自由で思い思いのままに過ごせる一人暮らし。ですが、ダイエットにフォーカスを当ててみると、一人暮らしは太ってしま […]

posted on 2018.11.30

自由で思い思いのままに過ごせる一人暮らし。ですが、ダイエットにフォーカスを当ててみると、一人暮らしは太ってしまうリスクが意外にも多く隠されていることがさまざまなメディアで報告されています。

一人暮らしをはじめてから体質やライフスタイルが変わり、太りやすくなってしまったと悩むみなさんに、自由な生活のまま、痩せやすくなる秘訣をここで一挙にご紹介しますね!

一人暮らしが太るのはなぜ?

woman-with-a-sign-in-the-face-with-a-question-mark_1134-555

それでははじめに、一人暮らしをしていると、太りやすくなってしまう原因、ダイエットに成功しても、リバウンドしてしまうことが多い理由についてチェックしてみましょう!

一人暮らしで太ってしまう原因を知ると、今までの食事法やライフスタイル、運動法などの見直しができるようになり、あなた自身のウィークポイントを把握できるメリットがありますよ。

食事の時間が不規則になっているため

実家で誰かと暮らしていると、多くは母親が食事の準備を行うことがオーソドックスですよね。それは、食事をとる時間帯が、母親によって決められていて、ある程度決まった時間に安定しています。

ですが、一人暮らしの場合は、家の中のさまざまなことを、自分一人でこなさなければならないため、食事をする時間帯が不規則になってしまうことが多いのです。

食事をとる時間が決まっていないと、遅くに食べてしまうこともままあり、その分消費できるエネルギー量が少なかったり、摂取するカロリーが多すぎてしまったりと、太りやすく痩せにくくなってしまうのです。

食事内容の栄養バランスの乱れによるもの

実家で母親が作ってくれる食事は、それなりにバランスやカロリー、量が整っていることが多いですよね。

家の中のことを何もかもひとりでこなさなければならない一人暮らしは、忙しいこともあって、なかなか毎日の食事の栄養バランスを整えることが難しくなってしまいます。

ときには、外食が続いたり、身近なマーケットやコンビニエンスストアで手軽に、リースナブルに購入できる、出来合いのお弁当や加工食品ばかりを食べてしまうことが続くと、その分栄養バランスが乱れて太りやすくなってしまうのです。

一人暮らしは間食が多くなるため

一人暮らしをしていると、自由なスタイルを満喫しすぎてしまうことから、気持ちもゆるみがちになってしまいます。

話し相手がいないことで、やることが見つからなく、ヒマを持て余してしまうことがあるので、その分間食をしすぎてしまうことにもつながります。

一人暮らしは、間食をしすぎてしまうことに対して、注意したり、ダイエットにおけるアドバイスを受けることが難しい場合もあります。

そのため、気付くと何かを口にするようになり、自然に一日に摂取されるカロリーが増えてしまって、太ることにつながってしまうのです。

朝食を抜いてしまうことが多いため

一人暮らしをしていると、ついつい夜更かしをしてしまうこと、ありませんか?夜更かしは、朝起きれないことにつながり、ぎりぎりの時間まで睡眠をむさぼってしまいます。

すると、朝食をとることが自ずと難しくなります。朝食を食べないことは、一日に摂取されるカロリーやエネルギーの消費に役立つ、といったイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、実はこの認識は大きな間違いなんです。

朝食を食べないことは、ダイエット研究からも、太りやすくなってしまうことがデータ化され、昼食までに空腹感が大きくなってしまいます。

昼食に、朝食までの量を一気に食べてしまうと、いつもよりもカロリーの摂取が大きくなったり、空腹によるドカ食いで、血糖値が急激に上昇し、太りやすく痩せにくくなってしまうのです。


 一人暮らしは冷蔵庫の中身に注意!

two-cans-for-drink_1268-114

一人暮らしの冷蔵庫、実は、この冷蔵庫はあなた自身のカラダそのものを表す、わかりやすいバロメーターでもあるんです。

冷蔵庫の中に入っている食品や飲料は、食べることで体内に入り、カラダを形成していきます。そのため、冷蔵庫の中身をしっかりと把握していないと、好きなモノを好きなだけ食べてしまい、栄養バランスの乱れやダイエットの失敗につながります。

ここでは、一人暮らしの冷蔵庫で、太ってしまう典型的な例をわかりやすくご紹介しますね。

見やすい・取りやすい場所にスイーツがある…。

スイーツは、もともと高カロリーで、脂肪に変わりやすい糖質そのもので作られています。冷蔵庫を開けた時に、このようなダイエットに大敵のスイーツが置いてあると、見やすさや取りやすさで手に取ることが多くなったり、追加で買ったり、いつもその位置にないと、不安になってしまうことまであります。

一人暮らしでも痩せやすい体質にシフトするためには、スイーツを冷蔵庫の見やすい、取りやすい場所に置かないことがポイントです。

手軽な調味料が揃っている…。

かけるだけでどんな食品も美味しくなる、焼き肉のタレやドレッシングは、油分ばかりではなく意外にも糖質も多く含まれています。

高カロリーで糖質が多い調味料がストックされていると、食事のたびに使うことになるため、本来の食品のカロリーがどんどん高くなってしまうのです。

ゼロカロリーのドリンクを常備している…。

ゼロカロリーのドリンクは、確かにカロリーがなくて太りにくいイメージを、多くの人が持っていると思います。

ですが、ゼロカロリードリンク・食品であっても、代謝を落としてカラダの内側に脂肪を溜めこんでしまう、人工甘味料がたっぷりと使われているので、ときにはダイエットの大敵になってしまうことがあります。

一人暮らしは意識と知識に注意!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

一人暮らしは、毎日の食事の栄養バランスが乱れて、痩せやすくなるという情報もあるのですが、太ってしまうリスクの方が高いといわれているんです。

ここでは、一人暮らしでもダイエットに成功しやすい体質、意識へと整えるためのチェックポイントをまとめてみました!

ストレスを溜めない・発散できる環境づくり!

ストレスを抱えてしまうと、満腹ホルモンよりも空腹のホルモンが優位に立ち、食べることでメンタル面の不快な部分を解消しようとし、太ってしまうことにつながります。

ストレスを溜めないことは、メンタル面の安定にもつながり、ホルモンバランスが安定化するため、一人暮らしの自宅で楽しめる、食べること以外の趣味をたくさん取り入れてみましょう。

自炊のススメ!

一人暮らしは、思い思いのままにキッチンを使えて、楽しみながら料理ができるメリットがあります。特にダイエットを意識したヘルシーなレシピは、頭とカラダを使うことが多い分、無理なくエネルギーを消費できるメリットが魅力!

さらに、一人暮らしでお料理を作るときは、できるだけ節約しようという意識が大きくなるので、自然に作る量も減り、結果的に食べる量も減らしていくことができます。

お酒の量を減らしてみよう!

一人暮らしは、ときに孤独を感じることが多く、お酒を飲むことも増えてしまいます。適量のアルコールであればストレス解消にも役立つのですが、ダラダラと長い時間をかけてお酒を飲んでしまうと、摂取されるカロリーも大きくなったり、おつまみが欲しくなってさらにカロリーを摂取してしまうという負のスパイラルにはまってしまいます。

買い置きをできるだけ控えてみよう!

わたしたちが良く利用している、身近なマーケットやコンビニエンスストアは、買い置きできる食品の宝庫でもあります。

買い置きできる食品は、栄養バランスが整っていなかったり、満腹感だけをサポートしているので、カロリーや糖質がとても高いのです。

そんな食品を自宅にストックしてしまうと、ダイエットレシピを作るモチベーションが乱され、手軽に食べてしまうことにつながるので、できるだけ控えていくことを意識しましょう。

一人暮らしは時間とお金の使い方に注意!

analogue-classic-clock-280264

つづいては、一人暮らしでもダイエットに成功しやすいライフスタイルに整えるための、時間とお金の使い方について把握していきましょう!

時間にメリハリをつける!

一人暮らしをしていると、どうしてもダラダラと過ごす時間が多くなってしまいます。ダイエットを意識しているときは、ダラダラしてついつい食べてしまう時間をできるだけなくし、自宅の中でも何かしらの行動を起こすようにしましょう。

何気ない家事であっても、カラダを大きく動かすエクササイズの効果が期待できますので、ダラダラする時間と動き回る時間のバランス配分を見直してみましょう。

コンビニ食はお金がかかる!

コンビニ食は、一人暮らしをしている人にとっては手軽なものの、高額で高カロリー、糖質も多いという、デメリットがたくさん…。

ついつい当てにしてしまうコンビニエンスストアですが、毎日通ってしまうとその分かかるコストも大きくなってしまいます。

太りやすい食品にお金をかけてしまうのは、本当にもったいないですし、デメリットだらけ!もし、自宅の近くにコンビニエンスストアしかない場合は、徐々にラインナップが増えてきている、糖質カットに特化したロカボ食品をチョイスしてみましょう!

一人暮らしは運動不足に注意!

705924d3d0e19c5a8ee06e3289d6aa7f_s

最後に、一人暮らしによる運動不足のリスク、気楽にトライできる手軽なエクササイズについてチェックしてみましょう!

運動不足のリスクとは…!?

一人暮らしでは、慢性化してしまう運動不足。家事をしながらカラダを動かすこと、エレベーターよりも階段を使ってみること、といったはじめは無理のない範囲で、日ごろの運動不足を解消していきましょう。

運動不足のリスクは、

  • ①カラダの代謝が低下し、摂取したカロリーを消化しきれずに太りやすくなる。
  • ②カラダが疲れやすくなり、疲れがなかなか取れなくなる。
  • ③少しの動きであっても、息切れや息苦しさを感じることが…。
  • ④カラダ全体のめぐりが不安定になり、冷えやむくみが起きやすくなる。
  • ⑤冷えによって抵抗力が低下…。様々な病気になりやすくなる。
  • ⑥カラダ全体の脂肪を支えきれなくなり、ヒザや腰の痛みに悩まされることも…。

といった、本当にたくさんの悪い影響が提示されています。たかが運動不足、されど運動不足!一人暮らしでのダイエットを成功させるために、どれほどにトレーニングをすることが大切か、このリスクと合わせながら認識してみましょう。

一人暮らしでもカンタン!自宅でできるエクササイズ~その場ジョギング~

  • ①好きなテレビを見たり、気持ちが明るくなる音楽をかけます。
  • ②自宅で好きな位置をキープし、そのままつま先立ちでランニングをするようにその場で走り続けます。
  • ③1~2分を目安にその場ジョギングを続けて、30秒立ったままで休みましょう。
  • ④ここまでの、①~③までのステップを、一日2~3回、食後欠かさずに行いましょう!

人気テレビ番組のダイエット特集でも、ドクターが推奨したことで話題になったその場ジョギング。カラダ全体を大きく、細かく動かすエクササイズになるため、とてもやりがいがあり、続けるほどにカラダとココロにも心地よさを感じることができます。

その場ジョギングを毎日、2~3セット実践している人の中には、1年で15㎏ものウエイトダウンに成功したという驚きの報告が!

場所を取らず、用意する道具などの必要もまったくないので、一人暮らしの運動不足解消には、もってこいのエクササイズとなっています。

カラダ全体の引き締め効果はもちろん、

  • ①血管を若々しく!血液サラサラ
  • ②発汗作用でお肌にツヤが!
  • ③むくみや疲れの解消にも!
  • ④続けやすくて楽しい気持ちになれる!

といった、ココロとカラダの健康にアプローチできるメリットもたくさん隠されているんですよ☆

一人暮らしでも痩せやすい体質になろう!~おわりに~

beautiful-blonde-clear-sky-378148

一人暮らしでも、いつもバランスの取れたボディラインを維持している人は、

  • ①一人暮らしが太りやすくなるデメリットがあることを知っている
  • ②栄養バランスのとれた食事を用意することに時間をかけている
  • ③運動不足のリスクを理解し、できるだけカラダを動かすようにしている
  • ④ダラダラした生活をメリハリのある毎日に変える意識を持っている

といったところがあり、一人暮らしで太りやすい人とはまるで逆のことをしていることがわかりますね♪一人暮らしでも痩せやすくなるためには、毎日のライフスタイルの見直しが肝心!

今からでも遅くはないので、自分を見つめなおす機会をさっそく作ってみましょう☆

beautiful-girl-mirror-211024

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter