ダイエットをするならたくさん水を飲んだ方がいいという話を聞いた人は多いでしょう。モデルや女優などの職業の人も毎 […]

posted on 2018.11.30

ダイエットをするならたくさん水を飲んだ方がいいという話を聞いた人は多いでしょう。モデルや女優などの職業の人も毎日多くの水を飲んでいます。けれども、なぜ痩せるのかということを知っている人は意外と少ないです。また、ダイエットのやり方などを詳しく知ることで効果的に痩せる方法をしっておくと安心して行うことができます。

水を飲むことによって得られる効果

clean-clear-cold-416528

水を飲むと体の中で起こること。

喉がかわけば水を飲むのが普通ですが、飲んだ後体の中ではどのようなことがおきているのでしょうか。体温よりも低い温度の水が体内に入ると、温度を戻そうとして基礎代謝が上がります。1日のうちにこまめに飲むことで、代謝を上げ続けることが可能になります。人間の体は60~70%が水分ですが、実は多くの日本人は季節を問わず水分が足りない状態です。すると血液の流れが悪くなり、ドロドロの状態になってしまいます。老廃物を排出することもできにくい状態ですが、きちんと水を飲むことで血流は改善し、排出させようという力が働くので尿や便として体外に悪いものや不要なものが出ていきます。つまりデトックスの効果があるということです。

ダイエットと水の関係とは。

水をたくさん飲むとむくみが心配という人もいます。むくみというのは水分の摂りすぎではなく、塩分の摂りすぎが原因です。体の中に蓄えてしまうと、結果的に太く見えてしまいますが、きちんと水分と老廃物を一緒に流せば痩せることが可能です。水は0カロリーなので飲んでも太ることはありません。食事などで濃い味付けが好きな場合や、お菓子などを食べ過ぎていないかといった面で塩分の量を考えてみるいい機会です。夕方になると足が重く感じたり、靴下の跡が残ってしまう場合は食生活を見直してみましょう。

体には欠かせないものです。

生きる上で水は欠かすことができません。汗として体温を調節する以外にも、内臓など様々な部位で使われているからです。のどが渇いたと感じるころには、体は軽い脱水状態になっています。すぐに飲めば問題はありませんが、仕事中などで我慢しているとどんどん症状は進行してしまいます。夏は暑く、熱中症もあるので意識をして飲む人が多いですが、冬になるとそれほど飲まなくなってしまい傾向があります。
しかし、冬は空気が乾燥し、暖房などもついていて思っているよりも体は乾いている状態です。こまめに飲むことで、体の中を潤すだけでなく細胞の代謝や血液の流れなどにも良い影響を与えることができます。痩せるという美容目的はもちろんですが、健康のためにも必要なものです。意識して飲む用にするとダイエットだけでなく健康にも働きかけ、体の内側から毎日の生活が変わっていくことでしょう。


水ダイエットのやり方

水ダイエットのやり方を説明します。

水を飲むだけでダイエットになるというのは、簡単なように見えます。基本的には水を意識して飲むというだけですが、飲む量など細かい点を知っておくといいでしょう。2リットルを1日に飲めばいいという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、自分の体重の4%を目安にするのがおすすめです。例として体重が55キロであれば、2.2リットルの水を毎日飲むということです。日頃あまり飲む習慣がなく、4%がつらいという場合は3%から始めます。
できればペットボトルなどに入れて持ち歩くと、いつでもどこでも飲むことができます。ダイエット中はお腹がすくこともありますが、水分でお腹を満たせば食欲をごまかすことが可能です。1度にたくさん飲むよりは、回数を分けて少量を少しずつ飲むのがおすすめです。

飲み方の工夫をしましょう。

こまめに飲むのは面倒だから、1リットルを一気に朝飲めばいいと思う人もいるかもしれません。けれども、この方法は体にとって良くありません。一時的に体内の水分量が増えるために、ミネラルなどが減って中毒症状が起きることがあるからです。一気に飲むのではなく、何度もこまめに飲む習慣をつければそれほど難しいことではないのが分かります。ダイエット中は口さみしいと感じることもありますので、そのたびに飲んでも問題はありません。

痩せるために飲むタイミングが大切です。

ダイエットのために飲んでいると、いつ飲めばいいのか分からなくなってしまうことがあります。まず、起床時というのは体が乾燥しているのでコップ1杯の水を飲みましょう。血液やリンパの流れも改善することができます。食事の30分前にも飲んでおくと、満腹を感じやすくダイエットに効果的です。汗をかきやすい運動の前後や、入浴の前にも意識して飲むようにします。
仕事をしている時も、つい熱中してしまいますが、トイレに席を立った際などには意識して飲む用にすると痩せる近道です。ダイエットとしては飲むだけなので手軽ですが、あまり頻繁に飲む習慣がないと、慣れるまでは煩わしく感じてしまうかもしれません。せっかく痩せるのなら健康的に痩せたいと多くの人が思います。水ダイエットは過度な運動や食事制限のない体に優しく健康的なダイエット方法で、多くの人が結果を出していることが分かります。

水ダイエットをするときの注意点

飲む物に気を付けましょう。

水ばかり飲んでいると飽きてしまうから、コーヒーやジュースなどでもいいのかと思う人は多いです。しかし、コーヒーなどではこのダイエット方法は行うことができません。コーヒーや緑茶、紅茶などは飲む人も多いですが、カフェインが多く含まれています。カフェインは体を冷やす作用とともに、利尿作用といって尿として体外に排出する働きがあり、体内は乾燥してしまいます。
ジュースやお砂糖を入れた紅茶などもカロリーがあるだけでなく、糖分が多く含まれているのでダイエットには向きません。痩せるためには飲まないようにするのがいいのですが、付き合いなどで飲まなければいけない状態もあるでしょう。そのような場合は、ジュースなどを飲んだら水を飲んでリセットすることが大切です。

飲むときの温度にも注意が必要です。

夏などの暑い時は、冷たいものを一気に飲むと気持ちがいいです。しかし、ダイエットのためには冷たい温度は避けるべきです。体が冷えてしまい、血行が悪くなるのが原因です。痩せるために飲んでいるのに、体が冷えてしまうと逆効果です。常温にしておくと体にもやさしく、内臓の負担なく飲むことができます。
冷えなどが心配な時は、1度沸騰させたお湯を冷ましておくのがおすすめです。白湯をタンブラーなどに入れて持ち歩けば、冷たくなることもないです。飲み物は冷蔵庫に入れて保存する家庭が多いですが、痩せるためのものは冷蔵庫に入れるのではなく常温で保存することがポイントです。ペットボトルなどはすぐに飲めるように、棚や机の上に置いておきましょう。

水にも種類があることを知っていますか。

日本の水道水は軟水と呼ばれ、そのまま飲むことができます。ダイエットに向いているのはヨーロッパなどで多く飲まれている硬水がいいと言われています。ミネラルを多く含むのが特徴で、痩せる効果も高いからです。ただ、日ごろ飲まない硬水をいきなり飲んでしまうと体に合わないことが多いです。おなかを壊してしまうこともあるので、まずはいつも飲んでいる水から始めるのがおすすめです。
ミネラルウォーターの方がいいと思われるかもしれませんが、塩素のにおいが気にならなければ水道水で問題ありません。クセなどもありますので、自分が飲みやすいと思ったものを継続的に飲む用にすることの方が大切です。

水ダイエットを効果的にする方法

access-cellphone-computer-811587

ペットボトルなどの活用

せっかくダイエットするのであれば、効果的に痩せたいと思うでしょう。水ダイエットの場合は他の方法と比較すると我慢する点がなく、ストレスがないのが大きなメリットです。時間的な余裕もあるので、常温のお水はペットボトルやタンブラーに入れて持ち歩くと効果的です。自動販売機などでも買う事ができますが、多くの場合冷たくなっていてそのままでは飲みにくいからです。コンビニなどでも冷蔵されていますし、出かけた先で常温のものを探すのは難しいです。
毎日持ち歩く習慣があれば、いつでもどこでも飲むことができるだけでなく、気が付いたタイミングで飲めます。最近はかわいいデザインのものも販売されていますので、自分の好みに合わせて買うのもおすすめです。

ウォーキングとの両立

飲むだけで簡単なダイエットですが、代謝を向上させるためにもウォーキングなどと併用するとさらに効果を実感しやすくなります。いきなりランニングなどを始めると、膝を痛めてしまうこともありますので歩くだけで構いません。いつもより少し速めに歩くようにするだけで、体に負荷をかけることができます。のどが渇いたと思う前に飲むようにして、手でボトルなどを持ったまま歩いたり、リュックなどに入れていつでも取り出せる状態にするのがおすすめです。
歩くことで消費カロリーを増やせるのでダイエットに効果的なだけでなく、代謝を上げることができるので帰宅してからも体があたたかいなど痩せるための条件が整います。

自分がどれだけ飲んだのかの確認

コップなどに入れて飲んでいると、自分がどれだけの量を飲んだのかという点が分かりにくいです。そこで、ペットボトルやタンブラーの量を確認して、そこから飲んでいくようにすると1日で飲んだ量が分かります。自宅にいる時であれば、2リットルのペットボトルを用意して今どの程度飲んでいるのかをチェックできます。タンブラーなどは物によって入る量が異なりますので、事前に確認しておきましょう。
こうすることで、自分が飲んだ量が客観的に分かるようになります。慣れてくれば、タンブラーの量やコップの量から調べなくても必要量が分かるようになりますので、はじめだけ確認する習慣をつけるのがおすすめです。実際に飲んでみると健康管理にも役立ちます。

正しい飲み方で水を飲めばダイエットできる!

正しい飲み方をマスターしましょう。

飲食をしている時は、なんとなく飲んでいるという人が多いですが、ダイエットのために正しい飲み方をマスターしましょう。コップに入ったものを1度で飲み切るというようなことは、のどが渇いていると行ってしまいがちですが実はよい飲み方ではありません。正しい飲み方は250mlほどのコップを6~8回に分けて飲むという方法です。意外とこまめに分けなければいけないことが分かります。一気に飲めるから自分は大丈夫だと勝手に思い込んでしまうと、内臓に負担がかかってしまいます。
必ず分けて飲むようにして、大きなコップを使っている場合は小さなものに変えても構いません。自分がこまめに飲めるような環境を作ることも大切です。

自分の体の状態を知ることが大切です。

喉が渇いた時というのは、体がすでに軽い脱水状態になっているときです。すぐに飲めば問題ありませんが、そのまま放置することは危険です。朝起きたばかりは人間は誰でも脱水状態です。起きたらトイレに行くと言う人は多いですが、水を飲むという人は少数です。起床時や入浴の前後など、気づかないうちに体が乾いているというのは意外と多くあります。自分の体の状態を知ることで、効果的にダイエットをすることができます。
のどが渇いたから飲むのではなく、乾く前に飲むのがポイントです。その際にはゆっくりと味わうように飲みましょう。1度に大量の水分をとってしまうと、体のミネラル分が下がるため中毒症状を引き起こしてしまうからです。

ダイエットの成功のために必要なこと。

正しい飲み方で水を飲んでも、痩せないということがあります。それは生活習慣が変わってしまったためです。水を飲んでいるから食べても大丈夫と思い込んで、いつも以上にお菓子や食事をとっていることがあります。運動する分には問題がありませんが、摂取カロリーが増えるようなことがあれば体重は増えてしまうでしょう。
せっかくダイエットをすると決めたのであれば、意識は高く持つようにします。無理な食事制限をする必要はありませんが、お菓子をたくさん食べたり、夜遅くまで飲み歩いているような生活ではせっかくの効果も発揮できなくなってしまいます。痩せるために必要なことは、水を飲むことだけでなく、生活習慣を改善することがとても大切になります。

まとめ

close-up-drink-drinking-glass-1346155 (1)

水ダイエットはモデルや女優など多くの人が実践し、効果をあげてきたダイエット方法です。常温の水を体重の4%ほど飲むという分かりやすい方法ですが、コーヒーやジュースなどは避けましょう。毎日継続することで代謝が上がり、老廃物を体外に排出することから痩せやすい体にすることができます。起床時などは脱水しているので意識して飲むようにしましょう。

drink-drinking-female-1458671

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter