「痩せたいと思うものの、食事制限がきつくてすぐにダイエットを断念しちゃう」という人は、クッキーを利用したダイエ […]

posted on 2018.12.23

「痩せたいと思うものの、食事制限がきつくてすぐにダイエットを断念しちゃう」という人は、クッキーを利用したダイエット方法がおすすめです。クッキーというとカロリーが高いお菓子というイメージがありますが、ダイエットに適したものを活用することで、無理なく食事量を減らすことができるので、リバウンドしにくいというメリットがあります。

食べるだけで痩せるクッキーダイエットとは

biscuit-cookie-delicious-1204222

クッキーダイエットは食事置き換えの減量方法。

クッキーダイエットは食事を置きかえる減量方法になります。食事を置き換えダイエットはリンゴやバナナ・豆腐など、さまざまな種類がありますが、クッキーダイエットは一日三食のうちの一食をクッキー数枚に置き換えるものになります。朝食をクッキーに置き換えた場合、昼食と夕食は自由に好きなものを食べることができるので、ストレスが少ないのが大きな魅力です。これに加えて、栄養バランスを乱すことなく減量にチャレンジできるので、体にかかる負担も少なくできるのが嬉しいポイントと言えます。

減量専用のものを利用しよう。

ダイエットに利用するクッキーは、バターを多く含んでいるお菓子を使用するのではなく、減量専用に作られたものを使うように心がけましょう。このよう現用専用のクッキーは市販されているため容易に購入できますし、自分でも簡単に作ることが可能です。さらに減量専用のものはダイエットをサポートできるように工夫がされているので、カロリーが抑えられているのはもちろん、減量中に不足しがちなミネラル成分や食物繊維を効率よく補うことが期待できます。

ストレスの少ない減量方法。

クッキーダイエットの大きな特徴として、食べながら減量できることが挙げられます。痩せるためには摂取カロリーを減らすために食事をカットすることが必要不可欠ですが、無理に食事制限をすると強いストレスがかかってしまいます。さらに急激に食事を減らすことで、体が異常事態と判断し、少ない摂取カロリーをより体にため込もうと働きます。その結果、太りやすい体質になるので注意が必要です。
これに対してクッキーダイエットは、適度に食事をしながら痩せていく方法です。太りやすい体質にしないことに加え、ストレスも感じにくいです。
食事を置き換える減量方法は、食べるものが決まっているので食事が単調になることがよくあります。けれどクッキーは数多くの味の種類があるので、食事を楽しみながらチャレンジできるのもメリットです。


クッキーダイエットの嬉しい5つのポイント

食事の糖分を大幅にカットできる。

クッキーダイエットの嬉しいポイントの1つが、糖分を補充できる減量方法だということです。痩せるための食事制限というとケーキやドーナツ・チョコレートなどの甘いものをカットするのが真っ先に浮かびます。けれど、甘いものを一気に食べるのをやめると、体に強いストレスがかかります。クッキーダイエットは適度に甘みを含んでいるので、ストレスがかかりにくいのがメリットです。

栄養バランスを整えながら、ダイエットに挑戦できる。

減量のために食事制限をおこなうと、カロリーと同時に体に必要な栄養素も大幅にカットしまう可能性があります。中でもミネラルと食物繊維が不足しがちで、その結果、肌荒れや便秘などの症状があらわれやすくなります。一方、クッキーダイエットは減量用に作られた食品なので、不足しがちなミネラルと食物繊維が豊富に含まれているからです。

いつでもどこでも、手軽に口にすることができる。

食事置き換えダイエットを無理なく続けていくためには、手軽におこなえるということがポイントになってきます。クッキーは特に調理する必要がなく、そのまま口に入れることができるので、小腹が空いた時にすぐ食べることが可能です。野菜ジュースなどと組み合わせば立派な食事にもなるので、料理が苦手な人もチャレンジしやすいのが魅力です。

自然に、食事時の噛む回数を増やすことができる。

ダイエット用のクッキーは一般的なものと比較すると、硬めになっています。そのため、必然的に噛む回数が増えます。これにより食事にかかる時間が長くなり、少ない量でも満腹感が得られやすいのがポイントです。さらに噛むことでアゴの筋肉を鍛えることができるので、フェイスラインをシャープに整えることが可能です。

楽しく減量にチャレンジできる。

ダイエットを続けていくためには、楽しくできることが大切です。クッキーダイエットは市販されているものを利用できるうえに、自作することもできます。どのような素材でクッキーを作るかによって、味のバリエーションを増やすことができますし、調理そのものも楽しみになるので、無理なく続けることが期待できます。

気になるクッキーダイエットのやり方

beverage-chocolate-chip-cookies-cookies-1325467

夕食を置き換えてみよう

クッキーダイエットは、やり方を工夫することで自分にあった減量方法でチャレンジできるのが魅力です。早く痩せたい場合は、夕食をダイエット用のクッキーに置き換えるようにしてみましょう。何故なら、一日の食事の中でも夕食は摂取カロリーの量が多くなりがちだからです。さらに夕食で得たカロリーは、その日のうちに消費しづらく、脂肪となって体につきやすいという特徴があるからです。夕食すべてをクッキーにするのが難しい場合は、おかずの量を減らして、クッキーを組み合わせてみるのがおすすめです。そうすることで一日の摂取カロリーを量を大幅にカットすることが期待できます。

間食や夜食に利用する。

ゆるやかに体重を落としていきたい場合は間食に利用したり、夜食に活用するのがおすすめです。このような小腹が空いた時にお菓子やラーメンなどを食べてしまうと、想像以上に多くのカロリーを摂取しやすくなってしまいます。そのかわりにクッキーを食べることで、摂取カロリーを低くすることが可能です。さらにクッキーには減量中に不足しがちな食物繊維とミネラルが多く含まれているので、間食や夜食時に補うことで、栄養バランスを整えなが痩せやすい体質に改善できます。

飲み物にもこだわってみよう。

減量効果をよりアップさせたいと思ったら、一緒に食べる食材に気をつけるようにしてみましょう。クッキーを食べるときは、意識的に水分の摂取量を増やすことで、より満腹感がえられやすくなるのでおすすめです。水やお茶などカロリーが低いものと組み合わせるのはもちろん、野菜ジュースや牛乳などと組み合わせることで、無理なく栄養バランスを整えることが期待できます。ただし甘みの強い飲み物と組み合わせると、カロリーが高くなるので注意が必要です。このほかにも、十分に噛むこともおすすめの食べ方です。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、普段の食事でも少ない量で満足しやすくなるのがメリットです。

市販のおすすめダイエットクッキー

上手な選び方をチェック。

痩せるためにクッキーを活用しようと思ったら、自分にあったものを選ぶことが大切です。市販されているダイエット用のクッキーはさまざまなものがありますが、大きく分けると食感がハードなものとソフトのものに二分できます。ハードなものは噛みごたえがあり、食事にかかる時間を無理なく長くできるのが魅力です。それに対してソフトなものは食べやすく、普通のお菓子としても利用しやすいのがメリットです。

食べ切れる量を購入しよう。

ダイエットクッキーは内容量が非常に多く、長期間減量したいという人に最適な食材です。しかし内容量が多すぎるものを購入すると、食べ切る前に賞味期限が過ぎてしまうので注意が必要です。期限切れするのがもったいなく、多く食べてしまうと反対に太ることに繋がるので気をつけましょう。

ハードタイプなら、ホオリイの豆乳おからクッキー。

ホオリイの豆乳おからクッキーは、食感がとても硬いのが大きな特徴です。一口目は奥歯で噛みしめないと割ることができないほどに硬いので、ハードタイプを利用したい人におすすめです。さらにホオリイは小麦粉を使用せずに、おからと豆乳をたっぷりと使用しているのも大きなポイントです。おからが胃の中でたっぷりを水分を吸収し、大きく膨張することで、4、5枚ほど食べるだけで無理なく満腹感を得ることが期待できます。コスパが非常にいいため、リーズナブルに減量したい人にも最適です。

ソフトタイプならカフェプリムラ。

反対に、ソフトタイプのクッキーでダイエットに挑戦したいなら、カフェプリムラを利用するようにしてみましょう。カフェプリムラの100%おからクッキーは、口の中に入れた瞬間、ホロホロと崩れ出すほど優しい食感が特徴です。口当たりがいいため、減量クッキーの利用が初めての人も、普通ものと同じ感覚で食べることができます。こちらも、おからが主原料なので、飲み物と一緒に食べることで満腹感が得られやすくなります。

簡単に手作りできるダイエットクッキーのレシピ

bake-baker-bakery-1251179

自作すれば、より楽しく減量できる。

クッキーダイエットは市販されているものを使うことで手軽にチャレンジできますが、自作することで、より楽しく取り込むことが期待できます。さらに自作をすれば減量費用をリーズナブルに抑えることができるうえに、味のバリエーションに変化が出るのが嬉しいポイントです。お菓子を作るのは難しくて失敗しそうというイメージがありますが、コツさえつかめば簡単におこなうことができるので、チェックしてみましょう。

基本の作り方を覚えよう。

まずはボールにバター30gを入れ、泡だて器でよく混ぜます。その後、砂糖20gを3回に分けて入れ、偏りがないように混ぜましょう。次に、別の器に卵2分の1個を割り、溶きます。それをボールに3回ほどに分けて入れ、おから50gを加えます。ボールの中身を充分に混ぜたら、ふるいわけた薄力粉100gとベーキングパウダー小さじ1杯を入れます。これらを混ぜ、ラップに包んだら、冷蔵庫に入れて30分ほど寝かせて冷やします。寝かし終えた生地を取り出し、直径3cmほどの棒状に伸ばしたら、約5mm間隔でカットしていきます。それらを170度にあたためたオーブンで15分ほど焼くと、ダイエットクッキーの完成です。

おすすめのアレンジ方法。

基本の自作クッキーでは砂糖をつかって甘みを加えていますが、ダイエット効果を高めたいと思ったら、この量を減らすのがポイントになってきます。砂糖のかわりにサツマイモやカボチャを加えれば、より減量に向いたメニューに仕上げることができます。さらに食物繊維もアップさせることができるので、ダイエット中になりやすい便秘改善にも効果的です。それとは別に、ココアパウダーを加えることでも食物繊維の量を高めることが期待できます。ココアパウダーを加えれば香りや味に変化がでますし、脂肪燃焼効果があると言われているポリフェノールも摂取できます。

美味しく食べてキレイに痩せよう!

減量中でも食事を楽しみたい。

ダイエットをするためには苦しい食事制限をしなくちゃいけないと思われがちです。確かに、体についた脂肪を燃焼させるためには、摂取カロリーを減らすことが大切ですが、無理な食事制限は栄養バランスを乱す元になります。必要な栄養素を充分に摂取できていなければ、脂肪と同時に筋肉量も少なくなり、体調不良を崩す要因になります。筋肉が少なければプロポーションが悪くなることも考えられます。これを予防しながら痩せるには、クッキーダイエットが非常に効果的です。クッキーダイエットは一食をクッキーに置き換えるだけなので、栄養バランスが乱れにくいからです。さらにクッキーそのものも美味しいため、楽しく食べて痩せられるのが魅力です。

さらに美味しく食べるコツ。

ダイエットクッキーを美味しく食べるためには、いくつかの種類をローテーションして利用するのがおすすめです。そうすることで味のバリエーションが増えるので、どれを食べようかと選ぶ楽しみが出てきます。さらにクッキーに含まれている栄養もそれぞれ違うので、栄養が偏るという心配もなくなるのがメリットです。ダイエットクッキーは主原料におからを利用しているものが多いです。このおからは、水分を加えることで満腹感が得られやすくなるので、飲み物を一緒に食べるように心がけましょう。野菜スムージーを一緒に食べれば、ビタミンやアミノ酸・ミネラルなども豊富に補充することができるので、ダイエット効果だけではなく美肌効果も期待できます。

運動も取り入れてみよう。

ダイエット効果を高めるためには、クッキーを食べつつ運動も取り入れてみるのがおすすめです。中でもストレッチは、運動が苦手な人もチャレンジしやすいうえに、小腹が空いた時におこなうことが、空腹感を紛らわすことができます。さらに朝にストレッチをおこなえば、脂肪を燃焼しやすい体質に整えること可能です。

まとめ

ダイエットを成功させるポイントは食事制限をすることですが、楽しむ取り組むことが非常に大切になってきます。クッキーダイエットは摂取カロリーを抑えられるのはもちろん、楽しくできるので高い人気を集めています。クッキーの種類も非常に多く、自分の好みのものを見つければ、より楽しく進めることが期待でき、無理なく痩せることが可能です。

bakery-baking-blur-1626666

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter