064

目的別腹筋ダイエット!女性らしく美しい腹筋を鍛える方法とは?

水着を着るために腹筋トレーニングに励んでいる方も多くいらっしゃるかとは思いますが、男性のように逞しく割れた腹筋ではなく「女性らしさ」が手に入るトレーニングの仕方を知っていますか?本当に引き締めたい部分に集中的に効果をもたらす腹筋方法を3つご紹介します。

posted on 2016.07.30

064

夏到来。とうとう女性も水着になってお腹の露出が避けられない季節になりました。

トレーニングに励んでいる方も多くいらっしゃるかとは思いますが、男性のように逞しく割れた腹筋ではなく「女性らしさ」が手に入るトレーニングの仕方を知っていますか?

本当に引き締めたい部分に集中的に効果をもたらす腹筋方法を3つご紹介します。

美しい腹筋ダイエット①おへそ周りの脂肪には?

065

クランチという腹直筋を鍛える腹筋方法があります。
腹直筋とは、シックスパックで知られるお腹の表面近くにある腹筋です!
面積も大きく、たるんでいる時と引き締まっているときの見た目の差はかなり違います。

066

それでは実際の手順について説明します!

おへそから上の腹直筋「上部」を鍛える「クランチ」

①仰向けになり胸元で手をクロス。ふくらはぎが床と平行になるように脚を持ち上げ、ひざを90度にまげてキープ。
②腹筋に力を込め、お腹を軽くまげて、頭と肩を床からすこし持ち上げます。この状態を「基本姿勢」とし、おへそのあたりに視線を固定します。
③特に上の方の腹筋に力を入れて、息をゆっくり吐きながら状態を丸めて持ち上げます。この時の視線もおへそのあたりを見るようにし、自分の限界ギリギリになる前で止め、息をすべて吐ききります。
④息を吸いながらもう一度②の基本姿勢に戻します。このとき頭を完全に床につけずに、②~④の動作を10~15回行います。


美しい腹筋ダイエット②ぽっこり下腹には?

067

腹直筋の「下部」を鍛えてお腹をペタンコに近づける「リバースクランチ」

①仰向けになり、両手は伸ばして床につけます。膝をまげた状態で足を天井方向に上げ、お尻は床につけたままの状態を「基本姿勢」とします。
②腹筋を丸めるようにして腰からお尻を床から浮かせます。この時膝を胸元に引き寄せるようなイメージで行い、伸ばしてつけた両手で体重を支えます。
③腹筋の力を使いながら、ゆっくりと①の基本姿勢に戻ります。①~②を10~15回繰り返します。

このトレーニングを行う際は、勢いよくやるのではなく下腹部の力でゆっくり行いましょう。

美しい腹筋ダイエット③くびれを手に入れるには?

068

女性らしさのシンボル「くびれ」を作る「バイシクルクランチ」

①基本姿勢はクランチと同じです。膝を90度にまげて持ち上げ、腹筋を使って頭と肩を浮かせます。手は耳の後ろに添える形で。
②左膝を胸方向に惹きつけながら右足をまっすぐに伸ばします。同時にお腹を左向けにひねり、右肘と左膝を近づけます。これの反対で、今度は右膝をまげて左足をまっすぐに伸ばし、お腹を右方向にひねる動作を5~15回繰り返しましょう。

ここでポイントになるのは、伸ばした足を床と平行にする際、床に降ろさずに少しだけ浮かせておくことがポイントです♪

最後に

069

腹筋トレーニングを効果的に行って、素敵なお腹とくびれを見せつけちゃいましょう!

064

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter