• トレンド
  • しっとり肌になるシュガースクラブの効果と作り方&使い方を徹底・・・
図1

しっとり肌になるシュガースクラブの効果と作り方&使い方を徹底解説!

美容スクラブは、美意識の高い女性ならほとんどが利用しているものです。肌のざらつきによる肌のくすみや肌荒れをケア […]

posted on 2018.09.30

美容スクラブは、美意識の高い女性ならほとんどが利用しているものです。肌のざらつきによる肌のくすみや肌荒れをケアするために利用されています。そんなスクラブは女優さんやモデルさんも多く利用していますが、女優さんやモデルさんが利用しているのは、実は砂糖を使ったシュガースクラブと呼ばれるものです。

シュガースクラブは、美しい肌作りをするうえでは欠かせないものなので、効果や作り方、使い方をしっかり理解して利用していきましょう。

シュガースクラブとソルトスクラブの違い

図2

皆さんはスクラブと聞くとまず何を思い浮かべますか?家庭にある身近なものを使ったスクラブとして、塩を使ったソルトスクラブが思い浮かんだ人が多いのではないでしょうか?スクラブというと最初はソルトスクラブが主流でしたが、シュガースクラブにはソルトスクラブにはない別の効果があるということから、今ではソルトスクラブより利用している人が増えています。

では、シュガースクラブとソルトスクラブにはどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴と効果について解説していきます。それぞれの特徴と効果を理解し、肌の状態に合わせてシュガースクラブとソルトスクラブを使い分けることができると、今よりももっと良い肌を手に入れることができます。

・シュガースクラブ(砂糖)の特徴と効果

シュガースクラブ(砂糖)の特徴は、水分に溶けやすいため肌への刺激が少ないというところです。肌への刺激が少ないため、ふんわりやわらかく、しっとりした肌になります。

シュガースクラブで肌がしっとりする理由は、砂糖に高い浸透力と吸収・保湿力があるからです。浸透力があることによって砂糖が肌に自然と馴染み、吸収・保湿力があることによって肌の潤いを閉じ込めて外に逃がさないようにすることができます。しっとりなめらかな肌を常に保つことができるのが、シュガースクラブの魅力です。

また、しっとりした肌には化粧水や乳液が染み込みやすいので、きめ細かく毛穴の目立ちにくい肌にもなります。化粧崩れが気になる、化粧のノリが悪いといった悩みを抱えている人にとって、シュガースクラブは化粧のベース作りができる優れものなので、良い変化を実感することができます。

さらに、シュガースクラブには傷の治癒力もあります。砂糖は、古くから傷や痛みを和らげるために利用されていました。現在でも、白砂糖が主成分の薬が医療現場で使われており、傷の治癒を促進するのを助けてくれています。皮膚のバリア機能を強化する効果があることから、にきびを予防したりにきびの原因であるダニの駆除を助けたりすることができます。

・ソルトスクラブ(塩)の特徴と効果

ソルトスクラブ(塩)の特徴は、砂糖とは逆で水分に溶けにくいため肌への刺激が強いというところです。肌への刺激が強いため、引き締まった肌になります。また、黒ズミや古い角質を除去する働きもあります。これに関してはシュガースクラブにもある働きですが、シュガースクラブにはソルトスクラブほどの効果が期待できないので、角質除去を目的としてスクラブを利用する人にはソルトスクラブがおすすめです。肌を引き締めたいのであればソルトスクラブ、乾燥対策したいのであればシュガースクラブと、目的によってスクラブを使い分けるとより効果を実感することができます。

さらに、ソルトスクラブはシュガースクラブと違って、肌以外にも効果を発揮します。塩の主成分である塩化ナトリウムやマグネシウムには発汗作用があるので、ソルトスクラブはダイエットにも向いています。

 

シュガースクラブの作り方

シュガースクラブは、自宅でも簡単に作ることができます。シュガースクラブには市販のものもありますが、価格を抑えたいという人は自分で作るのをおすすめします。準備するものも少ないので、是非チャレンジしてみてください。

ちなみに砂糖の種類については、黒糖や三温糖、上白糖など、砂糖であれば基本的にどんなものでも問題ありません。肌のしっとり感でいうと、黒糖・三温糖・上白糖の順になります。黒糖はかなりしっとり感がありますが、その一方でべとべと感も強いので、初めてシュガースクラブを作るという人には上白糖がおすすめです。利用し始めて、上白糖では保湿力が低いなと感じたら、他の砂糖を試してみてください。また、オーガニックのものを選ぶのもおすすめです。

・砂糖+植物オイル

図3

  1. 砂糖と植物オイルを2:1の割合で合わせます。
  2. よく混ぜたら完成です。

植物オイルについては、オーガニックオイルを選ぶようにしてください。オリーブオイルやココナッツオイル、グレープシードオイルなど、肌に塗っても良いとされている植物オイルであれば問題ありません。お気に入りのエッセンシャルオイルがあれば、それを一滴垂らすだけで香りが良くなるので、リラックス効果も期待できます。

・砂糖+はちみつ

図4

  1. 砂糖とはちみつを1:1の割合で合わせます。
  2. よく混ぜたら完成です。

はちみつは、美容効果が高いことで有名です。そのため、甘いもの同士ですが組み合わせることで様々な効果が期待できます。

砂糖とはちみつを合わせたシュガースクラブで特に効果が期待できるのが、保湿効果です。他にも炎症作用や抗菌作用、殺菌作用などもあるので、雑菌の繁殖を防ぎ、肌荒れの予防を助ける働きがあります。。

・砂糖のみ

シュガースクラブには、砂糖だけを使ったシンプルなものもあります。大さじ1杯程度の砂糖を準備して、濡らした部分を優しくマッサージすればOKです。砂糖の結晶が角質を除去し、なめらかで柔らかい肌を作り上げてくれます。

 

シュガースクラブの使い方

図5

シュガースクラブは、顔だけでなく体にも利用することができます。特に体については、角質が溜まりやすい足の裏や膝、肘などに利用するのがおすすめです。もちろん、体全体に利用しても問題ありません。すべすべな肌を手に入れることができます。

 

・顔に使う場合

  1. クレンジングや洗顔をいつも通り行い、メイクを落として肌が綺麗な状態にします。
  2. シュガースクラブを手に取って、優しくマッサージします。

このとき、強くこすりすぎると肌を傷付けてしまうので、優しくそっと触れるくらいの力加減でマッサージすることを意識してください。

  1. 1~2分程度置いたら、ぬるま湯で洗い流します。

すぐに洗い流さず1~2分程度置いておくことによって、肌のもちもち感をアップさせることができます。置いた後はしっかり洗い流すようにしてください。

ここまでの流れを行った後にいつものスキンケアを行うと、いつもと違って浸透力が良くなっていることを実感することができます。砂糖の持つ吸収力や浸透力、保湿力が発揮されている証拠です。

 

・体に使う場合

  1. 体をしっかり洗います。

シュガースクラブを体に使う場合は、体が温まった状態で利用した方が効果的なので、洗うまえに湯船に浸かって体を温めておくのがポイントです。

  1. シュガースクラブを手に取って、気になる部位に乗せます。
  2. 手のひらまたは指で、シュガースクラブを回すようにマッサージします。
  3. 2分程度置いたら、ぬるま湯で洗い流します。

シュガースクラブを体に利用した後は、保湿することを忘れないでください。なお、シュガースクラブを体に使う際は、ここでも紹介しているようにお風呂場で利用するのがおすすめです。ただし、手作りのシュガースクラブには植物オイルを利用しているので、お風呂場でシュガースクラブを利用した後は床が滑りやすくなっています。利用後は滑って怪我をすることがないよう十分注意してください。

 

シュガースクラブの保存方法

砂糖自体には消費期限がないので、保存方法に関して心配することはあまりありませんが、植物オイルが入っているため酸化する心配があります。そのため、シュガースクラブの保存方法としては、直射日光を避けた常温のところで保存するのが妥当です。保存期間は2週間程度を目安にしてください。

このようにシュガースクラブの保存方法はありますが、先ほどのシュガースクラブの作り方を見ても分かるように、シュガースクラブは比較的簡単に作ることができます。作り方通りに作れば、砂糖大さじ2杯に対して植物オイルは大さじ1杯で済むので、使いたいと思ったときに作ることは十分可能です。

シュガースクラブは、鮮度が良いに越したことはないので、保存するよりも利用するタイミングでその都度作った方が良いです。

 

顔や唇にシュガースクラブを使うときの注意点

図6

シュガースクラブを利用することによって、肌に嬉しいことがたくさんあるということが分かりました。しかし、使い方に十分注意して利用しないと、かえって逆効果になってしまう可能性もあります。シュガースクラブを使うときの注意点をしっかり守って、綺麗な肌を手に入れてください。

・使用頻度を守る

シュガースクラブを利用すると肌が綺麗になるため、その状態を常にキープするために毎日シュガースクラブを利用するのは間違いです。毎日使うと逆に皮膚に負担をかけることになってしまいます。

肌が硬いかかとや膝、肘などは週に1~2回使っても問題ありませんが、顔にシュガースクラブを利用する場合は、週に1回程度でも十分効果があります。敏感肌の人であれば、月に2~3回程度利用するだけでも十分効果を実感することができます。

シュガースクラブを利用すれば確かに綺麗な肌になりますが、自分の肌の状態に合わせて利用することも重要です。

・絶対に強くこすらない

シュガースクラブを利用している人の中に、少しでも多くの角質を落としたいからという理由で、マッサージする際に強い力を入れる人がいます。シュガースクラブは細かい粒子ですが、強い力を入れるとかえって肌に負担をかけてしまうことになります。

また、あまりに強い力でマッサージしてしまうと肌状態が悪化してしまう可能性もあるので、泡洗顔する際と同じように優しくマッサージすることを心掛けてください。くるくると優しく、指を滑らせるようにしてケアしてあげると良いです。

・使う前に肌の汚れを綺麗に落としておく

シュガースクラブを利用するときだけでなく、肌のお手入れをする際は肌の汚れを綺麗に落としておくことが基本です。シュガースクラブを使う前には、必ず肌の汚れを綺麗に落としておいてください。

・肌の調子が悪いときは使わない

シュガースクラブは使うことで肌を綺麗にすることができますが、肌の状態によってはかえって肌を傷付けてしまうことになる場合があります。

・季節の変わり目で肌が敏感になっている

・生理前で肌が敏感になっている

・ニキビや吹き出物ができている

・日焼けなどによって肌が炎症を起こしている

このような時期で肌の状態が良くないときは、肌のバリア機能が落ちてしまっている可能性が高いです。シュガースクラブを利用することは避けてください。シュガースクラブの効果やメリットを最大限引き出すためには、肌の調子が良いときにシュガースクラブを利用することが重要です。

 

シュガースクラブを使って最高の肌を手に入れよう

シュガースクラブは、砂糖の粒子で肌のざらつきを取り除き綺麗な肌にしてくれます。他の肌ケアアイテムと違って薬品を使用していないので、安全なスキンケアアイテムであるといえます。肌のケアをするうえで肌に悪影響を及ぼすような薬品や成分が入っていないかということは誰でも気になるところですが、シュガースクラブはそういった問題が全くないスキンケアアイテムです。

また、シュガースクラブは簡単に手作りすることができるので、自分の肌に合ったものを作ることができるという点も魅力の1つです。自分の肌に合ったシュガースクラブを利用することで、なめらかでツルツルな肌を手に入れることができます。

これまでいろいろなスキンケアアイテムを利用してきたものの何の効果も実感できなかったという人は、是非一度シュガースクラブを試してみてください。

図1

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter