025

二週間で身体は変わる!?自宅で国立病院ダイエットを始めよう!

ダイエットに無理は禁物であるのは言うまでもないことですが、きちんとカロリー計算などを行った上で短期間の食事制限を行う国立病院ダイエットは、手っ取り早く痩せたいときにピッタリです。当初、国立病院ダイエットで身体に不調が出る人がいたため、現在では様々な改良が加えられています。この記事では、体に無理なく出来る、改良版国立病院ダイエットを2つご紹介します。

posted on 2016.09.19

025

いよいよ秋の足音が近づいてきていますね。秋といえば食欲の秋ということでついつい食べ過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、二週間という短期間で効果が出ることで注目されている「国立病院ダイエット」についてご紹介します。

関連記事:無理は禁物!短期ダイエットに挑戦するときに気をつけておきたい3つのポイント

国立病院ダイエットってどんなもの?

011

そもそも国立病院ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか。

国立病院ダイエットは、食事を工夫して一日の摂取カロリーを抑えることで痩せようというダイエットです。「国立病院」という名称は、このダイエットメニューを開発したデンマーク国立病院にちなんでつけられたそうです。カロリー制限を厳しく行うのですから、二週間で見た目にあらわれるほど痩せることが期待できるのも納得ですね。しかし、もちろん食事の量を減らしすぎたり同じ食べ物ばかり食べていたりしては身体の不調の元になってしまい、痩せるどころではなくなってしまいます。

当初、国立病院ダイエットで身体に不調が出る人がいたため、現在では様々な改良が加えられています。この記事では、体に無理なく出来る、改良版国立病院ダイエットを2つご紹介します。


mina版国立病院ダイエットとは?

071

まずご紹介するのはmina版国立病院ダイエット。国立病院ダイエットで本来禁じられている油分の摂取を推奨している点が特徴です。油分は便秘改善のためにも必要な物質なので、摂りすぎに注意しつつ食事に取り入れていくべきだとされています。

この国立病院ダイエットには、

①市販の食材を活用した二週間コース
②自炊中心の二週間コース
③多めに食べてよい四週間コース

という3つのメニューが用意されており、自分の生活に合わせて選ぶことができます。

最新版国立病院ダイエットとは?

072

続いてご紹介するのが最新版国立病院ダイエット。これは、本来の国立病院ダイエットと同じく一日の摂取カロリーを1200kcalに抑えながらも旧国立病院ダイエットよりも食事の選択の幅を広げるなどしたものです。

本家よりもかなり自由なダイエットメニューですが、

○二週間以上続けないこと
○一日1200kcalを厳守すること
○毎日3食を同じ時間に食べること
○朝食を食べること
○一口30回以上噛んでゆっくりと食べること
○ノンカロリー食品ばかりを食べないこと
○毎日体重を測定すること

というルールは必ず守らなければいけません。ずっと続けるのは無理でも、二週間くらいなら実践できる気がしませんか?

まとめ

236

ダイエットに無理は禁物であるのは言うまでもないことですが、きちんとカロリー計算などを行った上で短期間の食事制限を行う国立病院ダイエットは、手っ取り早く痩せたいときにピッタリです。大事な予定のその前に、トライしてみませんか?

関連記事:ダイエットの基本は食事から!太る食べ方と太らない食べ方の違いとは?

記事参考元:
最新版・国立病院ダイエットを徹底解剖!どこがどう改良されたの?
025

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter