• トレンド
  • ダイエット後のリバウンドを防ぐ!リバウンドしにくいダイエット・・・
belly-body-calories-diet-42069

ダイエット後のリバウンドを防ぐ!リバウンドしにくいダイエット紹介!

ダイエットに成功した後にリバウンドしてしまうことにお悩みの方は少なくありません。リバウンドが起こるのは人間の体 […]

posted on 2018.09.10

ダイエットに成功した後にリバウンドしてしまうことにお悩みの方は少なくありません。リバウンドが起こるのは人間の体の性質が関係しています。
何もダイエットを止めることを理由としてリバウンドが起こるというわけではありません。なぜ発生するかを知ることによって、対策を行うことが出来ます。原因を知ることは無駄にならないといえます。

リバウンドとは

KK150404278215_TP_V1

リバウンドとはダイエットを行った後に再び体重が元に戻ったり、前よりも増えたりすることを言います。ダイエットでない場合に体重が戻ることは自然なことと言えるのでリバウンドとは表現しません。

リバウンドという言葉には跳ね返りという意味があります。バスケットボールでゴールに弾かれたボールのことをリバウンドと言い、試合に勝つにはリバウンドを制することが重要になると言われています。

痩せるための行動でのリバウンドは跳ね返りという意味からきています。リバウンドは当人の不注意によって起こると勘違いされることがありますが、実際にはそうとは限りません。痩身行動を同じペースで続けていたとしてもリバウンドが起こってしまうことがあります。それは少ない食料でも活動が行えるように体の機能が備わっているからです。この機能は人間にとって大切な機能です。
ただ、ダイエットの際には注意が必要となります。

筋肉もリバウンドと大きく関係しています。ダイエットを行っていると食事量が減るので筋肉量が落ちてきます。筋肉量が落ちているとどうしても運動の際にエネルギーを使用しにくくなります。
これにより、同じくらいの食事量を続けたとしてもある程度のところで効果は収まることが多いです。リバウンドの問題は体重減少と交互に発生しやすいことです。リバウンドが発生すると再び痩せようと考える方が少なくありませんが、ここでリバウンドが起こってしまうと繰り返しになります。体重減少とリバウンドが交互に何度も何度も起こることは体への負担となってしまいます。

また、精神的なこともあります。リバウンドが起こるとそれまでのダイエットが台無しになったと考える方もおられるかもしれません。すると無駄なことをしてしまったということでストレスが溜まり、再び痩せようとしてストレスが溜まるという状態になることもあります。このように原因不明のリバウンドが何度も起こることはその方にとって大きな負担となります。

しかし、リバウンドが発生することには原因があるため、そのことを知った状態でダイエットを行えば負担を減らすことが出来ます。もし、起こってしまったとしても、原因が分かっていると繰り返しにならないように出来るかもしれません。それゆえにリバウンドの原因を知ることは有効です。

ダイエット後のリバウンドの原因とは

pexels-photo-771325

リバウンドというのはダイエットをした後に再び体重が増える現象を言います。これはダイエットのペースを落とすことで起こると思われがちですが、実際には人間の体の性質と関係しています。

普通のダイエットをそのまま続けていたとしてもリバウンドしてしまう恐れはあります。リバウンドの原因に関係があるのがホメオスタシスです。人間の体は食べる量が減っていくとエネルギーを体の中から得ようとするので、体重が減っていきます。
しかし、ある程度減ると体重が減らなくなることがあります。これはホメオスタシスという体の機能に働くからです。ホメオスタシスは体の中に入ってくる食事量が減ることにより、エネルギーを減らして対処しようとします。それまでと同じ量の食事を続けたとしても、消費されるエネルギーの消費量が減っているので結果としてダイエット効果が出にくくなります。その段階でダイエットを止めたとしても、ホメオスタシスの機能はしばらく続くのでリバウンドしてしまう恐れがあります。
このホメオスタシスという機能は人間が得られるエネルギーに合わせて活動できるように備わっており、食事などを確保するのが難しい状況下では重要となります。しかし、ダイエットのように意図して食事量を減らしている場合はホメオスタシスがダイエットのストッパーになることもあります。

 

リバウンドには他にも原因があります。それはレプチンです。
レプチンは脂肪細胞に脂肪が吸収されることで分泌される物質です。この物質が分泌されると脳の満腹中枢を刺激することになります。あまり食べていなくても何となくお腹が膨れた感じがする際には、このレプチンがたくさん分泌されていると考えられます。ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減っていきます。
それを中断するとだんだんとレプチンの量も元に戻っていくのですが、戻るまでにはどうしても期間が必要になってしまいます。レプチンが元に戻るには約1か月ほどかかるとされています。

つまり、食事量を戻した後も1か月ほどは満腹を感じにくくなっている可能性があります。レプチンが減っていることでつい食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまうことが珍しくありません。
そのため、痩身行動後には体重が戻ることはあるということです。

リバウンドを事前に阻止!ダイエットを始める前に重要なこと!

リバウンドのないダイエットをするには始める前に準備しておくことがあります。
1つ目はリバウンドは人間の体がもっている性質に関係していると知っておくことです。当人がサボることで起こるとは限らないということを知っておくことで、もしリバウンドが起こってもリカバリーしやすくなります。

2つ目はある程度のところの目標を決めることです。短い期間で極端なダイエットをしようとすると、リバウンドのリスクが高くなります。そのため、数パーセント減少を数か月で実現するなど、厳しくない目標を立てることをお勧めします。

3つ目はダイエットを選ぶことです。ダイエットを行うということは何らかの方法を用いるということになります。その選択次第でリバウンドしやすいかどうかが決まります。
例えば極端に炭水化物を減らすといったダイエット方法を行うと、食事量を戻した時に大きなリバウンドが発生しやすくなります。また、炭水化物は糖になり脳のエネルギーにもなりますので、考えることに非常に疲れてしまうことも考えられます。ダイエットの際に炭水化物を減らすこと自体は有効ですが、全く食べないといったダイエットは行わないことをお勧めします。同じものだけを食べ続けるダイエットもリバウンドがどちらかというと起こりやすい可能性があります。

同じものだけを食べることで摂取カロリーは減る可能性があるのですが、どこかで元の食事に戻すことになるためその時にリバウンドが発生してしまう恐れがあります。同じものだけを食べていると栄養が偏ってしまうことで体調不良を招いてしまうことも考えられます。
体調不良になるとダイエットをしているような状況ではなくなり、運動が出来なくなってしまうこともあります。このように極端な方法を用いることはリバウンドや体調不良を招くことになるので注意が必要です。

ダイエットを行うときは少し長いスパンで考えてみるのもお勧めです。毎日の体重を気にしていてもその時々によって少しの変化があります。しかし、その少しの変化によって方針を変えてしまうと何かと大変です。
長いスパンで考えていればダイエットの軌道修正が頻繁に行うことにならず、安定的に目標に向かうことが出来ます。痩せる方法を選ぶときにはその点を重視するという方法もあります。

リバウンドしにくいダイエット方法紹介!

リバウンドしにくいダイエットの1つにはファスティングダイエットがあります。これは1日の間、固形物を一切取らないというダイエットです。これだけ聞けば非常に厳しいダイエットのように思われがちですが、スムージーや野菜ジュースなどを摂取することが出来、1日だけのダイエットなので意外と出来てしまいます。1日固形物を取らないということはホメオスタシスやレプチンなどの関係上、リバウンドしやすいようにも見えるかもしれません。
しかし、1日だけに絞って行うことでそれらの機能や物質にあまり働かせないことが出来ます。そのため、有効となります。

2つ目におすすめなのがスクワットです。スクワットを行うことでインナーマッスルを鍛え、消費カロリーを増やすというシンプルな方法です。ダイエットを行うとホメオスタシスによって消費エネルギーが減りますが、スクワットでインナーマッスルを鍛えることで基礎代謝を上げて対処するというのが特徴です。上がった基礎代謝はその後もある程度は維持されるのでリバウンドしにくくなっています。

3つ目のダイエットは置き換えダイエットです。通常の食事のうちの1食を健康食品などに置き換えるダイエットとなっています。最近の健康食品は栄養がたくさん含まれているので栄養不足になりにくく、カロリーが極端に減らないことからリバウンドがそれなりに抑制できるメリットがあります。

4つ目はジョギングです。これはジョギングを行うというシンプルなカロリーの消費法となっています。ホメオスタシスによって消費カロリーが減るところを、ジョギングによるカロリー消費で打ち消してリバウンドを防げる可能性があります。ただ、体重が落ちてくることでジョギングの負担が増える恐れがあるので無理のない範囲で行うことが有効となります。ジョギングは基本的に悪天候だとなかなか難しくなるので、悪天候が続いた時は他の運動を組み合わせることをお勧めします。

5つ目はサイクリングを行う方法です。カロリーを消費するという点ではジョギングと似ていますが、サイクリングは体への負担が少ないとされているので普段体をあまり動かしていない方にうってつけです。インナーマッスルが鍛えられることで基礎代謝を上げることが出来ますが、自転車の故障には注意が必要となります。

リバウンドしないためのダイエット後の注意点

pexels-photo-221210

リバウンドをしないようにするにはダイエットの後が重要となります。その後に気を付けていれば、リバウンドをする可能性を大きく下げることが出来ます。

まず重要となるのが食事量をすぐに元に戻さないことです。リバウンドしてしまうのはダイエット前よりも食べ過ぎてしまうからだと考えている方は少なくなく、その前と同じ量ならリバウンドしないと思う方も多いかもしれません。しかし、ホメオスタシスによって消費カロリーが減少しているダイエット後に、ダイエット前と同じくらいの量を食べてしまうと逆に太ってしまう可能性があります。
そのため、すぐに食事量を戻すのではなく、時間をかけて徐々に戻していくことをお勧めします。だいたい1ヶ月かけて食事量を戻すことでホメオスタシスが元に戻っていきます。また、その後に食事量をすぐ戻さないことは胃腸への負担を抑えることにも繋ががっていくことです。胃腸はダイエット中の食事量に慣れているため、急に食事量を戻すと消化不良を起こしてしまうことがあります。
その点でも食事量を徐々に戻していくことは有効となります。

運動系のダイエットを行った場合にも急に運動を止めてしまうことはリバウンドを招く可能性があります。運動系のダイエットでは普段の生活以上にカロリーを消費することで、ホメオスタシスによる消費エネルギー減少をカバーします。そのため、運動系のダイエットを急にやめるとホメオスタシスによる消費エネルギーの減少をカバーすることが出来なくなり、リバウンドが起こってしまう恐れがあります。それゆえに徐々に元の生活に戻すことが重要となります。

リバウンドしないためには気の持ち方も重要となっています。痩せるための行動を行っている間はレプチンという物質が分泌されにくくなるので満腹感を得られにくくなります。それはダイエット後も1か月ほどは続きます。それゆえにダイエット後に満腹になるまで食べていると、実際の満腹よりも食べてすぎてしまっている可能性があります。
そのため、リバウンドを防ぎたい場合はダイエット後1カ月の間は、満腹と思うまでのところでとどめておくことが有効です。もちろん、ダイエット後には栄養が不足している可能性もあるので、栄養を摂取することも重要となります。その後の食事はその点でも重要となっています。

まとめ

リバウンドには人間の体の持つ機能が関係しています。しかも、その機能は人間が生きていく中で非常に重要となります。ただ、ダイエットの際には気を付けておく必要があります。
痩身活動をした後は消費エネルギーが減少していることを覚えておくとリバウンドを防ぐことが出来るかもしれません。ダイエット後は1か月をどう過ごすかがポイントです。

belly-body-calories-diet-42069

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter