体重を減らすだけなら食事を減らすだけでも十分です。しかし、ただ痩せるだけでなく、綺麗になりたい、健康的になりた […]

posted on 2018.10.19

体重を減らすだけなら食事を減らすだけでも十分です。しかし、ただ痩せるだけでなく、綺麗になりたい、健康的になりたいという場合には運動は欠かせないはずです。
様々な運動の中でも消費カロリーの高いスイミングは、ダイエットに適していると言われています。健康にも良い効果が期待できるため、実践してみてはいかがでしょうか。

スイミングで消費できるカロリーは高い!

評判のスイミングダイエットをチェック

ダイエットのためには運動が必要だと知っている人は多いでしょう。
評判のスイミングダイエットとは、水中での有酸素運動によって痩せることを目指していく運動のことです。
ダイエットしたいけれど、スイミングは苦手な人もいるかもしれません。
しかし、水中を歩くだけでも効果はありますし、必ずしも激しく泳ぐ必要はないのです。

また、スイミングダイエットは陸上での運動よりも効率が良いことも特徴です。
ジョギングやサッカーなどと比べても消費カロリーが圧倒的に高いため、
短期間で痩せたいと考えている人に最適です。
痩せるためにはカロリーを消費する必要がありますが、
激しい運動を行うのは大変かもしれません。
手軽にできて痩せられることがスイミングダイエットのポイントです。

スイミングダイエットの消費カロリー

1時間の水泳でどのくらいのカロリーを消費できるのかチェックしておきましょう。
消費カロリーは年齢や性別、体重、基礎代謝によって変わってきますが、
クロールなら1000kcal~1300kcal、
平泳ぎなら470kcal~700kcalの消費量と言われています。
クロールの方がカロリー消費量は高くなりますが、
もちろん平泳ぎでもダイエット効果は期待できます。

また、運動というのはゆっくり続けて行うことで効果を発揮するものです。
スイミングの場合、少しずつ泳ぐのと続けて泳ぐのでは
消費カロリーが変わってくることを知っておきましょう。
そう考えるとクロールではなく、ゆっくり長時間泳げる平泳ぎの方が
ダイエットに向いていると言えるかもしれません。
ゆっくりクロールで泳ぐという方法もありますが、息継ぎのこともあるので厳しいでしょう。
平泳ぎができない人はビート板を使って泳ぐ方法があります。

痩せて美しくなりたい人におすすめ

スイミングは消費カロリーが高いというメリットがありますが、
それ以外のメリットもチェックしておきましょう。

水には浮力があるため、体重が重い人や高齢の人など
運動が苦手な人でもスムーズに体を動かすことができます。
足や腰などへの負担を減らすことができますし、
ゆったりと長時間運動を続けることができるのです。

また、体に水圧がかかるので血液の流れをスムーズにする効果もありますし、
心肺機能が上がるというメリットもあります。
さらに、体全体に負荷がかかる運動であるため、
筋肉がしっかりついて引き締まったスタイルになることができます。

girl-1154734_1920


スイミングダイエットがおすすめの理由

スイミングは全身運動なのでおすすめ

スイミングは水圧の負荷で消費カロリーも高く、脂肪燃焼効果も高い運動と言われています。
また、水の浮力によって膝や腰に負担がかかりにくいため、
太っている人や高齢の人などが始めやすいこともポイントです。
ウォーキングやジョギングなどは負担が大きい体重め、
なかなかできないという人にもおすすめです。

水中に入るだけで1.3トンの圧力がかかるとされています。
その圧力に対して泳ぐため、陸上での運動よりも筋肉を多く使うことになります。
スイミングは腕を回したり、足を動かしたりして全身を使うことになるでしょう。
全身の筋肉を使って泳ぐことでバランスよく筋肉がつきますし、
脂肪を燃焼しやすい体を手に入れることができるのです。

スイミングのダイエット効果をチェック

スイミングを行うことで高いダイエット効果が期待できます。
運動の中でも消費カロリーが高いため、
カロリーの摂りすぎが原因で太っている人に最適です。

ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことですが、
スイミングを行えば簡単に消費カロリーを増やすことができるのです。
また、スイミングは水の抵抗を受けながら全身の運動ができます。
全身の筋肉をバランスよく引き締めることができるため、
理想のスタイルを目指せることもポイントです。
全身にバランスよく筋肉がつくため、基礎代謝を高めることにも繋がるでしょう。
結果として安静にしていても燃焼しやすい体になれるのです。

簡単にできるスイミングダイエット

水中は浮力が働くので体重が重い人でも体への負担が少なくなります。
ジョギングなどは体が重くて辛いと感じる場合、スイミングを試してみると良いでしょう。
水中なら体が軽くなったように感じますし、
陸上よりも体を動かしやすくなるということです。

スイミングをすると水圧で肺を広げることが難しくなるため、
自然と腹式呼吸になることもポイントです。
腹式呼吸でたっぷりと酸素を吸うことで有酸素運動の効果もアップするのです。
有酸素運動は酸素を取り込んで行う運動のことであり、糖と脂肪を燃焼することができます。
最初は糖が使われますが、少しずつ脂肪も燃焼されていきます。
脂肪を燃焼することで体脂肪の減少に繋がるでしょう。
継続することで効果が実感できます。

結果を出すスイミングダイエットのメニュー

スイミングダイエットの方法とは

スイミングダイエットといっても泳ぐだけではありません。
水中ウォーキングは水中を歩くだけですし、泳げない人でも気軽に挑戦できるでしょう。
水中ウォーキングは陸上のウォーキングの2倍もカロリーを消費すると言われています。
水の浮力の関係で足腰への負担が好きないため、太っている人でも挑戦しやすいです。

ちなみに、陸上でのトレーニングでは必要以上に足に負荷がかかるため、
足に余計な筋肉がついてしまうことがあります。
適度な筋肉のついた足は綺麗ですが、
筋肉がつきすぎると逆に太くなってしまうこともあるので注意しましょう。
スイミングダイエットならそのような心配もありませんし、
バランスよく筋肉をつけることで脂肪を落とすことができるのです。
水中ウォーキングは1時間程度行うと良いでしょう。

効率よく痩せたいならクロールが良い

クロールは消費カロリーがかなり高いため、
スイミングが得意な人はクロールで泳ぐのがおすすめです。
息継ぎの回数を減らせば早く泳げるようになりますが、
ダイエットで重要なのは長時間泳ぐことです。

早く泳ぐとすぐに疲れてしまい、長時間泳げなくなるので注意しましょう。
しっかりと息継ぎをして力を抜き、リラックスして泳ぐことがポイントです。
息は水中で鼻から吐き、顔が上がった時に口から吸いましょう。

クロールは他の泳ぎ方と比べても圧倒的に消費カロリーが高いです。
消費カロリーには個人差もありますが、
1時間あたり最大1300calも消費できるといわれています。
これは陸上でのジョギングの2倍以上の消費カロリーとなります。
200m以上泳ぐと脂肪の燃焼が始まるため、
できるだけゆっくり長く続けることが大切です。

簡単にできておすすめの平泳ぎ

スイミングダイエットで最もおすすめの方法は平泳ぎです。
平泳ぎは他の泳ぎ方に比べて簡単ですし、楽に続けることができます。
簡単にできるということで本当に痩せられるのか不安に感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、ダイエットで大切なのは継続することです。
できるだけ負担をかけないように30分以上泳ぐことにより、
確実な効果が期待できるのです。

背中の脂肪が気になるなら背泳ぎもおすすめです。
背泳ぎは背中の筋肉を使うことになるため、背中の脂肪を落とすことができます。
ゆっくり続けることで効果が実感できるでしょう。

swimming-1300943_1920

 

スイミングダイエットでの注意点

スイミングダイエットでは食事に注意

スイミングが終わると疲れますし、たくさん食べたくなるかもしれません。
しかし、食べ過ぎてしまうとスイミングの意味がなくなってしまいます。
ダイエットで痩せるためには摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす必要があります。
食べ過ぎを防ぐためにも毎日きちんとカロリー計算を行いましょう。

摂取カロリーを減らすために食事制限を行う方法もありますが、
無理な食事制限は体への負担が大きくなってしまいます。
栄養バランスも崩れやすくなるため、無理な食事制限は避けましょう。
バランスの良い食事を1日3食しっかり食べることが大切です。
また、泳いでいると大量に汗をかくため、
スイミングの前には十分な水分補給が必要となります。

カルニチンもきちんと摂取する

カルニチンはスイミングダイエットに効果的という話や
カルニチンは脂肪燃焼を促進するという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。
ですが、カルニチンがどのような仕組みで
スイミングダイエットに役立つのかよく分からない人が多いでしょう。
カルニチンはスイミングダイエットをサポートしてくれる成分であることは確かです。
そこでカルニチンの正しい働きを知っておくと良いでしょう。

カルニチンは脂肪を燃焼させるためには必要となります。
しかし、カルニチン自体に脂肪燃焼を促進するという効果はないので注意が必要です。
サプリメントなどでカルニチンだけを摂取してもなかなか痩せられないかもしれません。

スイミングダイエットで痩せるための注意点

スイミングダイエットで脂肪を燃焼させるためにはまず、
脂肪が分解されて血液中に放出される必要があります。
この血液中に放出された脂肪は遊離脂肪酸と呼ばれています。
遊離脂肪酸を増やすためにはスイミングを長時間行いましょう。

そして、血液中の遊離脂肪酸を体内の組織で
エネルギーとして取り込む時にカルニチンが必要となります。
しかし、遊離脂肪酸に対してカルニチンが足りない場合や
遊離脂肪酸が多すぎる場合、遊離脂肪酸は肝臓に取りこまれて再び脂肪へと合成されてしまいます。
そのためカルニチンをしっかり補っていきましょう。

水中は温度が体温よりも低いため、準備運動をしてから水中に入ることも大切です。
いきなり水中に入ってしまうと体が驚き、
発作などが起こってしまうこともあるので注意が必要です。

 

スイミングダイエットの効果を高める食事

スイミングダイエットでは炭水化物を控える

スイミングダイエットにおすすめの食事法とは、
炭水化物や糖質が多い食事をできるだけ避けるというものです。

炭水化物とは主に米やパン、麺類のことです。
糖質が多い食べ物としてはじゃがいもやサツマイモ、
りんご、バナナといった果実などが挙げられます。

人参やレンコン、ゴボウといった根菜類も意外と糖質が多いので注意しましょう。
もちろん甘いお菓子にも糖質がたくさん含まれています。

スイミングダイエットをしてもなかなか痩せないという場合、
糖質の過剰摂取やカロリーの過剰摂取が原因と考えられます。
スイミングは有酸素運動の中でも消費カロリーが高いですが、
消費されたカロリー以上に食べれば当然太ってしまいます。

無理な食事制限はしない方が良い

スイミングダイエットを行っている場合、
無理な食事制限はしない方が良いとされています。
スイミングはとてもカロリーを消費する運動であり、
摂取カロリーを減らしすぎると体調不良などを引き起こす原因にもなります。
また、食事を制限すると最初に筋肉が落ちてしまうため、
基礎代謝が低下して太りやすい体質になってしまうこともあるのです。
栄養バランスを考えて1日3食しっかり食べるようにしましょう。

特に筋肉の元となるタンパク質はきちんと摂取する必要があります。
タンパク質は肉や魚、乳製品などに多く含まれています。
これらはカロリーの高いものも多いため、食べすぎには注意しましょう。
白身魚ささみなどは低脂肪かつ高タンパクなのでダイエットに最適です。

スイミングダイエットの食事における注意点

スイミングダイエットを行う場合、
泳いだ後ではなく泳ぐ前に食事を摂っておくこともポイントです。

泳ぐ前に食事をすると食事のカロリーは泳ぐ際のエネルギーとして消費されますが、
泳いだ後に食事をすると食べた物がそのまま脂肪に変わってしまうのです。
また、食事をしてすぐに運動をすると内臓に負担がかかるため、
30分〜1時間前までに食事をしておくことが大切です。

スイミングダイエットをしてもなかなか体重が減らないという場合、
カルニチンが不足している可能性が考えられます。
カルニチンには脂肪燃焼の効果があるため、
カルニチンが不足すると効率よく脂肪を燃焼できなくなるのです。
カルニチンが足りないと感じたらサプリメントなどで補うようにしましょう。

pool-3105790_1920

まとめ

スイミングはダイエットに高い効果が期待できる運動です。
ジョギングなど他の運動と比べても圧倒的に消費カロリーが高いため、
気になっている場合は初めてみると良いでしょう。
スイミングは体への負担が少ないというメリットもあります。
あまり泳ぎが得意ではないという人もいるかもしれませんが、
専門トレーナーのアドバイスを受けてダイエットをするという方法もあります。

 

fun-1850709_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter