• エクササイズ法
  • 辛い食事制限や激しい運動は必要無し!お手軽ダイエットで楽々痩・・・

ダイエットは辛い食事制限や激しい運動をしないといけないというイメージがあります。辛くなく激しくないダイエットは […]

posted on 2018.10.30

ダイエットは辛い食事制限や激しい運動をしないといけないというイメージがあります。辛くなく激しくないダイエットはあるのでしょうか。実は、日常から取り入れることのできるお手軽なダイエット習慣があります。お手軽なダイエット習慣ってどんなものでしょうか。今回は日常で取り入れたいお手軽なダイエットについてご紹介していきます。

日常で取り入れたいお手軽ダイエット習慣

belly-black-and-white-black-and-white-42069

日常で取り入れたいお手軽ダイエット習慣は四つあります。お手軽ダイエット習慣を紹介していきます。

姿勢を良くする

お手軽ダイエットの一つ目は、姿勢を良くすることです。意外と姿勢が、悪くなっていることがあります。姿勢が悪くなるとお腹に脂肪がたまったり、基礎代謝が落ちたりして太る原因になります。姿勢を良くすると姿勢が悪い時の逆の効果が出てきます。意識して姿勢を良くしましょう。姿勢を良くするだけで基礎代謝が上がり、くびれができます。

早起きをする

お手軽ダイエットの二つ目は、早起きをすることです。スマホ等を夜遅くまで触って、夜更かしして仕事や学校の直前まで寝てはいませんか。早起きすることで、長時間起きていることになり体の中で消費するカロリーが大幅に増えます。特に午前中は基礎代謝量が多いといわれているので、早起きをする方がダイエットにもなり、お得です。

腹式呼吸をする

お手軽ダイエットの三つ目は、腹式呼吸をすることです。普段の生活の中の呼吸は、ほぼ腹式呼吸になっていません。胸で呼吸する状態になっています。胸で呼吸するのを意識的に腹式呼吸に変えるだけで、ウエストが引き締まってきます。呼吸法で意識するのは、肺よりもお腹で呼吸することです。お腹で呼吸することに慣れれば、お腹の中央にある丹田を意識して行います。一日五回気が付いた時に連続で腹式呼吸を行ってみましょう。腹式呼吸することで気持ちが落ち着き、さらに代謝が大幅に上がってきてダイエットにもなります。

鏡を見る習慣をつける

お手軽ダイエットの四つ目は、鏡を見る習慣をつけることです。鏡を一日一度は、見ているはずです。朝起きたときか夜寝るときに裸で、全身を鏡に映してみましょう。鏡で全身を見ることで自分の体のチェックができ、さらに自分の体の嫌な所を改善しようとする意識が働いてきます。改善しようという気持ちがダイエットにつながります。モデルさんや女優さんは、鏡を見る習慣をつけている人が非常に多いです。ぜひ、鏡を見る習慣をつけましょう。

少し食事を工夫するだけでお手軽ダイエット

breakfast-1246686_1920

一日三回の食事の時でも工夫してお手軽なダイエットができます。食事の時にできるお手軽なダイエットをご紹介していきます。

よく噛んで食事をする

食事を工夫するダイエットの一つ目は、よく噛んで食事をすることです。ダイエットしているとき、食事のメニューは健康的なご飯を食べているのに痩せないという人に非常に多くみられます。食事にかける時間が非常に短いことがダイエットに成功しない原因になっています。
一口三十回を目標に噛んでみましょう。なかなか三十回は噛むことができません。意外と早食いになっていることがわかります。よく噛むと満腹中枢が刺激されて、お腹いっぱいまで食べることはなくなります。腹八分目や腹七分目で終わることができ、食事の際にカロリーを取りすぎることなく、お手軽にダイエットできるのです。

おやつはヘルシーなものを食べる

食事を工夫するダイエットの二つ目は、おやつはヘルシーなものを食べることです。ダイエット中におやつを食べたくなる時が必ずあります。我慢できればいいですが、我慢すればするほどおやつが食べたくなります。実は、ヘルシーなおやつなら食べてもいいのです。どのようなおやつがヘルシーなおやつなのでしょうか。
ヘルシーなおやつは、チョコレート、ミックスナッツ、フルーツタルト、ロールケーキ、せんべいがおすすめです。チョコレートは、小分けされたチョコレートを二、三個、ミックスナッツなら片手分の量が適量となります。フルーツタルト、ロールケーキはコンビニで売っているものを一つ食べれば十分な量になります。せんべいは、二、三枚です。
食べ物ではなくアルコールが入っている飲み物になりますが、甘酒もおすすめです。甘酒は栄養補給になるので、朝食前に飲むか、朝食、昼食を甘酒に置き換えるという方法がいいでしょう。おやつはヘルシーなものがいいですが、決して食べすぎないようにしましょう。

食事の前に飲み物を飲む

食事を工夫するダイエットの三つ目は、食事の前に飲み物を飲むことです。食事の前に何を飲めばいいのでしょうか。おすすめが四つあります。食事の前に飲む飲み物でおすすめは、豆乳、ショウガ茶、炭酸水、ココア、白湯です。
豆乳は豆乳の成分である大豆サポニンが、満腹中枢を刺激して食べすぎを防止し、さらに脂肪の吸収、燃焼を促してくれます。さらに大豆イソフラボンは、便秘解消、新陳代謝が上がる効果があります。ショウガ茶は、辛み成分であるジンゲロールが胃液が出るのを促し、消化をよくする働きがあります。
炭酸水を飲むと胃が膨れるので満腹感が得られ、食べすぎ防止に役に立ちます。飲む量は150mL~200mLほどです。ココアは、便秘解消、満腹感が得られます。ココアは特に三度の食事よりも朝食に特におすすめです。白湯は、体温が上がり血行がよくなるので、体の代謝の働きを高める効果があります。味のある飲み物は嫌だという人は、炭酸水、白湯を特におすすめします。

食事は食べ終わったらすぐ下げる

食事を工夫するダイエットの四つ目は、食事は食べ終わったらすぐ下げることです。ダイエット中にお腹が空いていないのに食事をしてしまう事があります。目で見て食べ物がおいしいとわかっているから食べたくなるのです。その結果、カロリーの取りすぎでダイエットしているのに痩せないという現象が起こります。だから食事が終わったらすぐに下げるようにしましょう。

正しい入浴をするだけでダイエット効果

お風呂お風呂に毎日入っているのに入浴をダイエットに利用しない手はありません。痩せない入浴法をしていませんか。正しい入浴をするだけでダイエットの効果があります。

中温半身浴

入浴の時にできるダイエットの一つ目は、中温半身浴です。中温半身浴とは、まずぬるめのシャワーから始め徐々に温度を上げていき、体温を上昇させます。体温が上がった時点で39度から40度で半身浴を二十分間から三十分間行います。後は体、髪の毛を洗いもう一度好きなだけ入浴を楽しむ方法です。これだけで100~200カロリー消費できます。

高温半身浴

入浴の時にできるダイエットの二つ目は、高温半身浴です。中温半身浴とほぼ同じですが、半身浴する時間と入浴の温度が違います。高温半身浴は、シャワーで始まり、入浴の温度は42度でかなり高温になりますが、消費のカロリーが中温半身浴の倍約400カロリーになります。入浴は三回行い、初めに一分、半身浴さらに体、髪の毛を洗ったあと、ゆっくり五分ほど半身浴するのと最後に二、三分全身つかること、お風呂から上がるときに水を浴びます。

お風呂上りに効果抜群なお手軽マッサージ

body-2703420_1920お風呂上りに痩せる効果抜群のマッサージもあります。道具を使わずお風呂上りにできる非常に簡単なマッサージなのでやってみましょう。

お腹のマッサージ1

お腹周りが気になる方におすすめです。お腹の脂肪をつまむ方法です。では、やり方を説明していきます。まず、両手を拳に軽く握り、お腹を軽く叩きましょう。そのままお腹を軽く押し、拳をほどいてお腹の肉を両手でつかみ揉みます。指先でお腹を時計回りに押していき、次に手のひら全体でお腹を時計回りに円を大きくしていきましょう。脇腹の肉をおへそに向かって強くマッサージします。最後におへその下にもっていくようにマッサージしていきます。何日かやっていると効果が現れてきます。

お腹のマッサージ2

お腹のマッサージの二つ目です。お腹のマッサージ1と同じでお腹の脂肪をつかむマッサージなのですが、できるだけ早く揉みます。まず横になり、両手を組みます。組んだ両手の手のひらでお腹と腰周りの脂肪をできるだけ早くつまんで揉んでいきます。1日10分ぐらいで大丈夫です。重要なのは腰の部分を重点的に揉むことです。

ふくらはぎ、太もものマッサージ1

足のむくみが気になる人におすすめのマッサージです。足の全体がすっきりしてきます。足が濡れている状態でする方がいいので、ボディーマッサージオイルを持っている人は使いましょう。持っていない人はお風呂でやっても構いません。手の第二関節を使って、ふくらはぎ、ふとももをゴリゴリとマッサージしていきます。下から上へとマッサージするのがポイントです。特に内側を刺激するといいでしょう。

ふくらはぎ、太もものマッサージ2

ふくらはぎ、太もものマッサージの二つ目です。指四本を使います。親指から薬指までを使ってふくらはぎ、太もも全体を押し込むようにマッサージしていきます。マッサージが終わるころには、ふくらはぎ、太ももが軽くなっている感じがします。ふくらはぎと太ももにあるリンパが流れ出していることが実感できます。足痩せとともに疲れも取れます。

 

毎日続けたいダイエット運動

sport-2250970_960_720毎日運動も続けてみましょう。お手軽ダイエットと両方やると効果が上がります。

お腹へこませダイエット

お腹へこませダイエットは、非常に簡単な運動です。ジーパンを履くときにお腹をへこませます。そのへこませ方を運動として取り入れます。お腹全体に効果ありです。やり方を説明します。まず四つん這いになり、力を抜きます。するとお腹が重力で下に引っ張られてお腹ポッコリ状態になります。腹式呼吸でお腹をへこませながらお腹を動かす。この運動を5回から10回繰り返します。かなりお腹に効いていることがわかることでしょう。

テレビ見ながらダイエット

ダイエットの運動の二つ目は、何かしながら運動するダイエットです。運動するぞと決意しても続かない人にはおすすめになります。テレビを見ながらスマホをいじるのではなく、運動しましょう。テレビを見ながら簡単な運動ができます。例えばテレビを見ながら、体育座りをして手をお腹に置いて体を左右にねじります。たったこれだけでお腹の横の脂肪に効果があります。
他には体育座りをして両手を後ろにつき、両足を伸ばしたり、膝を曲げたりします。これはお腹に効果があります。お尻、太ももが気になる人は、横向きに寝て、上側の足を上げたり、下げたりします。反対側も行います。意外と毎日やっていますと効果が現れてきます。

歯磨きしながらダイエット

毎日一回~三回歯を磨きます。その歯を磨く時を利用した運動になります。朝、夜の歯磨きの時に洗面台の前でできる運動です。背筋、腹筋、太ももに効果があります。やり方は、足を腰幅に広げて立ち、右足を斜め後ろに伸ばしつま先で床をタッチします。次に右足を左足側に伸ばしてつま先で床をタッチするだけです。この運動を右足、左足それぞれ10回繰り返します。

掃除しながらダイエット

家事で掃除をしながらダイエットの運動もすることができます。掃除機を使いながらできる運動の紹介です。掃除機を持って両足を揃えて背筋を伸ばし、お腹をへこませます。次に掃除機の動きに合わせて膝を揺らし、膝を曲げましょう。膝を曲げた時に曲げた膝が、つま先より前に出ないように注意が必要です。腰を落とすイメージで運動を行います。慣れてきたら腰のひねりも加えましょう。お腹、太ももに効果があります。

お手軽ダイエットで頑張らずに痩せよう!

daieto辛い食事制限や激しい運動をしなくても日常の生活の中でダイエットになることはたくさんあります。気合を入れずについでにダイエットするという感じでお手軽ダイエットを利用してみましょう。何かのついでにちょっと運動してみる、ちょっと食事の前に飲み物を飲む、食事の前に何かつまむ、お風呂の入り方を工夫する、お風呂上りにマッサージをするなど色々方法があり、組み合わせで効果もどんどん上がってきます。
ぜひ、お手軽ダイエットを参考にしてもらって自分なりのやり方を見つけ、色々無理をしないで、何種類かの方法を組み合わせて、ぜひお手軽ダイエットで頑張らずに痩せましょう。

woman-3177574_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter