スキムミルクはダイエット食品として注目を集めており、興味を持っている人もいるでしょう。食事を抜いたり、置き換え […]

posted on 2018.12.21

スキムミルクはダイエット食品として注目を集めており、興味を持っている人もいるでしょう。食事を抜いたり、置き換えるのではなく、普段の食生活に取り入れるだけで手軽にダイエットできることがポイントです。カロリーが低いだけでなく、栄養価も高いのでダイエット中に最適な食品ということです。その効果やおすすめのダイエット方法をチェックしておきましょう。

スキムミルクとは?どんな栄養素が含まれているの!?

スキムミルクとはどのような食品なのか

スキムミルクとは牛乳から脂肪分と水分を除去し、粉末状にした食品です。脂肪分をメインにして作られるバターや生クリームとは異なり、脂肪分がほとんど含まれていないため、脂質を抑えて栄養を補うのに最適です。保存性が非常に高いことも特徴であり、長期間保存することができます。
さらに、牛乳のように味や匂いが気になるといったこともありませんし、牛乳が苦手な人でも飲みやすいとされています。また、加工品なのに牛乳よりも安いため、援助物資として使われることも多いです。戦後の学校給食でもよく出されていた食品ですが、当時のスキムミルクはバターや生クリームを作った時の残りで精製されていたため、あまり美味しくなかったと言われています。

カロリーが少なくてもタンパク質は多い

スキムミルクの栄養素とカロリーをチェックしてみましょう。コップ1杯分で考えた場合、スキムミルクのカロリーは71キロカロリーとなります。牛乳は134キロカロリーであり、牛乳の約半分のカロリーになっています。脂質は牛乳だとコップ1杯で7.6グラムですが、スキムミルクはたった0.12グラムです。脂質が少ないこともこの食品の大きな魅力と言えるでしょう。
スキムミルクはカロリーが少なくても牛乳と同じくらいのタンパク質が含まれています。タンパク質は肉や魚に多く含まれている栄養素ですが、筋肉を作ってくれるのでダイエットには欠かせないものです。筋肉は脂肪を燃焼する場所ですし、健康的に痩せたいならしっかりタンパク質を補っていきましょう。また、スキムミルクに含まれるタンパク質はゆっくり吸収されることも特徴です。
カルシウムもしっかり含まれています
スキムミルクはカルシウムも牛乳と同じくらい含まれています。カルシウムは骨を丈夫にする栄養素ですが、精神を安定させるといった効果もあるということです。ダイエット中はカルシウムが不足しやすいため、しっかり補っていくことが大切です。カルシウムが不足するとイライラしやすくなりますし、ダイエットが成功しにくくなってしまいます。
また、カルシウム自体にもダイエット効果があると言われています。脂肪を吸収する時には消化液の胆汁が重要な働きをしていますが、カルシウムは胆汁の中の成分と結合することが特徴です。それによって小腸から脂肪が吸収されなくなるということです。


スキムミルクがダイエットに良い理由

beach-beautiful-beauty-825904

スキムミルクはなぜダイエットに良いのか

スキムミルクにはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。赤ちゃんがミルクだけで育つことを考えれば分かりますが、非常に栄養価の優れた完全食品の一つと言われています。そのためダイエット中に不足しやすい栄養素を効率よく補うことができるでしょう。
同じ量の牛乳と比べると脂質はゼロに近いですし、カルシウムとタンパク質の量はほとんど同じです。そして、カロリーは牛乳の約半分となっているため、ダイエット中でも安心して飲むことができるでしょう。また、粉末の中には栄養が凝縮されているため、大量に摂取する必要もありません。牛乳が苦手な人は毎日飲むのが大変かもしれませんが、スキムミルクなら手軽に栄養補給ができるということです。

食べ過ぎを防いで痩せやすい体質に

スキムミルクにはラクトースという乳糖が含まれています。ラクトースには水を含むと膨張するという性質があるため、体内に吸収されると腹持ちが良くなるのです。ダイエットをしているとお腹が空くという人や間食してしまうという人にもおすすめの食品です。
スキムミルクは低脂肪で高タンパクな食品であり、脂質を抑えながら筋肉の材料となるタンパク質はしっかり摂取することができます。良質なタンパク質を摂取することで筋肉に栄養が行き渡りますし、基礎代謝がアップすることで痩せやすい体質になるでしょう。タンパク質には体の材料となる必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は分解されてアミノ酸になる時にエネルギーが必要となるため、タンパク質を摂取すれば効率よく痩せることができるのです。

脂肪がつきにくい体になる

スキムミルクには豊富なビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は脂質や糖質の代謝に大きく関わっており、体内に吸収された脂質をエネルギーに変換しています。また、糖質を脂質に変えることで体に蓄積されるのを防ぐことができますし、ビタミンAやビタミンDなどの吸収にも関わっていきます。
脂質の過剰摂取は肥満の原因となりますが、脂質は全く必要ないというわけではありません。脂質が不足した場合、体の細胞や皮膚に影響が出てしまうこともあるので注意しましょう。スキムミルクで必要な分だけを取り込み、正常な働きを促すことにより、脂肪のつきにくい体になっていくということです。この食品はカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれていますし、筋肉や体全体の細胞の働きをスムーズにしてくれるでしょう。

スキムミルクダイエット①牛乳の代わりに使う

スキムミルクは牛乳の代わりに使える

スキムミルクは牛乳から脂肪分を抜いて水分を飛ばしたものであり、水を混ぜることでその代わりに使うこともできます。100mlの牛乳が10gのスキムミルクに相当すると言われており、レシピを変えても特に問題はありません。長所であるカルシウムやタンパク質といった成分はそのまま含まれているため、代わりに飲むことで栄養を摂取することもできます。
また、脂質分は抜かれているため、スキムミルクの方がカロリーが低いこともダイエットにおすすめの理由です。水で溶かして飲むとほんのりとした甘みがありますが、コクや濃厚さはありません。口あたりは普通の牛乳を薄めたような感じでさらっとしています。料理や飲み物にスキムミルクを使ってコクを出したい場合、バターを少量加えてみると良いでしょう。

スキムミルクを使う時のポイント

牛乳の代わりにスキムミルクを使う場合、水分量に注意が必要です。牛乳は最初から水分を含んでいるため、水分を含まないスキムミルクを代わりに使うなら水の量も調整することになるでしょう。スキムミルク10gに水90gを足したものが牛乳100mlと同じであると考えることができます。代わりにスキムミルクを使ってもできあがりの味についてはほとんど変わりません。
何か料理を作る時にも便利ですが、普段飲んでいる牛乳をスキムミルクに変えるだけでもダイエット効果が期待できます。それだけで摂取カロリーを半分にカットすることができるのです。栄養素はそのままでカロリーだけを抑えることができるため、毎日飲む習慣がある人におすすめです。

コーヒーや紅茶に入れるのも良い

コーヒーは好きだけどブラックは飲めないのでミルクを入れているという人もいるかもしれません。そのような人におすすめなのがコーヒーにスキムミルクを入れるという方法です。牛乳の代わりに使うだけなので簡単ですし、毎日続けることができるでしょう。
紅茶が好きな人には紅茶にスキムミルクを入れるという方法がおすすめです。普通のミルクティーよりもカロリーを抑えることができますし、味についても変わりません。朝食はシリアルに牛乳をかけて食べるという人もいるでしょう。そのような場合も水で溶かしたスキムミルクを使ってみると良いかもしれません。

スキムミルクダイエット②ヨーグルトと混ぜる

berries-berry-blackberries-128865

ヨーグルトに混ぜて食べる方法

栄養をしっかり摂取しつつ朝食は簡単に済ませたいという場合、スキムミルクにヨーグルトを混ぜて食べると良いでしょう。スキムミルクとヨーグルトはどちらも乳製品ですが、組み合わせることでさらにダイエット効果がアップするのです。
スキムミルクとは牛乳から作られたものであり、牛乳の水分と脂肪分が除去された食品です。牛乳のカルシウムやタンパク質はそのまま含まれており、ダイエットの邪魔になる脂肪が含まれていないのでダイエットに最適と言えるでしょう。ダイエット中には食事制限を行うことが多いですし、カルシウムやタンパク質が不足しやすいと言われています。スキムミルクにヨーグルトを混ぜることにより、この2つの栄養素を手軽に摂取できることがポイントです。

ヨーグルトに混ぜる方法をチェック

この2つの組み合わせは普段から便秘に悩んでいる人やカルシウム不足が気になる人にもおすすめです。プレーンヨーグルト200gにスキムミルクを大さじ2~3杯程度加えてよく混ぜましょう。その後ラップをして室温で半日~1日程度置いておきます。時間を置くことで乳酸菌の発酵を促すということです。時間がないときはそのまま食べても良いのですが、すぐには馴染まないため、ある程度時間を置いた方が美味しくなります。
ちなみに、スキムミルクには糖質が含まれているため、砂糖を加えるのは良くありません。甘味が欲しいなら果物を入れるのがおすすめです。そうすることで美味しく続けることができますし、果実の栄養も一緒に摂取することができます。

乳酸菌の効果でダイエットできる

腸の働きが弱いと内臓脂肪が蓄積されやすくなります。ヨーグルトには乳酸菌が含まれているため、腸内環境を改善して善玉菌を活性化させる効果が期待できるでしょう。腸の働きが良くなれば内臓脂肪が蓄積されにくくなりますし、ダイエット効果も期待できるということです。
乳酸菌は普通にヨーグルトを食べるだけでも摂取することができます。しかし、スキムミルクを混ぜることにより、再発酵させて乳酸菌の量を増やすことができるのです。乳酸菌の量が増えれば腸内の善玉菌も増えますし、ダイエットにより効果を発揮してくれるでしょう。ヨーグルトなら朝食や間食に手軽に食べることができますし、続けやすいことがポイントです。

まだまだある!スキムミルクダイエットのレシピ

baked-beverage-biscuit-1493372 (1)

ココアに混ぜると代謝がアップする

ココアとスキムミルクをしっかり混ぜ、お湯を少しずつ入れていきましょう。後は砂糖やハチミツで甘さを調整すれば完成となります。このレシピは火を使わないので簡単に作ることができますし、健康にも良い効果が期待できます。ココアは太りそうなイメージがあるかもしれませんが、純ココアを使えば1杯あたり61キロカロリーなので心配ありません。
また、ココアに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があるため、代謝を高めてダイエットをサポートしてくれるでしょう。甘くて美味しいので間食にも最適です。スキムミルクは溶かす時に固まりやすいという人もいますが、事前に混ぜてから使うことにより、固まってしまうのを防ぐことができます。また、熱いものに加えるのではなく、常温の状態で加えてから加熱する方法や少量の水で溶いてから使うという方法もあります。

甘いものが食べたいならゼリーがおすすめ

ダイエット中でも甘いものを食べたくなることはあるでしょう。食べたいものを我慢しすぎるとストレスになってしまうため、我慢しすぎるのは良くありません。甘いものが食べたい時にはスキムミルクを使った寒天ゼリーを作ってみるのがおすすめです。
水を入れた鍋に粉寒天を入れて混ぜ、沸騰したタイミングで火を止めましょう。水とスキムミルク、ハチミツを入れたら型に注ぎ、冷蔵庫で冷やして完成となります。スキムミルクを使うことでカロリーを大幅に減らすことができます。ゼリーを甘くしたい場合、砂糖よりもハチミツを使うのがおすすめです。ハチミツなら砂糖よりもカロリーを低く抑えることができます。しかし、ハチミツでも使い過ぎると逆に摂取エネルギーが高くなってしまうことがあるため、使う量には注意しましょう。

手軽に作れて美味しいレシピがたくさんある

トマトスムージーも美味しいのでおすすめのレシピです。トマトを一口大に切りミキサーにスキムミルクと水を入れましょう。滑らかになるまで混ざったら完成です。朝食などにスキムミルク単体で飲む代わりに作ってみると良いでしょう。スムージーにすることで満足感がアップしますし、トマトの栄養素も摂取することができます。
ミルク味噌汁は作った味噌汁にスキムミルクを溶かすだけのレシピです。味噌汁にスキムミルクを溶かすことでまろやかな味わいになりますし、野菜などの栄養素を摂取しながらカルシウムも補うことができます。スキムミルクを使った野菜スープもおすすめです。牛乳を使う場合は水分量が気になりますが、スキムミルクなら粉末なので手軽に料理に使うことができるでしょう。

まとめ

スキムミルクはカロリーや脂肪分が牛乳よりも低いため、ダイエットに最適な食品と言われています。普段飲んでいる牛乳をそのまま置き換えることはもちろん、シチューなど牛乳を使う料理に入れてみても良いでしょう。満腹効果も得やすいですし、朝食や間食として利用するのもおすすめです。さまざまなレシピがあるため、簡単なものから試してみると良いかもしれません。

drink-liquid-milk-66917

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter