137

いつでもどこでもできちゃう!?部位別6秒シェイプアップ法

なんでもやりすぎは禁物!?毎日頑張る必要もない!1日おきくらいのペースでサイズダウンが可能なんです。そんな簡単いつでもどこでもできちゃう、部位別の6秒シェイプアップ法をご紹介します。

posted on 2016.07.11

137
もうすぐ夏本番!がっつり鍛えて水着を着れる体型を目指すぞ・・・!と意気込んでいる方も少なくはないはず。

でも過度な筋トレは女性らしい身体からかけ離れてしまうかも!?なんでも「やりすぎ」は禁物なんです。じっくり負荷をかけていくことで、しなやかな身体を作ることができるんですよ。

しかも、毎日頑張る必要もない!1日おきくらいのペースでサイズダウンが可能なんです。そんな簡単いつでもどこでもできちゃう、部位別の6秒シェイプアップ法をご紹介します。

部位別シェイプアップ法①お腹

138
女子の永遠の悩みである「お腹」。
便秘がちやお酒のせいでぽっこりお腹が気になっている人も沢山いますよね。お腹が引き締まっていないとヘソ出しのお洋服も水着もなんだか勇気でなくて着れないし、でもそんなのもったいない!6秒シェイプアップで引き締まったお腹を手に入れましょう。

<お腹の6秒シェイプアップ>

1.脚を揃えて立つ。両足のかかとをつけ、つま先は上半身がふら付かない角度に開く。
2.息を大きく、肺全体に空気を入れ込むように吸い込んで止める。
3.下腹に徐々に力を入れながら、おへそを背中にくっつけるような気持ちで、引っ込めていく。この時、ウエストの側面もおへそ方向へ引っ込めるように意識する。
6秒間キープし、ゆっくりと息を吐ききる。これを5回繰り返す。


部位別シェイプアップ法②太もも

139
意外と痩せにくいのが「太もも」。鍛え過ぎればアスリートのような足になってしまう心配もありますが、6秒シェイプアップならそんな心配は無用!また、ファッションを楽しむ上で体型はとても重要。太ももが太いだけでジーンズが上手に着こなせません。太ももが痩せればファッションの視野もグンと広がりますね。

<太ももの6秒シェイプアップ>

1.イスに浅く座る。両ヒザを内側方向へ思いっきり力を入れ、6秒キープして力を抜く。
2.ヒザの外側を両手で挟み、手は内側方向へ、膝は外側方向へ開くように押し合い、6秒キープ。終わったら力を抜く。これを交互に5回繰り返す。

部位別シェイプアップ法③ウエスト

140
くびれ欲しい・・・と誰もが悩んだことがあるはず。くびれがあるだけで、身体にメリハリがついて見えます。実は、筋トレばかりではウエスト部分のサイズダウンには繋がらないんです。

<ウエストの6秒シェイプアップ>

1.背筋を伸ばし、足を揃えて椅子に座る。この時、机とお腹の間隔は握りこぶし1個分ほど空ける。
手の平から肘まで、机の上につける。ヒジが体から離れないように脇の下をしめる。
2.机についている腕の部分をグッと下方向へ押す。お腹を力いっぱい引っ込めながら6秒キープし、力を抜く。これを5回繰り返す。

141
毎日繰り返すハードな筋トレは精神的にも大変。鍛えすぎるとお腹や太ももの幅が大きくなってしまうこともあるんです。しかも、脂肪をきちんとなくすことができずに脂肪の下から筋肉が発達すれば、逆効果。太って見えてしまいます。

簡単で軽い6秒シェイプアップで、素敵な美ボディ目指して頑張りましょう!

記事参考元:
http://www.lifehacker.jp/2011/12/111225sixsecondstraining.html
https://locari.jp/posts/24660
http://allabout.co.jp/gm/gc/444031/
137

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter