woman-with-belly-diet-concept_36331-38

肥満男子・肥満女子も3カ月で痩せられる!?ダイエットで健康になる方法

正しいダイエット方法を実践すれば肥満男子・肥満女子も痩せることが可能です。効率よいダイエットなら3ヶ月で痩せら […]

posted on 2018.10.22

正しいダイエット方法を実践すれば肥満男子・肥満女子も痩せることが可能です。効率よいダイエットなら3ヶ月で痩せられるので、食事制限を中心に自分に合った方法を試していきましょう。体質・肥満の原因などにより最適な方法は異なるので、一通り試してみるのがおすすめです。短期ダイエットは失敗しやすいので、時間をかけて継続できる方法を探してください。

 

肥満から痩せるには、やはり「食事」が大切?

肥満に悩んでいる肥満男子・肥満女子は、食べ過ぎが原因かもしれません。そもそも食べ過ぎというのは周りの人達と相対的に比較することで実感するもので、比較をしなければ気付くことが難しいです。特に一人暮らしをしている方は実感が難しいので、摂取カロリーから食べ過ぎかどうか判断していく必要があるでしょう。

食事を摂ることなくして体重は増えません

体重が増えてしまう根本原因は食事にあり、食べることをせずに体重だけ増えることはありえません。つまり太ってしまう方は相応に食べているので、適正カロリー内に抑える必要があります。暴飲暴食をすれば太ってしまうのは当然ですが、栄養バランスにも気を配ってください。炭水化物を摂り過ぎている方は最も太りやすいため、ご飯やパン・麺類などの主食をたくさん食べる方は注意です。炭水化物を意識的に減らすだけで、無理なくダイエットできることは多いです。

痩せるためにはダイエット食材を活用

ダイエットに失敗してしまう方の多くは食事制限に苦痛を感じているため、ここを工夫していくのがポイントとなります。例えば食前に難消化性デキストリンを飲んで満腹感を高める、食事の最初に野菜を食べるなどの方法はおすすめです。素早く満腹感を促進することにより、少ない食事量で満足できるわけです。あとは早食いを避けてよく噛んで食べるようにすることで満腹中枢が刺激され、暴飲暴食を防いでくれます。食事回数を減らすのはダイエットにおいて逆効果となるため、1日3食をしっかりと食べてください。食事回数を1~2回に減らしてしまうとカロリーの吸収率が向上し、非常に太りやすい体質に変化します。

03


肥満さんがダイエットに運動を取り入れないほうが良い理由とは?

ダイエットと言えば食事制限に加えて運動を連想する方が多いでしょう。しかし無理に運動をすることは時に逆効果になってしまうので、本当に必要かどうか見極める必要があります。例えば肥満に悩んでいる方は体脂肪が多く、関節に多くの負荷がかかる状態になっています。ウォーキングやジョギングをすると足腰損傷を招きやすいので、無理な運動をするのは避けてください。

運動をするなら身体に負担とならない程度に

運動は新陳代謝を正常にして身体本来の元気を維持するために欠かせません。健康維持のためにも運動は必須ですが、身体に負担をかけて壊してしまうようでは逆効果です。肥満さんは無理に運動するのはよくありませんが、適度に身体を動かす程度なら問題ありません。ジョギングは無理という方は1日5分のウォーキングから始めてもよいのです。ダイエットが進行するにつれて身体が軽くなり、運動時間を増やすことが可能になります。

代謝を高めるための軽い運動はあり

運動はそれ自体がカロリー消費に役立ちますが、代謝を高めるというメリットもあります。代謝が促進すれば脂肪燃焼が促進されるので無理なく痩せることが可能になります。肥満に悩んでいる方は代謝向上のために軽い運動をするのは問題ありません。注意したいのは関節に負担をかけすぎることで、関節を傷めると歩くのが困難になります。運動による負荷は適正体重の方よりも格段に大きくなるため、最初は少ない運動量から始めてください。身体の様子を見ながら徐々に時間を増やしていくのがおすすめで、最初は1日5分でも問題ないです。汗を大量にかける体質に変化してきたら、代謝が向上している証拠と言えます。

 

肥満さん向けダイエット①レコーディングダイエット

肥満さんが気軽に痩せるためにはコツコツと継続することが何より大切です。継続のためにはモチベーション維持が必要となり、それを可能にしてくれるのがレコーディングダイエットです。名前だけ聞くと難しい印象を受けるかもしれませんが、毎日体重計測して記録するだけなので誰でもできます。体重変化を適切に把握することで、間違った生活習慣を正すことができるわけです。

食事管理のサポートとして最適です

自分ではあまり食べていないつもりなのに、なぜか体重が落ちないという方は多いでしょう。そうした方におすすめしたいのがレコーディングダイエットで、体重の変化を見ながら食事内容を変えることができます。1ヶ月あたりの減量は3~4kgまでに抑えておくのが好ましいです。急激に痩せると筋肉が落ちてしまい、逆に太りやすい体質に変化する可能性があります。リバウンドを招いては意味がないので、少しずつ無理なく減量していきましょう。

多少の体重増加はあまり気にしないこと

レコーディングダイエットをしていると、その日によって体重が増えてしまうタイミングがあります。昨日と比べて1kg増加したなどの話はよく聞かれますが、必要以上に神経質にならないようにしましょう。1週間・1ヶ月といったスパンで減量ができているなら、一時的な体重増加を気にする必要はありません。あまり考え過ぎるとモチベーションが低下しますので、無理せずコツコツと継続することが大切です。また停滞期に突入すると1ヶ月くらい落ちなくなるケースがありますが、これを乗り切ると再び減量していくはずです。停滞期をいかに乗り切るかがダイエットを成功させる秘訣となります。

pexels-photo-775030

肥満さん向けダイエット②置き換えダイエット

カロリーの摂り過ぎによって太っている方におすすめの方法が置き換えダイエットです。低カロリーの食事の代わりにすることで摂取カロリーを大幅にカットするのが目的で、専用のダイエット食品も登場しています。おかゆ・リゾットタイプもありますが、主流となっているのはドリンクタイプです。飲むだけでプロテインも補給できるので、痩せる身体を目指しながらカロリー制限できるわけです。

健康増進にも最適な方法です

ドリンクに置き換えするダイエットは、健康維持に役立つことがわかっています。ドリンクは食べ物と比べて胃腸への負担が軽いため、胃腸をゆっくりと休ませることができます。それにより胃腸本来の消化吸収力を発揮して、カロリーをムダなくエネルギーに変換してくれるわけです。代謝が活発になれば太りにくい体質になれるので、ダイエットが効率よく進んでいくでしょう。胃腸を休めることはデトックスにもなり、体内毒素を排出する上でも役立ちます。

なぜ夕食時の実践が推奨される?

基本的に1日1食との置き換えになり、そのタイミングは夕食とするのが普通です。夕食は1日の食事の中で最も高カロリーになりやすく、また食後2~3時間後には就寝するという方が多いでしょう。就寝前には多くのカロリーは必要ないため、このタイミングで置き換え用のダイエットドリンクを飲むのがおすすめです。就寝中は健康成分の吸収が促進されやすく、体質改善が進むのが特徴です。筋肉を十分につけることが基礎代謝を向上させて、無理なく痩せられる身体にしてくれます。ダイエットドリンクを選ぶときはタンパク質の含有量が多いものがおすすめです。

 

肥満さん向けダイエット③プロの力を借りるアプリ

肥満さんのダイエット成功法を見てみると、アプリを活用している方が少なくありません。ほとんどは無料アプリで食事・生活習慣・行動パターンなどを把握することで、現在の生活が痩せやすい状況にあるか判断できます。肥満を招いてしまう生活を続けていても、その生活に気づいていない方は少なくありません。人間は誰しも自分自身のことを客観的に判断するのが難しいわけです。アプリを活用すれば間違った生活習慣を正して、自分に合ったダイエット方法を導くことができます。

有料アプリでプロのアドバイスを

プロのサポートを受けられる有料アプリなら、より効率的なダイエットが可能になります。肥満になる原因は人により異なるため、原因に応じた方法を実践していく必要があるわけです。例えば無理な食事制限や運動は逆効果になることもあり、リバウンドの大きな原因となっています。今話題のダイエット方法である炭水化物制限も無理をすると低血糖を招くことがあります。プロの力を借りることで自分の体質を把握し、より効率的な減量を可能にしてくれるでしょう。

マンツーマン指導のメリットとは

有料アプリにはプロがマンツーマン指導をしてくれるサービスもあり、自分だけの方法を提案してくれます。ダイエットは3ヶ月以上かけて行うのが好ましく、短期ダイエットはリバウンドの原因となります。コツコツと継続するにはモチベーションの維持が必要となるので、プロと寄り添うことは非常に大きな意味を持つわけです。自分ひとりではないと思えるだけでも、やる気が湧いてくるはずです。プロによる方法は健康を維持しながら痩せられるので、減量に伴う筋肉不足に悩むことはないでしょう。

 

肥満さん向けダイエット④「肥満外来」に通ってみる

自己流の方法やエステサロンなどの方法で痩せられない場合は肥満外来を利用するのが得策です。医師や看護師・栄養管理士などがサポートしてくれるので、最適な方法でダイエットができます。ハードな方法や無理な方法は挫折を招くので、自分にとって無理のない方法を実践しましょう。肥満外来は原則として保険適用になりますが、これは肥満が健康を害すると認められているからです。肥満から脂質異常症や糖尿病・高血圧などを招くことは多いため、健康維持のためにも適正体重まで落としていきましょう。

肥満外来が推奨するのは食事改善

食事改善がダイエット成功の大半を占めることは昔から有名です。カロリー過多の食生活が肥満を招くのは当然ですが、バランスが悪い場合も要注意です。例えば摂取カロリーはそれほど多くなくても、タンパク質の摂取が少なくて炭水化物が多い食生活を続けていれば太ります。また野菜をほとんど食べない方も肥満を招きやすいため、食事の最初に野菜を食べるなどの工夫が必要です。

運動は軽い内容でも問題ありません。

肥満さんが考える運動はハードな内容が多いですが、実際は軽い内容でもかまいません。基礎代謝を向上させるのが目的であり、摂取カロリーを相殺するのが目的ではないのです。簡単なウォーキング程度でも問題ないので、週に3~4回は運動をしてください。運動を日課とすることで体質改善が進行し、無理なく痩せられる身体になります。特に部分太りを解消するためには運動が効果的で、筋肉を強化して体脂肪を追い出す役割があります。自宅にウォーキングマシンを導入すれば、天候に関係なく運動できるので便利です。

pexels-photo-1111304

番外編:ダイエットを頑張れる動画があるらしい?

ダイエット成功のためにはモチベーションを維持する必要があるので、成功者の動画を見てみるのもおすすめです。動画を見ることで具体的な方法が手に取るようにわかりますし、自分も試してみようと思えてくるものです。例えばダイエット運動を例にしても、文章だけだと具体的な動きをイメージしにくいでしょう。正しい方法で痩せるためにもダイエット動画を活用してください。

エクササイズで体脂肪を燃焼

頑固な体脂肪を燃焼させるためにはエクササイズが効果的です。エクササイズは全身を使用するものが多いため、二の腕・お腹などのぜい肉落としに役立ちます。30代以上になるとかなり代謝が低下してくるので運動を始めたい年代ですが、足腰に負担のかかる方法には注意です。ダイエットによい運動と聞けば有酸素運動をイメージする方が多いですが、無酸素運動も筋肉を強化して代謝を促進するメリットがあります。

動画でモチベーションアップを

ネット上には数多くのダイエット動画が配信されているので、自分に合った方法を見つけてみましょう。おすすめの方法は無理なく自宅で実践できる内容で、天候に左右されない方法は継続性が高いです。痩せるためには体質改善が必要で、それには3ヶ月程度の期間を必要とします。短期ダイエットはリバウンドの原因となるため、ある程度の期間が必要となるわけです。食事制限の方法を紹介した動画もあり、規則正しい食生活を実現するために役立ちます。健康によい食事は太りにくく、体脂肪や血中脂質の蓄積を抑えてくれます。不健康な状態で痩せるのは難しいため、本格ダイエットを始める方は同時に健康増進も意識してください。

 

まとめ

痩せるためにはさまざまな方法がありますが、大切なのは継続できる自分に合った方法を見つけることです。20代~30代のころに身体づくりをしておけば、その後も基礎代謝が高い状態を維持できるでしょう。リバウンドする方法は逆効果となりますから、食事制限・運動をされる方は無理をしないようにしてください。さまざまな方法を試しても痩せられない場合は肥満外来を利用するのも手です。

woman-with-belly-diet-concept_36331-38

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter