085

生理中の過ごし方でダイエットの効果は変わる!気を付けたい食事や運動のルールとは?

生理中ダイエットで大事なのは、まず、自分の身体に起きている変化をしっかり理解すること。そしてそれは一時的なもので仕方のないことだと知って、気持ちに余裕を持つことです。できるだけイライラを少なくできる生活を心がけ、身体をいたわってあげましょう。

posted on 2016.08.05

085

月に1度訪れる女性の日。生理中は気分も下がるし、身体も重く感じて、心身ともにげんなりしてしまいます。ダイエット中だとさらに、むくみで体重が増えたり、食欲が増えてイライラしたりしてしまいがち。今回はダイエット中のときに生理になった場合の過ごし方や、食事のルールなどについて紹介します。

生理中にダイエット効果が下がるのは仕方がないの?

086

それまでは良いダイエットのペースだったのに、生理になった途端に体重が減らなくなったり、食べてないのに体重が増えてしまった経験はありませんか?

生理中はホルモンバランスが乱れて身体に老廃物を溜め込みやすくなるため、むくんでしまったり、便秘になったりしてしまうので、ダイエットの効果が落ちるのは仕方のないことなのです。食欲が増えたり、イライラしやすくなったりして、つい食べ過ぎてしまうこともあります。しかし、こういった生理による現象は一時的なものなので、生理中に体重が増えてしまっても、生理が終われば元に戻ることが大半です。

なので、ダイエット中に生理になってしまって、ダイエット効果が薄まったように感じても、あまりイライラせずに気長に構えるようにしましょう。


生理中の身体の状態を知っておこう!

087

生理中の身体は、生理痛に加えて頭痛や吐き気、倦怠感など様々な不調を感じやすくなっています。生理によって貧血気味にもなるし、身体の抵抗力も落ちやすくなっています。肌も荒れやすく、くすみやくまが出やすくなってしまうことも。

そういった身体的なストレスに加え、気分が落ち込みやすくなる、神経質になりやすくなるといった心理的ストレスもあるので、生理中イライラしてしまうのはしょうがないことなんです。

大切なのは、「生理中はこういった状態になってしまうものだから、仕方ない。ダイエットは一時的に中断しよう。」と広い心で構えることです。

生理中ダイエットで気を付けたいポイント!

088

生理中のダイエットで気を付けたいポイント、1つ目は無理して激しい運動をせず、心身ともにリラックスできることを心がけること。ヨガやピラティスといった運動がおすすめです。

2つ目は、睡眠をしっかり取ること。質のいい睡眠は、生理中の余裕のない心を落ちつかせ、イライラを解消してくれます。

3つ目は、生理による食欲増加を理解した上で、食欲を抑制するような食事を心がけることです。まず、食べたら太るからといって食事を抜くのは、絶対にNG。生理中で溜め込みやすくなっていてもしっかり3食とりましょう。食べる順番は、野菜→タンパク質→脂肪といったようにしてみてください。水分を積極的に多めにとることも忘れずに。

こういったことを意識することで、生理中に痩せることは難しくても、それまでの体重を維持しつづけることができるようになります。

まとめ

089

生理中ダイエットで大事なのは、まず、自分の身体に起きている変化をしっかり理解すること。そしてそれは一時的なもので仕方のないことだと知って、気持ちに余裕を持つことです。できるだけイライラを少なくできる生活を心がけ、身体をいたわってあげましょう。

生理が終われば体重が落ちやすくなるので、生理中は体重を減らすことよりも、維持することを心がけてみましょう。月に1度の生理は、鬱陶しく感じることもありますが、女性にとってとても大切な身体の働きです。上手に付き合っていきましょう。

085

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter