スムージーダイエットという言葉を聞いたことがある人は多いかと思いますが、正しいスムージーダイエットの方法を知っ […]

posted on 2018.10.12

スムージーダイエットという言葉を聞いたことがある人は多いかと思いますが、正しいスムージーダイエットの方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。実際、口コミを調べてみると、間違ったスムージーダイエットを行ってしまい、逆に太ってしまったという人も多いのです。

そこで今回は、多くの芸能人やモデルたちが実践しているスムージーダイエットの正しい方法をご紹介したいと思います。作り方や、置き換えのやり方、さらに注意点などをお伝えします!

スムージーダイエットとは?

スムージーダイエットとは、その名の通り、スムージーを飲むというダイエット方法です。スムージーダイエットは、ミキサーに野菜や果物を入れて混ぜるだけで簡単にできるスムージーを飲むだけという、お手軽なダイエット方法で、健康にも良いところがたくさんあります。入れる具材を変えることで効果や味も変えることができ、バリエーションは無限大です。また、飽きることがないので、長く続けることができます。


スムージーダイエットは太るって本当?

sumuji3

口コミを調べてみるとスムージーダイエットの挑戦したけれど、逆に太ってしまったという声も少なくありません。これはどうしてなのでしょうか。さらに詳しく調べてみたところ、その主な3つの理由が判明しました。

スムージーダイエットで太ってしまった原因①飲む量が多い

朝ごはんをスムージーに置き換えるという定番のスムージーダイエットのやり方ですが、ここに大きな落とし穴があります。

ヘルシーで健康的だからといって、量を飲み過ぎてしまっている人が多くいるのです。

朝にスムージーダイエットを行って逆に太ってしまったという人の多くは、スムージーを400㏄以上飲んでしまっている傾向にあります。

いくらヘルシーだからと言って飲み過ぎてしまうと、当然摂取カロリーが多くなってしまいます。消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなってしまうと、当然ながら太ってしまいます。

朝にスムージーを飲んで置き換えダイエットをしたからといって、お昼はがっつり食べて夕食もがっつり食べて、運動はほとんどしないなんていう生活を送っていたら太ってしまうのは当然です。

スムージーダイエットで太ってしまった原因②食事量が増えた

先ほどのお話と絡んできますが、毎朝スムージーに置き換えダイエットをしているからといって、他の食事量を増やしていませんか。朝はスムージーだけだから、昼食も夕食もがっつり食べてさらにおやつや食事のデザートまで・・・なんていう食生活をしていれば、太ってしまうのは当たり前の結果。

このようになってしまう人は、スムージーを飲むことに頑張りすぎていませんか。味があまり好きではなかったり、作るのがとても面倒だと感じたりしていると、朝のスムージーダイエットでこれだけ頑張っているんだからといって、そのストレスを解消するために、朝以外の食事でたくさん食べてしまっている可能性が高いです。

スムージーに置き換えているからといって油断をせずにそのほかの食生活もしっかりと管理、セーブしていく必要があります。

スムージーダイエットで太ってしまった原因③朝食抜きの生活からのスムージーダイエットへの挑戦だった

もともと、朝食を食べていなかった人が、朝のスムージー置き換えダイエットを行い、その他の生活を変えなければ、単純に朝スムージーを飲んだ分摂取カロリーが多くなって太ったということです。

もともと朝食抜きの生活をしていた人は、そうでなかった人以上にその他の食事のコントロールが必要です。また、運動をして消費カロリーを増やすなどの工夫もしなければなりません。スムージーダイエットには、ダイエット以外の健康効果も高いですので、これらの努力をしても、ぜひスムージーダイエットに挑戦してください。

ダイエット効果が高いグリーンスムージーとは?

sumuji4

スムージーは野菜や果物の組み合わせ次第で、さまざまな効果を得ることができますが、中でもグリーンスムージーはダイエット効果が高いスムージーです。多くの芸能人も、グリーンスムージーダイエットに挑戦してキレイに痩せることができたということからも、注目されています。

では、グリーンスムージーのどのような効果が、多くのダイエッターたちに支持されているのかを見ていきましょう。

グリーンスムージーの5つの効果

グリーンスムージーのダイエット効果1:痩せやすい体質になれる

グリーンスムージーは熱を加えずにそのまま生野菜や果物などをミキサーにかけていきます。そのため、野菜や果物の本来が持っている酵素を壊すことなくそのまま摂取することができるのです。

スムージーダイエットのカギとなる「消化酵素」。消化酵素は、その名の通り、摂取した食べ物の消化をサポートする酵素で、だ液や胃、腸などの器官では、それぞれアミラーゼやペプシンといった消化酵素が分泌されています。この消化酵素は体内で生成される他にも、食物から摂取することもできます。消化酵素を多く含んだ生野菜ですが、火を通してしまうと消化酵素が壊されてしまいます。したがって、熱を熱を通すことなく食べることで、消化酵素を壊すことなく体内に摂り入れることができるのです。

消化酵素をグリーンスムージーで摂取することで、消化がサポートされ胃腸のはたらきが整います。すると、体内から分泌する消化酵素のはたらきが少なくて済むために、ついとなる「代謝酵素」のはたらきが活発になります。

代謝酵素とは、吸収された栄養を体内の細胞に届けて、働くサポートをする、新陳代謝を促す酵素です。したがって、代謝酵素のはたらきを活発にすることで、基礎代謝をあげることができ、大きなダイエット効果をえることができるのです。

また、代謝酵素にはその他にも、毒素を汗や尿の中に排出する有害物質の除去や免疫力を高める効果もあります。

グリーンスムージーのダイエット効果2:便秘の解消

グリーンスムージーダイエットでは、先に述べたように酵素をたくさん摂取することができます。酵素は腸に溜まった老廃物を排出してくれるはたらきがあるためにお通じが良くなります。さらに、グリーンスムージーは、食物繊維も壊されずに丸ごと摂取することができますので、腸内環境が整って腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が促進され、さらにお通じが良くなります。

グリーンスムージーのダイエット効果3:血液がサラサラになる抗酸化効果

血液の流れが悪くなってしまう主な原因は、血の塊である「血栓」ができることです。グリーンスムージーには、材料としてホウレン草や小松菜、ケールなどの葉物野菜を使います。この葉物野菜には、血の塊である「血栓」をできにくくする成分である「クロロフィル」が多く含まれています。したがって、血液の流れがスムーズになって、血液がサラサラになります。

グリーンスムージーのダイエット効果4:ビタミンCでストレスを除去

美容に良い栄養素といえば、ビタミンCですよね!グリーンスムージーには、ビタミンCがたっぷり含まれています。ビタミンCは抗酸化力や免疫力アップ、コラーゲン生成の促進などの他に抗ストレス作用があります。したがって、ストレスの多い人はビタミンCをしっかり摂る必要があります。

人はストレスを感じると、それに対抗しようと副腎からアドレナリンなどのホルモンを分泌します。この副腎でホルモンを作るのに必要な栄養素のひとつがビタミンCなのです。したがって、ビタミンCは不足してしまうと、ストレスへの対抗に必要なアドレナリンなどのホルモンが十分に分泌されず、ストレスを除去することができなくなってしまうのです。

グリーンスムージーのダイエット効果5:ビタミンCで美肌効果

ビタミンCの効果といえば、肌を美しくしてくれる美肌効果です。ビタミンCの美肌効果は多岐にわたっています。まずは、紫外線によるメラニン色素の異常生成を抑制していくれる効果、そして新着してしまったメラニンを白色にしてくれる効果、活性酸素を除去して、肌が傷つけられるのを防ぐ効果、角質の天然保湿因子のバランスを整えてしっとりさせてくれる効果、コラーゲンの生成をサポートしてくれる効果などです。これらのビタミンC効果を得るためには1日あたり80mgを超える量を摂取しなければなりません。ただし、ビタミンCは体内に蓄積することができませんので、コンスタントに摂取する必要があります。

グリーンスムージーの作り方

パインと小松菜のグリーンスムージー

sumuji2

【材料】

小松菜・・・4~5枚くらい

カットパイン・・・2~3個

キウイフルーツ・・・半分

バナナ・・・1本

レモンスライス1枚

牛乳・・・80㏄

氷・・・5個くらい

【作り方】

小松菜、カットパイン、キウイフルーツ、バナナはぶつ切りにして材料をすべてブレンダ―に入れます。スイッチを入れて、しっかり混ぜましょう。

【ポイント】

分量はある程度適当で大丈夫です。バナナは熟したものを使うととてもおいしくできあがります。

 

桃とケールのグリーンスムージー

【材料】

桃・・・半分

ケール・・・1枚(30g)

アボガド・・・1/4個

お水・・・50㏄

【作り方】

ケールは攪拌されやすいようにざく切りにしておきましょう。桃は半分をさらに1/4にカットしましょう。攪拌しやすいように、ブレンダ―には柔らかい桃を先に入れます。次にアボガド、そして最後にケール、お水の順番で入れましょう。桃もアボガドも柔らかいのですぐに攪拌することができます。ふわふわのスムージーに仕上がりますので、飲むというよりスプーンですくって食べるスムージーにできあがります。

ケールはもともと苦みのある葉物野菜ですが、桃とアボガドと組み合わせることで、デザートのようなスムージーになりますよ!

【ポイント】

分量はグラス1杯分ですので、多めに作りたい人は分量をそれぞれ2倍3倍して作ってみてください。

スムージーは夕食に置き換えるのがベスト

スムージーダイエットは、飲むタイミングにおすすめの時間帯というものがあります。

それは、空腹時に飲むということ。なぜかというと、胃や腸に何も入っていないときのほうが、胃腸の負担を減らすことができるからです。胃腸の負担を減らすことで、スムージーに含まれている体に良い栄養素をより効果的に吸収することができます。

また、飲んだ後の注意点としては、スムージーを飲んだ後の飲食は40分から1時間控えるということです。しばらくは、スムージーに含まれている栄養素だけを消化するのに専念させるためです。

また、朝にスムージーの置き換えダイエットを行う人も多いかと思いますが、おすすめなのは夕食をスムージーに置き換える方法です。多くの人が日中に仕事や学校などの活動を行いますので、朝食や昼食のカロリーを抑えてしまうと、日中の活動をするエネルギーがなくなってしまい、健康を害してしまう可能性があります。

また、ダイエットの効果という観点で見たときも、夕食をスムージーに置き換える方法が最も高いダイエット効果を得ることができます。したがって、夕食を置き換えるのがスムージーダイエットのおすすめの方法です。

スムージーダイエットの注意点

スムージーダイエットを行う際には以下の点に注意しましょう。

スムージーダイエットに使う野菜や果物には、たくさんの体に良い栄養素が含まれてはいますが、一方で人の体に絶対に必要なタンパク質はあまり含まれていません。そのため、3食すべてをスムージーに置き換えてしまうようなことをしてしまうと、体を壊してしまうことになりかねません。

また、食事の前にスムージーを飲んで食事量を減らすという場合にも、あまりにも食事を減らし過ぎてしまうと、同様に体を壊してしまうので気をつけましょう。

また、飲みやすいように果物の割合を多くしてしまうと果糖によってカロリーが高くなってしまいますので、なるべく果物の割合は少なくするようにしましょう。

スムージーを飲んでスリムになろう!

スムージーダイエットの正しい方法、おすすめレシピをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

スムージーダイエットに使う野菜や果物には、たくさんの栄養素が含まれていますので、ダイエットだけでなく美肌や美容にも効果が高いですので、ぜひ、スムージーダイエットに取り組んでみてください!

スムージーを飲んでスリムな体を目指しましょう!

 

 

sumuji

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter