• エクササイズ法
  • 【医師監修】ストレスとサヨナラ!ホルモンと上手に付き合ってダ・・・
pexels-photo-185801

【医師監修】ストレスとサヨナラ!ホルモンと上手に付き合ってダイエットを成功させる秘訣

実はホルモンはダイエットと密接に関わっているんです。約100種類あると言われているホルモンのうち三つを紹介・解説します。

posted on 2017.07.21

Woman Jumped in Front of White and Brown House during Daytime

食事制限や、運動、トレーニングを日々頑張っているのになかなか痩せない、ストレスでよく寝られない、といった経験はありませんか?それは、もしかしたら、体内のホルモンのバランスの悪さが原因かもしれません!

ホルモンは体内の特定の器官で分泌・機能し、体の恒常性(ホメオスタシス)の維持や情報の伝達において重要な役割を果たしています。ホルモンのバランスの乱れの原因の多くはストレスによるものです。特に現代ではストレスなどの刺激を受けることが多いと言われています。ホルモンバランスが健康の維持やダイエット成功に欠かせません!

今回は、ホルモンとダイエットの関係について詳しく見ていきましょう。

ホルモンについて知ろう!

丸, 経口避妊薬, コントロール, 誕生, 避妊, 妊娠, 避妊薬, 医療

現在、人間の体内には100種類ほどのホルモンが存在していると言われています。今回はこれらのうち三つに絞って紹介していきます。

コルチゾール

コルチゾールとは…

・ストレスに反応して分泌(別名「ストレスホルモン」)
・副腎皮質から分泌される、糖質コルチコイドの一つ
・働き:三大栄養素の代謝の制御&免疫機能の制御

以上のようにコルチゾールとは人間の生命維持に必要不可欠なホルモンなのです。

しかし、ストレスを多く感じてしまうとこれが過剰に分泌されてしまいます。そうなると、記憶を司る脳の海馬の萎縮、血糖値の上昇、免疫力の低下などの症状が出てしまいます。

また、疲労回復を促進させるホルモンの分泌も妨げてしまうため疲れが残ってしまったり、食欲の抑制ができずに太りやすい体になってしまったりします。

このような状態が続くと、分泌元である腎臓が疲弊し機能が低下することで、分泌量が減ってしまいます。そうなってしまうと逆に、ストレスへの耐性が減り、集中力や判断力の低下、極度の疲労などの症状が現れてしまいます。

関連記事:食べ過ぎを防いでくれるホルモン?!オキシトシンについて解説!

エストロゲン

エストロゲンとは…

・女性ホルモンの一種
・女性の健康や美容、精神状態の維持に重要
・働き:骨や血管、脳などの健康状態の維持&肌の水分量と皮脂量の調節

以上のように、このホルモンは女性にとって健康面でも美容面でも欠かせないのです。

このエストロゲンは、夜型の生活サイクルの人やストレスが多い人は過剰に分泌されやすいことが知られています。過剰に分泌されたり、逆に少なかったりすると、生理周期や自律神経が乱れてしまいます。バランス良く分泌されれば、脂肪燃焼を促進させるのでダイエット効果が見込まれます。

テストステロン

テストステロンとは…

・男性ホルモンの一種(男性だけでなく女性にも分泌される)
・働き:筋肉をつけやすく、脂肪がつきにくい体にするアンチエイジング効果をもたらす

筋肉が付くことで基礎代謝が上がり、結果として太りにくい体となります。つまり、テストステロンはダイエットに効果的なホルモンであると言えます。

また、テストステロンは体内のエネルギー生産に大きく関わっている「ミトコンドリア」という細胞小器官の活性化も担っています。このミトコンドリアは細胞の修復をしたり、新しい細胞を作ったりしています。つまり、テストステロンによって代謝が良くなり、老化を抑えることができるのです。

このホルモンもストレスが多いと分泌が減ってしまい、テストステロンの分泌量が減る→筋肉が付きにくくなる→脂肪が付く、という負の連鎖が起きてしまいます。

今紹介したホルモンは三つとも、全てストレスが多いと分泌量のバランスが悪くなってしまい、かえって健康状態に悪影響を及ぼしてしまいます。ではどうしたら防げるのでしょうか。

ストレスホルモンを抑えるには?

女の子, 嘘, リラックス, 若いです, ルーム, ホワイト, かわいい, 幸せ

アメリカの南カルフォルニア大学が2011年に発表した研究によると、人は猫背・前かがみでいるよりも、胸を張って姿勢良くしたほうがストレスに強くなることが判明しました。というのは、姿勢を良くするだけで、コルチゾールは減少し、テストステロンが増加するからです。

現代ではパソコン作業や手元のスマホ・タブレットに夢中になって、下を向くことが増え、姿勢が悪くなりがちです。姿勢を良くして顔を上げる時間を意識して増やすことでストレスを感じにくくなり、ホルモンバランスが整い、ダイエット効果が上がるでしょう。

まとめ

pexels-photo-264214

姿勢を良くすることは、どこでも、誰でも実践することが出来ます。体内の重要なホルモンの働きを最大限引き出すためにも、今日から意識していい姿勢を保つようにしましょう。

関連記事:人気ダイエットクッキーでストレスフリーなダイエットを始めよう!

関連記事:【部位別】宅トレ徹底解説!目指せ全身痩せ!

関連記事:体に良いと話題!アラサーの体づくりは脂マネジメントから!

pexels-photo-185801

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter