training-828726_1920

運動生理学に学ぶ!筋トレの後に有酸素運動をするべき本当の理由とは?

有酸素運動をやるなら筋トレを行ってからというのはよく言われることです。ではなぜ筋トレの後に有酸素運動を行った方 […]

posted on 2016.04.20

training-828726_1920
有酸素運動をやるなら筋トレを行ってからというのはよく言われることです。ではなぜ筋トレの後に有酸素運動を行った方が体脂肪を減らす上で得なのでしょうか?今回はそれについてお話ししたいと思います。 

有酸素運動がダイエットにもたらす効果とは?

pregnant-31154_1280

泳いだりバイクを漕いだりスポーツクラブでのエアロビクスなどが有酸素運動で、筋トレは無酸素運動になります。
直接体脂肪を燃焼してくれるのは有酸素運動のほう。
筋トレ自体は体脂肪をほとんど燃やしていないんです。


筋トレがダイエットにもたらす効果とは?

sports-shoes-115150_1920

筋トレは体脂肪をほとんど燃やしてくれないのに、どうして筋トレをするべきなのでしょう?それは筋トレを行った刺激による身体の代謝の変化にポイントがあります。
筋トレを行った直後には代謝が上がります。
その状態は約48時間続くという研究も出ています。
しかも、代謝が高い状態が続く上に加え脂肪の使われる率も高くなるんです。

筋トレ→有酸素運動で賢く脂肪を燃焼しよう!

clock-650753_1920

ランニングを30分40分続けるのはつらいですよね。
そのためにも筋トレを先にすることが必要となります。
ただ、注意点にも留意しましょう。
——————————————————————–
この筋トレ&有酸素運動を行う場合、注意しなめればならない点が2つある。
1つ目は、トレーニング時間を長くしすぎないということだ。
個人差はあるが、長時間トレーニングをしていると、ストレスホルモン「コルチゾール」が分泌され始める。
このコルチゾールは、筋肉を分解してしまう働きを持っている。
筋肉が削り取られながらトレーニングをしていては愚の骨頂である。
大体の目安としてトレーニング時間は、筋トレと有酸素運動合わせて1時間〜2時間くらいにしておこう。
2つ目は、エネルギー補給を怠らないことだ。
筋トレ&有酸素運動は、どちらか一方を行うのに比べて、多量のエネルギーを必要とする。
エネルギーが無い状態でトレーニングをしていると、ここでも筋肉が削り取られていってしまう。
普段の食事をしっかり食べるのはもちろん、トレーニング前のエネルギー補給(おにぎり、バナナ、ウイダーインゼリーなど)、
トレーニング中のスポーツドリンク(糖質が含まれる物の方が良い)の補給を徹底しよう。
——————————————————————–

記事引用元: http://hosomacho.com/hosomacho/fat-burning.html

sushi-491425_1920

以上、効率の良い運動の仕方についてご紹介しました!
トレーニングはがむしゃらにやってもずっと続けてれば効果は出ますが、どうせやるなら効率よくトレーニングをしたいですよね。
正しい運動生理学を知って効率的に痩せちゃいましょう!

記事参考元:
http://hosomacho.com/hosomacho/fat-burning.html
http://www.fitnessjunkie.jp/archives/2801
training-828726_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter