• 食事法 / レシピ
  • ダイエット中でも甘いモノはやめられない!おすすめのスイーツ5・・・
a066ec3697efdb8d12ca33febb42390f_s

ダイエット中でも甘いモノはやめられない!おすすめのスイーツ5選!

ヘルシーなものを食べたあとは、体に良いことをしている感になんとなく満足できますよね。ですから、スイーツもこのように罪悪感なく食べることができたら、ストレスなく美味しく頂けるはず。だからといって、なんでもかんでも食べていたらもちろん太ってしまいます。それを防ぐために今回、罪悪感なく食べることの出来るスイーツをご紹介していきます!

posted on 2016.05.24

a066ec3697efdb8d12ca33febb42390f_s

バニラビーンズの甘い香りが食欲をそそるアイスクリームに、生クリームたっぷりのシュークリーム。チョコレートを食べると幸せ気分だし、友達とお喋りを楽しみながら食べるパンケーキは絶品。私たちを一気にハッピーにしてくれるのが、スイーツですよね!

食べ始めたらそのあまりの幸福感に、「今日はダイエットなんて気にしない!」と謎の開き直りを始めてしまうのが私たち女子の習性。「今日はご褒美Day!」「今日は友達といるから思いっきり食べないと失礼だし、沢山食べちゃお~!」「明日クレンズジュースでデトックスすればいいや~!」などとありとあらゆる言い訳を使って、その楽しいひとときを味わい尽くします。

しかしそのあとパンパンに膨らんだお腹を見て、恐る恐る体重計に乗って、大後悔。「せっかくこの前プチ断食して2㎏減ったのに…」「ジムに通っている苦労が水の泡…」とスイーツをお腹いっぱい食べてしまったことに対する罪悪感で気分が落ち込みます。そして今度は太ってしまったストレスと、自分の意識の甘さにいらだち、やけ食い。こうなったら負のサイクルがつづきなかなか抜け出せません。

4b3e100da61b10f41bb7e9287a187820_s

こうなってしまうのは、「スイーツを食べる=悪いこと」という認識が心のどこかにあるから。ヘルシーなものを食べたあとは、体に良いことをしている感になんとなく満足できますよね。ですから、スイーツもこのように罪悪感なく食べることができたら、ストレスなく美味しく頂けるはず。だからといって、なんでもかんでも食べていたらもちろん太ってしまいます。それを防ぐために今回、罪悪感なく食べることの出来るスイーツをご紹介していきます!

ダイエット中でも甘いモノが食べたい!

 e9f69ffb901765d3b08bdb699dbf082e_s

先ほど「スイーツを食べること=悪いこと」という認識が心のどこかにあるというお話をしました。そもそも何故私たちはスイーツを食べることに罪悪感を感じているのでしょうか。それはおそらく、「痩せなきゃ→甘いものと脂肪分の高いものは太るから我慢しなければ→でもスイーツ食べたい→食べちゃった→太っちゃう」という流れが頭の中にあるからでしょう。この思考回路のなかスイーツを口にしてはたしかにものすごいストレスになりますよね。つまり「スイーツを食べること=太る=悪いこと」というイメージがしっかりと身についてしまっているんです。

まずはこのイメージの原因をつきとめなくてはいけませんね!何故、甘いものを食べたら太るのか、そのメカニズムを知りましょう!

63aaf65adb23cecfd5a62832e9cbdf73_s

精製された白いお砂糖や、白米、麺類などを食べると急激に血糖値が上がります。血糖値が高いままでは良くないので体が勝手に上がってしまった血糖値を下げようと、インスリンという物質を分泌します。このインスリン分泌によって血糖値が下がるのです。しかし、この血糖値の上がり下がりが実は問題。インスリンによって下げられた血糖値はさきほどの高さになろうと、空腹感のサインをだします。そして甘いものを食べてしまい、さらにインスリンが分泌され…というサイクルが起きてしまうのです。また、インスリンには脂肪を貯め込む性質があります。摂取した糖分をエネルギーに変えることなく、ぷにぷにした脂肪へと変えてしまいます。代謝も悪くなるのでこれでは太る一方。

糖分を摂取することによって、

①血糖値が上がること

②インスリンが分泌されること

③インスリンには脂肪を貯め込む性質があること

この3点によって私たちは甘いものを食べると太ってしまうのです。

しかしこれさえわかっていれば、なには食べて良くて、何がダメなのかということが分かってくるはず。この3点は非常に重要なので忘れないようにしましょう。

そしてこれはダイエットが必要ないほどスレンダーな人でも重要なことです。隠れ肥満という言葉がありますが、インシュリンによって貯めこまれた脂肪は皮下脂肪となります。見た目は細いのに、検査をしたらお腹のまわりには脂肪がぎっしりなんてことも。これをそのままにしておくと糖尿病などの生活習慣病のリスクが非常に高まるので危険です。

何故糖質で太るのかをつきとめたところで、どうすれば糖質をとっても太らない、あるいは太りづらいのかを考えましょう。インシュリンが脂肪を貯め込むので、まずはこのインシュリンの分泌を抑えればよいですね!インシュリンが分泌されるときは血糖値が急激に上がった時なので、血糖値の急上昇がなくなればインシュリンの量も減っていきます。ですから、甘いものを食べる時は血糖値のゆるやかな上がり方を心がけましょう!

血糖値が急に上がったり下がったりするのではなく、ある程度一定の高さでとどまるのが理想です。この理想に近づくにはGI値(グリセミック指数)を意識しましょう。このGI値は炭水化物が糖分に変わるまでのスピードを表わしている値です。この数字が小さいほど血糖値を急激に上げることなく、ゆるやかな上昇になるのです。GI値の低いスイーツは最後の項目で紹介するので、最後まで目を通してくださいね!

これはダメ!太るスイーツって?

30cbb08eaf91ed677ee23fef05af1bae_s

血糖値の急上昇、インシュリン分泌、インシュリンは脂肪を貯め込むということが、スイーツによって太る原因であるのを理解して頂けたかと思います。この項目では、血糖値をグーンと一気に上げてしまうNGスイーツを紹介していきます。

NGスイーツとはいっても、食べてはいけないと思うと食べたくなるのが人間の心理。そこまで強い感情で禁止事項にするのではなく、迷った時に選ぶための指標にするくらいの気持ちで読み進めていってくださいね!

①クリームたっぷりフラペチーノ

1bd8a9af1cd63a0a7e8ff7c60a27229f_s

みなさんも大好きであろうフラペチーノ。抹茶やキャラメル、イチゴなど様々なフレーバーがあって美味しいですよね。期間限定商品も数多くあるので、何回も何回もお店に通ってしまいます。ですがフラペチーノはみなさんが思っている以上に太りやすいんです。たっぷりのクリームと、目には見えないけれど多量入った砂糖で血糖値は急上昇。さらにコールドドリンクなので体を冷やしてしまい、代謝も悪くなる一方。あまりの美味しさに一瞬で飲み終わってしまうフラペチーノですが、体内では太りやすい体づくりがはじまっていることを忘れずにいてください。

②甘いシリアルバー

23b4f840c3d553f644aa39f43676effa_s

シリアルバーを痩せる食品だと認識している人も多くいますが、日本で販売しているもののほとんどに多量の糖分が含まれています。食べると少し粘り気があるのはそのせい。糖分によってシリアル同士をくっつけています。そしてシリアルも炭水化物、すなわち糖質です。どうしても食べたいのなら、精製されていない穀物をつかい、精製されていない砂糖を使ったシリアルバーにしましょう。

③もちもち+クリーム

2c42ccbafbcff922b20a4fd51b9ce306_s

最近各コンビニがこぞってだしている、もちもち食感の皮のなかにたっぷりとクリームが入っているスイーツ。ネットでも美味しすぎると話題で、売り切れ店も続出。この人気をうけていろんなコンビニがこのスイーツの販売を始めていますよね。みなさんも一度は目にしたことがあるでしょう。しかし、これも血糖値を急激に上げるスイーツのひとつ。もちもち食感の皮には砂糖だけでなく、油や炭水化物も含まれています。またコンビニスイーツに使われているクリームのほとんどが、純粋な生クリームではなく、色々な添加物が入った合成クリームです。太りやすくなるだけでなく、肌荒れにもつながりますのでご注意を。

④ふわふわスフレ

8f10cd4cfd056f87f2b58d32ebd23a32_s

ふわふわで、口どけの良いスフレ。何個でも食べれてしまいそうですよね。しかしこのスッと溶ける口どけの良さこそ、太る原因。食べているという実感が湧きづらく、噛む回数も他に比べて断然少ないですよね。満腹中枢が満たされないので、どんどん食べてしまいます。血糖値も急上昇し、インスリンが分泌され、さらにお腹が減るという負のサイクルはまさにスフレを食べた時に実感するんでしょう。食べ応えのあるものを選ぶのも、太りづらいスイーツの選び方だと覚えておいてくださいね!

⑤クリーム入りドーナツ

0a8c85c337d11caf8b2be09477fe4b05_s

コンビニでは菓子パンコーナーだけでなく、レジの横にも置いてあるクリーム入りのドーナツ。小さい頃から変わらず大好物だという方も多いかと思います。ぎっりし重さのあるドーナツは太りづらいかといわれれば、正直そうでもありませんがクリーム入りのフワフワ食感ドーナツを選ぶなら、重さのあるドーナツのほうが良いでしょう。先ほども言いましたが、このクリームは合成クリーム、つまりトランス脂肪酸のかたまりです。それと油で揚げたパンを一緒に食べては、もちろん太りますよね。

この5つのリストからも分かるように、もちもちやフワフワ食感は美容の敵。またコンビニスイーツやフラペチーノに使われているクリームも体には良くありません。美味しいのに残念ですが、これがスイーツの本性です。

ダイエット中におすすめのスイーツ5選!

 ebb75194fe40b933ce3ca56043754116_s

ここまでで糖質で太る理由、NGスイーツをご紹介してきました。いかがでしたか?何が体にとって良くて、なにが悪いのかを理解し始めているのではないでしょうか。ダイエットに良いスイーツを知っただけで、何故それなら太りづらいのかというメカニズムを知らなくては、スイーツとダイエットの関係を理解したとは言えません。しかしここまで読んだみなさんなら、ダイエットとスイーツの関係性を少しずつ理解してると思います。それを理解したうえで、おすすめのスイーツを知るのは効果的。なにがダイエットに最適なスイーツなのかを知るだけでなく、どうしてそのスイーツが太りづらいのかということをしっかり押さえておきましょう!それでは紹介します!

①女子は大好き!スイートポテト

1e749374292596f9f4d9e06978a18bfc_s

さつまいもがダイエットに良いという話はどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。食物繊維やミネラル、ビタミンも豊富に摂れ、なおかつ甘くて美味しいのでダイエット中の女子の味方。焼き芋や干し芋などの食べ方がありますが、これは正直スイーツとして食べるには少し質素すぎますよね。そこでスイーツ食べている感も満たされる、スイートポテトがおすすめです!さつまいもに生クリームも加えているのでタンパク質も摂れ、お腹も満たされます!スイートポテトをおやつに食べると、夜ご飯が軽くて済むという人もいるそうなのでかなりおすすめです!

②濃厚なバニラアイスクリーム

2d2979f8b2c568b5070345368411f755_s

「え?濃厚なアイス食べていいの?」とお思いの方もいるのでは?ダイエット中はカロリーを気にしてラクトアイスを選ぶ方が多いようですが、ここは思い切ってアイスクリーム表示のものを買いましょう。アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスと三段階に分かれていますが、この違いは乳脂肪分の量。アイスクリームは乳脂肪分が高く、ラクトアイスは低いのです。ここで乳脂肪分の低いラクトアイスを選んでしまうと、カロリーだけを摂取することになってしまいます。アイスクリームを選べばカロリーは高いですがタンパク質も摂れるのでバランスは良いです。またこの方が血糖値の上がり方が緩やかなのでインシュリンの分泌も抑えられます。

③高級チョコレート

1a9f86aa06b09caf8c53fef7378c69e8_s

何年か前にテレビで放送されていた、石原さとみさん主演のチョコレートのドラマを見ていた人はいますか?箱に入った宝石のようなチョコレートをゆっくり味わっている石原さとみさんが印象的でしたよね。私たちもこの姿を見習いましょう!コンビニやスーパーのチョコレートではなく、デパートなどで買った少しお高めのチョコレートであることがポイント。高いチョコレートは見た目も美しいので、勿体なくて沢山食べれませんし、なにより栄養価満点。カカオは血糖値を抑えてくれるスーパーフードなのです!ゆっくり時間をかけて淹れた美味しい紅茶と、少し贅沢をして買ったお皿にチョコレートを一粒のせて、ラグジュアリーな気持ちでいただきましょう。

④ホッとする味、抹茶ぜんざい

7557214db3e5f0bce37affd6d4df8238_s

和菓子も忘れてはいけません!もなかやどら焼き、お団子や大福など、様々な和菓子がありますがダイエット中に食べるスイーツとしては断然、抹茶ぜんざいがオススメ。抹茶には新陳代謝を高め、脂肪燃焼効果を高めてくれる成分が入っており、ダイエットドリンクとして海外セレブからも大人気。そんな抹茶がたっぷり入った抹茶ぜんざいはダイエット中のスイーツとしてまさに理想。和菓子に欠かせないあんこもGI値の低い食品と言われているのでまさに理想の組み合わせ。友達とスイーツを食べることになったら是非、昔ながらの甘味処に足を運んでみては?流行のパンケーキ屋さんやフレンチトースト屋さん、台湾風かき氷屋さんはおそらく行列になっていると思いますが、太りやすい体を作るために時間をかけて並ぶのは、あまり素敵な行為だとは思えません。ここはスマートに古き良き甘味処をセレクトして、周りの人と一歩差をつけましょう!

⑤重さどっしり!ベイクドチーズケーキ

cd172be59aaa7f88beb5ec4f72c70100_s

チーズケーキには3種類あることを、みなさんすでにご存じだと思います。どっしりと焼き上げたベイクドチーズケーキ、日本が発祥地といわれるフワフワのスフレチーズケーキ、クリームチーズを冷やして作られたレアチーズケーキ。それぞれ違った美味しさで、「私はこれが好き!」「私はこっち派!」と様々な好みがあるかと思います。では、ダイエット中にオススメなのはこの3種類のうちのどれでしょうか?正解はベイクドチーズケーキ。一番重さもあるし、濃厚だし、ダイエットには不向きそうですが、実はこの”どっしり感”がダイエットにオススメの理由。まず原料であるチーズですがこれは血糖値の上昇が緩やかなGI値の低い食品。そんなチーズを元に作られているケーキなので、他のケーキと比べても太りづらいとされています。また、フワフワやモチモチ食感はダイエットの敵であるというお話をしましたが、スフレチーズケーキやレアチーズケーキはまさにそれに該当しています。ベイクドチーズケーキは濃厚なので食べ応え満点。満足感を得られるので少量で満足できます!

どうしてもスイーツが食べたい気分になったらこの5つのスイーツを軸に、選びましょう。満足感を得やすいこと、血糖値がゆるやかに上がるものを選ぶのがポイントです。最初は慣れず、選ぶのに時間がかかってしまうかもしれませんが徐々に慣れてくるので大丈夫。慣れてきたら自然とこの2つのルールに従ってスイーツを取捨選択しているはずです。そうなるまで、きちんと考えながらスイーツをセレクトしましょう!

 

ダイエット中には食べてはいけないと禁止してしまいがちなスイーツ。しかし私たちの楽しみである甘いものを食べる時間を削っては、ストレスが溜まってしまいますよね。ですからなるべく太りづらいものを選んでうまく付き合っていくことが大切。そしてうまく付き合っていくには、相手をきちんと知らなければいけません。今回でスイーツとダイエットの関係性を理解したあなた方なら、もう怖いものなし!スイーツも美味しく頂いて、なおかつ素敵ボディーを手に入れるワガママだって叶うはず。これからもスイーツから幸せをいっぱい貰って、毎日をハッピーに過ごしましょう!

a066ec3697efdb8d12ca33febb42390f_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter