• トレンド
  • 【からだのメカニズムから紐解くダイエット】 骨盤はもともと歪・・・
あ

【からだのメカニズムから紐解くダイエット】 骨盤はもともと歪んでいる!? 下半身太りの本当の原因とは!?

【理学療法士監修】 下半身太りの原因としてよく取り上げられる「骨盤の歪み」。 しかし、実は骨盤の歪みが下半身太 […]

posted on 2018.01.01

【理学療法士監修】

下半身太りの原因としてよく取り上げられる「骨盤の歪み」。

しかし、実は骨盤の歪みが下半身太りの直接的な原因になっているわけではないということをご存知でしたか?

今回の記事では、下半身太りの本当の原因と、その対策法をお伝えします!足痩せしたい女性は必見の情報満載です。

関連記事:「冷え」は万病の元!?冷えの原因と改善方法 Vol.1

関連記事:「冷え」は万病の元!?冷えの原因と改善方法 Vol.2

[1]骨盤はもともとゆがんでいる!

あ

実は、私たちの骨盤はもともと左右非対称で、生まれた時から歪んでいるのです・・・!!

これはどうやら生まれる前の胎児の時の影響を受けるようで、多くの人は生まれつき右骨盤が下がりやすくなるという特徴があります。(例外は多々あります)

ですので、「骨盤が歪んだから下半身が太る」というのは厳密に言うと間違っているのです。
では、下半身太りの原因とは一体何なのでしょうか?

[2]下半身太りの原因は、動作や姿勢の“クセ”からくる下半身の冷え!

い

生まれつきの骨盤の左右差は、日常生活の中で「クセ」を作ってしまいます。
例えば、座っている時に気づくと足を組んだり、立っている時に片足に重心をかけてしまったりしていませんか?

このような「クセ」により筋肉へ負担がかかると、筋肉が凝り固まり、血流が悪くなります。そして、血流が悪くなると足先まで熱が届きにくくなり、下半身が冷えやすくなります。

ヒトの体は冷えを感じると、それ以上体が冷えないようにするために脂肪を溜め込むと言われています。
つまり、この「冷え」こそが脂肪をつきやすくする原因なのです。

では、下半身に脂肪がつきにくくするには一体どうしたらよいのでしょうか。

[3]下半身に脂肪がつきにくくするには?

下半身に脂肪がつきにくくするには、下半身が冷えないようにすることが大切です。
下半身が冷えないようにするには、以下の3つが有効です!

(1)お風呂でしっかり温める

半身浴で37℃くらいのお湯に40分ほどじっくり浸かる。
または、42℃の少々熱いくらいのお風呂に20分ほど浸かる。
<関連記事:「冷え」は万病の元!?冷えの原因と改善方法 Vol.1>

(2)動作や姿勢のクセを治す

骨格のクセを治すこと、そして運動をすることが最も根本的な冷え防止の方法です。特にふくらはぎの筋肉をゆるめてあげると、血流が良くなり、暖かい血液が足先まで届いてくれるようになります。
トレーナーやセラピストなど、プロに施術してもらうのもオススメです。
<関連記事:「冷え」は万病の元!?冷えの原因と改善方法 Vol.2>

(3)ストレッチをする

温まった状態でストレッチをするのも有効です。
数あるストレッチの中でも特に“シコ踏み”がオススメ!
シコ踏みの動きは、骨盤に着く筋肉がいろいろな方向に伸びてくれるので、骨盤の歪みにより凝り固まった筋肉をゆるめるのにとっても効果的なのです。

お風呂上がりに、まずはゆっくり5回程度行ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?骨盤の歪みは下半身太りの直接的な原因ではなく、下半身の「冷え」こそが下半身太りの一番の原因だったのです!

まずは簡単にできるセルフケアで血液の巡りをスムーズにして、お体が冷えないようにしてくださいね。

あ

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter