43

泳いで痩せる!水泳ダイエットの効果を高めるコツを知っておこう!

水泳に行く頻度は、決して毎日である必要はありません。むしろ毎日泳いでいると疲労が抜けないままになってしまい、運動の効率が悪くなってしまいます。週に2,3日、余裕を持てる程度の頻度で泳ぎにいくと、最も効率よく効果的に水泳ダイエットに取り組むことができるでしょう。

posted on 2017.01.10

43

ダイエットに有効なスポーツと言われて、一番に思いつくスポーツといえばランニング、そして水泳ではないでしょうか。今回は、水泳ダイエットにはどのような利点とデメリットがあり、どのようにダイエットを行えばより効果的になるのか、そしてダイエットを長く続ける秘訣は何かという点について説明していきます。

関連記事:ダイエットの定番!水泳ダイエットの3つメリットと成功させる秘訣とは?

水泳ダイエットのメリット・デメリット

027

水泳ダイエットのメリット、デメリットそれぞれについて説明していきます。

メリット

水泳ダイエットの一番のメリットといえば、やはり消費カロリーが非常に多いということです。水中は、陸上で動くのと比べてさらに水の抵抗があるので、同じ距離を進むために必要な力が大きいです。そのため、水中をゆっくり歩くだけでも、陸上でのウォーキングよりもさらに大きい効果が得られます。さらに、泳ぐのは腕でかき、足で蹴り、体幹の筋肉を利用して体を浮かせるようにする必要があります。このように、全身の筋肉を非常に多く使うので、消費カロリーはとても大きいです。ほかのメジャーなスポーツと比較しても、その消費カロリーは絶大です。

デメリット

消費カロリーが大きいというのはダイエットにとっては非常に有効であり、一見ダイエットにとってはデメリットなどないと思えるでしょう。しかし、その消費カロリーの大きさは逆にネックとなってしまうことがあります。水泳はほかのスポーツと比べておなかがすきやすいスポーツであるといわれています。ここでおなかがすいた分だけ食べてしまうと、ダイエットの効果はなくなってしまいます。
また、水泳ダイエットでは長時間水に入っていることになるので、冷え性になってしまうことがあります。プールから上がった後しっかりお風呂につかるなどして体を温めることが大切です。


水泳ダイエットで痩せるには?

41

水泳ダイエットで痩せるために、最初から長距離を泳ぎ続けるのは無理があります。まず、泳げない場合は一時間程度の水中ウォーキングから始めるのが一番よいでしょう。市民プールの多くにはウォーキングコースがあり、足が楽につく深さになっています。そのため、泳げなくても安心です。泳げる場合でも、普段から泳いでいなかった場合は300メートル前後から初めて、徐々に距離を増やして最終的には30分くらいゆっくり泳ぎ続けられるようになりましょう。さらに泳ぎ続けて、2,3キロ泳げるようになれれば、相当な量のカロリーを消費することができます。
水泳に行く頻度は、決して毎日である必要はありません。むしろ毎日泳いでいると疲労が抜けないままになってしまい、運動の効率が悪くなってしまいます。週に2,3日、余裕を持てる程度の頻度で泳ぎにいくと、最も効率よく効果的に水泳ダイエットに取り組むことができるでしょう。

水泳ダイエットを続ける秘訣

42

水泳ダイエットを続けるのに一番大事であるといっても過言ではないことは、無理をしすぎないということです。無理をしてしまって、疲れすぎたり、いやな思いをしてしまったりしてはダイエットが続きません。また、水泳も速く泳ごうと必死になってしまうと有酸素運動ではなく無酸素運動になってしまい、脂肪を燃焼する効果よりも筋肉を鍛える効果が大きくなってしまいます。筋肉が増えれば代謝は増えるので、結果的に脂肪がつきにくい体質にはなりますが、直接的に脂肪を燃やす効果は薄れてしまいます。
また、いろいろなメニューを取り入れてみるのがよいでしょう。クロールだけや、平泳ぎだけ、などではなく、ほかの二種目も泳げる場合は、四種目それぞれまんべんなく取り組んでみたり、ビート板を使ってキックだけの練習をしてみたりするというのもよいでしょう。こうすれば、飽きずに水泳ダイエットを続けられるでしょう。

最後に

水泳は、数あるスポーツの中でも最も効果的なダイエット法の一つです。ですが、デメリットもいくつかあるので、それらについてもしっかり把握したうえでダイエットに取り組むようにしましょう。

関連記事:スポーツで心も身体もリフレッシュ!楽しみながら痩せられるスポーツダイエット10選

記事参考元:
水泳はダイエット効果絶大!平泳ぎとクロールの消費カロリーは?
水泳のダイエット効果と続けるためのポイント
43

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter