ダイエットしたいけれど、なかなか効果が出なくて悩んでいるという人もいるでしょう。そのような人におすすめなのがダ […]

posted on 2018.12.22

ダイエットしたいけれど、なかなか効果が出なくて悩んでいるという人もいるでしょう。そのような人におすすめなのがダイエットランキングでも人気の高いダイエットサプリを利用するという方法です。
一口にダイエットサプリといってもさまざまな種類がありますし、どれを選んだら良いのか迷ってしまうかもしれません。サプリメントは生活習慣や食生活に合わせて選ぶことが重要です。

サプリメントってそもそも何?

サプリメントとはどのようなものなのか
サプリメントというのは英語で「補う」という意味の言葉です。サプリメント先進国のアメリカでは法律により、ハーブやミネラル、ビタミン、アミノ酸などの栄養素を1種類以上含む製品として定められています。栄養補給のために使われるものですが、食品と医薬品の中間に位置するものとして定義されているのです。
しかし、日本では明確な定義などはありませんし、サプリメントは食品と同じように扱われています。サプリメントにはさまざまな原材料が使われており、外国では医薬品として扱われる原材料でも、日本では食品として扱われることもあります。ハーブ類は日本やアメリカでサプリメントとして扱われますが、ヨーロッパでは医薬品として扱われることも多いです。
サプリメントが注目されている理由
サプリメントは普段の食生活では不足しがちな栄養素を補うためのものです。食事から全ての栄養素が摂取できれば問題ないのですが、食生活の問題や食品自体の問題により、必要な栄養素を食事だけで補うことが難しくなってしまったのです。
もともと日本人は野菜や魚を積極的に摂取していました。しかし、現在では加工食品や肉中心の食生活に変わってきたため、栄養素が偏りやすくなってきたのです。
現代人がストレスを抱えやすいということも問題です。ストレスを全く感じずに生活することはできませんが、過度なストレスを感じると栄養素が消費されてしまいます。さらに、化学肥料や農薬の使用などにより、土地そのものの栄養が落ちており、その土地で作られた食物も栄養が少なくなっているのです。
サプリメントはアメリカで普及している
アメリカはサプリメント大国と呼ばれており、サプリメントがかなり普及しています。アメリカで作られたサプリメントを見かけたことがあるという人も多いでしょう。
なぜアメリカではここまでサプリメントが一般的なのかということですが、日本とは医療制度が異なっているためです。日本は保険に入っていればどこでも同じような医療を受けることができますし、費用は一部の負担で済みます。
しかし、アメリカでは国が運営する保険はないため、民間の保険会社を選んで加入する必要があります。加入していないと医療費が高額になってしまったり、必要な時に医療が受けられないこともあるのです。そのため日本よりも健康に関心がありますし、健康維持に対する意識が高いと言えるでしょう。


実はサプリメントには種類がたくさんある

medical-1905067_1920

サプリメントには種類がたくさんあります
一口にサプリメントといってもどれも同じというわけではありません。多くのメーカーからいろいろな種類のサプリメントが販売されていますが、役割や目的によって大きく3つに分類することができるのです。
ベースサプリメントは体に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸といった栄養素を補うための商品です。ビタミンといってもビタミンB1やビタミンB2など単体で販売されているものと、すべてのビタミンを含んでいるものがあります。
ヘルスサプリメントは健康や美容のために利用するものです。イソフラボンやローヤルゼリー、セサミンといった成分が使われていることが多く、女性からの人気も高いです。オプショナルサプリメントは体調不良を回復するための商品です。ウコンやマカ、ブルーベリー、グルコサミンなどが入っていることが多いです。
ベースサプリメントの働き
サプリメントを利用するなら食事からの栄養素をきちんと細胞内に取り込めるようにすることが大切です。ベースサプリメントで細胞膜の働きをサポートしましょう。細胞膜は細胞を区切るだけでなく、体に必要な酸素や栄養素を吸収する働きや老廃物の排泄といった働きもあります。細胞膜がきちんと健康な状態になることにより、サプリメントから取り入れた栄養素がしっかり吸収されるようになるのです。
さらに、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった成分を補給し、体質や症状に合ったヘルスサプリメントとベースサプリメントを選んでいくことがポイントです。成分と期待できる効果をきちんと確認して最適なサプリメントを見つけるようにしましょう。
複数の種類のサプリメントを利用する場合
サプリメントは食品に分類されており、医薬品のような副作用のリスクは少ないとされています。しかし、全く副作用が起こらないというわけではないので注意しましょう。安全にサプリメントを飲む時には成分をきちんと確認することが大切です。
サプリメントは基本的に併用しても問題ないと言われています。しかし、一度に多くの種類のサプリメントを摂取した場合、健康被害の可能性が高くなってしまいます。何種類か摂取している場合は同じ成分が重複してしまうこともあるので注意しましょう。体に良い成分であっても過剰摂取すると逆効果になってしまうことがありますし、体調不良の原因になってしまうこともあるのです。

サプリに書いてある「特定保健用食品」「栄養機能食品」とは?

book-close-up-cover-256161

特定保健用食品や栄養機能食品のサプリメント
最近では健康を意識する人が増えてきており、テレビや雑誌などでも食品の健康効果が取り上げられることが多くなってきています。健康で長生きするため、体に良いとされる食べ物を積極的に摂取したいという人も多いでしょう。しかし、実は健康食品には明確な定義がありません。健康の保持や増進に役立つとされる食品を健康食品と呼んでいるだけなのです。
サプリメントの中には特定保健用食品や栄養機能食品と書かれた商品もあります。これは国が定める安全性や有効性に関する基準を満たしたものであり、このような表示があると気になるかもしれません。特定保健用食品と栄養機能食品はそれぞれどのような制度なのか確認しておきましょう。
特定保健用食品のサプリメントとは
スーパーなどで特定保健用食品マークのついた商品を見かけたことのある人は多いかもしれません。そして、特定保健用食品のマークがついたものは健康に良いと認識している人は多いでしょう。
特定保健用食品と表示するためには商品ごとに表示許可手続きが必要となります。国に科学的根拠を示して保健効果の有効性や安全性の審査を受け、それに合格して初めて特定保健用食品と表示することができるのです。この表示があるサプリメントは消費者庁長官によって許可された商品であり、特定の効果が期待できると言えます。
特定保健用食品のサプリメントは製品中に健康に影響を与える成分が含まれており、その成分の効果が国によって認められている商品となります。そのため全く何も書かれていないサプリメントより信頼できると言えるでしょう。
栄養機能食品のサプリメントとは
栄養機能食品も特定保健用食品と同じように保健機能食品制度によって定められた商品です。しかし、特定保健用食品のように商品ごとに消費者庁長官の許可を受けているというわけではないのです。栄養機能食品には特定保健用食品のようなマークもありません。
現代は高齢化やライフスタイルの変化により、1日に必要な栄養素を十分に摂取できない人が増えてきています。栄養機能食品はそのような人に必要な栄養素を補給してもらうことを目的とした商品です。
1日の目安量に含まれる栄養素の量が国の定める規格基準に適合している場合、栄養機能食品としてその栄養成分の機能を表示することができます。ちなみに、栄養機能食品と表示されていても、栄養素がバランスよく含まれているとは限らないので注意しましょう。

ダイエットサプリはこう選ぼう

ダイエットサプリの選び方をチェック
ダイエットサプリはいろいろありますが、どれを選んでも同じというわけではありません。ただダイエットランキングで人気だからといった理由や安いからといった理由で選んでしまうと失敗することもあるので注意しましょう。
きちんとダイエットしたいなら体質や目的に合ったダイエットサプリを選ぶことが大切です。体質に合っていないサプリメントでは効果が出ないこともありますが、体質に合ったサプリメントを選ぶことにより、効率よく痩せることができるのです。
市販のダイエットサプリは大きくいくつかのタイプに分類することができます。糖質の吸収を抑えてくれるタイプや腸内環境を改善してくれるタイプ、食欲を抑えるタイプなどがあるため、年齢やライフスタイル、食生活に合わせて選んでいきましょう。
安全性の高いものを選ぶことも大切
ダイエットサプリは直接体内に取り入れるものですし、安全性についてもきちんと確認すべきと言えます。毎日摂取することになるため、できるだけ添加物の少ないダイエットサプリを選びましょう。成分だけで見分けるのは難しいと感じるかもしれません。しかし、香料や着色料などは栄養になりませんし、サプリメントには含まれていないことが望ましいです。
厳しい検査基準に準拠している工で場製造されているかどうかもポイントです。また、特定保健用食品や栄養機能食品の表示がついたものは一定の安全基準を見たいしているので安心です。
原材料の産地についても確認しておく必要があります。どこで作られているのかきちんと書かれているものなら安心できますが、書かれていないものは安い中国産の原材料を使っているのかもしれません。農薬などのリスクもあるため、安すぎる商品は避けた方が無難です。
サプリメントの形もチェック
ダイエットサプリにはさまざまな形状のものがあります。錠剤やカプセル、粉末、リキッドタイプなどがあるため、飲みやすいものを選んでいきましょう。ダイエットサプリは錠剤やカプセルタイプが多いです。このようなタイプは飲む量が分かりやすいですし、手間なく続けられることがポイントです。粒が大きいと飲み込みにくいこともあるため、大きさを確認してから選びましょう。
体を動かすことがメインの場合、粉末タイプのダイエットサプリもおすすめです。プロテインやビタミン、ミネラルなどが配合されたものも多いため、健康的なダイエットをサポートしてくれるでしょう。リキッドタイプは吸収率が高いことが特徴です。

ダイエットサプリはいつ飲めばいいの?

pill-3069032_1920

ダイエットサプリで痩せたいなら飲み方が大切
ダイエットランキングで人気のダイエットサプリを飲んでも効果がなかなか出ないという場合、飲み方が良くないのかもしれません。どんなに良い成分の入ったダイエットサプリでも、飲み方が悪いと効果が実感できないこともあるのです。
医薬品なら食前や食後に飲むといった決まりがあります。ドクターや薬剤師から飲むタイミングについては指導されますが、サプリメントは医薬品ではなく食品です。そのため飲むタイミングは明確には決まっていないのです。
しかし、サプリメントの吸収率を高めたいという場合、一般的に食事の後に摂取するのがおすすめです。食事と一緒に胃の中に入ることにより、空腹時に摂取するよりも消化吸収が良くなるのです。しかし、実は成分や目的によっては飲むタイミングを変えた方が良いこともあります。
糖質カット系のダイエットサプリの飲み方
糖質カット系ダイエットサプリは食事からの糖質の吸収を抑える効果があります。糖質の吸収率を抑えることにより、たくさん食べても太りにくくなります。痩せたいけど美味しいものは我慢したくないという人もいるでしょう。糖質カット系のダイエットサプリならそのような願いを叶えてくれます。
糖質カット系のダイエットサプリを飲む場合、食事の30分くらいまでに飲むのがおすすめです。せっかく糖分をカットしてくれるサプリメントなのに、食事の前以外のタイミングで飲んでもあまり意味がありません。カットする糖質がないのでその効果を発揮することができないでしょう。そのためいつも食べる前に飲むようにすることがポイントです。甘いものや高カロリーな食事を摂る前など、摂取するタイミングを決めておくのがおすすめです。
燃焼系のダイエットサプリの飲み方
燃焼系のダイエットサプリは脂肪の燃焼を高めるという効果が期待できます。食後などに飲んでも確かに効果はありますが、さらに効果を高めるためのポイントがあります。
燃焼系のダイエットサプリの効果を高めたいという場合、出勤や通学前、家事を始める前などに飲んでみるのがおすすめです。通勤や通学で歩く時や掃除をする時など、事前に飲んでおくことにより、普段と同じ行動をしていても脂肪を燃焼しやすくなります。
燃焼系のダイエットサプリの中にはカルニチンなどの燃焼成分が含まれているものもあります。脂肪の燃焼効率をサポートしてくれるため、運動前に摂取するのも良いでしょう。また、アミノ酸は運動効率のサポートだけでなく、疲労の改善や筋肉づくりのサポートをしてくれるため、運動後に摂取しても良いかもしれません。

まとめ

世の中にはさまざまなサプリメントがあります。健康や美容をサポートしてくれるものもありますし、ダイエット効果のあるサプリメントも人気となっています。
サプリメントの効果は人によって異なります。飲めば必ず痩せるわけではありませんが、飲むことで痩せやすい体質に改善することができます。目的に合ったサプリメントを選ぶことにより、ダイエットの成功に繋がるということです。

medical-1903114_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter