甘酒というと、お正月や桃の節句など特別なイベント時の飲み物というイメージですよね。しかし、近年ではその栄養価の […]

posted on 2018.11.20

甘酒というと、お正月や桃の節句など特別なイベント時の飲み物というイメージですよね。しかし、近年ではその栄養価の高さから、美容・健康目的で日常的に甘酒を飲む人が増えてきています。甘酒を使ってダイエットを成功させる方法や、ダイエットにおすすめの甘酒10選をランキング形式でご紹介します。

甘酒はダイエットに効果的なの?

「飲む点滴」と呼ばれる理由

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価が豊富な飲み物です。私たちの身体に必要なブドウ糖・ビタミンB群・必須アミノ酸などの栄養素が含まれています。食欲がない時や、胃腸が弱っているときでも飲みやすいので、体調不良の際にはノンアルコールの甘酒で手軽に栄養補給しましょう。また、産前や産後の栄養補給にも最適です。

朝食に置き換え

甘酒ダイエットとは、朝食を「甘酒」に置き換えるだけという非常にシンプルなルールのダイエット法です。甘酒には必須アミノ酸やビタミンなどが豊富に含まれているため、エネルギーを効率よく利用することができます。朝食代わりに甘酒を1杯飲むことによって、疲れにくくなり、1日中活発に動くことが出来るのは嬉しいですよね。

朝は時間が無いという方はそのまま飲んでも良いですが、ダイエット効果を高めるには温めて飲むのがおすすめです。身体が温まることによって代謝が良くなったり、エネルギー消費が増える効果が期待できます。ショウガを加えると、さらに身体がポカポカしますので、寒い時期にはショウガ甘酒がおすすめです。なお、ダイエット目的で甘酒を摂取する場合は原材料をチェックして、砂糖が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

便秘解消

甘酒を飲むと、麹に含まれるイヌリンなどの食物繊維や、腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖、代謝を促進する働きがあるビタミンB群によって腸内環境が整い、便通の促進効果が期待できます。薬やサプリメントのような即効性はありませんが、継続して甘酒を飲むことによって少しずつ腸内環境が良くなっていき、自然な便通リズムが整う効果も期待できます。

疲労回復

甘酒に含まれるブドウ糖は、脳をはじめ、筋肉などを正常に動かすために使われるエネルギー代謝の源です。そのため、ブドウ糖が不足してしまうと、疲労感・集中困難・眠気などの症状が起こります。甘酒には、脳の活動を維持するために欠かすことのできないブドウ糖が豊富で、さらに糖からエネルギーを作り出すのに必要なビタミンBも含まれているため、疲労回復に大きな効果を発揮します。

ストレス解消

甘酒には、ビタミンB群に含まれる「パテントン酸」という物質と、アミノ酸の一種であるGABA(ギャバ)という物質が含まれているのですが、このパテントン酸とGAVAは、精神を安定させる効果があると言われているのです。そのため、甘酒を飲むことでストレス解消効果が期待できます。また、温かくて自然な甘さの甘酒は、口に含むとホッとする味わいなのでそれだけでもリラックス効果がありそうですね。

「#甘酒ダイエット」をチェック

Instagramで「#甘酒ダイエット」のタグを検索してみると、たくさんの投稿を見ることが出来ます。自分で手作りした甘酒を使ってダイエットに挑んでいる方や、アレンジを加えて甘酒を楽しんでいる方がいらっしゃいます。ぜひチェックしてみましょう!


View this post on Instagram

#朝ごはん #甘酒 #手作り甘酒 #甘酒ダイエット 1日2食を甘酒に置き換えてダイエット中☆ 昨日は甘酒を作ってみた~☆ 市販のよりは甘さ控えめ☆いろいろ改良したい☆ ダイエット効果より美味しくできないか追及したくなってきている(笑)

ボスさん(@mo05flower)がシェアした投稿 –


View this post on Instagram

おはようございます☀ 今朝は冷えましたね。 外に出たら 庭の紅葉が薄く色づいて秋を感じました✨ #甘酒#甘酒ダイエット #生麹で甘酒 #柿栄養満点 #漆#和食器のある暮らし #紅葉 毎朝作ってる生麹の甘酒☺️今日は生姜パウダーを入れて体温を上げました 先週実家から貰った柿も、食べ頃で美味し〜 私は今の季節が1番好き 今日も頑張ります✨

Giraさん(@gira_studio)がシェアした投稿 –


View this post on Instagram

. 間食は甘酒で( ¨̮ ) . 少しお菓子も食べてしまいました笑 . 生理終わったら体型撮影してみようかな . #ダイエット#だいえっと#diet#甘酒#手作り#手作り甘酒#amazake#甘酒ダイエット#飲む点滴#体重#体重公開#体重公開ダイエット#体型#体型公開#体型公開ダイエット#34歳#お菓子#間食#身体に良い#体に良い食べ物#美容#美容効果#美肌#美肌公開#ダイエット効果#腸活#腸内環境改善#発酵食品

diet1103さん(@diet11037)がシェアした投稿 –


甘酒の選び方とポイント

甘酒の種類

ひと言に甘酒と言っても、さまざまな種類があります。大きく分けると2種類に分類され、「酒粕ベースの甘酒」と「麹ベースの甘酒」があります。酒粕ベースの甘酒は、実は日本酒を作るときに出る副産物です。アルコールが残っており、砂糖を添加して甘さを出している商品が多いため、ダイエット目的で甘酒を飲む場合には注意が必要です。

一方、こうじベースの甘酒は蒸したお米をこうじで発酵熟成させて作られているため、アルコールは含まれていません。米麹とは「コウジカビ」と呼ばれる微生物をお米に繁殖させたものです。コウジカビがお米のでんぷんをコウジカビ由来の酵素で糖化させ、自然の甘味を出してくれます。そのため、砂糖や甘味料を使用していない商品が多くなっています。ダイエット目的で甘酒を取り入れる場合には、こうじベースの甘酒を選ぶようにして、念のため原材料もチェックして砂糖が添加されていないか確認するようにしましょう。

アルコール成分

甘酒の種類でも説明したように、基本的には酒粕ベースの甘酒にはアルコールが含まれており、こうじベースの甘酒にはアルコールは含まれておりません。アルコールが含まれることを気付かずに飲んでしまうと、お子様やご年配の方、アルコールに弱い方や、車の運転など、大きな問題につながってしまう可能性がありますので注意が必要です。心配な方は、はじめからアルコールを含まない商品を選んでおきましょう。

ストレート・濃縮タイプ

一般的には、そのまま飲める「ストレートタイプ」の甘酒が主流ですが、水などで割って薄めて飲む「濃縮タイプ」の甘酒も販売されています。ストレートタイプは、なんといってもそのまますぐに飲める手軽さが一番の魅力です。1回で飲みきれる量がビンやカンに入っている商品であれば、コップを用意する必要もありません。一方で、濃縮タイプの場合は薄める作業が必要になります。しかし、それによって割るものを変えてアレンジをしたり、濃さを自分好みに加減することも出来るので、自由度が高いのが魅力です。同じ濃縮タイプであっても、薄めるだけですぐに飲めるものと、薄めてから加熱が必要なものがありますので、購入の際には商品説明をよく読んで、自分にとって使いやすい商品を選ぶようにしましょう。

添加物をチェック

こうじベースの甘酒の場合、お米に米麹を加えて、糖化させることによって作るため、必要な原材料は「米」と「米麹」だけなのです。しかし、商品を製造する過程で砂糖や食塩が添加されていたり、保存性向上のための添加物が入れられていることがあります。砂糖が添加されていればその分、カロリーも高くなってしまうので注意が必要です。また、添加物は常識を越えるような量を摂取しなければ、身体に害を与えるということは考えにくいですが、せっかく健康目的で甘酒を飲むのなら余計なものは摂りたくないですよね。丁寧にこだわって作られた無添加の商品は値段が張りますが、やはり安心して飲めるものが良いでしょう。

手作り甘酒のレシピ

甘酒の作り方
ステンレスボトルで作る場合
ヨーグルトメーカーで作る場合
炊飯ジャーで作る場合
冷蔵庫で作る寒造り甘酒
米麹・ご飯・水の配合比について

甘酒のアレンジレシピ

糀甘酒で飲むヨーグルト(いちご・みかん)
レンジで♪白菜ベーコンの糀甘酒マグスープ
砂糖不使用!ひとくち糀甘酒おはぎ
トーストに♪糀甘酒クリームチーズディップ
糀甘酒でしっとり♪レンジでサラダチキン
糀甘酒アイスカフェオレ
トマト糀甘酒ピクルス
濃厚糀甘酒ソースのかき氷
糀甘酒フローズンヨーグルトドリンク

甘酒のおすすめ人気ランキング10選

≪第1位≫
ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ

ぶんご醸造の麹天然仕込「酒蔵のあまざけ」は、米と米麹のみから糖化させた健康飲料です。仕込み水は、祖母系山系の伏流水で九州屈指の清流・番匠川の水を使用しているそうです。

レビューには、「砂糖ナシ甘酒が良いとのことでこちらを購入。抵抗なく飲めました。加糖のものより断然美味しいです。うまく表現できないけど、タラタラの水っぽいお粥のような感じ。」「適度に粒が残っており、濃度もあり、自然の甘みもしっかりとあり、飲みやすい甘酒だと思います。酒粕を使用したものとは違いアルコールも含んでいないのでお子様でも飲めそうですね。」「私自身、よくいろんな甘酒を飲むのですが、この甘酒は砂糖不使用なのになかなか甘いです。スーパーなどで売られている砂糖不使用・無添加の甘酒を飲むことが多々ありますが、それは全然甘くないのですが、この甘酒はほんとに甘くておいしいです。」「甘酒は健康に良いと話題でしたので、口コミからこちらを購入。確かにとても美味しいです。甘すぎず、すっきりします」「甘酒の原料は「米と米麹」「米麹と酒粕」「米麹のみ」「酒粕のみ」の4種類があり、またその中に砂糖や塩などの添加物が入っているものもあるが、この甘酒は「米と米麹」が原料で無添加。正月などに振舞われる甘酒を飲んで「甘酒は癖があって苦手」という人は多分酒粕入りのものを飲んで嫌いになったのだと思う。自分もその一人だった。最近の金沢工業大学の研究で「米と米麹を主原料とする市販の甘酒に、コレステロールの低減や便通の改善に効果の高い成分が最も多く含まれていることを発見した」という発表があったので健康のためと思ってこの商品を購入した。飲んで驚いたが自分が嫌いだった甘酒と全く別の味の飲み物で、すごく飲みやすかった。薄甘いお餅を液体にした感じの味。さらに豆乳とまぜるときなこ餅を液体にした感じの味になる。健康に関係なくても純粋においしい飲み物として楽しめる。」などの意見が投稿されています。

≪第2位≫
マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒

マルコメプラス糀「米糀からつくった糀甘酒」は、米糀から作り、無加糖・ノンアルコールにこだわっており、濃厚でどこか懐かしい昔ながらの甘酒の風味を感じられる商品です。ノンアルコールなので、お子様やアルコールが弱い方でも安心して楽しむことが出来ます。おいしさにこだわっているからこそ、容器にもこだわっており、紙製のカートン缶を使用しています。余分なものは加えていないにも関わらず美味しさを長持ちさせてくれ、飲んだ後も廃棄も容易になりました。さらに、開封すると缶のまま電子レンジでも温められるので、冬には温めてほっこり楽しめます。

レビューには、「手軽いサッと飲めます。味もサッパリしていながら甘酒の良さもある。癖が少なく美味しいです。何度もリピします。やっぱり丁寧に作られているものは違う」「原材料が、お米と塩のみ。本来のシンプルな甘酒に巡り会えたこの喜び!サラッと飲めちゃうなかにも、まろやかなコクのある自然な甘みが美味しいです。」「甘ったるくなく、スッキリ美味しいです。夏は冷蔵庫で冷やして飲んでいます。夏バテ防止にも良いと思います。」「よけいな砂糖など入っていないのにさっぱりしていて、十分甘い。とても美味しいです。食欲が無いときや、風邪の時飲んでいます。無くなったら又注文したいと思います。」「とても飲みやすいです!紙容器なのでゴミ出しも楽です。」などの意見が投稿されています。

≪第3位≫
国菊 あまざけ

「国菊あまざけ」は、冷たいままでもおいしく、温めてショウガを加えてもおいしく飲める甘酒です。原材料表示は「米麹・米(国産米100%)」で保存料の添加はなく、アルコール分もゼロなので安心して飲むことが出来ます。

レビューには、「昨年末から健康と美容にいいと飲みはじめました。「飲む点滴」と言われているとか、寝る前に飲むと翌朝お肌つるつるとか、テレビで言っていたので半信半疑飲み始めたところ、とてもおいしいのではまってしまいました。さらっとしていて飲みやすいです。」「長年、家族で愛用しています。真夏は夏バテ防止に牛乳と半々に混ぜて飲むとさっぱりした軽い飲み心地になり、のど越しもすっきり、「夏甘酒」のヘルシードリンクになります。おススメです。冬は暖かい通常の甘酒としたり、やはり温めた牛乳で割って飲んだり、その時の気分で楽しんでいます。」「美味しいです。甘酒を飲み始めてからお菓子等甘い物を見ても食べたいと感じなくなりました。お値段はいいですが、ダイエット中で色々試したサプリメントに比べたらお手頃かなと。。お菓子も買わなくなったので逆にお得な感じもしています。」「とにかく品薄の甘酒。メーカーに居住地の近くで販売しているお店を教えてほしいと頼んで行ってみると置いていない。そんな時にAmazonをのぞいたら販売していた。今、甘酒がブームだが成分を見ると塩分や砂糖などが混ざっている製品が多い。国菊は麹だけで製造されているシンプルな甘酒。個人的にはこれが一番美味しい!」「飲みやすく美味しい。朝昼晩と飲み、ここ数年続いていた下痢や便秘が解消。まだ飲んで3日ですが、こんなに早く効果が出るとは驚き。ストレスに最近打ち勝てず、仕事でも精神的にも辛い立場に立たされ、そこでまずは食生活を改める事に。そのキッカケとしてネット見て甘酒を飲んでみる事にしました。」などの意見が投稿されています。

≪第4位≫
森永製菓 甘酒

森永の甘酒は1969年に瓶で誕生し、1974年に缶で発売されて以来愛され続け、いま日本で一番売れている甘酒です。厳選された国産の「酒粕」と「米麹」が使用されており、コクとやさしい甘みが特徴の商品です。缶入りなので常温で長期保存できるのも嬉しいですよね。

レビューには、「家族で飲んでいます。昔から美味しいので定期的に購入しています。近年では健康にも良いとされているようで店頭でもよく見かけるようになりました。また購入しようと思います。」「夏に冷やした甘酒飲んで体力回復です。甘さ控えめです。美味しく飲めます」「高齢の義父の手土産に買いました。食欲のない時でも、これで栄養補給できると喜んでいます。」「手軽に飲めて、冷たくても、温めても良いので、良いと思います。そのままでも良いのですが、少し甘いので、豆乳や牛乳で割って飲むと、とても美味しいです。」「おなじみの味で、私は常温で1日1本楽しんでいます。飲む点滴とよばれるくらい甘酒は体に良いとか?大好物が体に良いのはなんだか得した気分です。サイズ感も丁度よくてこれからも愛飲していきます。」「安いし美味しい!!まとめて買えるので手間がかからず助かります♪2回買いました。夏は夏バテ防止で飲みましたがこの冬も風邪防止で飲みたいです(^_^)」「他の甘酒より、おいしい。知り合いに分けたら大変喜ばれた。もう他の甘酒は飲まない。」「母が熱中症対策で買いました。自然の甘さで食欲が無い時に補給的に飲んでもらっていました。」などの意見が投稿されています。

≪第5位≫
国菊 黒米甘酒

国菊の「黒米甘酒」は、米と麹から糖化発行させたアルコール分無で、糖類や添加物も一切使用されていない甘酒です。日本のお祝い事や赤飯・おはぎに珍重されてきた黒米を10%使用して造られた特別限定仕込みの甘酒なので、深いコクと自然の甘味が楽しめます。

レビューには、「味わいが発芽玄米甘酒よりもスッキリとしていて飲みやすいです。雑穀の効果か、お通じがとても良くなりました。つぶつぶ感も強く「食べている」満足感が高いです。」「小豆のような穀物のような、やさしい風味があります。おいしいです。非常にたくさんの黒米の粒々が入っているので、食べながら飲む感じになります。器にも黒米が何粒も残るため、スプーンでかき寄せて食べています。」「飲む前は甘さか強いかなぁと思いましたがそんなに甘さも強くなく、なによりも食感が良い!!飲むというより食べる甘酒みたいな感じで満腹感も得られそうです!!国菊さんの商品は美味しいと聞いていましたがその通り!!ちなみにわたしは豆乳と混ぜて飲んでいます。」「良い意味で想像を裏切らない美味しさです。香も良くて、豆の歯ごたえもあります。意外とすぐになくなってしまうので、牛乳や豆乳で割って飲んでいますが、個人的には、そのまま飲むのが一番美味しいなと思います。」「黒米のポリフェノールにも期待感があります。噛みごたえのある食感もすきです。色んな甘酒を試しましたが、国菊の甘酒が大好きです。」などの意見が投稿されています。

≪第6位≫
カネジュウ食品 禅 あま酒

カネジュウ食品の「禅あま酒」は、原材料が米・米こうじ・食塩のみという非常にシンプルな甘酒です。砂糖や甘味料を使用しないので、こうじだけの甘さをしっかり味わうことができます。

レビューには、「色々のメーカーを試した所、この甘酒が一番美味しかったです。夏だからかスーパーに置かなくなってしまったのでネットで買いました。常温保存出来るので冷蔵庫がいっぱいにならなくて良かったです。」「味は大好きだし、便秘に効きました。温めたら匂いが気になりましたので、冷たいままいただいています。」「いつも美味しくいただいています。無加糖の自然の甘みが口の中で心地良い味わいを醸し出してくれます。市販の赤い缶の甘酒は砂糖漬けで、口の中に残る甘ったるさがどうも苦手なのですが、こちらのものは、さっぱりとした甘さで爽やかな感じがします。」「無加糖の甘酒が地元ですぐに売れ切れて、なかなか手に入れにくいために購入しました、適度な柔らかさでいいです、スムージに混ぜて毎日愛用しています、もう1年位続けています、なかなかいいです、目に見えない部分で効果を感じます、肌とか体調とか。」「ほかのものと飲み比べしましたが、これが一番おいしい。甘さも適度で、甘酒らしい味がしておいしい。へんな癖もなく飲みやすい。」などの意見が投稿されています。

≪第7位≫
国菊 発芽玄米甘酒

国菊の「発芽玄米甘酒」は、甘酒に発芽玄米を10%加えることで、よりヘルシーな甘酒に仕上がっており、新しい噛む食感を楽しめる甘酒です。アルコール分なしなので、飲むタイミングを問わず、お子様でも安心して飲むことができます。

レビューには、「甘酒にハマっています。発芽玄米が体に良さそうなので購入しましたが本当にレビュー通り美味しいです!私は少し氷を浮かべてアイスで飲んでいますが、アイスオススメです。」「大好きです。色んな甘酒を飲みましたが、甘さがちょうどよく玄米のプチプチが美味しいです。甘酒好きなのですが、私はこれが一番好きです。」「何本も買って買い続けてまいす。飲む点滴。授乳中なので、母乳も良く出る感じですし発芽玄米!とにかく美味しいです。是非お試しあれ!」「玄米の歯ごたえが少し残っていて、飲みながら食べる感じで美味しいです。その分、なんとなく体によさそうなイメージです。程よい甘さでそのままでも美味しいですが豆乳で割って飲むと甘さ控えめで飲みやすいです。」「つぶつぶが、とってもイイ感じです。この甘さが自然の甘さとは驚きです。とっても美味しくて飲みすぎてしまいます。」「毎朝、コップに一杯飲んでいます。身体に優しく、腸の働きも良くなったと思います。」「自然な甘味がつよく、発芽玄米のつぶつぶで新しい食感が味わえます。ストレートでも割ってもおいしい甘酒です。」などの意見が投稿されています。

≪第8位≫
大関 甘酒

大関の甘酒は、絞りたての酒粕の新鮮な風味を大切に生かした蔵元ならではの本格的な味わいです。清酒大関の絞りたての「酒粕」をベースに、砂糖と蜂蜜を加え、甘くて優しい舌触りと、ショウガの風味が効いた喉越しのなめらかさが特徴です。温めても、冷やしても美味しくいただくことができます。

レビューには、「いろいろ試しましたが一番好きです。たまたま、この商品を100均のお店で買って飲んだら美味しかったので、こちらで安く爆買いできて良かったです。ほのかに日本酒の風味があり(さすが酒処大関さんです)美味しいです。瓶カップのままレンジで温めて飲める事ができるのもお手軽で便利です。温めて飲むと、体がポカポカしていい感じです。」「おいしい。豆乳で割って毎朝飲んでいます。さっぱりしていて飲みやすいです。けっこうおなかいっぱいになります」「母が一度飲んでから虜になってしまいました。なので、30本入りを取り寄せてあげたところ「美味しい」「美味しい」と喜んで飲んでいます。またなくなったら取り寄せてあげたいと思います。」「甘酒は冬の寒いときに生姜を少し入れてふうふうしながら飲んでいた記憶があるのですが、江戸時代は夏の疲労回復剤として広く飲まれていたと聞いてケース単位で購入。良く冷やして飲んでいます。」などの意見が投稿されています。

≪第9位≫
糀の甘酒 はなのあまざけ

麹の甘酒は、厳選された国産米の米麹を使用して、砂糖や保存料不使用の無添加製法で造られた健康志向の商品です。厳選した国産米こうじを100%使用し、発酵のプロである「漬けもん屋」が長年培った温度技術を駆使して仕上げているそうです。こうじ菌の発酵によって産出される酵素で糖化させているので、自然な甘味とコクがあるのにスッキリとした後味が楽しめる甘酒です。また、保存料を全く使用せず、完全無添加にて製品化しているので、安心してお楽しみいただけます。

レビューには、「とてもナチュラルな美味しさで、麹のツブツブ感もほど良いですね。多少甘いようにも感じますが、人工的じゃあ無いらしいので気に入りました。」「飲みやすくておいしかったです。料理にも使えるとのことなので、使ってみたいです。」「さっぱりした味で毎日美味しく頂いています。しばらく続けてみようと思います。」「粒つぶ感のある本格的な甘酒で、今まで飲んだ中ではけっこう濃厚な甘さ。でもしつこくなくクセも全くないので、HPにも紹介してあるようにお料理にも十分ありかなと思います。うす甘い清涼飲料水のような甘酒がもの足りない方はぜひお試しあれ。十分朝食代わりになります。」「大変美味しかったです。生姜パウダーが入っていたので入れて飲んだら風味が変わって美味しくいただけました。アーモンド効果と甘酒を1:1で割ると美味しいと聞いたので今度やってみようと思います。今日は、牛乳で割って飲んでみようと思います。」などの意見が投稿されています。

≪第10位≫
八海山 麹だけでつくったあまざけ

八海山の甘酒は、砂糖を一切使わずに麹のでんぷんを糖化させることで優しい甘さを引き出した商品です。酒づくりの技術を活かした高精白の米からつくる麹が、雑味のないスッキリとした味わいを醸し出し、八海山ならではの上品な仕上がりになっています。江戸時代には暑気払いの飲み物として甘酒が親しまれていたので、温めるだけでなく、キリリと冷やしても良いそうです。

レビューには、「小腹がすいたときに飲んでいます。甘いジュースを飲むよりも、健康に良いと思います。」「これまで試してきた甘酒は総じて「甘すぎる」との印象をもっていますが、これは上品な甘さで嫌みの一切ないのが嬉しい。お値段が高いだけのことはあります。」「飲む美容液として今話題の甘酒。スーパーよりも安く購入できるのでAmazonで購入しました。飲み始めてからお通じも良くなり、肌のくすみがなくなった気がします!」「一番の飲みやすく続けて飲んでいます。体にもよさそうで楽しみです。」「私もこれハマって毎日飲んでいます。本当に飲み易いです。無調整の豆乳で割ると甘さが緩和されて味もさることながら栄養価も高くなり、とてもいいです。」「とても飲みやすい甘酒です。甘ったるい感じがなく、スッキリした飲み口で、冷たくても、ホットでも飲みやすいです。アルコールを使ってないものがほしかったので、気に入っています。」「口当たり良くすごく飲みやすかったです。夏に甘酒と思ったけどよく冷やした甘酒最高です。」「うまい!いろんな甘酒飲みましたが、きつい甘さでもなくグッドです。粒粒感、舌触りの絶妙でよい。デザインも和のモダンでグッド。だから当然値段もそれなりで。度々買うことはできないけどおいしい!」などの意見が投稿されています。

甘酒の比較一覧表

商品名 内容量 価格 商品の特長
ぶんご銘醸 麹天然仕込 酒蔵のあまざけ 900ml×6本 3,970円(662円/本) 米麹による天然の甘さ
米糀からつくった糀甘酒 125ml×18本 2,188円(122円/本) ノンアルコール
国菊 あまざけ 900ml×6本 3,979円(663円/本) 2008年モンドセレクション
ダイエット食品&健康食品部門
金賞受賞
森永製菓 甘酒 190g×30本 2,650円(88円×本) お馴染みの缶タイプ
国菊 黒米甘酒 900ml×1本 1,420円 糖類・添加物は不使用
カネジュウ食品 禅 あま酒 400g×10個 2,450円(245円/個) こうじだけの甘さの本格あま酒
国菊 発芽玄米甘酒 720ml×1本 648円 新しい噛む食感
大関 甘酒 190g×30本 3,441円(115円/本) 蔵元ならではの本格的な甘酒
糀の甘酒 はなのあまざけ 500ml×12個 5,756円(480円/個) 砂糖・保存料も使わない無添加製法
八海山 麹だけでつくったあまざけ 825g×3本 2,750円(917円/個) 八海山ならではの上品な仕上がり

甘酒ダイエットで美しく痩せましょう

ひと言に甘酒といっても、さまざまな種類があり、それによって栄養価も違ってきます。甘酒を飲むだけで、美容と健康に嬉しい栄養素をしっかり摂取することが出来て、手軽で美しく健康的に痩せることが出来たら嬉しいですよね。夏は冷やして、冬は温めて、1年中美味しく楽しめる甘酒。ぜひいろいろな商品を試してみて、あなたのお気に入りの一品を見つけてくださいね。

cup-3811682_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter