• 食事法 / レシピ
  • ダイエット中でもアイスが食べたい!ダイエット中のアイスで太ら・・・
158

ダイエット中でもアイスが食べたい!ダイエット中のアイスで太らないコツって?

アイスを食べるときに注意したいのは、カロリー、サイズ、そして食べるタイミングです!暑い時期にアイスが食べたくなってしまうのはどうしようもないと思いますので、食べない我慢はしないで、いかにカロリーを抑えるかを意識して美味しく食べて、今年の夏を楽しく過ごしましょう!

posted on 2016.06.21

156
天気の良い日は日差しも強く、本格的に暑くなってきましたね!そんな日は、やっぱりアイスが食べたい!と思いますよね。実際に、アイスを食べる機会も増えてきたのではないでしょうか。でも、ダイエット中だったとしたら……? そこで、ダイエット中のアイスでも太らないコツを紹介します。安心して美味しく食べて、この夏を過ごしましょう!

アイスってそもそもどのくらい太るの?

157
文部科学省発表の「五訂食品成分表数値」を見てみると、同じ「アイス」と言えど種類別でカロリーが変わってきます。高カロリーな種類で言うと、100gあたり、「アイスクリーム(高脂肪)」は212kcal、「ラクトアイス(普通脂肪)」224kcalになります。基本的に乳脂肪や植物性油脂による脂肪分がカロリーに比例していると言えるでしょう。この数字が多いのか少ないのかは人それぞれ印象は違うと思いますが、ごはん一杯(普通盛、140g)あたり235kcalなので、アイス一つとごはん一杯は同じくらいのカロリーです。美味しくてつい二つ食べちゃった……という場合は、ごはんのおかわりに匹敵します。 毎日アイスを食べるとなると少なからずダイエットに影響しそうです。

アイスを食べても太らないコツ3選!

158

①カロリーに気をつける

先ほど紹介したように、アイスは種類によってカロリーに差があります。高カロリーになりがちな、乳脂肪たっぷりのアイスクリームや油脂の多いラクトアイスは避けたいところ。逆に比較的カロリーが少ないのは、乳脂肪が控えめな「アイスミルク」と表示された商品。こちらは167kcalとカロリーも控えめに。また、断然カロリーが少ないのは、ずばり「氷菓」!製品にもよりますが、50kcal〜100kcal程度です。最近では、「カロリーコントロールアイス」をうたった低カロリー製品もあるので、アイスを買う時はパッケージにある表示をチェック!

②サイズに気をつける

当たり前ではありますが、サイズが大きくなればなるほどカロリーも比例して大きくなります。濃厚なアイスクリームなら、そのカロリー数はさらに引き上がります。乳脂肪たっぷりのアイスクリームが食べたくなったら、ミニパックを選ぶようにするとよいでしょう。少量でも、高級で濃厚なものなら満足度も高くなるはず!

③食べるタイミングに気をつける

食べるタイミングも重要です。やはり、寝る直前のアイスはカロリーが消費できないのでおすすめできません。お風呂上がりのアイスも美味しいですが、体を冷やしてしまう可能性があるので避けたいところ。適切なタイミングは、気温も体温も高い時間帯である、昼食後やおやつの時。美味しく食べたら、夏の暑さで脂肪を燃やしましょう!

ダイエットにおすすめの冷たい食べ物!

159
何も火照った体を冷やしてくれる味方はアイスだけではありません。ダイエットにおすすめなのは、スイカとキュウリ!二つに共通するのは、水分量が多いこと。食感があるのに水分もしっかりとれるので、汗をかく夏場にはぴったりな食べ物です。しかも、血液をサラサラにし、デトックス効果が期待できる成分も含まれているそうです。

最後に

160
いかがでしたか。ダイエット中の体にもやさしいアイスや冷たい食べ物を紹介しました。食べない我慢はしないで、いかにカロリーを抑えるかを意識して美味しく食べて、今年の夏を楽しく過ごしましょう!

158

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter