下半身が細い人と太い人の違いは何にあるのでしょうか。上半身はそうでもないのに下半身太りにお悩みの女性も多いかと […]

posted on 2018.11.12

下半身が細い人と太い人の違いは何にあるのでしょうか。上半身はそうでもないのに下半身太りにお悩みの女性も多いかと思います。そこで今回は、下半身がなかなか痩せないといった人におすすめのダイエット方法をいくつかご紹介したいと思います。

下半身ダイエットのポイント

mother-with-daughters-in-a-park_1157-14720

まずは、下半身がどうして太ってしまったのか、原因を探っていきましょう。あなたはどのタイプに当てはまりますか?

下半身太りの原因

【セルライト】

女性の下半身太りの原因の最大のものが、この「セルライト」だと言われています。

セルライトとは、太ももやお尻などにできやすい、皮下脂肪が老廃物などとともに固まってしまったものをいいます。このセルライトができることによって、血行が悪くなってしまい、その結果、代謝も下がってしまいます。

セルライトは一度できてしまうと、食事制限や運動をしてもなかなか取ることができないやっかいな存在です。

【老廃物】

下半身太りの原因の1つに老廃物が蓄積されているということが挙げられます。これには、水分不足が影響していると考えられます。

水分が不足してしまうと、体の中の老廃物や尿、汗などが排出されずに、老廃物がどんどん蓄積されてしまうのです。体の中に蓄積されてしまった老廃物は、先ほどのセルライトになってしまう恐れがあります。

【下半身の冷え】

冷え性にお悩みの女性は、下半身太りに要注意です。下半身が冷えてしまうと血行や代謝が悪くなり、水分や老廃物を体外へ排出しにくくなってしまいます。その結果、脂肪が下半身に蓄積しやすくなってしまうのです。

また、体についてしまった脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくく、体が常に冷えてしまっている状態になってしまいます。すると、さらに冷えの悪循環になってしまうのです。

【体の歪み】

人間はいろいろな姿勢をとり、その癖がついてしまうために知らない間に体に歪みが生じてしまっていることがあります。

例えば、日常的に足を組んで座ったり、いつも片側で荷物を持っていたりすると、体や骨盤が歪んでしまっているかもしれません。

また、女性は出産をしますので、男性に比べて骨盤がもともと歪みやすくなっています。骨盤に歪みが出てくると、お腹がぽっこり出てきたり、骨盤まわりの血液やリンパの流れが悪くなったりしてしまうことがあります。

血液やリンパの流れが悪くなってしまうと、下半身太りの原因になってしまいますので、注意が必要です。


無理なくダイエット続けるコツ

スモールステップではじめよう

高い目標を設定し、いきなり毎日5㎞走るなどの高い負荷をかけてしまうと、自分自身で追い込まれてしまいダイエットが長く続かなくなってしまいます。ダイエットを続けていくためのコツは、徐々にできるようになっていくことです。自分が確実にできることを目標として設定してみましょう。

「見える化」をする

手帳に運動を行ったことをシールやハンコで印をつけるなど、運動を行ったことを目に見える形に残すことが、ダイエットを継続させることのコツです。このようにしておくと、シールを毎日つけなければ気が済まなくなってしまい、自然と運動をする習慣が身につくのです。

また、体重は毎日記録をしてグラフ化することをおすすめします。グラフがどんどん下がっていくことでモチベーションが維持され、ダイエットを継続させることができるのです。

体調や忙しさに合わせてメニューを変える

毎日絶対に同じことをこなすのは、体調や忙しさが日々ちがうので難しいでしょう。その場合は、臨機応変に体調や忙しさに合わせてダイエットメニューを変更しましょう。時間を短くしたり、内容をカットしたりとすることでまったくやらない日をつくらないということが大切なのです。

食事に気をつけてダイエット

food-1245685_1920

下半身太りを解消するために気をつけなければいけない食事の取り方について説明いたします。下半身太りがどうしても解消されない人は、以下を参考に食事内容を見直してみてください。

塩分を摂り過ぎないようにする

塩分を摂りすぎてしまうと、体が血液中の塩分濃度を調整するために水分を溜め込もうとします。そのため、水分をどんどんため込んでむくみの原因となってしまいます。味の濃ゆい塩分がたくさん入った食事ばかり食べていると、下半身がどんどんむくんで太くなってしまいますよ。

塩分を摂りすぎてしまった場合は、カリウムが多く含まれる食べ物を食べるようにすると、体から余分な水分を排出してくれます。野菜にカリウムが多く含まれているので、普段の食事に野菜をプラスするだけでもいいので、気をつけてみてください。

糖分を摂り過ぎないようにする

糖分には、水分を保持する作用があり、水分を溜め込んでしまうと体が冷えてしまいます。体が冷えてしまうと、その結果、脂肪も溜め込みやすくなってしまうのです。

甘いものが大好きな人にとって、甘いものを全く摂らないでいることは、精神的にもとてもきついことだと思います。したがって、全く食べないのではなく、食べる量をきちんと決めて、ダラダラと食べないようにコントロールするようにしましょう。

タンパク質をしっかり摂る

タンパク質は体をつくる材料になる栄養素です。人間の筋肉や皮膚、髪の毛などを維持したり、修復したりするのには絶対に必要なのが、タンパク質。このタンパク質が不足してしまうと、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わらないようになってしまいます。

ダイエットでこれまで以上に運動をすることになると、筋肉をたくさん使うようになりますので、意識的にタンパク質を摂るようにすることが大切になってきます。

肉や魚、豆腐などの豆製品、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品にタンパク質は含まれていますので、これらの食品を毎食取り入れるように心がけましょう。

家でできるダイエット

半身浴で体も心もすっきり

【半身浴の効果】

①美肌効果

半身浴を行うと、ゆっくりとじんわり汗をかきます。すると、毛穴がしっかり開いて、老廃物や余計な皮脂などが体から出て行き、毛穴の中の汚れもしっかり落とすことができます。

気になる小鼻のブツブツした角栓も取れやすくなります。

②血行がよくなる

熱いお風呂に長時間入ることは難しいですが、半身浴なら長時間入っていることができます。半身浴をすると、体の芯から温まることができ、全身の血行が良くなります。

冷え性にお悩みの人は、血行が良くなることで冷えの改善も期待できます。

③むくみの改善

半身浴を行うと血行が良くなることをご紹介しましたが、血行が良くなると、同時にリンパの流れも良くなります。リンパの流れが良くなると、余分な水分や老廃物が排出されますので、顔や下半身のむくみが改善されます。


View this post on Instagram

+ 【湯船にちゃんと浸かってる?】 体温が1℃上がると基礎代謝もUPするんだとか これからの季節は特に、湯船にしっかり浸かって体を温めましょう + ▼お風呂で出来る痩せゴト 1.入浴前後にコップ1杯のお水を飲む 2.自分にあった温度・時間を見つける 3.お風呂ヨガ + お風呂はきれいを作る場所! 落としたい脂肪をモミモミするのも効果的ですよ 明日からまたがんばれるように、しっかり疲れを取っておきましょう #お風呂大好き #風呂 #入浴 #全身浴 #半身浴 #湯船

Fysta – フィスタ おうちで簡単10分ダイエットさん(@fystalab)がシェアした投稿 –

リンパマッサージで痩せやすい体を手に入れよう

【ヒップのリンパマッサージ】

ヒップのマッサージは手を拳にして、お尻の付け根の部分からウエストにかけてぐるぐると下から上に円を描くようにマッサージしていきましょう。

このとき、あまり強い力で行う必要はありません。肌の表面を優しくなでるようにマッサージしていきましょう。

【太もものリンパマッサージ】

太ももは側面、内側、股関節と部分的にわけて丁寧にマッサージしていくようにしましょう。ヒップのときと同様に、膝の辺りから太ももの付け根にかけて円を描くようにマッサージしていきましょう。

下半身痩せに効くツボ

【太ももを細くするツボ「血海」】

「血海」は膝の上から2.5cmほど上の大腿骨の内側の少しへこんだ場所にあるツボです。血流を促し、ドロドロした脂肪の溜まった血液をキレイにしてくれる効果があります。親指を垂直に当て、ゆっくりと押しましょう。

【ふくらはぎを細くするツボ「承山」】

「承山」はふくらはぎの中心の線上を上のようにたどり、剣と筋肉の変わり目の盛り上がった部分にあるツボ。老廃物の蓄積を防止して、水分の排出を促す効果があります。こちらのツボも親指を垂直に当てて、ゆっくりと押しましょう。

 

体を動かしてダイエット

足パカ・エクササイズ

足パカ・エクササイズは、その名の通り足を開いたり閉じたり、パカパカとさせるだけのダイエット法です。

【基本のやり方】

①ヨガマットなどを敷いて、仰向けに寝転びましょう。(このとき、て手は体の横にリラックスした状態で置いておきましょう。)

②足を天井に向けて持ち上げましょう。(このとき、上半身と下半身がL字型(直角)になるようにします。)

③足を持ち上げたままの状態で、できる限り足を左右に大きく開きましょう。

④開いた足をゆっくりと元に戻します。

⑤この開いて閉じるという動作を1回として40回から50回ほど行いましょう。

*ポイント*

開いた足を閉じるときには、太ももの内側に力を入れるイメージでゆっくりと行うことで効果が高まります。

【足パカ・エクササイズ(縦バージョン)】

①ヨガマットなどを敷いて、仰向けに寝転びましょう。

②片足を床から30°くらいまっすぐ伸ばした状態で持ち上げましょう。その状態を5秒キープしてゆっくりと下ろします。

③反対側の足も同様に、キープしてゆっくりと下ろしましょう。

④両脚で1回として、40回を目安に行いましょう。


View this post on Instagram

#natsuトレ . . おススメしたい足パカ三つ . 1.基本の足パカ 太ももの内側(内転筋)と腹筋に効くエクササイズ . 2.縦足パカ 太ももの前部分を中心に鍛えるエクササイズ . 3.クロス足パカ 脚だけでなくウエストも意識すると腹斜筋を鍛えれる . やり方は動画をご覧下さい ポイントもちゃんと書いてるから読んでみてね

Natsuさん(@01natsu17)がシェアした投稿 –

乙女エクササイズ

【やり方】

①ヨガマットなどを敷いてうつぶせに寝転びましょう。

②両足をそろえて頬杖をつきます。(このとき、顔は真っすぐに前を向きましょう)

③その状態で膝を直角に曲げます。

④③の状態のまま、かかとでお尻をリズミカルにたたいていきましょう。

⑤1セット50回程度を目安に行いましょう。


View this post on Instagram

お尻をかかとでトントン叩く、通称「乙女エクササイズ」をご紹介! 股関節を緩め、太もも痩せやヒップアップにも効果的な簡単エクササイズです。 テレビを見ながら、寝る前などリラックスしながらできるのでおすすめです♡ 腰痛の人は、顔を上げないで行いましょう。 #エクササイズ #乙女 #乙女エクササイズ #美脚 #ヒップアップ #寝る前 #寝ながら #トレーニング女子 #自宅トレーニング #きれいになりたい #痩せたい #股関節 #柔軟 #太もも痩せ #ダイエッター #ダイエッターさんと繋がりたい #ダイエッターと繋がりたい #美容 #美容垢 #ビュースタグラマー #ボディメイク #美ボディ #宅トレ #運動したい

MY BODY MAKE [マイボディメイク]さん(@mybodymake)がシェアした投稿 –

キャメロン・エクササイズ

こちらのキャメロン・エクササイズは、キャメロン・ディアスなどハリウッド女優のパーソナルトレーナーを勤めるテディ・べスさんが考案したエクササイズです。このキャメロン・エクササイズを行うことで内腿の筋肉が鍛えられ、脚やせだけでなくO脚も改善できる効果があります。

【やり方】

①足を肩幅よりも少し狭く開いて真っすぐに立ちましょう。(この姿勢を基本姿勢とします。)

②左足を横へ大きく踏み出して、指先が床にチョンと触れるように屈みましょう。

③②の状態からゆっくりと基本姿勢に戻ります。

④左足を大きく後ろに引いて右足の膝を曲げましょう。(このとき、両手を背伸びするように上へと伸ばしましょう。)

⑤④の状態からゆっくりと基本姿勢に戻りましょう。

⑥今度は足を反対にして同じように行いましょう。

⑦左右10回ずつを目安に行いましょう。


View this post on Instagram

気が上がっちゃった〜〜♪ ・ ・ #キャメロンエクササイズ

YumiMaenoさん(@love_peace555)がシェアした投稿 –

セルライト対策ストレッチ

①椅子に座り片方の足をもう片方の膝の上にかけましょう。

②そのままの状態で鼻から息を大きく吸った後、口から息を長く吐き出しながら上半身を前に倒していきましょう。

③その状態でゆっくりとした呼吸を5回ほど繰り返しましょう。

④反対側も同じように行いましょう。

*ポイント*

太ももの裏側から側面にかけてストレッチされていることをじっくりと感じながら行いましょう。

呼吸を行うときには鼻から大きく息を吸って、口から細く長く吐いていくように気をつけましょう。

ダイエットを無理なく続けて美しい下半身を手に入れよう

下半身痩せについて、下半身太りの原因や家でできるダイエット法、気をつけなければいけない食事鳳などをご紹介いたしましたが、いかがでしょうか。

ダイエットの成功の秘訣は、無理なく続けられるということです。どんなに効果のあるダイエットでも続けられなければ意味がありません。

この記事を参考に、ダイエットを継続し、誰もが憧れる美しい下半身を手に入れるよう努力しましょう!

youth-white-moisturizer-young-sexy_1301-3187

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter