• エクササイズ法
  • ランニングのお悩み一挙解決!食事前?筋トレ後?夜が良いの?
db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

ランニングのお悩み一挙解決!食事前?筋トレ後?夜が良いの?

ダイエットをするなら取り入れるべき有酸素運動ですが、それをするタイミングは一体いつが良いのでしょうか。正しいタイミングで走るのとそうでないタイミングで走るのでは、同じ運動強度でも効果が薄れてしまいます。ダイエットに最適な正しいランニングのタイミングを学んで、効率的に走りましょう。

posted on 2017.05.12

ダイエットをするにあたって有酸素運動をしようとランニングを取り入れる人は多いと思います。しかし、ランニングの効果的なタイミングを知っていますか?

今から始めようと思っている人も、もうすでにランニングをしている人も、そのタイミングを見直して、正しいときに有酸素運動を取り入れてみましょう!

関連記事:太ももマイナス10センチ?!下半身痩せに効果抜群なスクワット5選

食事の前後、どちらが効果的?

1700ec56fa396b05d10486da417d0f65_s

まずは食事の前と後でどちらのほうが効果的なのかをみていきます。

これはずばり、自分の目的によって変えることが効果的とされています。どういうことかというと、脂肪燃焼が目的の場合は食事の前に、筋肉量UPが目的の場合は食事の後にランニングをすると効果的だということです。

食事の前のランニング

食事をとる前に有酸素運動をすると、脂肪がエネルギーとして使われやすくなるため、脂肪燃焼のためには食事の前のランニングがオススメです。さらにランニング後の食事では、栄養が筋肉の方へ流れていくので脂肪として蓄えられる心配もありません。

しかし実は、少し注意が必要です。完全な空腹状態でランニングを行うのはとても危険です。空腹時は血糖値が低い状態にあるため、その状態で走るとさらに血糖値が下がってしまうからです。

脂肪を効率的に燃やすためには、糖質は不可欠です。すぐにエネルギーになりやすい糖質を摂取しておくようにしましょう。単糖類ではなく多糖類を含んだ食品がオススメです。例えば、バナナや餅などがあります。

食事の後のランニング

栄養が満ち足りている状態での有酸素運動は、空腹時よりも高い運動効果が期待でき、めまいや貧血の症状も出にくくなります。

しかし、満腹状態でのランニングは腹痛を引き起こしたり消化不良につながってしまうので、最低1,2時間は開けて行いましょう。

この食事の後のランニングは、筋肉をつけたいと思っているダイエッターにおすすめのタイミングです。筋肉をつけることを目的とするならば、食後にしっかりと筋トレをすると良いでしょう。

筋トレの前?後?どちらが効果的?

ダイエットをする上で、有酸素運動(ランニング)と無酸素運動(筋トレ)を組み合わせて行う人が多いと思いますが、間違った順番だと効果が薄れてしまいます。みなさんはどちらを先に行っていますか?

正しい答えは、「無酸素運動(筋トレ)→有酸素運動(ランニング)」です。

筋トレで筋肉を温めると基礎代謝がアップし、有酸素運動での脂肪燃焼率も大きくあがります。減量をしたい場合は有酸素運動を多めにし、筋肉をつけたい場合は筋トレに時間をさくと良いでしょう。

仮に反対の順で行った場合、有酸素運動により、筋トレに必要な筋肉エネルギーが不足してしまいます。これでは筋肉に十分な負荷がかけられず、筋トレの効果があまり期待できません。

 

朝と夜ではどちらが効果的?

run-847957_960_720

出勤前、早朝にランニングをしている人、夜中にゆっくりランニングをしている人、人によって走るタイミングは様々です。自分の生活リズムや性格に左右されるところが大きいと思いますが、ダイエットには朝と夜、どちらがむいているのでしょうか。

さまざまな考えがありますが、メリットの数から言えばその答えはとされています。

朝ランニングの効果

朝は1日のうちで最も体温が低くなっています。そこで朝ランニングを行うと体温とともに代謝も高まり、朝ランニングをしていない状態よりも日中の動きに脂肪燃焼効果が出てきます。通勤のため歩くという行動も、朝ランニングをしている方が脂肪が燃焼されやすくなるのです。

また睡眠により夕食の栄養はほとんど残っておらず、朝食を食べる前にランニングをするとエネルギーを使うときに確実に脂肪から取られます。つまり、脂肪燃焼を目的とするダイエットにはもってこいなタイミングなのです。

ただし、朝ランニングには注意しなければならないポイントがいくつかあります。

①水分補給と軽い糖分摂取をしましょう。喉カラカラ&空腹の状態で走っては危険です。コップ一杯の水とバナナなどの多糖類など糖分を摂ってから走りましょう。

②準備運動はしっかり!朝は長くゆっくり走ること。体温の下がっている状態での急な運動は危険です。徐々に心拍数を上げていくことを心がけてください。

https://www.instagram.com/p/BTNYCf0DgFc/

https://www.instagram.com/p/BT0U8TvltoE/

夜ランニングの効果

夜ランニングの効果としては、ダイエットではないのですが、リフレッシュできるというメリットがあります。夜ランニングをしている人によると、1日の疲れを汗とともに流し、スッキリとした状態で眠りにつけるようです。

また、夜は体温が1日のうちで最も高くなっている状態なので、短い時間でもランニング効果が出てくれるのが良いのかもしれませんね。

注意点としては、暗い中で走るのは車や自転車との接触事故に巻き込まれやすく危険なので暗闇でも目立つ格好をして走るようにすることです。

https://www.instagram.com/p/BSQ_pSNgplc/

 

まとめ

脂肪燃焼を目的とするダイエットのために走るのであれば、朝、食事の前に、食事の後なら筋トレの後に走るのが効果的だということがわかりました。

しかし、ダイエットは継続が一番大事!そして無理は禁物! 無理してリズム付けることはしなくて良いのです。自分の生活リズムや性格にあったタイミングでランニングを取り入れてみてください。

関連記事:太ももマイナス10センチ?!下半身痩せに効果抜群なスクワット5選

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter