11

痩せたいならスクワット!?1回で腹筋100回分の効果があるって本当なの?

「痩せたい!」と思い立ってはじめた運動。 「ぽっこりお腹を凹ませる」ための運動といえば、代表的なものは腹筋運動 […]

posted on 2016.04.20

11
「痩せたい!」と思い立ってはじめた運動。
「ぽっこりお腹を凹ませる」ための運動といえば、代表的なものは腹筋運動が思いつきます。
毎日20回のセットを5回やるぞ!…と意気込むも三日坊主。なんて経験、ありませんか?
実は腹筋を100回おこなうことは、スクワットを1回するのと同じくらいの運動量。
元々痩せている人が腹筋を割るために腹筋運動をおこなうのは高い効果を発揮しますが、ダイエットをおこなう場合はお腹まわりや太ももなどに負荷をかける、「スクワット」が実はオススメの運動方法です。

ダイエットにはスクワットがいいって本当!?

12
それでは、スクワットのダイエット効果は何なのでしょうか?

スクワットの効果【筋肉量が増え、新陳代謝もアップ】

・全身運動であるスクワットは、全体的な筋肉増加に貢献します。
⇒筋肉量が増加すると自然に新陳代謝も上がり、お腹、太もも、足、背中の肉を全体的に落とすことにつながります。
・ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています!
⇒全身の血液循環に関わりがあり、心臓の働きを助けています。
・大きい筋肉を動かせばダイエットの効率が良いんです!
⇒汗をよくかき、老廃物を流して代謝アップにつながります。
結果、スクワット運動を継続することで基礎代謝を向上させ、太りにくい体作りが出来るのです!
ただし、やりすぎると筋肉質な体になってしまいますので注意してください。


ダイエットに効くスクワットの方法とは?

 13
出典:http://yasepuri.jp/exercise/squatdiet/

次のような手順で、スクワットをおこないます。

  1. 肩幅に足を開き、手をまっすぐに伸ばす
  2. 太ももが床と平行になるまで、ゆっくりと腰を下ろす
  3. ※背中を丸めない
  4. その状態をキープ。息を吐きながら2秒静止。
  5. ゆっくり、元の状態に戻す

※スクワットで意識するポイントは「ひざの位置」
⇒ひざを曲げるときは、太ももが床と平行になるまで曲げるのが理想ですが、きついと感じた場合はできるところまでで良いので、無理をしないでください。
無理をしてひざを痛めたり、姿勢が崩れてしまうと本末転倒なのでできるところまでおこないましょう。

スクワットダイエットには頻度も重要だった!?

14
やりすぎは、筋肉質な体に鍛え上げてしまうのでシェイプアップ目的の場合は適度におこなうように、注意してくださいね。
目安【1セット15回程度、1日3セット】
ほどよい筋力トレーニングのダイエットがおこなえます。
また、スクワットをしている最中、細くしたい部位を意識しながらおこなうと効果的です。

最後に

15
スクワットダイエットは、【コストをかけず】に【自宅での空き時間】にぴったりなダイエット方法です。
継続的におこなって体のシェイプアップにつとめましょう!

11

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter