健康的に痩せたいという女性たちの願いをかなえてくれるのが、今話題のスムージーダイエットです。スムージーダイエッ […]

posted on 2018.10.15

健康的に痩せたいという女性たちの願いをかなえてくれるのが、今話題のスムージーダイエットです。スムージーダイエットは、海外の有名人やモデルから火が付き、日本の有名人やモデルも実践してブームに火が付きました。しかし、中にはスムージーダイエットを行ったけれどダイエットに失敗してしまったという人や、実践してみたいけれどどうやったらいいのかやり方が全くわからないという人も少なくありません。

そこで今回は、スムージーダイエットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

スムージーと野菜ジュースの違いは?

pexels-photo-775030

野菜と果物が材料のスムージーと野菜ジュース。この違いをはっきりと知っている人はそう多くないかと思います。材料が同じなので、栄養や効果も同じなのではないかと思いますが、実はそうではないのです。

ここでは、スムージーと野菜ジュースの違いについて、詳しく解説していきます。

材料の違い

紙パックやペットボトルなどさまざまなメーカーからたくさんの種類が販売されている野菜ジュース。最近はコンビニなどでもスムージーも売られるようになりましたが、野菜ジュースのほうがその数は圧倒的に多く、そしてスムージーに比べてとても手ごろな値段になっています。

野菜ジュースもグリーンスムージーも同じ「野菜と果物」を材料とした飲み物ではありますが、野菜ジュースは、ほうれん草やトマト、ピーマン、などさまざまな野菜と果物から作られます。また、野菜ジュースは、グリーンスムージーには適さないとされている、デンプンが多く含まれるニンジンやかぼちゃまでその材料として使われます。

野菜ジュースがさまざまな野菜を材料に使うのに対して、グリーンスムージーは、小松菜やほうれん草などの葉物野菜を中心とした野菜を材料に使います。デンプン質が高い野菜は果物の酸は相性が良くなく、消化不良を起こして腸内でガスを発生させます。したがって、グリーンスムージーの場合はデンプン質が低い野菜を選びます。デンプン質を多く含む野菜は、人参やかぼちゃ意外にも、さつまいも、カリフラワー、とうもろこし、キャベツなどはグリーンスムージーには不向きです。

また、食材の中でも部位によっては、デンプン質を多く含む部位とそうでない部位があります。ブロッコリーやケールなどの茎はデンプン質が多いので避けましょう。

このように、グリーンスムージーに適さない野菜というものは意外と多く、材料は厳選しなければなりません。また、グリーンスムージーに多く使われる葉物野菜にはポリフェノールである「クロロフィル」が多く含まれています。したがって、健康志向がより高いものがグリーンスムージーだと言えるでしょう。

 分類・製法の違い

清涼飲料水と表示されている飲み物は、製造する際に必ず加熱処理をするという決まりがあります。野菜ジュースは、この清涼飲料水に分類されますので、加熱処理をされているということになります。野菜や果物に多く含まれているビタミン。グリーンスムージーや野菜ジュースを飲む人は、ビタミンを摂りたいと思っている人が多いかと思いますが、実は、ビタミンは熱に弱く、熱によって破壊されてしまうものも多いのです。

一方、グリーンスムージーは一部、製造段階で加熱処理をされているものもありますが、粉末タイプのグリーンスムージーは清涼飲料水に分類されないため、加熱処理を行っていないものがほとんどです。

したがって、栄養かが野菜ジュースよりもグリーンスムージーのほうが高いといえます。

 


グリーンスムージーで代謝アップ

pexels-photo-320007

ダイエットと代謝の関係

ダイエットを成功させるには、脂肪を燃焼する力を高くすることが必要です。脂肪を燃焼する力とは、すなわち代謝のことです。摂取するカロリーよりも消費カロリーが少ないとその分太ってしまい、逆だと痩せる、というとても当たり前のことがダイエットなのです。代謝を上げることによって、脂肪は燃焼しやすくなり、すなわちダイエットの効果が現れるでしょう。ダイエットを行う上で、基礎代謝を上げることはとても重要です。基礎代謝が上がっていなければ、たとえ少しの間体重が落ちたとしても、ダイエットを止めた途端リバウンドをしてしまうでしょう。逆に基礎代謝がしっかり上がっていれば、普通に生活をしていても痩せやすくなり、当然リバウンドもしにくくなります。

ダイエットと酵素の関係

酵素は野菜や果物から体内で作りだされています。それを食物酵素といいますが、食物酵素は食事の消化を促進してくれるはたらきがあります。食事の消化が促進されると、一ような栄養だけをスムーズに身体の中に流し込み、不要なものは溜め込まずに排出するという流れが可能になります。人間の体の中にも、消化酵素や代謝酵素などがありますが、食物酵素は食べ物にしか含まれていませんので、食べることでした摂り入れることができません。

消化が促進されることは、腸の蠕動運動が盛んになりますので、基礎代謝を上げることにもつながります。

食物酵素は、加熱すると死滅してしまうので、食事であれば生野菜を食べなければなりません。それをグリーンスムージーにすると、一気にいろいろな種類の野菜を摂取、すなわち食物酵素をたっぷりと摂ることができるのです。

 

グリーンスムージーの美容効果

グリーンスムージーには、シミや老化を防いでくれる美容効果があります。シミや老化は、活性酸素により促進されてしまいますが、グリーンスムージーには、その活性酸素を解消する酵素や抗酸化物質が豊富に含まれています。したがって、アンチエイジングを簡単に行うことができます。

また、グリーンスムージーは、誰もが知っている美容には欠かすことができないビタミンCを多く含みます。

 

粉末タイプのグリーンスムージーを選ぶ際のポイント

flour-powder-wheat-jar

粉末タイプのグリーンスムージーを購入する際には、栄養素がどれくらい入っているかを確認することが大切です。グリーンスムージーに含まれる基本の栄養素の1つは「食物酵素」です。食物酵素は、体内で代謝を高めたり、消化を促したりといった人間の活動には欠かすことができない成分です。しかし、現代人は酵素が不足してしまっている人も多く、そのため疲れやすかったり、ダイエットをしても結果が出にくかったりといったことがあります。

酵素は何千種類もあると言われていますが、それぞれが異なるはたらきをしています。グリーンスムージーを選ぶ際の1つのポイントとしては、一日の食物酵素が不足することがなりように、食物酵素がどれくらい含まれているかに注目して選ぶといいでしょう。

おすすめスムージー①Nature Rhythm

「Nature Rhythm」は、30秒で500種類もの酵素をチャージすることができるグリーンスムージーです。1杯19kcalととても低カロリーで、キレイをサポートしてくれる商品です。

胃の中で水分を吸収して膨らむチアシード、バジルシードが入っていますので、コップ1杯でも驚きの満腹感を得ることができます。食物繊維も豊富なので、お通じが良くなることも期待できます。

作り方はとても簡単で、用意も後片付けも一切不要。水や牛乳、お好みで豆乳などと混ぜるだけで簡単に作ることができます。忙しい朝でも素早く体に必要な栄養素を摂ることができます。

「Nature Rhythm」は、ダイエットの目的だけではなく、味にもとことんこだわって作られました。すっきりとした甘さと爽やかな風味の4種類のフレーバーがあります。毎日続けられる理由は、効果も味にもこだわられてつくられた商品だからです。

 

おすすめスムージー②GypsophiA生酵素グリーンスムージー

「GypsophiA生酵素グリーンスムージー」には、健康、美容、ダイエットのすべてをサポートしてくれる植物発酵エキスが222種類も配合されています。必要な成分に1つ1つこだわって独自のバランスで配合されているので、高い健康、美容、ダイエット効果が得られます。

また、女性の美容サポートの強い味方であるプラセンタが25000㎎以上も含まれています。このプラセンタには、厳しい基準をくぐりぬけたデンマーク産の豚プラセンタエキスが使われています。

さらに、サイリウムという天然食物繊維を多く含んだ成分もふんだんに配合しています。サイリウムは、プランタゴオバタという趣旨の皮殻を粉末にしたもので、水に溶かすと30倍に膨らむ性質があります。そのため、胃の中でゼリー状に変化し、少量でも高い満腹感を得ることができるのです。ダイエット中でも、空腹をあまり感じることがなくなります。

 

おすすめスムージー③ミネラル酵素スムージー

「ミネラル酵素スムージー」は、人工甘味料不使用でフルーツの風味が美味しいグリーンスムージーです。自然に存在する果糖(果実などに含まれる糖)、加工黒糖、エリスリトール(きのこや果物、発酵食品に含まれる糖質)、ステビア(キク科のステビア属の多年草から抽出した甘味料)などの甘み成分だけを配合して作られており、人工甘味料などは一切使用されていません。甘さ控えめでナチュラルな味なので毎日飲むことができます。

1日に必要な12種類のビタミン(ビタミンA、C、D、E、B1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)の3分の1を補うことができます。中でもビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養機能食品です。さらに、6種類のミネラル(カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、銅、カリウム)も配合されているので、体の中で作ることができない必要な栄養素を簡単に補うことができます。

また、4種類の食物繊維がオリジナルブレンドされていて、この食物繊維が体内で水分を含み膨らむため、満腹感を得ることができます。

さらに、野菜や果物だけでなく、穀物や野草などから抽出した植物発酵エキスはなんと202種類も配合されています。

おすすめスムージー④ワールドスリムグリーンスムージー酵素ダイエット

「ワールドスリムグリーンスムージー酵素ダイエット」は、200種類もの食物酵素が配合されたグリーンスムージーです。食物酵素の他にもプラセンタや食物繊維、乳酸菌などがふんだんに配合されています。プラセンタは、見ようやアンチエイジングには今や欠かせない成分の胎盤エキスで、ハリウッドのセレブ達や日本の芸能人や美魔女たちが注目する美の秘訣です。そのプラセンタが150000㎎もは移動されています。また、食物繊維は水溶性と不溶性の食物繊維の両方を併せ持つ高品位食食物繊維であるサイリウムハスクが含まれています。サイリウムハスクは胃の中で10倍に膨らむので1杯でもとても満腹になることができます。また、翌朝のお通じも良くなります。栄養たっぷりですが、カロリーは29kcalととても底カロリー。パウダータイプなので、フルーツやヨーグルトに混ぜたりとアレンジも豊富で、飽きずに続けることができます。

おすすめスムージー⑤ベジエ グリーン酵素スムージー

「ベジエ グリーン酵素スムージー」は、ごくごく飲むことができるアップルマンゴー味のグリーンスムージーです。鮮やかなグリーンのスムージーは素材をまるごとに楽しむことができるフレッシュな味わい。まるですりりんごのようなトロット下食感で、満腹感を得ることができます。野菜や果物、野草、穀物、さらに海藻など、180種類もの野菜果物発酵エキスをフリーズドライ加工され、贅沢に配合されています。

現代人が不足しがちなビタミンの1日分をこの1杯で補うことができます。

インナービューティーに欠かすことができないプラセンタも2000㎎配合。ダイエットだけでなく美容効果も高いグリーンスムージーです。

シェイカーなしでも冷たい水にさっと溶けてくれるので、忙しい朝でも手間ではありません。これが長く続けられる理由のひとつでしょう。

グリーンスムージーダイエットをぜひ試してみて!

グリーンスムージースムージーダイエットで美味しく痩せることができる、おすすめ商品を5選ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

グリーンスムージーダイエットは、ダイエットのときに不足しがちな栄養素をきちんと補いながら、健康的にダイエットをすることができますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

 

sumuji2

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter