メタボという事で体脂肪が多い事で健康診断で指摘されて悩んでいる方は多いと言われています。 特に内臓脂肪が付きや […]

posted on 2018.12.14

メタボという事で体脂肪が多い事で健康診断で指摘されて悩んでいる方は多いと言われています。

特に内臓脂肪が付きやすい男性はメタボになりやすいのですが、単に体重を減らすという事ではなくいかない体脂肪を減らす事が出来るかがポイントとなる事もあります。

どうすればスリムになれるかを参考にして、ぜひ生活習慣から変えていきましょう。

そもそもメタボになる原因とは?

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

メタボとはそもそも何を指すのか

何となくメタボという言葉を使っていて、イメージはできるけれどその定義がイマイチわからないという方もいるのではないでしょうか。

具体的には男性ですとウエストが85センチを超えている場合を指します。

この数値は身長や年齢に関係していないため、厳密ではないかもしれませんが比較的内臓脂肪が付きやすい男性はメタボ傾向も高いと言われています。

内臓脂肪は内臓の周りにある脂肪のことで、女性の場合は皮下脂肪と言って内臓脂肪よりも外側についている脂肪が増えてしまう事が多いです。

これは代謝の影響もありますし、腹筋が少なく代謝も低い女性は皮下脂肪の方が付きやすいという傾向が見られます。

メタボの最大の原因とは何か?

メタボになってしまう原因は生活習慣です。

毎日の生活習慣で、必ず太るために何かしてしまっているのです。

たとえば食事が1番大きな要因と言えますが、脂質の高い物や糖質の高いものを時間に関係なく食べてしまっていたり、摂取カロリーが消費カロリーを上回るという事が一番の原因です。

消費カロリーの方が摂取カロリーよりも少なかったり同じぐらいであれば太る事はないのです。

そのため、メタボの方は食べ過ぎてしまっていたり高脂質で高糖質、さらに高カロリーのものを食べているという事が言えるでしょう。

間食の回数が多い事もあげられますし、外食やコンビニ弁当に頼った生活をしている方は、これに当てはまりやすいです。

冷えというのも原因になります

女性の場合には、男性よりも筋肉が少なく便秘をしがちで、これがダイエットにも実は大きな影響が出ていると言われています。

代謝が落ちている事で、脂肪は燃焼しづらくなりますし、ダイエットをする上でも効率が非常に悪いです。

運動をほとんどしていない方に多くみられます

メタボになる原因は食事だけではありません。

もう一つの要素としては運動不足が挙げられます。運動をすることで代謝アップにもつながりますし、エネルギーを消費する事になりますので、それをしていないとしているとでは全く体型的にも違いが出てくるでしょう。

意識をして運動をしていく事でダイエットも減量だけではなく体質改善をすることもできて痩せやすい体質にしていく事も可能です。ぜひ取り入れていきましょう。


メタボさんのダイエットは普通のダイエットとココが違う

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

メタボさんのダイエットはまず代謝をあげることから

ダイエットというと、自己流で行う方の多くは食事制限から入る事が多いです。

もちろん消費カロリーを摂取カロリーよりも増やせれば体重にもすぐに変化が出てきますし、食べる量を減らせばそれは体重計に乗った時に比較的簡単に効果を実感出来ます。

しかし重要なのは体脂肪を減らしていく事なのです。

見た目的にはそこまでふとっていないけれど、皮下脂肪や内臓脂肪がある隠れ肥満になっている方も実は今多く、それを改善するためには代謝を上げて体脂肪を燃やしやすい状態にしていく事が求められます。

代謝を上げていくために1番重要なのは筋肉です。筋肉を付ける事で血流も良くなり体温があがり、脂肪も燃えやすい状態になります。

セルライトを除去していく事も重要

セルライトというのは、脂肪と老廃物の固まりのことです。

これはぼこぼことしていて見た目的にも良い物ではありませんし、このセルライトが有る事で代謝が落ちる原因にもなりますので除去していきたいものです。

一度出来てしまったセルライトはなかなか自力ではなくすことができないため、中には脂肪吸引という施術を美容外科クリニックで受けるという方法も行っている方がいます。

しかしリスクも大きいですし、エステサロンで行うダイエット方法でもあるエンダモロジーやキャビテーションといった機械を使った方法もありますのでおすすめです。

切らない脂肪吸引とも言われていますし、脂肪を溶解して老廃物として流す効果が期待できますので、セルライトを減らして脂肪燃焼子かを高めていきましょう。

食事制限だけではどうしても難しいダイエット

メタボさんの場合には、単に体重を落とすという事だけに着目していてはいけません。

重要なのは体脂肪を減らす事ですので、そのためには運動も取り入れていく必要が出てきます。

食事を制限しても、体重は比較的簡単に落とせたとしても筋肉から減ってしまうデメリットが生じます。

この筋肉が減ってしまう事は、体脂肪率には変化が出ないどころか冷えて太りやすい体質になってしまうという事につながってしまいますので、筋肉運動と有酸素運動もうまく取り入れて体質を改善していくことが求められます。

ダイエットでは食事と運動のバランスが重要です。

減量ダイエットを成功させるコツ①食事は「野菜」と「食物繊維」が大切

便秘はダイエットの天敵です

ダイエットをすることを考える上で、女性に多い悩みでもある便秘を改善していくことはとても重要な要素です。

女性は腹筋も男性と比較して少ないですし、ただでさえ代謝が下がっていて便秘になりやすくそれによって老廃物が溜まってしまのです。

老廃物が溜まればそれを流すリンパの流れも悪くなり、その周りにある脂肪と結合してセルライトという強敵が出来てしまうので要注意です。

便秘になりづらい食生活を心がけていく事が大事です。

そのためにはとにかく食物繊維を意識して摂取するようにしましょう。

食物繊維は芋類やプルーン、またきのこや海藻や野菜にも多く含まれていますので積極的に毎日の食事に取り入れていくことが大事です。

便秘薬を常用していると、薬慣れしてしまいどんどん飲む量も増やさなければならず身体にも良くありません。

日々の食事にも気を付けていく事がオススメです。

野菜は低カロリーで栄養も豊富

ダイエットを成功させるためには、カロリーを考えていく食生活も重要です。

その際高カロリーな物では摂取カロリーと消費カロリーのバランスが悪くなってしまう事も想定されますが、野菜は比較的カロリーが少なくそれでいてビタミンやカルシウムなどの様々な栄養素が含まれていますので、身体にも優しくメリットは大きいです。

バランス良く摂取していく事でダイエット効果もより高めていく事が出来ます。調理法もいろいろありますので、飽きずに続けていく事が出来るでしょう。

酵素を積極的に取る事もおすすめ

今注目されている酵素ドリンクというものには、野菜や果物から抽出された酵素が沢山含まれています。

酵素には消化を高める働きもあり、脂肪をため込みづらくする効果も期待出来ます。

老廃物が溜まってしまう原因には、便秘も有りますし酵素ドリンクを飲む事でその働きを向上させて便秘にも効果が期待出来るので、栄養の面でもメリットがありますので取り入れてみる事をお勧めします。

ダイエット方法の一つとして、酵素ドリンクダイエットといって置き換えて使う方法もありますし、胃腸の働きをリセットさせる効能も期待出来るので試してみると良いでしょう。

多くの美容家やモデルなどもチャレンジして成功していることでも話題になっていますので試す価値ありです。

減量ダイエットを成功させるコツ②筋トレよりもウォーキングをしよう

09439fd5ddb860e1cc53ce8072130f67_s

メタボさんはまずウォーキングから始める事がおすすめ

メタボさんのの多くは、普段の生活習慣の中に運動という項目が完全にない方も少なくありません。

普段から定期的にジムに通ったり週末は野球やヨガをするという事で組み込んでいるのであればそえだけでも違うのですが、とにかく運動嫌いで何もしていないという方も多い傾向が見られます。

運動をしたいけれど苦手意識が強く、ハードな筋トレやきつい運動は続かないと最初からあきらめるのであれば、楽に始められる負担の少ない物からチャレンジしてみる事をお勧めします。

その代表的なものがウォーキングです。

歩くだけなら道具も必要ありませんし、息が切れるぐらい激しい運動というわけではないので始めやすいのではないでしょうか。

おすすめなのは電車通勤をされている方であれば、一駅か2駅分歩くという方法です。

出勤時でも帰宅時でも良いので、そういった方法を取り入れていく事で運動する習慣をつけていく事が出来ますのでお勧めです。

ダイエット効果のあるウォーキング方法とは

脂肪燃焼効果がある有酸素運動には、ウォーキングも含まれます。

しかしただゆっくりもたもた歩いていてもあまり効果はありません。

出来れば心拍数は年齢などによっても異なりますが100を超えるぐらいで20~30分以上というのが理想です。イメージでいうと、軽く汗ばむぐらいで少し息が切れるぐらいです。

大股で歩けばふくらはぎの筋肉も沢山使う事が出来ます。

ふくらはぎの筋肉を動かす事で全身に血流がいきわたるようになりますので、代謝を上げるという事でも効果が期待出来ます。

筋トレは苦手だしハードな運動はしたくないけれどダイエットはしたいと思っている方は、気軽に始められるウォーキングからスタートし、このような方法でとりくんでいく事をお勧めします。

毎日コツコツ続けることが大事

今日は頑張ろうと思って運動をしたとしても、頑張ったご褒美にちょっと我慢していたスイーツを食べてしまおうとなったらあまり意味がありません。

もちろんたまにはそういった甘やかしも必要ですが、運動する事を日常生活の一つになるように習慣化することがまず先決です。

通勤時や帰宅時に歩く、また朝活として散歩がてら歩くと言った方法は、体質改善にもつながりますのでお勧めです。

原料ダイエットを成功させるコツ③停滞期の過ごし方

ダイエットをしている方なら誰にでも訪れる停滞期

ダイエットに取り組んでいて、最初はスムーズに体重が減少してきたけれど有る時急に体重が全く変動しなくなった、もしくは少し増えてしまうと言ったことも起こるかもしれません。

これは停滞期というもので、ほとんどの方が悩んでしまうものです。

ここで我慢して続けていくか挫折してしまうかで、ダイエットは成功するか失敗に終わるかの分かれ道とも言われています。

がんばっていて毎日体重計に乗っていても成果が出ないとモチベーションも落ちてしまいそうになりますが、だれにでも訪れる停滞期なのだと思って乗り切りましょう。

まずストレス解消法をきちんと用意しておくこと

メタボさんが行うダイエットには、ストレス解消法も必要です。

今までの生活習慣ではなかった食生活や運動を取り入れたダイエットをしているとなれば、ストレスも当然かかります。

太るためのトレーニングを辞めれば良いという専門家もいますが、実際には今まで食べていた物を我慢したり、運動をすることになりますので我慢はどうしてもかかってくるのです。

そこでストレスを上手く逃すためのストレス解消法は何かしらあった方が良いでしょう。

友達と話したりカラオケに行ったり、ウィンドウショッピングをすること、また映画を見たり何でも良いのです。

自分にとって楽しいと思える事を探しておきましょう。

しかしそこで食べるという事をストレス解消法に入れてしまいますとドカ食いに発展してしまう事もあるので要注意です。

相談出来る人がいると安心

誰でも不安な時に相談できる人がいると安心できるものです。

大丈夫と言ってくれる人が近くにいると、それだけでモチベーションにつながる事もあります。同じ目標を持っている友達がいたり、応援してくれる家族がいると心強いものですし、相談してみるのも良いでしょう。

とにかく焦らない事が大事

停滞期はダイエットをしていれば誰にでもくるものです。

メタボ率が高い方ほど最初に効果が出やすく、停滞期に悩む傾向が見られます。しかしここで焦ってしまって無理をするとストレスもかかるだけではなく、身体にも影響が出てきてしまう事が有るので要注意です。

とにかく焦らずに自分のペースでゆっくり進めていく事が停滞期を乗り越えるコツです。

まとめ

ダイエットというと、単に体重を落とせばよいと思っている方もいるかもしれません。

しかし実際のダイエットはいかに体脂肪を落とすことが出来るかという事とも言われています。

メタボさんは体脂肪が多いこともありますし、有効な方法を取り入れて効率よく行っていきましょう。

食事制限だけではリバウンドもしやすいので要注意です。

4e35aca54f9bd6c77a3e8dfe038a1425_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter