ダイエットにはつらい食事制限や運動がつきものと思われている人もいるかもしれませんが、一概にそうとは言いきれませ […]

posted on 2018.10.22

ダイエットにはつらい食事制限や運動がつきものと思われている人もいるかもしれませんが、一概にそうとは言いきれません。
辛いダイエットはその分挫折のリスクが高くなりますし、失敗を避けるためにもより自分に合った、楽なダイエット方法を模索していくことが大切になっていきます。
まずはダイエットのポイントやおすすめの方法について知っていく事から始めていきましょう。

そもそもダイエットに挫折する理由とは?

adult-alone-autumn-262075

ダイエット挫折するのは何故?

そもそもダイエットを断念してしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
人それぞれでその理由は異なってきますが、代表的なものであれば極端な食事制限や運動でストレスが溜まってしまう、停滞期のタイミングでくじけてしまう、明確な目標がないなどのケースが挙げられます。

ダイエットには適度な食事制限や運動が欠かせませんが、だからと言って過度にカロリー制限をしてしまえばそれが健康を損ねてしまう原因になっていきます。
運動の場合でもそれは同様で適度な量であれば筋力をアップさせたり、脂肪を燃焼させるなど効果が十分なダイエット効果が得られます。
ただ、それが過度の量になれば日常生活の負担になりますし、結果的に体を痛めてしまうなどマイナスな面も多くなっていきます。
運動でも食事制限でも長く続けることに意味がありますが、極端な食事制限や運動はその分挫折がおおくなり、結果的にダイエットの失敗を招きます。

停滞期には気持ちが落ち込みやすくなる

ダイエット中には体が脂肪や水分を体内にため込もうとする機能が働くことがあります。
ある程度体重が減りだしたころ、ダイエット中期になるとこの体の機能が活性化されますが、この期間中になるとダイエットをいくら頑張っても思うようにその成果が得られなくなります。
この時期を過ぎればまたダイエットの効果は出やすくなりますが、それまで我慢がきかず、ダイエットに挫折してしまうことがあるというわけです。
どのケースでも、この体重まで痩せる、この日までに痩せるなど、明確な目標があればまだいいのですが、そうでない場合には注意が必要です。
あやふやな目標でダイエットを続けていても、思うような成果は得られませんし、その分挫折するリスクも高くなっていきます。
ダイエットの際にはこうした挫折しやすいタイミング、ケースにも注意していくようにしましょう。
たったこれだけの事でもダイエットの成功率は格段に高くなっていきます。


ワガママ①おうちで出来る運動ダイエットおすすめ

外出したくないときにお勧めのダイエット

ダイエットをしたいと思ってはいるけれども、外に出てまで体を動かすをするとなれば専用のユニフォームなど道具が必要になってくることもあります。
また、外に出ること自体が面倒くさいと感じてしまう人も中にはいるでしょう。
そこで今回おすすめになってくるのが、出かけなくてもおうちでできる方法です。

簡単にはじめられる室内運動

室内で出来る運動にはいくつかの方法がありますが、その前段階として大切になってくるのが運動の前の準備です。
全身のストレッチなどを組み合わせて筋肉や筋をしっかり伸ばしていきます。
普段から体をあまり動かさない人がいきなり室内運動を始めると、その分けがのリスクが高くなっていきます。
そうならないためにもしっかりストレッチを行っていくべきです。
そしてある程度の準備が整えば、踏み台の昇り降り運動で下半身の筋力アップを図っていきます。
この運動は下半身筋力アップだけでなく、脂肪燃焼効果も期待することが出来ます。
やり方は簡単で、踏み台を用意してその正面に立ち、踏み台に昇ったり降りたりを繰り返すだけです。
たまに左右の踏み出しを変えるなどして左右同じように筋力アップをはかっていきます。

短時間で筋力アップを狙うならこの運動

この他、お勧めになってくるのがスクワット運動です。
この動作は簡単なようにも見えますが、意外に長く続けるにはコツが必要です。
まずは肩幅よりも少し広い程度に足を開いて胸を張り、お腹をひっこめた状態で目線はまっすぐ前を向きます。
この後、お尻を後ろに突き出すように、椅子に座るような感覚で腰を落としていきます。
この時、膝がつま先の先端から先に出ないようにするのがポイントです。
その後、最初の姿勢にゆっくりと戻していく、この動作を何度か繰り返していきます。
このスクワット運動は下半身の筋力アップはもちろんですが、基礎代謝アップの効果も期待することが出来ます。

ここで紹介したのは雨天時でも天候を気にせず室内で出来る運動という事もあり、手軽に始められる運動です。
まずは自分が始めやすいものから取り入れていくようにするといいでしょう。

ワガママ②運動ニガテさんでも出来ちゃう運動ダイエットおすすめ

exercise-fitness-jogging-6346

運動嫌いは手軽な方法がベスト

ダイエットをしたいけれども運動が苦手でなかなか手が出せない、そんな人におすすめになってくるのが比較的簡単にできると話題のダイエット方法です。
まず最初に取り上げられるのが呼吸法によるダイエットです。
普段は意識していない呼吸でも、その方法を少し変えるだけでも十分な脂肪燃焼効果を期待することが出来ます。
ポイントとなるのは深呼吸をするような深い呼吸です。
毎日の通勤や通学のタイミングでこの深呼吸を意識していけば、効率的に体に酸素が供給されて脂肪がより燃焼されやすい状態になっていきます。
毎日のウォーキングによって体調が安定し、ストレスも発散することができる、まさにいいとこ尽くしの方法というわけです。

運動以外にもダイエットの方法はある

この他、おすすめになってくるのが姿勢の改善、食生活の改善といった方法です。
普段から猫背気味という人であれば、その姿勢自体が太りやすくなる原因となります。
できるだけ背筋の伸びたきれいな姿勢を心掛けることで見た目にもきれいな状態をキープすることが出来ますし、腹筋や背筋を使う事で自然と基礎代謝はアップしていきるというわけです。

食事で摂取カロリーを制限

食生活に関しては、脂っこい食事をできるだけ避けるのはもちろんですが、腸内環境を整える玉ねぎヨーグルトを取り入れるのがおすすめです。
カロリー制限を徹底するのもダイエットには欠かせませんが、そもそもの体調を整えるためには胃腸の調子を整える規則正しい食生活が一番重要になっていきます。
また、純粋にカロリーを抑えるというのが目的であれば、春雨スープなどカロリー自体が低いレシピを積極的に取り入れるといいでしょう。
春雨スープであれば、小腹がすいたときなどにもベストですし、食材を変えるなどして毎食味にアレンジを加えることも可能です。
飽きっぽい人、毎日に通ったメニューが続いてダイエットに飽きてきたという人にもこのレシピであれば無理なく続けることが出来るというわけです。

ワガママ③食事制限と相性の良い運動ダイエットおすすめ

運動と食事制限の組み合わせがベスト

ダイエットの際、より効率的に体重を落としていく、脂肪を燃焼させていくためには食事制限を続けるだけでなく適度な運動を組み合わせるのがベストです。
どれだけ食事制限で摂取するカロリーを減らしたところで、それを十分に消費できるだけの運動をしていなければ意味がありません。
とはいえ、食事制限をしている段階で過度の運動をしてしまえば、それこそ体に大きな負担になってしまいます。
時には貧血や栄養失調による体調不良など、ダイエットを中断せざる負えないケースが起こりうることがあるので注意が必要です。
そこでおすすめになってくるのが、食事制限と相性のいいといわれているダイエット方法です。

有酸素運動と無酸素運動

食事制限をしている場合、まず無酸素運動によって体全体の筋力をアップしていきます。
その後有酸素運動によって脂肪燃焼を促していきます。
ある程度筋力が付いた状態で有酸素運動を長期間を続けていれば、自然と脂肪燃焼効果は上がっていきますしダイエットの効果も実感しやすくなっていくというわけです。

無酸素運動とは、いわゆる筋トレの事を差しています。
短時間で筋肉に負荷をかけて筋力をアップしていきます。
ここで無理をしすぎると筋肉痛や関節を痛めるなど支障が出ることもあるので、最初は無理のない程度にすすめていくのがベストです。
有酸素運動はその名の通り、酸素を取り入れながら続けられる運動の事を差していて、ウォーキングやスイミング、ジョギングなどがこれにあたります。
このダイエット方法も最初は無理なく、自分にあったペースで初めて行くのがポイントで、長く続ければ続けるほどその効果は高くなっていきます。

組み合わせの方法とは?

どちらの運動も単体では思うように効果が得られないこともありますが、食事制限とうまく組み合わせていくことで着実にその効果を高めていく事が可能です。
どんなダイエットをしてもうまく痩せられない、思うような効果を得られないという人はここで挙げた組み合わせを参考にしていくのがおすすめです。

ワガママ④アウトドア派の私にピッタリの運動ダイエットおすすめ

beach-clouds-dive-1029934

運動好きの人におすすめなのは?

ダイエットを始める人の中には、どちらかといえば体を動かすことが好き、アウトドアタイプの人もいるでしょう。
そういった人の場合、室内で同じ動作を続けるようなダイエット方法よりも、外でアクティブに活動する方法の方が性に合っている場合があります。

そんなアウトドア派の人におすすめになってくるのが、スイミングやランニングなど、一人でも始められるダイエット方法です。
スイミングは平泳ぎやクロール、バタフライなど泳ぎ方一つで楽しみ方も変わっていきますし、何より水中で関節などに負荷なく運動を続けることが出来ます。
ランニングの場合、自分のペースで続けられるのがメリットとして挙げられますし、外の景色を楽しみながら続けられるという点もアウトドア派の人にとっては大きな魅力点です。

仲間同士で楽しむ方法は?

この他、自分の他にも仲間がいる場合には、サッカーやバスケットボール、テニスなどの球技もおすすめになっていきます。
それこそ試合形式で運動を楽しむことができるので、目標も持ちやすくなりますし自分一人ではなく仲間と一緒に汗を流すことが出来るので意欲も高まります。
挫折しにくいスポーツを選びたいという人にはこうしたタイプの運動がベストになってくるというわけです。

人気のダイエット方法はある?

最近ダイエットの一つとしておすすめなのが、ボクササイズです。
一見すと難しそうに思われる人もいるでしょうが、最近ではジムで女性専用の教室が開かれるなどその人気はより高くなっています。
全身運動なので、短時間でも効率的に筋力アップ、脂肪燃焼効果をはかっていきたいという人にはうってつけです。
まずは自分の好みに合ったスポーツを生活の中に取り入れていく事、そして、いかに楽しみながらそのスポーツを続けていく事が出来るのかという点が大切になっていきます。
ダイエットにばかり目を向けるのではなく、時には自身のストレス発散、趣味のためにスポーツを取り入れていくのも一つの手です。

ちょっとした工夫でさらに挫折しづらくなる!

挫折しないためにできること

ダイエットは食事制限や運動が辛くなればなるほど挫折のリスクが高くなっていきますが、ここまであげた方法を参考していけば十分にそのリスクを低くしていく事が出来ます。
無理なくダイエットを続けていくためにはいかにダイエットを楽しむことが出来るのか、そのためには自分の体質や好みに合った食事制限や運動を取り入れていくのが一番です。

そして、そこにプラスαとして大切になってくるのがダイエットに関する知識です。
どれだけ自分に合った食事制限や運動を取り入れることが出来たとしても、その意味を十分に理解していなければ挫折の恐れが出てきます。
どのダイエット法を取り入れることでどれだけの効果があるのか、カロリーに関する数字や体の作りなどを十分に理解していく必要があるわけです。

カロリー計算と栄養についての知識

例えば、毎日の食事で気になるカロリーについてです。
食べる量をただ単に減らせばそれでダイエットに繋がるというわけではなく、体に必要な栄養素は適度に摂取する必要があります。
無酸素運動を取り入れている人であれば猶の事、質のいい筋肉を作るためには良質のたんぱく質は欠かせません。
バランスのとれた食事を心掛けて、必要に応じてプロテインやサプリメントなど補助食品をうまく活用していきます。
たったこれだけの事でもダイエットの効果はあらわれやすくなりますし、結果的により健康的な体作りも可能になっていきます。

運動の順番にもポイントがある?

この他、運動の方法、順序にもポイントがあります。
運動はいつしてもいいというわけではありません。
脂肪燃焼が起きやすいのは運動をして20分以上がたったタイミングです。
ですから、有酸素運動の前には無酸素運動を行い、ある程度身体を暖めておく準備が必要という事です。
食事制限や運動を組み合わせてダイエットをしているという人は、こうしたちょっとしたダイエット知識を前もってチェックしていく事が大切です。
ここで挙げた点を押さえておくだけでも、ダイエットの成功率はさらに高まっていきます。

まとめ

ダイエットを成功させるためにはいくつかのポイントがあります。
まずは自分の好みや性格に合った食事制限や運動を取り入れる事、ここで挙げた具体例を参考にしていくのがおすすめです。
そして、それにプラスして挫折しないための工夫を施していくことで、その成功率は格段に高くなっていきます。
これまでダイエットに何度も挫折してきたという人は一度、参考にしていくといいでしょう。

exercise-female-fitness-42400

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter