pexels-photo-206289

メディキュットで本当に痩せるのか?速攻効果を発揮する方法

メディキュットなら本当に痩せることができると評判です。色々なダイエット法があるのに、実際に痩せられる方はほんの […]

posted on 2018.09.22

メディキュットなら本当に痩せることができると評判です。色々なダイエット法があるのに、実際に痩せられる方はほんのひと握りです。特に下半身痩せが成功する方は多くありません。なぜほとんどの方は様々な減量方法にトライしても結果に繋がらないのでしょうか。挫折する原因も個人差がありますが、大半の場合やり方がハードすぎることが原因です。楽な方法で痩せるのは悪いことではなく、結果を出すために大事な要素です。

痩せると噂のメディキュットとは?

pexels-photo-255268

巷でも痩せると噂になっているメディキュットは、着圧ソックスのブランドです。着圧ソックスは普通の靴下とは異なり、履いているだけで足に圧力を加えて痩せるが可能で下半身のむくみを予防、改善する効果が高いことで知られています。イギリスに本社を持つメディキュットは医薬品やホームケア用品を販売し、国際的な成功をおさめていますが日本では特にレッグケアのトップブランドとしても有名です。日本で発売されている痩せるための着圧ソックスシリーズも、イギリスの医療用ストッキングをルーツに持ち、フットケア総合ブランドドクターが開発に携わるハイクオリティなものです。1997年に誕生して以来、厳しいイギリス基準の設計で段階圧力ソックスを次々に開発し女性の美脚ケアをサポートし続けてきた歴史があります。

現在、痩せるための着圧ソックスを販売している会社は他にもありますが、人気、実力ともにメディキュットの右に出るブランドはありません。国内ナンバー1ブランドとして君臨し続けています。着圧ソックスの種類も多く、様々な目的によって選ぶことができるのも魅力です。2005年には医療機器資格を取得し、翌年には日本で初めてオープントゥデザインによる最高圧力値も記録しました。一般的に着圧ソックスは寝ている間履くことはできませんが、日本初の就寝時用段階圧力ソックスを開発したのもメディキュットの偉業の1つです。

着圧ソックスは医療機関でも手術後のむくみ対策などに使用されているほど効果が確かなもので、弾性ストッキング、弾力性ストッキングなどと呼ばれることもあります。足の間接部の圧迫圧が一番強く、太ももの方になると圧迫圧が弱くなるよう設計されているのが特徴的です。洗濯して使えば何度も繰り返し使うことができるので、痩せるサプリなど消耗品を使うダイエット方法とは比べものにならないほど経済的です。お金をかけずに下半身を痩せるためにはどうすれば良いか考えている方にもぴったりでしょう。下半身のむくみ、痩せる対策の他、足元の冷えを解消する効果、足の疲れをリフレッシュする効果、足やかかとを保湿する効果など、多岐に渡る効果を期待することができます。何より、履くだけで良いのでどんなに面倒臭がりな性格の方でも、ストレスを感じずに続けることができます。無理せず長期スパンで継続しやすいことはメディキュット最大の魅力です。


痩せたいのに脚が太くなるのはなぜ?

身体のパーツの中でも、脚は特に太くなりやすい部分です。標準体重なのに脚だけ妙に太い方も少なくありませんが、セルライトがつきやすい部位でもあるだけに、一旦巨大化するとスムーズに痩せるのが難しくなるので注意が必要です。脚が太くなってしまう原因は人それぞれなので、下半身を痩せる計画を本格的にたてる場合、自分の脚が太くなってしまったのか理由を突き止めることも大切なポイントです。

ただ、脚が太いと悩むほとんどの方がむくみの問題を抱えています。むくみが慢性化すると脂肪細胞も大きくなりやすくなり、脂肪の塊であるセルライトもたくさん蓄積されてしまいます。いわゆる水太りタイプも下半身がむくみやすく、太くなる傾向があります。体内に余計な水分が余っているせいで身体も冷え、血行不良状態に陥ってしまいます。身体が冷えていると脂肪やセルライトが簡単に蓄えられ、軽く運動したぐらいでは燃焼することができない体質になってしまいます。

もちろん、食べ過ぎもNGです。脂肪分の多い献立を好み、普段からカロリーオーバーが続く食生活を送っていると、下半身にもたっぷりとぜい肉が蓄えられます。運動不足や食生活、冷え体質など様々な問題が絡み合って脚が太くなってしまっているケースが多いので、1つ1つの課題をクリアしむくみを解消して脂肪細胞やセルライトを撃退しなければなりません。老廃物と脂肪細胞が絡み合ったセルライトは特に頑固で、しばらく食事制限ダイエットを続けても下半身の凸凹、ぶよぶよしたぜい肉は簡単に落ちません。

単純にカロリーを制限するアプローチだけでは不十分なので、マッサージや運動対策、半身浴、そしてメディキュットによる圧迫対策などで総合的に働きかける必要があります。いずれにしても、脚痩せダイエットは長期戦になるのでハードすぎて続かないやり方はおすすめできません。メディキュットのように強いストレスを感じず普段通りの生活を送りながら継続できる方法がおすすめです。座りっぱなしや立ちっぱなしのお仕事に従事している方は、どうしても下半身に負担がかかるため、夕方になる前に脚がむくみ靴がきつくなるケースも珍しくありません。下半身痩せのために仕事を変えるわけにはいきませんので、メディキュットを履いてむくみや冷えに備えましょう。

メディキュットが選ばれる3つの理由

pexels-photo-920381

着圧ソックスを発売している会社はたくさんあるのに、なぜメディキュットが選ばれるのでしょうか。実は、着圧ソックスのクオリティはピンキリで、中にはただ締め付けるだけの身体に悪い構造になっているものも混ざっています。単純にサイズがきつい靴下やストッキングを無理に履いてしまうと、血流やリンパの流れも停滞してしまいますし、巡りが悪くなる原因にもなります。その点、メディキュットは元々医療用ストッキングをベースに開発されているので、身体に作用するメカニズムをしっかり把握した上で作られているところが魅力です。身体の仕組みを熟知しているプロが効果を確かめながらデザインや圧力の具合を決めているので、極めて高い効果を期待できる上に、安全性も抜群です。ただ締めつけるだけの粗悪品着圧ソックスではなく、効く根拠があるメディキュットを下半身痩せのパートナーにしましょう。

また、メディキュットは目的やシーンに合わせて何種類ものタイプがあるので、日常生活に活用しやすいのも魅力です。日中どうしても着圧ソックスを履くのが厳しい環境の方は、寝ている間に装着するタイプのメディキュットを履いてケアすることができます。しかも1足1足の価格はそう高くありません。洗い替え用を気軽に揃えられるぐらいのリーズナブルな価格に抑えられているので、価格の面でメディキュットを選ぶ方も少なくないようです。デザイン性もメディキュットを選ぶメリットです。いかにもダイエット用のソックス、ストッキングと分かるようなデザインの着圧アイテムもたくさんありますが、メディキュットはファッション性も重視しデザインを決めているため、おしゃれを楽しみながら下半身のケアができるところもメリットです。普通のストッキングと見た目には違いが分からないものもありますし、ラベンダー色のキュートなデザインの夜用ソックスも発売されています。

いずれにしても、メディキュットを履く習慣をつけると脚のむくみや冷えも解消できますし、下半身がこれ以上太くならないよう予防することもできます。履いている最中も脚がほっそりして見えるので、速攻性を求める方にも最適です。さらに脚の裏や指の疲れが解消されることで身体も楽に動くようになり、日中アクティブに活動して消費カロリーが増え、全身の減量にも嬉しい効果があります。

簡単脚痩せ!メディキュットを賢く使おう

簡単に脚痩せできるメディキュットは本当に頼れる存在です。ただ、種類によって履き方は異なるので、賢く活用するためにも正しい装着方法を守りましょう。メディキュットで1日でもはやく脚痩せしたい、と焦るあまり1日中着用する方もいらっしゃいますが、あまりにも長時間履き続けてしまうと下半身に負担がかかり疲労の原因になることもあるので注意が必要です。よりはやく結果を出すためにも、決められた使用時間を守り正しく履くよう心がけましょう。履く時も最大の効果を引き出すためにシワにならないよう気をつけることも大切です。メディキュットを履いていない時間も循環が良くなるよう、軽いマッサージやストレッチ、運動対策を取り入れることも相乗効果を上げるために効果的です。慣れてきた着圧ソックスを履きながら簡単なエクササイズに取り組んでみて下さい。引き締めながら身体を動かすことで、着圧効果を引き上げることができます。ただしこの場合もハードすぎるエクササイズは脚の疲労原因になる恐れがあるので、汗を激しくかかない程度の緩やかな動きを守ることが重要なポイントです。

就寝中に履くタイプのものは、寝ている時に足を高くして眠るとむくみ解消効果をさらにアップさせることができます。足用枕がなければ、バスタオルを丸めて足元に置き、両足を乗せるだけでもOKです。もちろん、効果抜群のメディキュットを履いていても、普段のライフスタイルに問題があれば思うような効き目を感じるまでに時間がかかってしまうはずです。暴飲暴食は控え、半身浴やエクササイズなど他のダイエット方法も積極的に取り入れることが大切です。じっと動かないままでいると身体も冷えやすくなりますし、セルライトや脂肪細胞も撃退しにくくなります。自ら意識してアクティブに身体を動かすと汗で老廃物も流れ、脂肪も燃えやすい環境ができます。

カルニチンなど脂肪燃焼効果が高いサプリメントと併用する対策方法もおすすめです。身体の冷えから下半身が太くなってしまっている方は、脚だけではなく上半身も冷やさないよう上着やブランケットを活用して下さい。ノースリーブを着る機会が増える夏場も、部屋の中はクーラーで冷やされていることが多いので、一枚羽織るものがないと冷房による冷えが進行してしまいます。

メディキュットを選ぶコツ

paris-1930992_1920

種類や注意など 痩せるために欠かせないメディキュットは日中履くタイプと就寝中に装着するタイプがあるので、使い勝手が良い方を選びましょう。もちろん、両方併用している方も増えています。日中履くタイプはストッキングタイプとソックスタイプがあります。どのタイプの装着時間は決まっているので、欲張って長すぎる時間履いたままにしないよう要注意です。メディキュットで痩せる時の速攻性を引き出すためにも、サイズの選び方はとても重要です。例えば就寝中に履くタイプのメディキュットはMとL、そしてLLサイズの3種類のサイズを展開しています。

効果を最大限に実感するためにも、自分にぴったりのサイズを選びましょう。サイズは身長の他、パーツごとのサイズでも最適なものを選べるようになっています。Mサイズの場合、身長150cmから160cmに対応し、お尻の部分が85~93cm以内の方にフィットするようになっています。太もも部分は43~49cm、ふくらはぎのサイズは30~38cm、足首は19cmから23cmだとMサイズが丁度良いはずなので、購入する前に脚の各パーツの周囲サイズを測っておいて下さい。

Lサイズは身長155cmから165cm、臀部は90~98cm以内の方に合うようになっています。太もも部分は47~53cm、ふくらはぎのサイズは34~42cm、足首は21cmから25cmの範囲におさまる方はMサイズを選んで下さい。

LLサイズの場合は身長160cmから170cm、お尻の部分が92~100cm以内までOKなので、割と太めの方でもスムーズに履けるようになっています。LLサイズの太もも部分は51~57cm、ふくらはぎは34~42cmのサイズ、足首は21cmから25cmの範囲内で対応しています。履き方にもコツがいります。最初にソックスを手繰り寄せて、つま先部分を入れます。

それから足首まで引き上げ、かかとのポジションを合わせて下さい。膝は編み分け部分に合わせて履きますが、膝の裏のシワ部分を伸ばすことも忘れないようにしましょう。あとは均等に膝まで引き上げて着用しますが、少しずつ履いていくのがポイントです。特に足首部分が普通の靴下やストッキングよりもきつくなっているので、最初は意識して手順通り履き進めることが大切です。一度慣れてしまうとスイスイ装着できるようになるので、安心して下さい。たった1足を毎日連続して履き続けてしまうと劣化が進む恐れがあるので、洗い替え用に最初から2セット入っているお得なタイプを狙うのもおすすめです。

まとめ

脚が痩せるアイテムとして速攻性抜群と評判のメディキュットに関して、履き方や選び方、効くメカニズムなどをお伝えしました。毎日履き続ければ着実に痩せる効果があるので、下半身太りや太い脚にお悩みの方はトライする価値が大いにあるでしょう。痩せるだけではなく、脂肪やセルライト、むくみの他、冷えや脚の疲労解消にも効き目があるところが最大のメリットです。

pexels-photo-206289

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter