満腹感を与えてくれるので、次の食事の食べ過ぎ防止になります。

小松菜とりんごのスムージー

【材料】

小松菜・・・2株

りんご・・・2分の1個

みかん・・・2個

水・・・200㏄

【作り方】

①小松菜を適当な大きさに切ってミキサーに入れましょう。

②リンゴは種と芯だけを取り除いて、適当な大きさに切ってミキサーに入れましょう。

③みかんはかわを剥いて、適当な大きさに分けてからミキサーに入れましょう。

④水を加えて、ミキサーのスイッチをオンします。

⑤50秒ほど攪拌し、なめらかになったらできあがりです。

粉末スムージーならカロリー計算なし!

自分で作るスムージーはフレッシュでメリットももちろんたくさんありますが、計量やカロリー計算がなくもっと手軽にできるのが、粉末タイプのグリーンスムージーです。カロリー計算の手間がないだけでなく、洗い物などの手間が省けるのも魅力です。

このような粉末タイプのグリーンスムージーですと、カロリーがしっかり決まっているため、1食で摂取したカロリーが正確に分かります。したがって、その日摂取するべき残りのカロリーなどがすぐにわかり、ダイエットの見える化ができます。入っている栄養素や成分もしっかりと記載されているので安心です。さらに、もうひとつの粉末タイプのグリーンスムージーのおすすめポイントは、手作りスムージーより低カロリーだということです。

粉末タイプのグリーンスムージーは、1食たったのおよそ20キロカロリー以下のものがほとんどです。チョコレート1個分くらいのカロリーで、野菜や果物のに含まれる食物繊維や食物酵素、ビタミンやミネラルなどの栄養だけでなく、乳酸菌やコラーゲン、プラセンタなど美容に効果的な成分も摂取できるのが魅力です。

 

カロリーを抑えたスムージーでダイエットを成功させよう

正しいスムージーダイエットのやり方や、スムージーを低カロリーに抑える方法などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

高カロリーになってしまいがちなスムージーを、きちんと低カロリーに抑えることがスムージーダイエットを成功させる秘訣とも言えます。

この記事を参考に、低カロリーでも美味しいスムージーを作って、スムージーダイエットを成功させましょう。

 

appetite-bowl-centimeter-1332189

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter