スムージーダイエットが、SNSなどでも話題になっていますが、スムージーダイエットは正しいやり方を行わなければ、 […]

posted on 2018.10.26

スムージーダイエットが、SNSなどでも話題になっていますが、スムージーダイエットは正しいやり方を行わなければ、満足のいく結果を得ることができません。また、スムージーダイエットは効果を得るには置き換えが効果的ですが、特におすすめなのが朝スムージーダイエットです。今回は、スムージーダイエットが朝に置き換えるのが効果的な理由を説明していきます。

グリーンスムージーの効果が凄い!

ハリウッドセレブから人気に火が付いたグリーンスムージーダイエット。ダイエット効果のほかにもさまざまな美容や健康の効果も期待できます。それでは、グリーンスムージーの効果について詳しくみていきましょう。

不足しがちな栄養素を手軽に摂れる

グリーンスムージーの材料である緑の葉物野菜には、ビタミン類(ビタミンA,B,C,D,E)をはじめ、ミネラルや食物繊維、アミノ酸など体に必要ン栄養素が多く含まれています。これらの葉物野菜は、体に良いとわかっていても、食事の中で一度にたくさんの量を摂取するのはとても難しいですよね。これをミキサーにかけるだけでグリーンスムージーにすると、簡単に、手軽に摂取することができます。

便秘の改善

woman-waist-major-diet-mirror_36477-81

そもそも、便とは何でしょうか。便とは、体内に吸収されなかった食べ物が蓄積され固まったものです。この、吸収されなかったものの1つが「食物繊維」です。したがって、食物繊維の多いものを摂取すれば便の量は増え、逆に食物繊維の摂取量が少なければ便の量も減ります。肉や魚などのタンパク質や、お米や小麦粉などの炭水化物は消化吸収が良いので、便として残りにくいです。

食物繊維には、実は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

まずはじめに不溶性食物繊維についてですが、不溶性食物繊維は、水に溶けず消化吸収がされにくいという特徴があります。そのため、胃腸内で不溶性食物繊維のかさ(体積)が増すことにより、胃腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発になります。その結果、胃腸のはたらきが活発になり便秘改善につながります。また、蠕動運動が活発になることで、食べ物が腸内にとどまる時間を短くします。不溶性食物繊維は、ニンジンやセロリなどの野菜や玄米などの穀類、サツマイモなどの芋類、大豆などの豆類に多く含まれています。

次に、水溶性食物繊維についてですが、水溶性食物繊維は、ヌルヌルとした粘性があります。これは、昆布やワカメの表面をさわったときにヌルっとするものと同じものです。さらに、保水性があるので、小腸で水分を吸収し、便を柔らかくする作用があります。また、水溶性食物繊維は胆汁に含まれているコレステロールをも一緒に排泄してくれます。水溶性食物繊維は、海藻類やこんにゃく、いちご、りんごなどの果物に多く含まれています。

このように、不溶性食物繊維は消化器官の蠕動運動を促進して便のかさ(体積)を増やし、水溶性食物繊維は、便に粘性と保水性を施し、腸内の便の通過をスムージーにいくようにします。2種類の食物繊維はそれぞれに、便秘に効果的な役割を果たしているのです。

栄養の消化吸収が良くなる

果物や野菜をミキサーにかけてグリーンスムージーにすることで、緑の葉物野菜の細胞壁が壊されます。細胞壁が壊されることで、体に吸収しやすい状態になるので、栄養を効率よく消化吸収することができるようになります。

デトックス効果

a89617917a363fc58041786a20dc7ff4_s

グリーンスムージーの材料であるはもにゃ際には、ビタミン類だけでなくクロロフィルという栄養素が含まれています。このクロロフィルは植物や藻などの緑色部分の天然の色素のことで、クロロフィルには、コレステロールを下げるはたらきなどもあります。さらに、体に溜まっている老廃物を排出するはたらきもあるので、毒素排出のデトックス効果を得ることができます。

いつもダイエットがうまくいかずに失敗ばかりしている人は、小腸にさまざまな有害な物質がヘドロのように溜まっている状態になってしまっている可能性があります。この状態であいくら必要な栄養素を摂取してもそれらを体内に摂りこむことができないです。この有害物質でできたヘドロをキレイに掃除することで、本来の小腸の機能を取り戻し、ダイエット効果を十分に得ることができる体に変えることができます。

この小腸のお掃除には、前述したようにクロロフィルが活躍します。クロロフィルは、小松菜やホウレン草などの葉物野菜に多く含まれています。その他にも、ニラやピーマン、パセリ、ブロッコリーなどにも多く含まれています。

クロロフィルは、硬い細胞壁に守られています。そのため、これを壊してクロロフィルを外に出してあげなければ、デトックス効果も得られることができません。ダイエットの場合には、そのままサラダで食べることを推奨されたりもしますが、これではクロロフィルが硬い細胞壁に覆われたままです。硬い細胞壁を壊す方法の1つは、加熱をすることです。しかし、加熱をしてしまうと、ビタミン類など他の栄養素の作用が失われてしまいます。熱を加えてもクロロフィル自体が壊れることはありませんが、せっかく一緒に摂れるはずであるビタミン類などの他の栄養素が壊されてしまってはもったいないですよね。

そして、硬い細胞壁を壊す方法のもう1つは、ミキサーにかけることです。つまり、スムージーにするということ。ミキサーにかけることで細胞壁は粉砕され、中のクロロフィルがしっかりデトックス効果を及ぼしてくれますし、ビタミン類などの効果もそのまま得ることができます。

 


グリーンスムージーダイエットのやり方

置き換えダイエットで行う

sumu-ji1

グリーンスムージーの中には食物繊維が多く含まれているので、お腹の中で食物繊維が膨れて満腹感を得ることができます。そのため、1日のうちの1食をグリーンスムージーにそのまま置き換えるのが一番ベストなスムージーダイエットの方法です。1日のうちの1食をまるまるグリーンスムージーに置き換えますので、1日の摂取カロリーを大きく抑えることができます。したがって、スムージー置き換えダイエットは、高いダイエット効果を得ることができるのです。

また、基本的には朝食、昼食、夕食のうちどの食事を置き換えても問題はありません。自分に無理のないようなタイミングで行うのがいいでしょう。

ハリウッドセレブや芸能人でスムージー置き換えダイエットを行っている人の多くは朝食を置き換えている人が多いようです。後程、朝食をグリーンスムージーに置き換えるダイエット方法のメリットについても述べたいと思います。

グリーンスムージーダイエットの期間

どのようなダイエット方法にも言えることですが、急激に行う無理なダイエットは体にもよくありませんし、長続きもしません。ゆっくりとダイエットしていくことが、体にも負担をかけず、結果的にリバウンドもせずにキレイに痩せることができます。

グリーンスムージーダイエットも、1カ月ほど続けることで効果を少しずつ実感することができるかと思いますが、最低でも3か月は続けるようにしましょう。人によって個人差はあるかと思いますが、確実にダイエット効果を感じることができるはずです。

効果が出ないときの対処法

1カ月グリーンスムージーダイエットを続けているのに、なかなか思ったような効果が出ないと感じている人は、置き換え以外の食事をもう一度見直してみましょう。

1食をグリーンスムージーに置き換えているという安心感から、間食をしてしまったり、他の食事のときに脂っこいものなどを摂取し過ぎたりしていませんか。

このような状況が思い当たるのであれば、せっかく1食をグリーンスムージーに置き換えダイエットしているのに、効果を出すことはなかなか難しいでしょう。

したがって、そのような人は他の食事も気を抜かずに、気をつけなければなりません。

筋トレを同時に行うと効果アップ

グリーンスムージーダイエットでより効果を出したいのであれな、筋トレを同時に行うとダイエット効果がアップします。なぜ筋トレを行うといいのかというと、食事制限によって糖質が不足すると、体の筋肉からエネルギーを補おうとしますので、ダイエット中には筋肉が衰えがちになります。筋肉が衰えると代謝が悪くなるので、リバウンドしやすい体になってしまいます。これを防ぐために、筋力を保持するための筋トレを行う必要があります。

有効な筋トレの1つはスクワットです。簡単に思えるスクワットですが、実は正しいやり方をしなければ思ったような筋トレ効果を得ることができません。

【正しいスクワットのやり方】

①肩幅に足を開いて立ちましょう。

②足のつま先はやや外側に向けましょう。

③膝や股関節を曲げてゆっくりと上半身を落としましょう。(太ももとが床と平行になるくらい上半身を落とします。この際、つま先よりも前に膝が出ないように気をつけましょう。)

④ゆっくりと最初の位置に戻します。

⑤これを10回1セットで3セット行いましょう。

 

 

グリーンスムージは「朝」飲むのがおすすめ

朝から野菜や果物がたっぷりのグリーンスムージーを飲むと、ビタミンやミネラルを十分に補給できますので、朝から健康的になる感じが体の中からわかります。

また、スムージーに含まれる植物酵素には、体内の代謝を促す効果がありますので、基礎代謝を高めてくれます。この効果は空腹時に食物酵素を摂取することでより効果が発揮されますので、夜の長い時間食べていない朝の空腹時に摂取することで酵素のパワーを最大限に活かすことができます。代謝がよくなると1日の消費カロリーが増えますので、結果的にダイエット効果もアップします。1日のはじまりをグリーンスムージーを飲んで気分的にもすっきりするのも朝スムージーダイエットの魅力のひとつです。

 

 

 

グリーンスムージーがシミの原因に?

朝にグリーンスムージーを飲むことがダイエットには効果的であると説明しましたが、1つ気をつけなければならないことがあります。

それは、グリーンスムージーに含まれることが多い「ソラレン」という成分についてです。ソラレンは光毒性を持つ物質で、摂取することでシミができやすいという報告があるからです。

ソラレンを体内に摂り入れると、紫外線と肌が反応し紫外線の吸収率を高めてしまうというのです。ダイエットや美肌に良いと思って飲んだグリーンスムージーによって、シミになってしまうととても残念ですよね。したがって、朝にグリーンスムージーを飲む際には、紫外線対策をきちんと行わなければなりません。

ソラレンは摂取してから2時間後から5時間後までの間に紫外線を吸収しやすい状態に身体を変えてしまうので、きちんと計算をして、紫外線対策に努めましょう。

ソラレンを含む野菜や果物は、オレンジやグレープフルーツなどのかんきつ類、きゅうり、パセリ、セロリなどです。朝に飲むためのグリーンスムージーを作る際には、これらの食材を避けるのも1つのやり方です。

 

忙しい朝には粉末タイプがおすすめ

グリーンスムージーは、材料を切ってミキサーにかけるだけというように、ふつうの料理よりもとても簡単に作ることができますが、それでもそんな時間もないという忙しい人には、粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめです。粉末タイプのグリーンスムージーなら、お水を加えてシェイクするだけなので、準備も後片付けも本当に簡単。シェイクの時間も数秒でできてしまうので、本当にストレスフリーで取り組むことができます。また、入っている栄養素の割合も、商品それぞれで異なりますので、より自分にあった商品を選ぶこともできます。

粉末タイプのグリーンスムージーの平均的なお値段は1か月分でおよそ4000円から6000円の間なので、一食130円から200円ととてもお手頃です。果物や野菜をいろいろな種類購入することを考えると、経済的でもあります。味もいろいろな味があるので、飽きることなく続けることができます!

朝スムージーダイエットですっきりとした1日を!

朝スムージーダイエットの効果ややり方について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

忙しい朝、朝ごはんを食べるよりも時間を取られることなく、それでも必要な栄養素をたっぷり摂ることができる、グリーンスムージーはダイエットの強い味方です。

明日の朝からは、あなたも朝スムージーダイエットで、心も体もすっきりとした1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

sumuji4

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter