世の中には、食事制限や運動、置き換えダイエットやエステやジムなど色々なダイエット方法があります。色々な方法があ […]

posted on 2018.10.22

世の中には、食事制限や運動、置き換えダイエットやエステやジムなど色々なダイエット方法があります。色々な方法がありますので迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。
そこでどのダイエット方法が効果的なのか、値段や効果などについて比較してみましたので参考にしてみてください。自分にあう方法で行うと痩せやすくなることでしょう。

dumbbells-2465478_1920

比較その①エステvsジム 比べてみました

エステとジムどちらが効果的?

エステとジムではどちらが効果的にダイエットすることが出来るのかを比較してみましょう。
痩身エステではエステ会社によって費用やエステメニューにも大きな差があります。最新の痩身マシーンを使用し人件費を安く抑えている大手エステの場合、格安料金で行うことが出来ますので費用を抑えることが出来ます。脂肪融解を行うことが出来る高周波や超音波を使用したマシーンや、中性脂肪を体外へ排出させるキャビテーションなどの最新のマシーンを使用した施術は、ダイエット効果も非常に高く、短期間に痩せることが可能です。
脂肪の揉み出しなどハンドテクニックに力を入れているエステの場合、人件費が高くつくため割高な傾向があります。必ずしも効果が高いというわけではなく、ダイエット効果を狙うのなら大手エステの脂肪融解が出来る高周波や超音波、脂肪を体外へ排出させるキャビテーションを行った方が確実にダイエットできるといえるでしょう。

大手の相場を比較してみると?

大手エステの場合、12回の施術で費用はだいたい20万から30万円前後かかります。
ジム系のダイエットの場合、ジムでパーソナルトレーナーが付き、運動方法や毎日の食事の管理をしてくれますので、本格的なダイエットを行うことが出来ます。費用は若干高めですが、パーソナルトレーナーが厳しく筋肉トレーニングを指導しますので、効率よく筋肉トレーニングを行い、体を鍛えられます。筋肉がある程度、体につくことで脂肪燃焼効果も高まりますので基礎代謝率も高まり痩せやすい体を手に入れることが出来ます。食事指導も大変厳しく、糖質を制限した食事を徹底的に管理されます。自宅での食事もきちんと真面目に取り組んでいるかどうかチェックするために、食事内容をスマホで撮影し、パーソナルトレーナーに送らなければならないなど、徹底した管理が行われます。
大手ジムでのダイエットは、マンツーマンで運動や食事の管理も厳しい反面、値段が高めです。安い所では10万円前後から高い所では30万前後は必要です。
エステとジムを比較した場合、個人によって向き不向きがあるかもしれません。運動せずにエステの力で痩せたいという方はエステを利用された方がよいですが、デメリットはエステに通わなくなってしまった後、何もケアをしなければ体型が元に戻る可能性があるということです。ジムの場合は運動と食事制限により自分の努力で行うことが出来ます。ジムでの管理が終わった後もしっかりと運動と食事制限を続ければ体型維持をすることが出来ますが、運動を止め、元の食生活に戻るとリバウンドしてしまうので気をつけなければなりません。

 


比較その②置き換えダイエット食品で比べてみました

どんなダイエット方法なの?

置き換えダイエットは3度の食事のうち1食をダイエット食品に変える方法です。
ダイエット食品には色々なものがあり、クッキータイプのものやゼリータイプのもの、スープなど様々な種類があるでしょう。
わざわざ食事をつくることはなく、専用の食品を利用しますので、誰でも手軽に行うことが出来るという点がメリットです。また栄養バランスもしっかりと計算されていますので、1食食事をダイエット食品にしても栄養をしっかりと摂取することが出来、健康にダイエットを続けていくことが出来るという点です。
デメリットは同じものを毎回使うと味が単調になってしまうため、飽きてしまうことです。
朝食、昼食、夕食のいずれかをダイエット食品に入れ替えればよいので、簡単に取り組むことが出来ます。
一番痩せる効果があるのは、やはり夕食をダイエット食品に入れ替えるのが一番でしょう。夜間は寝ている間に脂肪を燃焼してくれます。ダイエット食品で少ないカロリーを摂取した後、就寝すれば痩せる効果もさらに高まります。

ダイエット食品を比較すると?

そこで置き換えダイエット食品を比較してみましょう。某メーカーのダイエットシェイクの場合、1食のカロリーは約167キロカロリーで価格は約460円程度です。
ダイエット飲料の場合、これだけでは腹持ちが悪くお腹が空くのではないかと思われがちですが、意外にも食物繊維などの栄養成分がバランスよく配合されていますので、ダイエット中の栄養不足にもならず、腹持ちもよいので無理なく続けていくことが出来るでしょう。
大手有名メーカーのダイエット飲料の場合、1食分のカロリーが170キロカロリーなのですが、1食の価格が1,000円するものもあります。値段が安いメーカーと比較すると、1食のカロリーはたいして変わらず、栄養成分もほぼ同じですので、安いメーカーのものでも品質が良ければ値段の安い方を選択してもよいのではないでしょうか。ダイエットドリンクに1食1,000円も使ってしまうと、毎日継続するのがコスト面で不可能になりますので、置き換えダイエットを行うのなら、無理なく続けることが出来るお手頃価格のものを選ばれた方がよいといえます。
ダイエット食品を選ぶ際は、カロリーや含まれている栄養成分、値段を比較検討して選ぶようにしましょう。

ジュース

比較その③おすすめプロテインで比べてみました

プロテインダイエットとは?

プロテインダイエットとは、タンパク質を摂取するダイエットです。タンパク質は炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素の1つで、筋肉や内臓、髪や皮膚など人間にとっては欠かすことのできない大切な栄養素です。食事制限をするダイエット方法を行った場合、タンパク質の摂取量が減ってしまうため、筋肉の量が減ってしまい、基礎代謝が下がってしまうデメリットがあります。
しかしプロテインダイエットの場合はタンパク質不足を解消し、筋肉量を減らす心配もありませんので、効率的にダイエットを行うことが出来るというメリットがあります。
筋肉量が多いと基礎代謝率も高くなるので、脂肪を燃焼させ痩せやすい体を作ることが出来ます。

プロテインを比較すると?

プロテインには色々な種類のものがあります。プロテインはそのまま飲むと飲みにくいのが欠点ですが、最近ではフレーバー付きのものが出回っていますので、これなら無理なく美味しく頂くことが出来るでしょう。
女性向けで栄養成分も豊富で美容効果の高いコラーゲンやヒアルロン酸入りのカフェラテタイプのプロテインの場合、30食分で1500円程度で購入することが出来ます。
他にも30食分でコラーゲンやビタミン、カルシウムや食物繊維が豊富でフレーバーもグレープやリンゴ、イチゴなど色々なものがセットになっているものの場合、価格は4,000円ほどです。あらかじめ色々な味がセットになっているものだと、飽きることがありませんので長く続けることが出来るでしょう。コスト面を比較すると30食分まとめて一つの袋に入っているものと比較して、1つずつ個包装になっているタイプの方が割高です。個包装タイプの方が割高ですが、1食130円前後でお手頃価格で続けていくことが出来ますので、お好みで選ぶのが一番です。

プロテインは低価格製品がほとんどです

プロテイン商品は、ほとんどの商品が低価格で購入できるものが多い傾向があります。またダイエット用だと女性向けの商品が多いため、ヒアルロン酸やコラーゲン、食物繊維などの成分が含まれていますので、ダイエット中も美容面や健康面のケアを同時に行うことが出来るでしょう。
プロテインを選ぶ際には、こうした成分面も比較しながら商品を選ぶとよいです。

 

比較その④ダイエットに効果ありの肥満遺伝子検査キットで比べてみました

肥満遺伝子検査キットはどういったものなの

肥満遺伝子検査キットは自分の持っている遺伝子を分析することで太る原因を調べることが出来ます。遺伝子の方によって糖質や脂質の分解がしにくい傾向があるなどが分かるため、自分に適した食事方法がわかるでしょう。また自分がどの肥満タイプかどうかもわかりますので、遺伝子的な体質にあうダイエット方法を知ることが出来ます。ちなみに遺伝子のタイプには糖質の代謝が苦手なリンゴ型や、脂質の代謝が苦手な洋なし型、筋肉がつきにくい傾向のバナナ型があります。

キットの検査内容はほぼ同じです

肥満遺伝子検査キットは色々な業者から出ていますが、比較してみると検査内容の中身はほぼ同じです。糖質、脂質、タンパク質のどれかに太る原因があることが分かりますし、さらに細かなタイプ分けや、肥満対策方法のアドバイスもあります。また病気のかかりやすさや、肌質やアルコールの強さなどを調べることも可能です。
しかしキットごとに値段に差があります。この差の違いは検査後のアフターサービスに大きな違いがありました。検査後はスマホアプリと連携しており、ダイエットのサポートやサプリメントを提供してくれるものなどもありますし、検査結果を顧客に送ったらサービスはそこで終わりというものもあります。アフターサービスが不要だと思えば、肥満遺伝子の結果だけが分かるシンプルなものを選べばよいですし、アフターサービスを利用してダイエットに活かしたいと思えば、サービスの充実したものを選ばれるとよいでしょう。

費用の相場はどのくらいなの

ちなみに肥満関係の検査のみで安いものだと、4千円から7千円ぐらいですみますが、肥満遺伝子以外にもお酒の強さや先祖の遺伝子、がんのリスクなどもわかる内容の濃いものだと、値段はさらに高くなり2万円から10万円のものもあります。
ただ多数の項目の遺伝子を同時に調べられるものは、単品で後から調べるよりも、一度にまとめて調べた方が費用が安くなる場合もありますので、自分の知りたい検査項目だけを調べられるものを選べば、最終的にはお得に利用することが出来るでしょう。
アプリと連携しているものや多様のサービスがついている場合は、高額になる傾向がありますので、自分の用途や目的にあわせて選ぶのが一番です。

02

番外編:日本とアメリカのダイエット事情比べてみました

日本人もアメリカ人もダイエットには強い関心があります

今までダイエットをした経験があるかどうかをアンケートしたところ、日本人は77%の方が、アメリカ人は75%の方があると答えています。ダイエットに興味があるのは、万国共通なようです。ただ違うのは実際に日本人の方が肥満度合が少ないのにも関わらず、ダイエットに対する意識が高いということです。日本人とアメリカ人の目的を比較すると日本人は、太ってしまったから、美容のためという美容を意識した理由が上位にあるのに対し、アメリカ人女性の場合、健康のためという理由が多い傾向がありました。
つまり日本人の場合は、美容目的という意識の方が強く、アメリカ人の場合健康目的という意識が強いという結果になります。

ダイエットに費やすお金を比較してみるとどのくらい?

アメリカはダイエット大国といわれています。1ヶ月当たりに使う費用は調査の結果、日本人よりもアメリカ人の方が1.7倍も消費していることが判明しました。ちなみに日本人は平均で1ヶ月4,312円消費し、アメリカ人はアメリカ人は80ドル67セントという結果になりました。1ドル90円で換算すると約7,290円になります。日本人と比較するとダイエットを行う時は、お金をかける価値が十分にあると意識しているようです。アメリカではフィットネス大国といわれるだけあり、フィットネスにお金をかける人が多い傾向があります。

アメリカで大人気のトレーニングとは?

アメリカで大人気のトレーニングがあります。それはサーキットトレーニングです。脂肪が燃焼するのに必要な有酸素運動を行う時間は20分とされていますが、同じ筋肉ばかりを使うと部分的に筋肉疲労が起こります。
そこで短いインターバルを間にはさみ、筋肉を大きく使う運動と、全身運動を交互に行うダイエットトレーニングを行うことによって、効率的に筋肉を鍛え、脂肪燃焼効果を高める効果があります。インターバルには音楽に合わせて体をバランスよく動かすステップ運動などが入っており、皆で楽しくトレーニングを行うため、楽しく続けることが出来るでしょう。時間はたった20分だけのトレーニングですが効果的にダイエットが行えるため、アメリカだけでなく日本でも人気が出てきています。

 

まとめ

置き換えやプロテイン、エステやジム、肥満遺伝子検査キットなど色々なダイエット方法があります。値段も効果もそれぞれ違いがありますので、自分に合うダイエット方法を見つけて行うと効率的に痩せることが出来るでしょう。アメリカではサーキットトレーニングが人気があり、効率的に短い時間で筋肉を鍛え、脂肪燃焼することが出来ます。

02

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter