ダイエットが成功するかは飲み物で決まると言っても過言ではありません。ダイエットをする場合、食事抜きにすれば短期 […]

posted on 2018.12.03

ダイエットが成功するかは飲み物で決まると言っても過言ではありません。ダイエットをする場合、食事抜きにすれば短期間でぐっと体重を落とすことが可能ですが、水分は取らないと生死にかかわってしまうので、水分は絶対に摂取しなければいけないでしょう。ですから、良い飲み物を紹介するダイエットランキングなども参考にしましょう。

ダイエット中の飲み物は「カロリー」に注意!

ダイエット中は空腹を満たすために、できるだけ腹持ちの良い飲み物で空腹を紛わそうとする人も少なくありません。ですが、飲み物にもカロリーはありますから飲み過ぎは注意ですし、全くのゼロである水以外はきちんと栄養はあるのだと意識していったほうが良いでしょう。お茶や無糖のコーヒーも一見カロリーはないように思えますし、ドリンクのパッケージにもゼロと書かれていることがほとんどですが、それは10パーセントにも満たないあまりにも少ないものなので、あえて記載されていないというだけです。ですから水以外の飲み物は大量に飲み続けることで摂取をしてしまうので、全くカロリーを取っていないという状態にはならないので注意が必要です。しかしながら基本的にお茶やコーヒーも何も足していないストレートのものであればほんの少しなので安心です。ダイエット中で神経質にならなければいけないのは高カロリーになりがちな果物ジュース、ミルク入りの飲み物等です。特に牛乳は脂肪分も栄養もありますが太りやすいので要注意です。そうした別の部分も気を付けましょう。


痩せる飲み物は「配合成分」に注目すべし

ダイエット中はできるだけ痩せる飲み物に注目しなければなりませんが、探すなら配合成分に注目する必要があります。カロリーはゼロでも、配合成分に太る要素が含まれているということが多いからです。そして注目するのがカロリーゼロ成分の物ですが、こうしたカロリーゼロ、砂糖不使用の製品というのは一見太らなさそうで、実は人工甘味料が使われていることで、逆に脂肪をつけやすくなってしまうということがあります。ですから砂糖不使用でカロリーゼロだからといって安心しないようにもすることが大事です。また、成分表示を見て甘さ控えめでも、砂糖が多く含まれているものは避けましょう。成分表示は多く含まれている成分順に記載されているものですから、飲んでみて甘くないものでも脂肪分や砂糖、乳化剤などが多く含まれていたら良い物とは言えません。なので痩せる飲み物はできるだけ含まれている成分はシンプルなものを選ぶのが好ましいです。無糖のお茶、お水、白湯などが好ましいですが、そういったものが飽きてきたなら、できるだけ体に良い成分のものを少し飲みましょう。

ダイエット中の飲み物はこう飲もう

breakfast-1869717_1920

飲み物は完全に不要なものが含まれていないお水や白湯が良いですが、できるだけ体を冷やさないように暖かいものを飲むことが必要です。どんなに効率の良いダイエットを行ったとしても体が冷えてしまっては効率よく脂肪を落とすこともできませんし、代謝も悪くしてしまうからです。冷えはダイエットの大敵ですから、飲み物は暖かいものにしましょう。ですが白湯などはカロリーを気にせずに良くても、お腹の持ちが悪いので空腹に耐えられなくなってしまうことがあります。一般的に高カロリーで脂質も多いものほどお腹の持ちも良いですから、ある程度栄養があるおものでないとお腹は満たされないものです。ですからそうした時は野菜スープなどを作りましょう。野菜がたっぷりのものやレトルト製品ではなく野菜の出汁で作ったスープはお腹も満たされ、そのうえカロリーも少ないのでおすすめです。一気に大量に作った野菜スープは小分けして冷凍庫に入れて起き、飲みたい時に温めて飲むようにすると費用も無駄になりませんし、わざわざその都度作らなければいけないような手間も省けておすすめです。

ダイエット中はいつもよりたくさん飲んだほうがいいの?

成功例としてお水をたくさん飲む方法が良く取りだたされますが、水もただ単に大量に飲むのであってはむくんだり、逆効果をもたらすこともあるので注意が必要です。飲む時間と飲む量をダイエットランキングなども参考に考えるのが好ましいです。一番のオススメは朝起きた時で、朝起きた時に人肌程度のお水、白湯をたくさん飲むようにすると良いです。そうすることで腸の働きが良くなるので、便秘にならありなくなります。ダイエット中は食べる量が減ることで便秘になってしまい、食べていないのにいつもお腹がすっきりしなくなってしまうということはあるものです。ですからすっきりさせるために朝の水はしっかり飲むのが好ましいです。また、寝る前も大量のお水を飲むと良いですが、寝る寸前は辞めましょう。寝る寸前に大量のお水を飲むと翌朝の浮腫みにつながります。おすすめはお風呂上りですから、お風呂上りにたくさん飲むようにもすることが必要です。しかしながら気持ちが悪いくらい頑張って飲む必要もないので、一気にたくさん飲めない人は少しずつ時間をかけて飲むようにもすることが大事です。自分で適量を決めておきましょう。

ダイエット中は避けたい飲み物とは?

cup-of-coffee-1280537_1920

ダイエット中は避けたい飲み物の中に、コーヒーがあります。コーヒーはカロリーもほぼゼロで、砂糖もミルクもないような状態であれば普通はダイエットに適しているともいえます。また、寒い日は暖かいコーヒーを飲むことでリラックスできることもあるので、なしでは生活できないという人もいるものです。しかしながらコーヒーはもともと南国の植物なので、体を冷やす作用があるため、冷え性に繋がります。ホットであってもそれは変わらないのでダイエット中はできるだけ避けたほうが良いです。どうしてもが飲みたい、という人は時間を決めて、一日の飲む回数を決めておくようにもすると良いです。一日に何杯も飲むのはNGです。そして果汁100パーセントジュースもダイエット時は避けたいです。果汁100パーセントジュースは味も濃く栄養も豊富ですが、果物の含まれる果糖がそのまま配合されているものなので、果物を食べている状態と同じにもなります。飲むなら朝の朝食時に決めておいて、飲み過ぎは辞めましょう。できるだけ酸味のあるグレープフルーツジュースにしましょう。

ダイエット中の「甘いもの食べたい!」をカバーするドリンクとは

ダイエット中はどうしても甘いものが食べたくなるものです。いけないと分かっていても制限されると余計に食べたくなってしまうのが人なので、それで甘い物の誘惑に負けることでダイエットが成功しないということもあります。けれど、ダイエット中でも甘いものを食べたい欲求をカバーすることができるドリンクを選ぶことで、ダイエットも成功しやすくなります。「甘いもの食べたい!」をカバーするドリンクとは、ココアや甘酒です。ココアは甘さ控えめのものを選ぶことで砂糖控えめにすることもできますし、ココアに含まれるポリフェノールが体の健康や肌にも良い影響を与えます。ダイエット中は栄養不足で肌がガサガサにもなりやすいので、ココアはおすすめです。甘酒も冷え予防に効果的で、ちょっぴり辛さを感じることもできるので冬の甘いものが欲しい時のドリンクにピッタリです。夜寝る前に甘いものが欲しくなることもありますから、そうした時はココアや甘酒など体に良いドリンクを選びましょう。また、朝、昼であればポリフェノールが多く含まれるグレープジュースも良いです。

「飲み物だけダイエット」とは?

飲み物だけダイエットというダイエット方法はダイエットに向く食事を作るのが苦手な人や、栄養管理が苦手な女性にもおすすめです。朝昼晩の食事のどれかを酵素ドリンクなどのドリンクに置き換えることで体重を減らすこともできるものなので、とても早くに体重を落とすこともできます。短期間にできるだけ多くの体重を減らしたいということであれば、朝と夜をダイエットドリンクに置き換えて、昼だけ普通の食事というようにもできます。ですが味に飽きてしまのが難点です。なので炭酸で割ったり、豆乳で割ったりして微妙に味を変えながら行うのが普通です。自分のダイエットペースに合わせてドリンクを増やしたり減らしたりすることができるので、多くの女性が行っているダイエット法でもあります。けれど飲み物だけダイエットは飲み物だけから普通の食事に戻した時に体重が元に戻ったりリバウンドしてしまうことも多いので、普通の食事に戻す切り替え時に注意が必要です。一気に元に戻すのではなく徐々に普通の食事に戻していくということも大事です。そうでないとまた太ってしまいます。

「飲み物だけダイエット」3選

soy-milk-2263942_1920

飲み物だけダイエット3選として白湯ダイエット、炭酸ダイエット、豆乳ダイエットというのがあります。どれもそれぞれメリットがあるものではありますが、苦手な人には最初から無理なものもあるので、自分が出来そうなものを選んで続けてみると良いです。継続できるものでないと意味がないので、苦手意識がないものが最適です。

白湯ダイエット

白湯ダイエットは誰でもチャレンジできるダイエットとしておすすめです。白湯は味もないものですが、天然水それぞれもメーカーによって口当たりが違うように、自分の選んだお水の味によって漢字が異なってきます。ですから自分が一番美味しいと思えるお水で作ってみましょう。やかんでいったん大量に沸かしておけばいつでも飲むことができますし、白湯はお水と違って体を冷やすこともないのでダイエットに最適です。そして飲み慣れると味が分かるようになるので、まったくないものを飲んでいるという感覚は徐々に減っていきます。ゼロカロリーで体も落ち着くのでおすすめです。また、ダイエットドリンクとも異なり費用がかからないのがメリットです。白湯は誰でも作ることができて、口当たりに癖や特徴がないので飲みやすいのも良い点です。ダイエットドリンクの味や飲み辺りに拒否反応を起こしてしまう人も多いので、そうしたドリンクに抵抗を感じるような人は白湯ダイエットを始めてみましょう。腸内環境も良くなるので、ダイエット中でも自然と体は軽く快適な状態が続くものです。

炭酸ダイエット

炭酸は空腹に我慢できなくなることが多い女性におすすめです。飲むことでお腹が張りますが、同時に満腹感を感じることもできます。日本ではあまり馴染みがないですが、炭酸入りの天然水のほうが海外では一般的に販売されていることも多いので、こうした満腹感のあるお水でダイエットをしてみても良いでしょう。口当たりがよく、口の中がすっきりするのが当然です。また、果物ジュースや野菜ジュースをついたくさん飲んでしまうという人であれば割ってあまり大量に飲めなくするということもできます。炭酸によって空腹を満たし、満足感を得ることができるというのがこのダイエットの魅力でしょう。ですが中にはもともと炭酸が苦手で飲めないというような人も多いので、このダイエットは炭酸好きの人に向いているということもあります。夜の晩酌がやめられない人や、お風呂上がりのビールなどがやめられない時は炭酸水でごまかしてみましょう。夜のビールやお酒は太るもとですが、習慣となっていてやめられないということもあるので、そうした習慣になっている時にもおすすめできます。

豆乳ダイエット

豆乳ダイエットは女性におすすめです。豆乳には大豆イソフラボンがたくさん含まれていますが、女性ホルモンのバランスを崩さないようにダイエットするにも最適です。女性は短期間でたくさんの体重を落とすようなストイックなダイエットが出来ないことがほとんどですが、それは女性ホルモンに良くない影響を及ぼすからです。一気に無理なダイエットで体重を落とせば生理が止まったりしますし、一度止まってしまった生理を元の状態にするのは簡単ではありません。ですから体に良い栄養を摂取しながらダイエットを行うには豆乳ダイエットが適しています。ですが調整したものと無調整のものがあるので、ダイエットに使用するのであれば無調整のものを選びましょう。甘みもなく栄養も豊富なので、ダイエットは無調整の物でないと意味がないくらいです。朝はミネラルも食物繊維も豊富なシリアルを食べることもありますが、そうした時豆乳をかけて食べるようにすると栄養バランスも良くなり、腸の働きも良くなっておすすめです。また、ダイエット中どうしてもミルク入りのコーヒーを飲みたい時も豆乳にしましょう。

まとめ

ダイエット中はダイエットランキングなども見て、ダイエットに適した飲み物を選ぶことで成功しやすくなります。また、カロリーに注目することももちろん大事ですが、カロリーだけでなく含まれる成分にも注目しましょう。そうすることで一番自分の体に適した飲み物、適さない飲み物なども分かって、選びやすくもなるでしょう。飲み物も量と飲む時間帯を考えましょう。

bottle-2032980_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter