綺麗な体型を手に入れるためにも、普段から運動をしたり食事制限をしている方は非常に増えてきています。自分にぴった […]

posted on 2018.12.21

綺麗な体型を手に入れるためにも、普段から運動をしたり食事制限をしている方は非常に増えてきています。自分にぴったりのダイエット方法を見つけることが一番大切だとされ、これから本格的に痩身対策をしたいと思っている方は、数あるダイエットの中でもダイエットランキング上位の項目の中から自分にピッタリの方法を選ぶことがおすすめです。

21時以降に食事をしてもコツを守れば太らない!?

analogue-classic-clock-280264 (1)

食事制限や適度な運動を毎日きちんと続けることで、ダイエットを行っている方は非常に多くなってきていますが、芸能人の方がダイエットの方法として夕食は17~18時をめやすにとり、それ以降は食事を一切とらないといった方法をとることも有名になりました。特に21時以降に食事をするのは体に脂肪が付きやすくなる危険があるため、多くの方が21時以降の食事や間食をとることを抑えるようになっています。
しかし仕事の関係などで夜遅くに自宅に帰宅した場合、お腹がすいてしまって何か食べたいと思っても太るからといって食事を我慢してしまう方は多いです。しかし空腹の状態で眠ろうとしてもぐっすり睡眠をとることは難しいですし、冬場などは夕食をきちんととることで全身に血液が循環しやすくなり体が適度に温まるので、より質のよい眠りをとることができるようになることから、出来るだけ夕食を食べることは必要です。無理なダイエットを続けてしまうと、ストレスが蓄積しやすくなるので、かえって反動で爆食いをしてしまう危険もあるので、出来るだけ何か口に入れることが重要になります。
21時以降にどうしても食事をしたいと思った時に、どうしても食べてしまいがちなのがラーメンや揚げ物などの油分をたくさん使用している物です。ただ脂質や糖質などが多く含まれている物を眠る直前に食べてしまうのは、脂肪燃焼が十分に行われる前に体に吸収されるので、余計な脂肪などが体に付くデメリットがあります。
そこで21時以降でも安心して食事をすることが出来ることが可能で、少し食事をすることで満足感を得ることが出来るといわれているのが、具だくさんのお味噌汁やカップスープなどを利用する方法です。特にお味噌をたっぷり含んだお味噌汁は、大豆に含まれるイソフラボンなどのたんぱく質をたっぷり食べることが出来るので、女性に不足しがちな栄養素を効率よく取り入れることが出来ます。
またお味噌汁は野菜などをたっぷり入れても、ゆっくりゆでることでしんなりとしてたくさんのボリュームも手軽に食べることが出来ますし、噛みごたえがあるのでゆっくり食べるようにすると満腹中枢を刺激するので、満足感を得ることが出来るようになります。
スープやお味噌汁は飲むだけで満腹感が得られるので、どうしても食べたい時におすすめします。


コンビニ飯やコンビニおやつでもダイエットに失敗しない方法がある!?

コンビニで売っている食事やおやつはダイエットの大敵だと思っている方は非常に増えてきています。しかし近年ではカロリーや糖質制限を考えた健康食などが手軽にコンビニ食やおやつで賄うことが出来るとして非常に人気が高くなってきているのです。コンビニで売っているご飯というと、おにぎりやお惣菜パン、唐揚げや肉まんなどの非常に高カロリーのイメージが高い食べ物です。またおやつに関してもクリームをたっぷり使用したロールケーキや、季節のおやつなど非常に種類も豊富なので、普段からこのようなタイプの食事ばかりしていると、太ってしまうことは確実だとされています。
そこで注目してほしいのが、どのコンビニでも取り扱うことが非常に増えてきているサラダチキンの利用です。サラダチキンは鶏のむね肉を利用しており、既に調理と下味がついているのでそのまま食べてもいいですし、サラダの上に乗せたり、スープの具にしたりと様々な使用方法で利用することが出来るメリットがあります。サラダチキンは低糖質、低脂質、低カロリーとなっており、ダイエットをされている方にとっては強い味方である高たんぱく質なことも大きな特徴です。
価格もリーズナブルですし、プレーン味の他にもハーブ味やチーズ味、スモーク味など味の展開も非常に多くなっているので、毎日味に飽きること無く食べることが出来るように考えられています。また低糖質の食べ物としても注目されているのが、コンビニの焼き鳥やフランクフルトです。お肉に含まれている動物性たんぱく質なども手軽にとることが出来ますし、小腹がすいているときなども手軽に食事に取り入れることが出来る点も評価されています。
ゆで卵や卵焼きなども高たんぱく質で、低糖質の代表食材として人気が高くなっています。自宅で作ることができれば問題はありませんが、外出先であったり夜遅くに帰ってきて料理をするのが手間という方にはおすすめの食材です。また汁物などもダイエット中の方の強い味方になってくれます。汁物は適度に体を温めてくれる上に、満腹感を得ることが出来るので余計なものを食べてしまう食べ過ぎ予防を行いたいときなどに非常に便利です。
野菜やお肉がゴロゴロと入っているものや、春雨スープなども人気が高いです。
デザートが食べたいときにはカロリーゼロのゼリーなどを食べるとおやつも安心して食べることが可能になります。

食事ダイエットすると便秘になるらしい!?

adult-art-black-and-white-848447

ダイエットをする際に多くの方が行う方法として、ダイエットランキングでも上位に来ることが多いのがりんごやバナナ、納豆などを利用したダイエット方法です。この方法が人気の理由として、一つの食材を主に食事に取り入れることによってカロリー制限を手軽に行えることや、果物の場合は調理をする必要がなく皮を剥くだけで手軽に食べることが出来るメリットがあります。実際にダイエットランキングでも人気が高い方法ですが、実は正しい方法を続けないとかえって体に負担がかかったり、便秘になりやすくなるリスクが高くなる可能性があります。
まず便秘になってしまうと、多くの方は食物繊維が普段の食事に不足していることが原因だとイメージしがちです。そのため便秘を改善する方法として、サラダなどの野菜を主に食事に取り入れて、食物繊維を補給しようと考えます。しかしこの方法は非常に危険で、野菜ばかり食べる食生活は体に必要な栄養素を補給することが出来なかったり、余計に便秘が悪化してしまう危険があります。
そもそも便秘が進行する原因の一つが、運動不足による胃腸の動きが活発化していなかったり、適度な水分補給が出来ていないことにあります。女性が男性に比べて便秘になる人が多い特徴は、体のホルモンバランスの関係で、生理前などの時期は便秘になりやすくなることが影響しています。
食物繊維は便をスムーズに出す際に非常に重要な栄養素ですが、こればかり摂取しているとかえって便が硬くなってしまい便秘の症状が悪化してしまう危険があります。そのためバナナやりんご、サラダなどを利用したダイエット方法はかえって下半身太りの危険が増えてしまいます。このような状態にならないためにも、普段の食事制限も栄養バランスを考えて行いましょう。ダイエットをする際には、適度な油分をとることも重要で、便をスルッと出すためには適度な油分が必要不可欠ですし、毎日適度な水分補給をして便を柔らかくすることで、毎日お通じがくるようになり不要な老廃物を体に蓄積させないことが可能になります。
胃腸の動きを活発にさせるためには、まずは毎日ストレッチでもいいので軽い運動をする時間を作るようにすることが大切となり、時間がある方などは軽いウォーキングを行うことも効果的とも言われています。

食べなさすぎはかえって太る!?

ダイエットをする際に、極端に短期間で体重を落とそうとする方は、普段食べている食事量を減らしてカロリー制限を行うようになります。しかし今まで十分に栄養がある食事量をとっていた体が、食事量を減らしてしまうと栄養分が不足してしまう危険があります。また近年では〇〇だけを食べるといった単品ダイエットや、ヘルシーな食材をベースに食事に取り入れるして普段食べている三食の食事の摂取エネルギーを減らす方法に走りがちです。
しかし今までしっかり三食食べていた方が、極端に栄養バランスが崩れるような食事習慣に切り替えてしまうと、かえって太りやすい体質になってしまう危険があるといわれています。特に朝食は抜くようにしている方や、昼食はパンとコーヒーだけで軽く済ませてしまう方、短期間で痩せようとして絶食をしてしまう方は非常に危険なダイエット方法だということを把握しておきましょう。
まずダイエットをする上で食事だけでカロリー制限をしようとするのはダイエットには直接つながることは非常に低いです。偏った食事ばかりを続けていると、健康に過ごすために必要な体の栄養素が不足してしまい疲れやすくなったり、ちょっとしたことでもストレスを感じるようになり、常にイライラとした気分になりやすくなります。これは体が空腹になってしまっていることが大きく、体調の悪化にも影響を与えてしまう危険があるのです。
一般的に食事制限を行うと、体は栄養が不足することで危機感を感じてしまい、体の基礎代謝を下げてエネルギーを節約するようになります。そうなると食事制限を続けた体は、少量でも食事をすると体にはいってきたエネルギーを出来るだけ使用すること無く、脂肪として溜め込もうとする働きを持っています。
そのため無理に食事制限をした体は、少し食べるだけでも一気に太りやすくなる体質になる危険があるのです。基礎代謝がおちてしまうと運動をしても脂質が燃えにくい体になるという負のスパイラルにおちいりやすいので、ダイエットを行っても体重が増えてしまい過食症の症状を起こしてしまう方も増えてきています。このようなトラブルを起こさないためにも、まずは体のストレッチやエクササイズを行って筋肉をつけ、脂肪が燃焼しやすい体つくりを心がけるようにしましょう。

いくら食べてもOKの食事ダイエットがあるらしい?

dinner-food-meal-8313

食事を三食毎日きちんととることや、運動を続けて体の基礎代謝を向上させることはダイエットを行う上で非常に重要な要素と言われていますが、いくらバランスよく食事をとるべきとはいってもつい食べすぎてしまってはカロリー過多で太ってしまう恐れは十分になります。そこで普段の食事の中でどれだけ食べても太る心配がないといわれているマイナスカロリー食品を取り入れるようにする方法が注目されています。
この方法はカロリーが低い、もしくはゼロでありながら、エネルギー消費を高くしたり消化をスムーズにするといった様々な効果を与えることが出来るメリットがあるので、食べるだけでダイエットを行うことが出来るメリットがあることから非常に人気が高く鳴っているのです。マイナスカロリー食品の代表といわれているのが烏龍茶です。烏龍茶は水に比べてエネルギー消費が非常に高い飲料なので、食事中の飲み物として烏龍茶を利用すれば、一杯で約40キロカロリーのエネルギーを消費させることが出来ます。特に黒烏龍茶は脂肪の吸収を抑える役割も持っているので、ダイエット中の水分補給として飲む方は非常に増えています。
お味噌汁や煮物などでも使用する機会が多い、わかめや昆布といった海藻類も、低カロリーでありながら他の食べ物の消化や吸収をスムーズにして、さらにカロリーを要することが出来るので、マイナスカロリー食品として人気があります。普段ダイエットには野菜や果物などをたくさん取るようにしているという方は多いですが、野菜も果物ももちろんカロリーはあるので、食べる種類を選んで食事に入れるようにするだけでも高い効果が得られます。
特にセロリは消化することによって得られるカロリーよりも、消化するために必要とするカロリーのほうが多いため、食べた量よりも減る量が多いことから普段の食事に取り入れることで、痩せやすい体に整えることが出来ます。果物ではりんごが同じような働きを持っています。りんご自体のカロリーよりも消化カロリーの方が上回ります。整腸作用も非常に高いので食前にりんごを食べるようにすると、より脂肪の燃焼を助けることが出来るとして食べる十万も非常に重要になるとされます。
グレープフルーツは約90%が水分で出来ており、食物繊維やカトチン、ビタミン群などが豊富に含まれています。脂肪の燃焼や新陳代謝を向上させる香りがあり、香りをかくだけでもダイエット効果があるといわれているのです。

まとめ

普段から様々なダイエット方法があり、努力をしている方は増えてきていますが、自分の続けやすいダイエット方法を選ぶことやきちんと正しい方法を理解することが重要だと言われています。特に偏った食生活を続けたり、短期間で体重を落とそうとして食事量を減らすといった方法は、かえって太りやすくなる体質になる危険があるため、絶対に避ける必要があります。

agriculture-background-bell-pepper-1414651

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter