顔やせのために、鼻ダイエットをしたいけど、もともと鼻が太いのは遺伝だからとあきらめてはいないでしょうか。 母親 […]

posted on 2018.11.30

顔やせのために、鼻ダイエットをしたいけど、もともと鼻が太いのは遺伝だからとあきらめてはいないでしょうか。

母親も太ければ、父親も太い、兄弟も太いと遺伝と考えてしまいがち、しかし鼻の太さは遺伝ではないのです。

このことから、父親が太いけど、母親が細い、でも自分は太いといった人もいます。

鼻は体と同じように、ダイエットをすると細くでき、顔やせになる可能性があります。

なぜ鼻のダイエットをすると細くなるのか、顔やせになるかもしれないダイエット方法と一緒に紹介させていただきます。

鼻もダイエットにより痩せることが可能

 


View this post on Instagram

. . . #purple#lavender #同期#してもらったよ #いきった写り方 #鼻#たぶん#いじられてる #色落ちグレー#すーぱー#綺麗 #過去#ヘアカラー#アディクシーカラー

岸本夏実さん(@natsuumi_0525)がシェアした投稿 –

理由 1 小鼻を鍛えると小さくなる可能性があるから

 

残念ながら、鼻の高さは遺伝によるものですので自力変えれる可能性は低いです。

やっぱり、遺伝だったのか……。
と諦めている人、安心してください。

小鼻を鍛えることで、鼻が小さくなり、顔やせを目指せるかもしれません。

そもそも、小鼻は老廃物がたまってしまうとむくんでしまい結果的には太ってみえてしまいます。

鼻が太くて、悩んでいる人は小鼻のむくみが原因と考えられますので、美顔ローラーなどでむくみを取り除いてみることを検討いたしましょう。

指で鼻を軽く叩いてみるのも小さくなる可能性がありますよ。

継続にダイエットを続けないと効果がでないので、毎日ダイエットをするように心がけをしましょう。

それでも取れない場合は専門機関に受診します。

理由2 数々のダイエット方法があるから

効果がないダイエット方法なんて誰も知りたくないです。
最近では、ネット上にてさまざまなダイエット方法が掲載されています。
後に当記事でもダイエット方法を紹介させていただきますが、効果がないとダイエット記事なんて誰も書きません。

もちろん中には効果がないダイエット方法もあるかもしれませんが、そんなのごくわずかです。

効果がないという人はそのダイエット方法が自分にあっていない可能性がありますので、別のダイエット方法を探しましょう。

また、鼻の骨格は弱いので毎日ダイエットを継続にしていき、筋力を鍛えあげれば骨格が小さくなり顔やせ効果を期待できるかもしれません。

理由3 鼻痩せに成功した人の口コミがあるから

ネット上には、鼻痩せができたと多数口コミにて報告されています。

ダイエットを続けていた結果、鼻が小さくなりましたといった口コミがあります。

また、SNSをみてみると鼻が小さくなったというつぶやきが画像つきで載せられています。

嘘をついているかもと疑ってしまう人もいるかもしれません。

口コミほぼ本当だと思ってもらって大丈夫です。

嘘をついても得はなにもないですし、自分の日々の生活を日記変わりとしてSNSを使っている人もいますので、むしろ本当の口コミしかないといっても過言ではないでしょう。

 


お肉がついた鼻になる原因

原因 その1 日本人はお肉がついた鼻が多いから

 

日本人は、欧米の人とくらべてお肉がついた鼻の人が多いです。

参考になるのが、日本ドラマと欧米ドラマの比較であります。

日本人の俳優さんは、お肉がついたような鼻に対して、欧米の人たちは鼻が細いですよね。
無駄なお肉がついていないのがみていてわかります。

鼻が細いと顔が小さくみえますので、日本人にはあまりみられない顔たちにほれてしまい、欧米ドラマに夢中になっているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、日本人でも無駄なお肉をダイエットによって減らしてしまえば鼻痩せになり、顔やせができますので、日本人でもあきらめずにダイエットをおこなうことが大切だといえるでしょう。

すっきりとした小顔になりたいのであれば、鼻のダイエットは必要不可欠であります。

原因 その2 小鼻の筋肉が衰えている

 

小鼻の周辺には筋肉がついています。
その筋肉が衰えてしまうと、たるんでしまいお肉がついたような鼻になってしまうものであります。

小鼻の筋肉は、足や手と違って意識しないと動かさないものであります。
(そもそも、鼻を動かすようにしていると不自然にみえますので、鍛えられないのは仕方がないのですが)

でも、鍛えない小鼻の筋肉はどんどん衰えてしまい、顔が大きくみえます。

このようなことを防ぐには、メイク落としの後や寝る前など、気軽にできる鼻ダイエットで日頃から小鼻の筋肉を鍛えておきましょう。

専用のグッズを使用して小鼻の筋肉を鍛えてみてもよいのかもしれません。

日頃からダイエットを継続して、鼻痩せを目指し小顔を手にいれましょう。

 

原因 その3 鼻先のアーチが変化した

 

鼻先にある軟骨のアーチが広くなってしまったことが原因で、鼻が大きくなってしまいます。

軟骨は、日常生活で定期的に変化いたします。
鼻をぶつけると変化いたしますので、鼻を小さくしたいのであれば鼻のケガには注意したいものですね。

また、うつ伏せで寝てしまうと鼻のアーチが大きくなってしまうので、寝るときは仰向けまたは横向きで寝たいところ。

仰向けは、猫背改善に効果があるとされ、横向きで寝ると体に負担なく寝れますので、自分に合うと思う形で寝てみましょう。

あなたはどちらの鼻タイプ?

person-1381406_1280

 

皮膚が厚いタイプ

日本や中国などのアジア人に多いとされているこちらの鼻タイプは、鼻に余分なお肉がたまっている状態であることがいえるでしょう。

美顔ローラーやツボ押しなどで鼻の老廃物を取り除くと、顔やせに近づいていくかもしれません。

鼻先をつまんでみて少し厚いなと感じる方はこちらのタイプの可能性がありますので、老廃物を取り除くダイエットを中心におこなってみると効率的に顔やせを感じられることでしょう。

余分なお肉を取ることに集中してダイエットを継続的におこなうことが、皮膚が厚いタイプの改善方法であります。

軟骨が平べったいタイプ

軟骨が平べったいと鼻が太くみえてしまいます。
ちょっと、鼻幅が大きいなと感じる人はこのタイプかもしれません。

空いた時間で、鼻を持ち上げるようにして鼻幅を細くしてみましょう。

そうすると、鼻幅が小さくなり、きれいな鼻筋があらわれます。

顔がきれいな人は鼻がきれいな人なのです。
あこがれの小顔になるためにも、鼻幅を細くするダイエットをして顔やせをしましょう。

タイプ別に合わせてダイエットをしよう

鼻タイプを分析すると、効果的とされるダイエット方法がわかるので、自分が皮膚が厚い鼻タイプまたは軟骨が平べったいタイプなのか、定期的に分析してみましょう。

分析が終わったら、タイプ別に効果があるとされるダイエット方法を試して、継続的に続けます。

最初は効果がなく、また慣れないダイエットをおこなうためつらいかもしれませんが、定期的続けるとなれてスムーズにダイエットをこなせるほか、少しずつ効果がでてきますので、ダイエットが楽しくなりますよ。

 

鼻が痩せる小鼻ダイエットの方法

ダイエット方法 1 鼻マッサージ

右の人差し指を鼻の付け根にあて、左の人差し指は小鼻にそれぞれあてます。右の人差し指を上げた時は、左の人差し指を下にするというふうに、上と下が反対になるようにこすりましょう。

マッサージを始めたときは、痛みがおそってきますが、続けていくと、老廃物が流れていきますのでだんだんと痛みがおそってこなくなります。

もちろん個人差がありますが、痛みがおそってこなくなるとダイエット効果があらわれてきている証拠ですので、痛みがなくなってきたらマッサージをやめて鏡をみてみましょう。

鼻が見違えるほど、小さくなっていることでしょう。

ダイエット方法 2 鼻の筋トレをする

口を3cmほど開け、鼻を下に引き下げます。次に鼻筋の筋肉の左右両方を上に押し上げていきましょう。

このダイエット方法は、腹筋やウォーキングよりも体力を消耗しなくてよいので、体力に自信がない人でも気軽にできる方法であることがいえるでしょう。

比較的だれでも継続できるダイエット方法であります。

慣れるまでは5回を目安に、慣れてからは10回を目安にダイエットを続けていきます。

ダイエット方法 3 顔のむくみを改善する

首を前後右左に回していきましょう。

このようにすると血流がよくなり、ダイエットがしやすくなります。

頬骨の下をこめかみの方に押し上げてます。3回くらいに分けておこなうとよいでしょう。

顎の下に親指を当て、耳の下までほぐしていきます。首の両脇のあたりから、耳より下ほぐして最後に、気持ちいい程度に鎖骨をほぐします。

小鼻ダイエットの注意するポイント

 

注意ポイント1 口呼吸はやめる

 

口呼吸をしてしまうと、鼻の筋肉が伸ばされてしまい鼻が大きくなってしまいます。
また、口呼吸をすると自然的に鼻を使う機会がなくなってしまい、鼻の筋肉が鍛えられなくなってしまいますので、鼻を鍛えてダイエットを目指すためにも日頃から口呼吸ではなく、鼻呼吸をおこなうようにします。

練習方法としては、口を閉じ空気を鼻から入るようにしてみます。

違和感がなくなってきたら、日常生活の呼吸を口呼吸から鼻呼吸に変えましょう。

 

注意ポイント2 鼻水はこまめにかむ

 

鼻づまりがあると、鼻にウイルスがはいってしまい老廃物がたまりやすくなってしまい、むくみやすくなってしまいます。

そうなってしまうと、せっかくダイエットをしているのに、効果がないあるいは逆効果となってしまう可能性が考えられますので、鼻水はこまめにかむようにして、ウイルスがはいってしまうのをふせぎましょう。

日頃からかむようにすると効率的にダイエットをおこなえ、最短で鼻痩せ効果を得られる可能性が大きくなります。

 

注意ポイント3 ツボ押しもためしてみる

 

ツボ押しをすると、老廃物が流れやすくなりダイエットを効率的におこなえます。

ダイエットに効果的な運動だけでよいと思ってツボ押しをやらないでいると老廃物が流れませんのでダイエットの効果が得られなくなってしまいます。

そのようになってしまうと頑張ってダイエットを続けていてもあまり効果が得られないので、ツボ押しもダイエットと同じく顔やせに大切な行動であります。

 

痩せる小鼻ダイエットでシュッとした鼻になろう

小鼻になるメリット1 美人になる

鼻が小鼻になりますと、鼻筋がよくなります。
鼻筋がよくなると美人にみられてまわりからきれいだねといわれ自分に自信がもてます。

また、鼻が大きいことがコンプレックスだった人は悩みを解決できますので、今まではハロウィーンやクリスマスなどのイベントが楽しめなかったという人も小鼻になると自信がつき、盛大にイベントを楽しめます。

今まで楽しめなかった分、これからは思う存分楽しみましょう。

小鼻になるメリット2 人との関わりが楽しくなる

コンプレックスをもっていると、人との関わりが楽しくなくなり、日々の生活にストレスを感じてしまいます。

ストレスは美容の天敵ですので、肌荒れやニキビなどの肌トラブルをおこしてしまいます。

しかし、鼻が大きいというコンプレックスをなくすと毎日ストレスなく生活ができますので、美容にもよく美しい顔たちを保つことが可能であることがいえるでしょう。

異性からモテるようになる

見た目が美しいと、異性から話しかけられやすくなりますので、自然的に異性とふれあう機会が多くなります。

異性からモテると自分をきれいにしようと思い、日々のメイクに力がはいり、またダイエットにも精力をだすことができます。

小鼻が実現できたら、次は太ももや二の腕などの自分が気になる部分をダイエットしてきれいにしましょう。

 

まとめ

 

beautiful-beauty-female-972217

 

鼻が大きいのは、遺伝なので諦めるしかないと考えいる人もいるかもしれませんが、そうではありません。
なぜなら、鼻ダイエットの効果がネット上に載っていたり、SNSでつぶやかれていたりするからです。

効率的にダイエットをおこなうコツは、自分の鼻タイプにあったダイエット方法を試してみましょう。
ただし、日頃から口呼吸をしていると鼻が大きくなってしまいますのでやめます。

鼻呼吸に切り替えると鼻の筋肉が鍛えられて小鼻になります。

小鼻になるとまわりから美人といわれて自分に自信がつくので、継続的にダイエットをして小鼻を目指しましょう。

 

portrait-1462942_1280

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter