bowl-1845889__340

一生太らない体を目指す!本気で痩せるためのタンパク質摂取法3選

タンパク質は、筋肉や臓器、皮膚や髪の毛といった身体のさまざまな部分を作る栄養素。人間の生活に欠かせない栄養素であるのはもちろんですが、ダイエット中の身体には特に重要なものです。そんなタンパク質を効率よく摂取できる食品をピックアップして紹介しています。

posted on 2017.03.17

bowl-1845889__340

最近いろいろなダイエットの食事方法があるため、結局何を食べたらいいのか分からない!と思っている方はいませんか?一時的な食生活の改善だけでダイエットを成功させるのは難しく、たとえ成功したとしても病気やリバウンドを招く可能性があります。そこで今回は、ダイエットするなら絶対知っておきたい栄養素「タンパク質」の効果と、タンパク質を多く含むヘルシーな食材を紹介していきます。

関連記事:賢い女子はもう飲んでる!効率よく痩せるなら絶対「プロテイン」!

太らない体を作るには、タンパク質が重要!

scale-403585__340

「筋肉太り」という言葉があるように、タンパク質を摂取しすぎると筋肉が増えて体重が重くなってしまうのでは・・・?と不安を感じる方もいるかもしれませんね。そこでまず、タンパク質がダイエットに重要だということをしっかり理解することから始めましょう。

タンパク質の働き

最初に、タンパク質の働きから見てみましょう。タンパク質は大まかにいうと、筋肉・臓器・皮膚・髪の毛など、身体の様々な部分を作る栄養素です。細胞そのもののや、代謝を促進するホルモンや酵素の主要な成分です。私達の体の20%はタンパク質で出来ています。

ダイエットとの関係は?

では、そんなタンパク質が私たちのダイエットに深く関わっている理由は何なのでしょうか。まず、私たち女性の身体の特徴として、ホルモンの関係上筋肉がつきにくく、また皮下脂肪がつきやすいというものがあります。ただでさえ筋肉がつきにくい身体なのに、ダイエットで体重を落とそうとすると脂肪だけでなく筋肉がどんどん落ちてしまいます。

冒頭でも触れたように、筋肉太りを恐れる方からすれば「筋肉が落ちるのは好都合!」と感じるかもしれませんね。しかし、筋肉が落ちると代謝も低下してしまうため、脂肪が燃焼しにくく痩せにくい身体になってしまうんです。

トレーニングや食事制限を頑張っているのに思うようなダイエット効果を得られないという方は、もしかしたらタンパク質の摂取が足りていないのかもしれません。

タンパク質の摂取が大事だと分かっても、高タンパクと低カロリーを両立させている食品選びはなかなか難しいもの。タンパク質ばかりにこだわってカロリーの高いものをたくさん食べてしまうと、体重が増える可能性もあるので要注意です。そこで、オススメの食材を3つ紹介していきます!


オススメのタンパク質摂取方法3選!

サバ

https://www.instagram.com/p/BRerMSGjJM5/

エネルギー 194kcal
タンパク質 19.87g
脂質 11.62g
炭水化物 0.29g

※鯖1尾可食部96g

「青魚の王様」とも言われるほど栄養価が高いサバ。タンパク質だけでなく良質な脂質も豊富に含まれているのがポイント。

記憶力の低下防止など脳に嬉しい効果があるDHAや、血中コレステロール値や中性脂肪を低下させる効果があるEPA、他にも鉄分やカルシウムなど、身体によい栄養素がたっぷり詰まっています。ご飯、味噌汁とよく合うので、朝ごはんにもピッタリですね!

 レバー

#よるごはん ・ #しめ鯖 ・ #醤油だけ煮 (#豚レバー 、#豚ハツ 、#鶏モツ) ・ #海藻サラダ はばのり ・ #お味噌汁 写真なし ・ #黒海苔 手作り ・ ・ #おうちごはん #断糖 #mec食 #ケトジェニック #糖質制限 #ローカーボ #クッキングラム #おいしいバレンタイン

A post shared by @fuu_x on

エネルギー 132kcal
タンパク質 19.6g
脂質 3.7g
炭水化物 3.7g

※牛レバー100gあたり

タンパク質は臓器を作ると先ほど紹介しましたが、臓器を作っているということは臓器そのものにタンパク質がたくさん含まれているということ。動物の肉やレバーには、良質な動物性タンパク質がたくさん含まれているんです。低糖質なレバーはダイエットにぴったり!レバー独特の味が苦手という方でも、少し味付けを濃くしたり煮たりすることで食べやすくなります。

また、高タンパク食品として紹介したサバも一緒に写っていますね。高タンパクな食品を組み合わせたメニューで、より効率よくタンパク質が摂取できます!

https://www.instagram.com/p/BRNCAWaAhNA/

エネルギー 91kcal
タンパク質 7.38g
脂質 6.18g
炭水化物 0.18g

※卵1個60gあたり

たまごは、高タンパク低糖質です。しかし卵料理はカロリーの高いものが多いため、タンパク質の摂取を目的として食べるならば、ゆで卵の状態で食べるのがベスト。

小さくて食べやすい上に、腹持ちもよいためダイエット中の昼食にピッタリです。家でゆでたものを持ち運ぶのが難しくても、コンビニで手軽に買えるので便利ですね。

まとめ

belly-2354__340

いかがでしたか?この記事を読んで、タンパク質に対するイメージが変わったという方もいるかもしれませんね。カロリーだけでなく、栄養素に注目して食材を選ぶことは非常に重要です。食べているもので身体がつくられていくというのを意識することは、ダイエットの時だけでなく将来の健康維持にも役立ちます。

また、タンパク質をたくさん摂取するのに便利な「プロテイン」について詳しく書かれた下記の記事も要チェックです!

関連記事:賢い女子はもう飲んでる!効率よく痩せるなら絶対「プロテイン」!

bowl-1845889__340

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter