1日の食事のうちの1食~2食をスムージーに置き換えるスムージーダイエットは、今や、置き換えダイエットの定番とな […]

posted on 2018.10.15

1日の食事のうちの1食~2食をスムージーに置き換えるスムージーダイエットは、今や、置き換えダイエットの定番となっています。美味しいスムージーを飲んで健康的に痩せることができるので、人気も高いスムージーダイエットですが、正しい方法で行わないとリバウンドをしてしまうなど、ダイエットが失敗してしまう可能性もあります。そこで今回は、正しいスムージー置き換えダイエットのやり方をご紹介します。

スムージー置き換えダイエットとは?

sumu-ji2

スムージー置き換えダイエットとは、冒頭でも述べたように、1日の食事のうち1~2食を、スムージーに置き換えるというダイエット方法です。スムージーは、ミキサーに野菜や果物を入れてスイッチを押すだけでできますので、とても簡単でお手軽なこと、また、材料を変えることで味もいろいろと変えることができますので、飽きが来ず、長く続けることができるダイエット方法です。

ミキサーに野菜や果物を入れて作りますので、野菜や果物に含まれている食物酵素や食物繊維、ビタミンなどの栄養素を無駄なく摂り入れることができます。


スムージー置き換えダイエットのメリット

スムージー置き換えダイエットには、ダイエットだけでなく健康や美容の観点からも、さまざまなメリットがあります。多くのハリウッドセレブや、日本の芸能人やモデルたちも行って、結果を出しているスムージー置き換えダイエット。ここでは、そのスムージー置き換えダイエットのメリットを説明します。

美肌効果

スムージーのダイエット以外での効果でまず挙げられるのは「美肌効果」です。スムージーが美肌に良い理由の1つは、抗酸化物質のはたらきでアンチエイジングをできるということです。老化は、細胞が酸化することによって起こります。例えばコラーゲンなどの肌の張りを保っている細胞が酸化すると、恐ろしいしわやたるみとなってしまうのです。このように、老化は細胞が酸化することで引き起こされるのです。

細胞を酸化させる活性酸素は、日常生活の紫外線やストレス、飲酒や喫煙などによって特に体内に発生してしまいます。したがって、細胞の酸化を防止してくれる抗酸化物質を摂取することで、細胞の酸化の原因である活性酸素を除去し、老化を防ぐことができるのです。

また、アンチエイジングだけでなく、抗酸化物質はお肌のターンオーバーを正常化してくれるという効果があります。ターンオーバーとは、肌の表面の「表皮」の細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでの新陳代謝のことです。ターンオーバーの周期はおよそ28日ですが、このターンオーバーが乱れてしまうと、しみやしわが増えたり、肌がくすんだり、さらには毛穴が目立つ肌になってしまったりしてしまいます。スムージーに多く含まれる抗酸化物質は、このターンオーバーの乱れを整えてくれるのです。

そのため、スムージーを毎日飲んで、抗酸化物質を摂り入れることが、お肌の老化やさまざまなトラブルを防ぐ最も効果的な方法のひとつといえるのです。

便秘改善

お通じを良くしてくれる栄養素といえば、食物繊維です。食物繊維は、便の中に溶け込んで、便を軟らかくしてくれます。便が柔らかくなることで、便は腸内をスムーズに通過することができるのです。スムージー置き換えダイエットでは、この便秘改善に役立つ食物繊維を、効率的に摂ることができます。食物繊維の1日の目標摂取量は、およそ20gとされていますが、この量を野菜や果物などをそのまま食べることはとても大変です。

現在の日本人は1日およそ15gの食物繊維しか摂れておらず、平均で5gほど足りていない状況です。スムージーでは、この不足しがちな食物繊維を簡単に摂取することができます。

 

スムージーダイエットはリバウンドするの?

リバウンド1

スムージー置き換えダイエットを行って目標を達成した後、多くの人はダイエット中の食生活を止めて、元の食事に戻ったりそればかりか、今まで我慢していたストレスが爆発してしまい、以前よりももっと食べてしまったりしてしまいがちです。

この、目標体重を達成したからと言って、食生活を乱してしまうのことが、スムージー置き換えダイエットでのリバウンドの原因です。がんばってダイエットを成功させたので、今まで我慢していた美味しいものや好物のものをたくさん食べたい気持ちはわかりますが、欲望のおもむくままに食べてしまうと、元の木阿弥、すぐにリバウンドしてしまいます。

そもそも、人間の体は、「ホメオスタシス」と言って元の状態に体型を維持しようという制御機能があります。目標体重を達成した後、今までの体型(太っていた)に戻ろうとするホメオスタシスがはたらきますので、この時期は最もリバウンドしやすい時期といえます。この時期に、食事を元に戻したり、それよりももっと多く食べたりしてしまっては、リバウンドするのは当然の結果といえます。

ホメオスタシスに体重や体型をインプットさせるのにかかる期間は確実に定着させるには1年、最低でも2~3カ月かかるといわれています。したがって、目標体重を達成した後も気を抜かずに、これまでの食生活をキープしておく必要があるのです。

スムージー置き換えダイエットのやり方

スムージー置き換えダイエットのやり方はいたって簡単!一般的なミキサーで野菜や果物を混ぜ合わせて、1日のうちの1~2食をスムージーに置き換えるだけです。

ほとんどのレシピがざく切りに下野菜や果物をミキサーにかけるだけなので、忙しい人や料理が苦手な人にもぴったりです。スムージー置き換えダイエットは、朝食、昼食、夕食のどの食事で置き換えてもいいですが、置き換える時間によって少しずつダイエット効果や美容、健康効果に違いがでてきます。

朝食をスムージーに置き換える場合には、スムージーのデトックス効果がアップします。便秘解消やむくみ解消、美肌効果に特に効果があります。スムージーは消化や吸収がしやすい状態にミキサーにかけてありますので、内臓への負担が少ないです。そのため、便秘ややむくみの原因となる老廃物をスムーズに排泄することが可能なのです。

昼食をスムージーに置き換える場合には、脂肪燃焼効果がアップし、お腹周りがすっきりします。日中はもっとも運動量が多い時間帯なので、昼食をスムージーに置き換えて摂取カロリーを大幅に抑えることで効率よく脂肪を燃焼することができます。

夕食をスムージーに置き換える場合は、1日の摂取カロリーを半分くらい抑えることができます。夕食はもっともカロリーが高い食事になりがち。その夕食をスムージーに置き換えることは、1日のカロリーのカット量をとても大きくすることができます。また、朝食や昼食をスムージーに置き換えた場合は、空腹や食欲がある場合、我慢をしなければなりませんが、夕食の場合はあとは寝るだけなので、空腹を感じても寝てしまえば問題ないです。

このように、置き換える時間帯によって、少しずつ効果などが違うので、自分がやりやすい時間帯に置き換えをすることをまずは始めてみてはいかがでしょうか。

スムージー置き換えダイエットの注意点

では次に、スムージー置き換えダイエットを行う上での注意点をいくつか確認していきましょう。

1食置き換えからスタートしよう

スムージー置き換えダイエットをする場合は、効果を期待するあまり、2食を置き換えしたいと考えている人もいるかと思いますが、はじめは1食置き換えからスタートするようにしましょう。1日のうち2食を置き換えれば効果はより期待できるかもしれませんが、栄養のバランスを崩して体調を壊してしまう可能性があります。今までの食事量から一気に少なくしてしまうと、ダイエットだけでなく美容や健康効果を得るはずが、逆に便秘になってしまったり、貧血や立ちくらみになってしまったり、さらには栄養不足で肌や髪がボロボロになってしまったりすることがあります。

したがって、これらのトラブルにならないために、まずは朝食、昼食、夕食のうちのどれか1食だけを置き換えることからスタートしましょう。特に、もともと食が細い人や偏食をしがちな人は1食を置き換えただけでも栄養不足になってしまうので注意が必要です。

普通の食事の栄養バランスを整える

ダイエットを行っているとき、できるだけ糖分や脂肪分は摂らないようにする人が多いかと思いますが、置き換えダイエットを行う場合は、極端にこれらの栄養素を摂らないことは行わないようにしましょう。

なぜなら、スムージー置き換えダイエットでは、果物や野菜に含まれる食物酵素や食物繊維、ビタミンやミネラルなどは多く摂取することができますが、糖分や脂肪分はほとんど摂取することができません。

糖分や脂肪分は、摂り過ぎると当然ダイエットの大敵となりますが、脂肪を摂取しなければ、体が冷えてしまい脂肪が燃焼しにくい体質となってしまいます。また、糖分は脳を動かすエネルギーにもなりますが、糖分が減ってしまうと脳のはたらきが悪くなってしまい仕事や勉強、家事などの効率が悪くなってしまいます。

したがって、スムージー置き換えダイエットを行う場合には、スムージーに置き換えないあとの食事の栄養バランスに十分に注意を払う必要があるのです。

ダイエット中でもご飯やパンなどの炭水化物とお肉やお魚などのタンパク質をきちんと摂取するようにしましょう。

また、スムージー自体に、プロテインやきな粉などのタンパク質や、シリアルなどの炭水化物などをプラスすると、不足しがちな脂肪分や糖分を補うことができます。

果糖の摂りすぎに注意

スムージーには果物が欠かせませんが、果物の割合を多くしてしまうと、果糖の量が多すぎになってしまいますので注意しましょう。果糖が多くなりすぎると、ダイエットをしているにも関わらず逆に太ってしまう原因になりかねません。野菜を多めにして果物の量はなるべく控えるようにするといいでしょう。

 

置き換えダイエットにおすすめのスムージー3選

小松菜とバナナの豆乳スムージー

【材料】

バナナ・・・1本

小松菜・・・1本

レモン・・・4分の1個

豆乳・・・2分の1カップ

【作り方】

①バナナと小松菜をミキサーにかけやすい適当な大きさに切ります。

②レモンを種を取り除いてから絞りましょう。

③すべての材料をミキサーにかけてとろみがつくまで混ぜたらできあがりです。

【ポイント】

夏は冷凍バナナを使うとさらに美味しくいただくことができます。便通がとても良くなります。

ニンジンとアボガドの豆乳スムージー

【材料】

ニンジン・・・2分の1本

アボガド・・・2分の1個

バナナ・・・1本

青汁・・・1袋

豆乳・・・200㏄

レモン汁・・・適量

【作り方】

①ニンジンをよく洗って皮ごと一口サイズに切って初めにミキサーに入れます。

②アボガドは中身をくりぬき半分をそのままミキサーに入れます。

③バナナは皮を剥いて、半分にしてミキサーに入れます。

④青汁を1袋入れてさらに、豆乳を200㏄入れたら、ミキサーのスイッチをオンしましょう。

⑤すべてがキレイに混ぜ合わさったらミキサーを止めて、レモン汁をお好みで加えましょう。味が整ったらできあがりです。

【ポイント】

ニンジンは良く洗って皮ごと入れると、効果的です。スムージーを飲む前後1時間ほどは何も食べないように心がけましょう。

さっぱりしたグレープフルーツのスムージー

sumuji

【材料】

小松菜・・・1束

キウイ・・・1個

バナナ・・・1本

グレープフルーツ・・・2分の1個

水・・・100㏄

【作り方】

①小松菜をミキサーにかけやすいサイズに切りましょう。

②キウイは皮を剥いて半分に切ります。

③バナナは皮を剥いて半分に切ります。

④グレープフルーツは皮を剥いて4分の1に切ります。

⑤材料をすべてミキサーに入れてスイッチを入れましょう。

⑥1分ほど混ぜたら完成です。

【ポイント】

グレープフルーツは内皮が飲むときに邪魔になると感じる人は、内皮をとってからミキサーにかけると飲みやすいでしょう。

正しいやり方でスムージー置き換えダイエットを成功させよう!

スムージー置き換えダイエットの効果や正しいやり方について説明いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
スムージー置き換えダイエットは、ダイエット効果だけではなく、美容や健康にさまざまなメリットがあることがわかっていただけたかと思います。

こちらの記事を参考に、正しいスムージーダイエットのやり方で、体の中から美しいボディを目指してください。

sumu-ji1

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter