• 未設定
  • 【国家資格者が教える】便秘を解消してポッコリお腹をすっきりさ・・・
肥満女性_ぽっこり

【国家資格者が教える】便秘を解消してポッコリお腹をすっきりさせよう

気温が暖かくなる季節、インターネットでの調査によると薄着になった女性を見て「ドキッ」とするよりも、だらしなさを […]

posted on 2018.05.17

気温が暖かくなる季節、インターネットでの調査によると薄着になった女性を見て「ドキッ」とするよりも、だらしなさを感じた経験を持つ男性が9割以上いることがわかっています。

上着を一枚脱ごうとしたら、鏡を見ればそこには気になるポッコリお腹!ダイエットはしているはずなのに、どうしてこのお腹はいつまでもスッキリしないんだろう…。

そんな疑問を抱いている方はいませんか?
肥満女性_ぽっこり

ぽっこりお腹の原因は?

ダイエットといえば、炭水化物を減らしたり、脂っこい食べ物を控えたり、まずは食事の量を減らすことから始める方が多いものです。

確かに、食事量を減らせば一時的に体重が減ることは考えられます。しかし、必要以上に食事量を減らしてしまうと、食物繊維や水分不足、必要な脂分まで不足してしまいます。その結果、腸の働きが悪くなって、便秘の原因につながります。

腸の動きを活発にする作用のひとつに、女性ホルモンというものがあります。月経の前後でもホルモンバランスが変化しやすく体内のバランスを崩しやすくなるため、男性に比べると女性の方が便秘に悩む人が多い傾向にあります。
便秘というのは、本来はデトックスされて大概に排出されるべき老廃物を、ずっと体内に溜めている状態。代謝、循環のサイクルも悪くなってしまいます。

代謝、循環のサイクルが悪くなると、冷えやむくみもにもつながり「ダイエットに頑張っていても、途中で一向に体重が落ちなくなる」「お腹周りだけがどうしてもやせない」などの症状が出てきてしまうのです。

つまり、ダイエットをしていてもなかなか引っ込まないポッコリお腹は、もしかしたら便秘のせいかもしれません。

今すぐできる!ポッコリお腹解消方法

このようにやせにくい体の原因のひとつである便秘によるポッコリお腹は、実はちょっとした工夫で解決する可能性があります。便秘に関する食事方法や、ひとりでも簡単にできる便秘解消に効果的なツボ押しをお伝えしていきたいと思います。

背中を伸ばす

オフィスワークが多い人などは、パソコン作業の合間に次の動作をしてみましょう。

  • 両手をバンザイしながら背伸びをする
  • 首や肩回りを動かすなどして、背中を伸ばす

人間の筋力は加齢とともに落ちていきます。背中やお腹周りの筋肉が衰えてくると、背中が丸くなり、少しずつ背骨が曲がっていきます。最近では、パソコンやスマホを使用する時間が増え、若くても背中が丸くなっている人が増えています。次の画像を見てください。
猫背女性

左側の女性のように背中が丸くなることで、骨に守られている内臓が上から下へと押し出されていきます。下へ押し出された内臓は、骨盤というお椀の中に、どんどん収められていきますが、骨盤の容量にもある程度の限度があります。内蔵が次々と下がってくるので、骨盤も横に広がらないと収まりきらなくなります。

風船_手

仮に風船でたとえるなら、上の写真のように、上から風船をゆっくり押すと、潰された分、横に膨らむのがイメージできますよね。体の中身もこれに似ていて、内臓が下へ押し出され、その結果、下腹部当たりのお腹がポッコリと膨らんでしまうため、縦に伸ばしてあげる運動が必要です。

食事の鍵は食物繊維と油

フレッシュ野菜

ダイエットをするために、野菜中心の食生活を心がけている人もいるのではないでしょうか。野菜には2種類の食物繊維が含まれていて、この2種類の食物繊維をバランスよく摂取することが便秘対策の鍵を握っています。

①水溶性食物繊維

水溶性食物繊維と呼ばれているものには、炭水化物の消化や吸収を助け、余計な脂質やコレステロールを排出する作用があります。また、腸内の善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用が期待されます。

②不溶性食物繊維

不溶性食物繊維と呼ばれているものには、便のかさ増しを助け、腸を刺激して、蠕動(ぜんどう)運動を助ける働きがあります。便のかさ増し、と聞くと、便が固くなるようなイメージがありますが、適度な固さと、形があるゆえに便通を促進してデトックスする作用が期待できます。
オリーブオイル

バランスよく食物繊維をとるためには

私たちが一般的にサラダにして食べているトマト、レタス、キュウリなどにはこれらの便秘に役立つ食物繊維があまり含まれていません。もしサラダにして食べるのであれば
<アボガド、オクラ、海藻、豆類、キノコ類>
などをサラダにトッピングして食べることをおすすめします。

どちらかの食物繊維に偏っていると、腸の動きが活発にならないためダイエット効果が薄れてしまいます。バランスよく食物繊維を摂取することを意識して、普段の食事に取り入れてみましょう。

また、過剰に脂肪分を控える方もいますが、適度な脂質は腸内の運動を滑らかにする作用があります。
たとえば先ほどのサラダに、オレイン酸を豊富に含む、エキストラバージンオリーブオイルをドレッシング代わりにかけて食べることで、さらに便秘の解消に効果があります。

もちろん、オリーブオイルは脂分なので、便秘やダイエットに効くといって、多く採りすぎると過剰なカロリー摂取の原因になることも。1日にスプーン2杯程度を目安にしてみるといいでしょう。

水分摂取を意識する

ダイエット中は、特に水分が不足しがちです。水分というのは必ずしも飲み物として摂取するものばかりではなく、お味噌汁などのスープはもちろん、野菜をはじめとした食材そのものにも含まれています。ダイエットで食事量が減ることによって、いつもより水分が不足してしまう可能性があります。

普段からこまめに水分を摂取することが大切です。とくに、コップ一杯程度のお水でも良いので起床後の水分補給を心がけましょう。睡眠中に失われた水分を補給し、胃腸を刺激し、便意を誘発するきっかけになります。

便秘に効果的な4つのツボ

次に、便秘解消に効果的な4つのツボをご紹介します。

大腸兪

①大腸兪(だいちょうゆ)

腰のくびれに両手を当て、そのまま少しだけ手を下ろしていくと、ちょうど骨盤のカーブに触れます。親指で自分の背骨を探り、背骨から指2本分横に親指を置いたところが大腸兪になります。ここを押圧しながらマッサージしていきましょう。

便秘点(べんぴてん)

②便秘点(べんぴてん)

腰のくびれに両手を当て、そのまま少し上へとなぞっていきます。一番下の肋骨を触れたら、そこから指2本分程度下へ。さらに背骨から指4本分横へ広げて親指を置きます。そこを押圧しながらマッサージしていきましょう。

天枢

③天枢(てんすう)

お臍の位置から、左右へ指3本分横に指を置きます。ここを押圧しながらマッサージしていきましょう。

① 大巨

④大巨(だいこ)

③の天枢(てんすう)の位置から、大体6cm程度下の位置。押圧しながらマッサージしていきましょう。

まとめ

ダイエットというと、無理のある食事制限や、習慣にない運動をしなければならない大変さばかりを思い浮かべがちですが、毎日の生活の中で、少しだけ食事を変えてみる、寝る前に少しだけツボをおしてみるなど、手軽なところからできることがたくさんあります。

まずはポッコリお腹をスッキリお腹へ!
ぜひ試してみてくださいね。

 

【著者】小山 綾 (作業療法士)

小山さん

カラダの調整所GLNARS 代表
国際統合リハビリテーション協会 IBWインストラクター
認知神経リハビリテーション学会 認知運動療法士
㈱GP小顔整体 ベーシック修了
一般社団法人mysole協会 mysoleベーシックマイスター
一般社団法人糖質オフスタイル協会 糖質オフアドバイザー
一般社団法人セラピスト協会 アロマヒーリングセラピスト

関連リンク
・一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会IAIR:https://iairjapan.jp
・カラダの調整所GLNARS https://glnars.com

参考文献
1) 平塚秀雄. 女性と便秘. 日本大腸肛門病会誌, 43:1070-1076, 1990
2) 青江誠一郎. 穀物由来の不溶性食物繊維と腸内環境の関係. 日本ケロッグ, No,121, 2015,

肥満女性_ぽっこり

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter