belly-body-calories-diet-exercise-fat-female-fit

血糖値コントロールで脂肪とサヨナラ!血糖値の仕組みをマスターしよう!

血糖値をコントロールすると聞くととても大変なことのように思えますが、普段の食生活を少し工夫するだけでダイエット効果が期待できます。

posted on 2017.03.30

belly-2354__340

最近では、従来のカロリー制限に代わって人気が出てきた糖質制限ダイエット。カロリーを抑えるために食べないダイエットではなく、糖質を控えるというダイエットなので、工夫次第で美味しいものが食べられると話題です。インスタグラムを見ていると、とても美味しそうなのに低糖質なメニューを編み出している方も多いですよね。

そんな糖質制限を行う際に知っておきたいのが「血糖値」の仕組みです。そもそも糖質制限は、血糖値をコントロールして痩せやすくするために行っているということをご存知でしたか?今回は糖質制限で痩せるなら欠かせない、「血糖値コントロール」について解説します!

関連記事:褒められレシピ♡オシャレな手作り糖質制限メニュー10選

そもそも、血糖値コントロールって?

最近雑誌等でもよく見かける「血糖値コントロール」。まずは血糖値の基本からチェックしていきましょう。

血糖値とは

Free stock photo of health, medical, medicine, prick

血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のことを表します。グルコースはヒトにとって重要なエネルギー源です。

糖質を多く含む食材を食べると、体内の血糖値は急上昇します。すると、インスリンが分泌され糖をエネルギーに分解してくれますが、その際に余った糖は脂肪となってしまいます。

血糖値と空腹の関係

Free stock photo of black-and-white, office, technology, hospital

それでは、なぜ血糖値とダイエットが関係しているのでしょうか。その理由の一つが、血糖値が急激に下がるときに空腹を感じるというヒトの体の特徴にあります。実際、「お腹いっぱい食事をしたのに、すぐお腹が空いてしまう」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。これは、食後に急激に上昇した血糖値が急激に下がっていることが原因なのです。

どか食いをしたり、糖質を大量にとったりすると、その分血糖値も急激に上がり、インスリンの分泌が多くなります。インスリンの分泌が多いと低血糖状態になってしまい、お腹が空いて糖を欲してしまう、という悪循環に陥ってしまうのです。

つまり、血糖値の急激な増減を防げば食べ過ぎ防止につながり、ダイエット効果が期待できるというわけです。

血糖値とインスリン

White and Clear Glass Syringe

二つ目の理由としては、インスリンの過度な分泌が脂肪を増やす原因となる、という点が挙げられます。インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれており、余った糖を脂肪に変えるはたらきをもっているため、インスリンの分泌が多くなると脂肪の吸収も増えてしまうのです。

そのため、血糖値をコントロールしてインスリンの分泌を抑えることで、脂肪の吸収を抑えることができます。


オススメの血糖値コントロール方法3選

血糖値のコントロールがいかに大切かお分かりいただけたかと思います。

では、どのようにすれば血糖値をコントロールすることができるのでしょうか。ここからはその具体的な方法をチェックしていきましょう!

①空腹をガマンしない

Blue and Black Measuring Tape Wrapped Around a Silver Metal Fork

一つ目の方法として、空腹を我慢しないことが挙げられます。意外だと思う方も多いかもしれませんね。どういうことかと言うと、空腹を我慢していると、その反動でついつい一度にたくさん食べてしまいますよね。しかし、一度にたくさん食べるとその分血糖値も上昇してしまい、結果としてインスリンの働きで脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

そのため、お腹が空いたらこまめに間食をして、血糖値の増減を緩やかにすることが大切です。チーズなどの乳製品やナッツなど、低糖質なものや、タンパク質などの栄養を取れるものを食べるとなお良いですね。

食前にお茶やコーヒーを一杯飲んでおく

二つ目の方法は、食前にお茶やコーヒーを飲むというものです。お茶やコーヒーに多く含まれるカフェインは脂肪の分解を活発化させるだけでなく、血糖値をゆるやかに上昇させる効果があります。それによって糖が脂肪として蓄えられることを防ぐことができるのです。また、一杯飲み物を飲むだけでも、どか食いは抑えられそうですよね。

炭水化物は最後に食べる

Free stock photo of bread, food, blur, breakfast

三つめに紹介するのは、炭水化物を最後に食べるという方法です。この方法は「食べる順番ダイエット」の一つとしても知られています。

お米やパンなどの糖質は血糖値を上げやすいため、空腹の状態で炭水化物を最初に摂取してしまうと血糖値が急に上昇してしまいます。そのため、お米やパンなどを食べる前に他のものを食べ、ある程度食欲を満たした状態にしておくと血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。最初に食べるものとしてオススメなのが、きのこや海藻、脂質やタンパク質が多い食材などです。

まとめ

Blue Denim Jeans

いかがでしたでしょうか?血糖値コントロールは食べ方などを少し工夫するだけで意外と簡単に実践することができます。闇雲に糖質制限を行うよりも、効率よくダイエットできるかも?

みなさんもぜひ実践してみて下さいね!

belly-body-calories-diet-exercise-fat-female-fit

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter