natural-yogurt-for-health_51137-90

マヨ好き必見!マヨネーズが太るのは嘘?!

お料理の美味しさを引き立たせるために必須の調味料、マヨネーズは、ダイエット中でもできることなら食べていたいです […]

posted on 2018.11.20

お料理の美味しさを引き立たせるために必須の調味料、マヨネーズは、ダイエット中でもできることなら食べていたいですよね。

マヨネーズは、油分が多く、カロリーが高いことから、もしかするとダイエット中に食べることはタブーな意識をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

実は、ダイエット中にタブーといわれているマヨネーズも、量をバランスよく摂取しておけば、ウエイトアップには何の問題もないことが判明!?

どんな食べ物をも美味しく、コクを深くしてくれるマヨネーズ、ここでは、痩せるマヨネーズのとっておきの食べ方についてチェックしてみましょう☆

マヨネーズは太るの?太らないの?

woman-with-a-sign-in-the-face-with-a-question-mark_1134-555

マヨネーズが好きな方は、ダイエット中に我慢してしまうと、ときにイライラが募って食べすぎてしまい、のちのリバウンドが心配…。

ここでは、そもそもマヨネーズを食べることが太るのか、太らないのか、気になる情報を集めてご紹介すると…!?

カロリーが高く、油分も多いマヨネーズ。適度な摂取量であれば、太ってしまう心配はないものの、あまりにも多くマヨネーズを摂りすぎてしまうと、太りやすく痩せにくい体質に変わってしまうことが判明…。

マヨネーズは、そもそもたっぷりの油がメインの原料。のちほど詳しくお伝えするのですが、マヨネーズ大さじ一杯では、なんと100kcalものカロリーがあるんです。

人気テレビ番組のダイエット特集でも、マヨネーズは太りにくい、ダイエット中でも食べてOKという嬉しい情報がオンエアーされていたのですが、それは、同じカロリーの他の食品と比べたら、という厳しい条件が付いているんですね。

白米100kcalと、マヨネーズの100kcalでは、マヨネーズから基礎代謝を高める栄養成分、タンパク質が豊富に摂取でき、白米と比べると糖質が少ないので、ダイエット中でも食べて良し、という情報が拡散されたようです。


マヨネーズのカロリーや栄養素を見てみよう

vector-realistic-poster-with-a-plastic-pail-filled-with-olive-mayonnaise-and-a-nearby-twig-with-olives_1441-546

ダイエット中には、できるだけ摂取量を減らしていくことが推奨されているマヨネーズ。

油がメインの原料となっているので、カロリーばかりが高くて、栄養価があるのかどうかもギモンに思ってしまうのですが、マヨネーズには、適度に摂取する分には、ダイエットに役立つ栄養素をしっかりと取り込むことができるんです☆

マヨネーズのカロリーをチェック!

マヨネーズの代表的なメーカー、キューピーマヨネーズを参考に、カロリーをチェックしてみると…!?

  • マヨネーズ100gあたりおよそ667kcal
  • マヨネーズ大さじ1杯、約15gで100kcal

となり、わたしたちが摂取する目安の量である大さじ一杯でも、100kcalものカロリーがあることにちょっぴり驚きですよね。

メインの原料である油は、もともとのカロリーが高い分、マヨネーズも高カロリーになってしまうことは当たり前なんですね…。

知ってた?マヨネーズの意外な栄養素★

つづいては、マヨネーズに含まれている主な栄養素をチェックしてみましょう。ここまでにご紹介した、マヨネーズの太りやすい特徴、カロリーなどを把握すると、とてもダイエットには向かない食品であるとイメージできるのですが、栄養素には意外なメリットも隠されているんですよ♪

~マヨネーズ大さじ一杯あたりの栄養~

  • 筋肉を成長させ、基礎代謝を高めてくれるタンパク質 0.4g
  • カラダのエネルギーの源になる脂質 11.2g
  • 神経や細胞の疲労回復に役立つ炭水化物 0.1g

マヨネーズの栄養素は、油がメインの原料となっている分、脂質の量がとても多いことを確認できます。

マヨネーズでダイエット!そのメリットとは?

カロリーが高いマヨネーズでも、食べ方ひとつを工夫してみると、ダイエットに嬉しいメリットをもたらしてくれるマヨネーズ!

ここでは、意外に知られていなかったマヨネーズを活用したダイエットのメリットをずらりと集めてご紹介します!

健康にフォーカスを当てたダイエットができる!

マヨネーズには、実はダイエットや美容、健康にも役立つあのお酢が使われていること、ご存知でしたか?

マヨネーズを食べると、ちょっぴり酸っぱい酸味を感じることが多いですよね。この酸味成分がお酢。ダイエット効果が高いお酢には、カラダの疲労を回復したり、内臓脂肪を燃焼させたり、便秘の改善効果が期待できます。

楽しいダイエットが継続できる!

マヨネーズが好きな人のダイエットは、ストレスが溜まることもなく、いつも美味しく楽しく継続していくことができます。

無理にマヨネーズをガマンして食べすぎ、リバウンドしてしまうよりも、適度に摂取していた方が、ダイエットへの良いモチベーションをキープできるので、長続きしやすく、ウエイトダウンの結果が出やすくなります。

糖質制限ダイエットに役立つ!

マヨネーズのもっとも大きな魅力のポイントは、ずばり糖質が少ないこと。糖質は、カラダの中に吸収されると、脂肪細胞に取り込まれ、太りやすい体質に変わってしまうデメリットがあります。

ですが、マヨネーズは、大さじ一杯で糖質の量が0.1gしかないため、摂取するだけで自然に糖質をカットすることができます。

ダイエットは、糖質による血糖値の上昇をどれだけ抑えられるかが成功のポイント。糖質量が少ないマヨネーズなら、カロリーが高いデメリットがあるものの、血糖値の上昇が比較的ゆるやかなので、炭水化物を同じカロリーを摂取したときと比較をしても、脂肪に変わりにくく太りにくいメリットがあります。

タンパク質を摂取できる!

マヨネーズをダイエットに活用すると、基礎代謝を高めるために必須の栄養素である、タンパク質の摂取をすることができます。

マヨネーズにはタマゴが使われ、この食品から摂取できるタンパク質は、筋肉を成長させたり、基礎代謝を高めたり、リバウンドしにくい体質に整えるメリットがあるのです。

数多くある調味料の中でも、マヨネーズは珍しくタンパク質が含有されているため、手軽にこの栄養素を摂取しながらダイエットをサポートしてくれます。

痩せるマヨネーズの食べ方

BE999B8B-C522-4C08-AC53-A862B31E6178

マヨネーズには、意外にもダイエットに役立つ栄養素が含有され、摂取することで得られるメリットは多いんですね♪

ここからは、マヨネーズを食べながらでも痩せるポイント、具体的な食べ方について把握しながら、さっそくダイエットに取り入れてみましょう!

朝に食べれば太りにくくなる!

マヨネーズを食べてダイエットを成功させるポイントは、夜よりも朝に摂取すること。活動量が減り、エネルギーの消費が少なくなる夜は、食べたものがそのままに脂肪として蓄積しやすいデメリットがあります。

朝にマヨネーズを食べれば、その一日でマヨネーズから摂取されたカロリーが消費されやすくなり、脂肪の蓄積を最小限に抑えるメリットが。

マヨネーズはかけるよりつけるを意識!

マヨネーズをかける、イコールとても多くの量を摂取してしまうこと…。つける食べ方であれば、ダイエットに意識が向きやすくなり、少量に抑えておこうという気持ちが自然に高まるものです。

低カロリーのマヨネーズをチョイスしよう!

わたしたちが良く利用している、身近なマーケットにて、マヨネーズがラインナップされているコーナーをチェックすると、カロリーオフされて作られた商品が多いことを確認できます。

ダイエットには、次のようなカロリーがカットされたマヨネーズをチョイスすることがオススメ!

  • キューピーライト・・・80%のカロリーをカット、20kcal
  • キューピーハーフ・・・40kcal
  • キューピーライト・・・24kcal

食べすぎてしまうことはもちろんタブーなのですが、キューピーライトの80%カロリーカットのマヨネーズであれば、大さじ一杯でわずか20kcalとなっているので、バランスよく手軽に取り入れることができますよ。

また、女性の場合は、一日に1600~1800kcal程度に抑えると、ダイエット効果が出やすいとのデータが報告されています。

毎日の食事量、カロリーを見直しながら、どのくらいマヨネーズを食べてもOKなのか、しっかりと見直し、カロリーのコントロールを正しく行ってくださいね♪

ウーロン茶を併用してみて!

古くから食事のお供に親しまれてきたウーロン茶。実はウーロン茶には、マヨネーズから摂取された油を分解してくれる、サポニンという成分が含まれています。

脂っこい料理を食べても、ウーロン茶を飲めばすっきりリフレッシュできるのは、油分を洗い流す作用のあるサポニンのはたらきによるものだったんですね。

特に温かくしたウーロン茶とマヨネーズを一緒に食べると、カラダが温まって代謝を良くするメリットが高まりますので、試してみる価値アリのマヨネーズダイエット法となっていますよ☆

マヨネーズの意識を見直してみて!

マヨネーズで上手にダイエットをするためには、「マヨネーズは太りにくい!」というときに間違った意識をなくし、見直していくこともポイントになります。

繰り返しになってしまうのですが、マヨネーズは同じカロリーの食品と比較をしてみると、太りにくいメリットがあるものの、カロリーはとても高く、食べすぎてしまってはダイエットの妨げになることがあります。

太りにくいから大丈夫、という思い込みが、太る原因を作ってしまうトラブルも…!高カロリーで油分が多いマヨネーズは、決して太りにくい調味料ではないことを把握しておきましょうね♪

マヨネーズの食べる量を調整してみよう!

ダイエット中でもマヨネーズを食べるのなら、摂取量を決めたり、あらかじめ調整しておくことも大切なポイント。

大さじ一杯をわけて摂取したり、万が一食べすぎてしまった場合は、できるだけカロリーを消費するために、有酸素運動をしたり、食事から摂取される糖質の制限をして、バランスを整えていきましょう。

マヨネーズのチューブを目につくところに置かずに、食べるときは小さめのお皿に少量盛り付けて、「今日はこれだけ!」という無理のない範囲で制限をかけていくことも大切です。

簡単低カロリー!マヨネーズの代わりにはこれ

 

ヘルシーなお料理レシピであれば、マヨネーズをたっぷりつけてもいいのでは?とギモンも多くUPされている中、マヨネーズと同じように美味しく低カロリーで食べられる代用食品があるんです。

それはずばり、腸内環境を整えながら、美容や健康、ダイエットと、トータル的なメリットが期待できる、水切りヨーグルト!

マヨネーズとヨーグルトは、一見まったく違うように見えるのですが、濃厚なフレーバーやペーストの感じは、似ている部分が多くあります。

水切りヨーグルトに、少量のクレイジーソルトやブラックペッパー、お酢を加えると、マヨネーズと同じような美味しいフレーバーに整えることができるんですよ。

マヨネーズに代用できるとっておきの水切りヨーグルトは、使い方も超カンタン!

  • キッチンペーパーまたはガーゼに、ヨーグルトをくるみます
  • ざるにのせて、重しをし、2~3時間程度置きましょう
  • 好きな硬さになるように放置する時間を調整します
  • 水切りの際に出たホエイには、良質で低カロリーのタンパク質が含まれているため、捨てないこと

ダイエットや美容、健康にアプローチできる食品として、たくさんのダイエッターに親しまれているヨーグルトなら、低カロリーでヘルシー、ちょっとのアレンジでマヨネーズと同じようなフレーバーを楽しむことができます☆

最後の砦?!マヨネーズご飯も使いよう


View this post on Instagram

居酒屋の宴会コースの〆のごはん。。。アカンやつ。。。 #デブ#デブごはん#デブの素#マヨネーズ#マヨネーズごはん

maaaaaai!!!!!さん(@okeyaxvocal)がシェアした投稿 –


ダイエッターの中では、マヨネーズご飯を取り入れながらも、大幅なウエイトダウンに成功したとのデータが多数UPされ、詳細がとても気になるところ!

マヨネーズご飯は、マヨネーズの油とタンパク質、お酢に含有されている成分と一緒に採ると、血糖値をコントロールして上昇することをブロックする効果が期待できるんです。

マヨネーズご飯は、適度に空腹を満たしてくれたり、濃厚な味わいで食べ応えもあるため、ストレスを感じることなく楽しく継続できる方法となっていますよ☆

マヨネーズで美味しく楽しくダイエット!~おわりに~

vector-realistic-poster-with-a-plastic-pail-filled-with-olive-mayonnaise-and-a-nearby-twig-with-olives_1441-546

マヨラーかつダイエッターのみなさん、大好きなマヨネーズであっても、ダイエットできる方法は本当にたくさんあって、嬉しい情報を知ることができましたね。

マヨネーズが太りやすい調味料であっても、ダイエットの意識や食べる量、併用できる方法を自分なりに取り入れながら、美味しく楽しいウエイトダウンを叶えてくださいね♪

natural-yogurt-for-health_51137-90

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter