ダイエット中はカロリー制限をしなければならないので、高カロリーの甘いデザートは注意が必要です。ダイエットのため […]

posted on 2018.11.30

ダイエット中はカロリー制限をしなければならないので、高カロリーの甘いデザートは注意が必要です。ダイエットのための運動や食事制限を続けることは非常に大切です。かといって修行僧の如く禁欲的な生活を続けると、ストレスが溜まってダイエットに挫折してしまう原因になってしまいます。食事制限に悪影響を及ぼさない範囲で、適度な“ガス抜き”ができるデザートの食べ方・選び方をご紹介します。

デザートを食べるおすすめのタイミング

arrows-background-black-and-white-745365

デザートを食べると、食事以外にカロリーを摂取してしまう恐れがあります。それでも糖質が脂肪に変化しにくいようなタイミングを上手に選ぶことで、肥満につながらないようにすることは可能です。摂取した糖質が脂肪に変化する前に燃焼させてしまえば良いのです。人間の体は時間帯によってエネルギーの消費量(代謝)が変化するので、代謝がしやすい時間帯であれば甘いお菓子を食べてもすぐに燃焼させることができるでしょう。

デザートを食べるのにおすすめの時間帯とは?

体が活発に活動する時間帯は、その人のライフスタイルによって違いあります。朝に起床して昼間に活動して夜間に睡眠をとるという一般的な生活パターンであれば、朝(午前中)と夕方の時間帯に体温が高くなって多くのエネルギーを消費します。朝食の時と、15時~16時の時間帯であれば、デザートを食べても体に蓄えられずに燃焼する可能性が高いです。
午前中は活発に活動をするので、朝に食べた物は燃焼されやすいです。夕方は1日の中で最も体温が高いことから、脂肪が燃焼されやすいと考えられています。主婦であれば午前中に洗濯・掃除・買い物などの力仕事をしますし、夕方は夕食の準備で忙しくなります。
夕食前に少量の間食をすれば夕食前の空腹感が緩和されて、ご飯(炭水化物)の食べ過ぎを防いでくれるかもしれません。ストレス解消のためにダイエット中にお菓子を食べたい方は、朝か夕方の時間を選ぶようにしましょう。

デザートを避けた方がよい時間帯とは?

代謝が活発でない時間帯は摂取したエネルギーが燃焼されずに脂肪の形で体に蓄えられてしまうので、ダイエット中は特に注意が必要です。ダイエット中にデザートを食べるのを避けるべき時間帯とは、昼食と夕食の直後です。お昼過ぎ頃の時間帯は一時的に代謝が低くなってエネルギーの消費量が減るので、お昼休みに眠気を感じる方が多いのではないでしょうか。夕食後は活発に体を動かすことなく就寝するので、燃焼されずに脂肪に変化して蓄積される可能性が高くなります。夕食後にデザートを食べる習慣がある方は、朝か夕食前の時間帯にずらすことができるでしょう。
昼食と夕食は摂取したエネルギーが脂肪に変化して体に蓄えられる恐れがあるので、食事の量も控えめにしておくことをおすすめします。


ダイエット中のデザート選びのポイント

abstract-art-artificial-1061581

ダイエット中で食事制限中の方でも、カロリーが控えめであればデザートを食べることができます。一般的にデザートに使用される食材はクリーム(脂質)や砂糖・小麦粉(炭水化物)などが多く、これらは高カロリーで肥満の原因となってしまいます。ただしタイミングに注意をしていても、カロリーの過剰摂取は禁物です。ダイエット中のストレス解消や夕食前の空腹感を満たすために食べるデザートを選びのポイントは、肥満につながりにくいお菓子を上手に選ぶことが大切です。女性の方であれば1日に消費するカロリーの1割以内(200kcal以下)に抑えれば、間食をしても問題ありません。

低カロリーのお菓子

ダイエット中は間食も含めて、トータルで摂取するカロリーの制限をしなければなりません。カロリー制限をしつつデザートを食べる場合には、ダイエット用に開発された低カロリーの食品を活用することができます。豆乳・おから・豆腐などのように、低カロリーで高タンパクの食材を使用したケーキやクッキーなどが販売されています。こんにゃく・寒天などを使用したゼリーや、ナッツ類などもおすすめです。夏であれば、トコロテンやコンニャクゼリーで空腹感を満たすことができます。
一般的に小麦粉は炭水化物なのでカロリーが高いのですが、全粒粉やライ麦は体に吸収されにくいという性質があります。そのため、全粒粉やライ麦100%のパンやお菓子を選ぶこともできます。
以外に思えるかもしれませんが、グミも低カロリーのお菓子のひとつです。何回も噛むことで少量でも満腹感が得られるからです。

ダイエットに役立つ食材

カロリーが高めの食材であっても体の代謝を高める効果が期待できる食材であれば、少量を食べることができるかもしれません。乳酸菌は腸の調子を整える働きがあることで有名ですが、内臓脂肪を落とす効果がある可能性があると言われています。ヨーグルトには多くの乳酸菌が含まれていますし、脂肪分がゼロなのでダイエット中の間食におすすめです。ヨーグルトに砂糖を入れなければ、カロリーが低いという利点もあります。
チョコレートに含まれるカカオには血行を促進する作用があり、少量のカカオを摂取すると代謝を高められる可能性があります。チョコレートは脂の塊なので高カロリーですが、カカオが70%以上含まれる高カカオチョコレートを利用した「チョコレートダイエット」が注目を集めています。少量の高カカオチョコレートを夕方に食べておけば空腹感を満たすことができ、夕食の食べ過ぎを防ぐことができるかもしれません。

コンビニで買えるおすすめデザート3選

忙しい方は近所のコンビニを利用してお菓子やお惣菜を購入する機会が多いかもしれません。コンビニで販売されている食品の中には高カロリーでダイエットに悪影響を及ぼす物が多いのですが、中には低カロリーで空腹感を満たせるお菓子もあります。近所のコンビニで手軽に購入ができてダイエット中の間食に向いているデザートをいくつかご紹介します。

スイーツ系デザートの紹介

甘い物を食べたい方に一番おすすめの商品は、ローソンで販売されている「UchiCafe’SWEETSプレミアムこぶりっちシュー」です。この商品は1個単位で販売されている小さめのシュークリームですが、生地にタピオカデンプンが使用されていてしっかりした食感が味わえます。中に入っているカスタードクリームにはバニラビーンズが多く含まれていて、濃厚な味わいでカロリーが低めに抑えられています。このシュークリームは1個あたり142kcalで、1個であれば200kcalの範囲内に収まります。この商品は、ダイエット中にどうしても甘い洋菓子を食べたい方におすすめです。1個入りの小袋で販売されているので、1個だけを購入すれば誘惑に負けて2個以上を食べてしまうのを防ぐことができます。

甘くないお菓子の紹介

甘いお菓子が好きではない方であれば、夕食前などに甘くないおやつを食べることで空腹を満たすことができるでしょう。空腹感を満たしたい方は、セブンプレミアムの「ミックスナッツ」がおすすめです。この商品は1袋に83gのミックスナッツが入っていて、エネルギーは525kcalです。1袋を1度に全部食べると200kcalをオーバーしてしまいますが、ナッツの場合は噛むことで満腹感を感じやすいので少量でも満足できます。1袋を3回以上に分けて食べるようにすればカロリーオーバーになりません。ナッツ類は糖質が少なくて不飽和脂肪酸を多く含んでいるため、ダイエットに向いている食材といわれています。
セブンプレミアムの「茎わかめ」も低カロリーで満腹感を感じることができるので、ダイエット中のおやつにおすすめです。シャキシャキの食感と酸味のワカメがダイエット中の空腹を満たしてくれます。「茎わかめ」の1袋あたりのカロリーは約30kcalなので、食事制限の方におすすめです。

手作りのおすすめデザートレシピ5選

blur-breakfast-calories-290348

ダイエット用のデザートをお店で購入することができますが、種類が限られています。食べたいデザートが販売されていなければ、自分で作る方法があります。自分で料理をすれば砂糖や小麦粉の量を調節することができますし、自分が好きなお菓子が食べられるというメリットがあります。スイーツ系のデザートを料理する場合には、低カロリーで栄養価が高い豆乳・ヨーグルトやカロリーゼロの甘味料を使用することができます。

クリーム系のデザート

クリームや卵のかわりにヨーグルトや豆乳を使用してカロリーを抑えることができます。
ヨーグルトを使用した「ミックスベリーヨーグルトパフェ」をご紹介します。材料は好みの果物(ブルーベリーやラズベリー・苺など)、低脂肪のプレーンヨーグルト・シナモン・蜂蜜・シリアルです。作り方は、ヨーグルトに蜂蜜を加えて少量のシナモンを振りかけます。果物を軽く潰しておき、食感が残る程度にしておきましょう。ヨーグルト・果物・シリアル・ヨーグルトの順番で重ねたら完成です。
次に豆乳を使用した「豆乳プリン」をご紹介します。材料は豆乳200cc・粉ゼラチン3g・氷水・砂糖25g・牛乳50cc・黒蜜40gです。大さじ1杯の氷水にゼラチンを溶かしておきましょう。鍋に豆乳と砂糖を入れて加熱して溶かし、ゼラチンを鍋に入れて沸騰させないようにして溶かします。加熱をやめて鍋に牛乳を加えてとろみが出るまでゆっくりと混ぜ、冷蔵庫に入れて固めます。最後に黒蜜をかけて完成です。

超簡単なデザートレシピ

「低カロリーのポテトチップス」をご紹介します。ジャガイモを皮つきの状態で薄くスライスして水で洗い、クッキングペーパの上に並べて塩を振りかけます。600Wの電子レンジで約4分間加熱すればポテトチップスが完成です。
夏にぴったりの「スイカのグラニテ」をご紹介します。材料はカットしたスイカ300g・レモン果汁・蜂蜜です。種を取ったスイカをミキサーにかけてから冷凍庫でシャーベット状にします。容器に移してお子に見合わせてレモン果汁・砂糖・蜂蜜などで味付けをしたら完成です。
最後にティラミスのような「豆腐スイーツ」をご紹介します。材料は絹ごし豆腐(80g)と、市販のつぶあん・きなこ・すり黒胡麻を各大さじ1程度です。お豆腐をお皿にのせて、つぶあん・きなこ・すり黒胡麻を豆腐にかけたら完成です。

デザートを食べてストレスを溜めずにダイエットを続けよう

ダイエットは単に目先の体重を減らすことではありません。基礎代謝を上げることで余分な脂肪を減らし、カロリーの摂りすぎを防いで健康な体系を維持することです。脂肪は燃焼しにくいという性質があるので、ダイエットを成功させるためには長期間にわたり運動や食事制限を続けることが大切です。
体質が変化するまでに長い時間がかかりますし、筋肉をつけて代謝を高めた後に本格的に脂肪を燃焼させる必要があります。筋肉をつけるまでに2~3ヶ月もの期間がかかり、脂肪が減るまでにはさらに長い時間がかかるからです。基礎代謝を上げて脂肪を燃焼させる間は、食事制限を続けなければなりません。

ダイエットに失敗する原因とは

ダイエット中は、長期間にわたり運動をしたり食事制限を続けなければなりません。体を動かすことが好きでない人や食べることが大好きな方であれば、運動や食事制限は非常に大きなストレスとなってしまいます。ダイエットが失敗する原因の多くは、ストレスを解消するために食事制限を続けることができずに挫折してしまうことです。特に食べることが好きな方であれば、間食を多く食べることでストレスを解消するケースが多いのです。
ダイエットを成功させる秘訣は、運動や食事制限のストレスを上手に解消しながら続けることです。自分なりにストレスを解消する方法を身につけることができれば、減量に成功した後にリバウンドをするのを防ぐことができます。

上手にデザートを活用してストレスを解消しよう

ダイエット中は多かれ少なかれストレスを感じるので、上手に“ガス抜き”をすることがダイエットを成功させるためのコツです。空腹感のストレスを食事以外の方法で解消することは難しいので、低カロリーで太りにくいデザートを上手に活用すると良いでしょう。少量のデザートや間食で空腹感を満たすことができれば、トータルで摂取するカロリーを減らすことができるかもしれません。
ダイエット中はカロリー制限や運動をしなければなりませんが、禁欲的でストレスが溜まる生活をしないようにすることも大切です。これからダイエットを始める方は、ストレス解消のためにデザートを食べることも計画に含めておくと良いでしょう。デザートや間食も含めて食事のカロリーを計算すれば、カロリーオーバーを防げます。

まとめ

高カロリーのデザートはダイエットに禁物ですが、過度にストレスが溜まる生活を続けると途中で挫折してしまう恐れがあります。ダイエット中のストレスを解消するために、デザートを上手に活用することができます。食べるタイミングや食材を選ぶことで、肥満を防ぎつつ空腹感によるストレスを解消することができるからです。

berries-blackberries-breakfast-698857

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter