体の他の部分はそうでもないのに、お尻が大きい女性、少なくはないですよね。小さいお尻はパンツルックやどんなファッ […]

posted on 2018.11.30

体の他の部分はそうでもないのに、お尻が大きい女性、少なくはないですよね。小さいお尻はパンツルックやどんなファッションも着こなすので、女性ならば誰しも小尻に憧れます。今回は、お尻が大きい人のために、お尻が大きくなってしまう原因や、ダイエット法をお伝えしたいと思います。

お尻が大きかったり垂れたりする原因は?

お尻が大きくなる原因:その1「セルライト」

お尻が大きくなってしまう原因の1つには「セルライト」がついてしまうことがあります。セルライトとは、脂肪が老廃物などと一緒に固まってしまったもののことで、一度ついてしまうとなかなか取ることが難しい厄介なものです。

セルライトは、お尻の部分をぎゅっと手で絞ったときに、ぼこぼことなっている部分のことで、女性は特にセルライトがつきやすく、血流の悪い下半身には特につきやすいのです。

 

お尻が大きい人は、このセルライトがついてしまっている可能性があります。

お尻が大きくなる原因:その2「冷え性」

「冷え性」もお尻が大きくなってしまう原因の1つです。女性は特に冷え性の人が多いかと思いますが、特に下半身の冷えにお悩みの人が多いでしょう。下半身は先ほども述べたように血流が悪いので冷えやすく、そしてむくみやすいのです。お尻が冷えてしまうことで、むくみもひどくなってしまい、そのむくみを放っておくと、お尻がおおきくなってしまうのです。

お尻が大きくなる原因:その3「骨盤の歪み」

2dd17161ca98d74fa6452fe042ced01f_s

お尻が大きくなってしまう原因に、「骨盤の歪み」が挙げられます。女性の中で、座るときによく足を組んで座っている人は要注意です。骨盤が歪んでしまい、そのせいでお尻が大きくなってしまっているかもしれません。

骨盤の歪みが原因で、お尻が大きくなってしまっている人は、骨盤の歪みを解消しなければなりません。そのためには、自分自身で解消するのは難しいことも多いので、整骨院などにいって専門家に解消してもらうことをおすすめします。

日常的に、自分で「足を組んで座らない」や「片方の手でばかりバックを持たない」など意識することも大切です。

お尻が大きくなる原因:その4「骨盤が開いている」

骨盤が開いてしまうと、それだけでお尻が大きくなってしまいます。女性は、どうしても出産を経験すると骨盤が開いてしまいます。このときに、意識して骨盤を正しい位置に戻さないでいると、お尻が大きくなってしまい、元に戻すことが難しくなってしまうのです。

お尻が大きくなる原因:その5「運動不足」

現代人の多くは、日常的に運動不足になってしまっています。このことが、お尻が大きくなってしまう原因のひとつです。運動不足でいるとお尻の筋肉が衰えてしまい、ほとんどが脂肪になってしまっている可能性があります。運動不足を解消して、少しでも小さいお尻にすることを目指しましょう。この際、ただ脂肪を落とすのではなく、筋肉をきちんとつけることを意識しなければいけません。

お尻が垂れる原因:その1「座り方が悪い」

もしあなたのお尻が垂れてしまっているのならば、それは座り方が悪いせいかもしれません。例えば、椅子に座るときに足を組んだりあぐらをかいたりしていると、骨盤が歪んでしまいお尻が垂れる原因となってしまいます。椅子に座るときには、深く腰をかけ、背筋をまっすぐに伸ばした状態を意識するようにしましょう。お尻がつぶれてしまわないように少し太ももに重心をかけるようにするといいでしょう。

お尻が垂れる原因:その2「ヒールを長時間履く」

女性のおしゃれに欠かせないハイヒール。このハイヒールがお尻が垂れてしまう原因になってしまっている可能性があります。

ハイヒールを履いている女性で、膝が曲がったままで歩いている人は要注意です。ハイヒールを履いておしゃれをしているのに、この歩き方では見た目もかっこ悪いですよね。

この膝を曲げたまま歩くことが、骨盤を後ろの方に傾かせてしまい、最終的にはお腹がでっぱりお尻が垂れ下がってしまう原因になるのです。

お尻が垂れる原因:その3「お尻の筋肉不足」

お尻が垂れてしまう原因のひとつに、そもそもお尻の筋肉が不足しているということが挙げられます。お尻の筋肉を増やしたいならば、毎日の習慣として普段からお尻に力を入れるようにするといいです。こうすることで、お尻に不要な脂肪がつかなくなり、小尻になることができます。

女性の脂肪はそもそも垂れやすいという性質がありますので、普段からお尻に力を入れて、お尻が垂れないように気をつけましょう。

 


お尻のダイエット法【エクササイズ】

小尻エクササイズ

【やり方】

①ヨガマットなどを敷いて、うつ伏せに寝転びましょう。

②股関節を外側に開いて足を広げます。

③足を広げたまま、足を浮かせてキープします。

④そこから、足を限界まで開いていきましょう。

⑤この動きを10回繰り返します。

【ポイント】

エクササイズの最中に呼吸を止めないように注意しましょう。

ヒップアップエクササイズ

【やり方】

①ヨガマットなどを敷いて、その上に仰向けになって寝転びましょう。

②両膝を立てて、息を大きく吸います。

③息を吐きながらヒップを持ち上げましょう。このとき、肩から膝までが一直線になるようにします。

④再び息を水ながら元のポジションへとゆっくりと戻りましょう。

⑤この動きを1回として10回を1セットとします。これを朝と夜に1セットずつ行うようにしましょう。

【ポイント】

腰をあまり高く持ち上げすぎると、腰を痛めてしまうので注意しましょう。


View this post on Instagram

リバースハイパーエクステンション^_^ お尻に効く〜^_^ #ボディメイク #ヒップアップ #美尻トレーニング #リバースハイパーエクステンション #高知 #高知市 #高知ジム #高知プライベートジム #高知パーソナルトレーナー #高知パーソナルトレーニング #パーソナルトレーニング #ワークアウト女子 #gym #bootyworkout #body #bodymake #workoutgirl #workoutmotivation #motivation #physique #workout #personaltraining #womansphysique #プライベートジム #パーソナルトレーニングジム #東京パーソナルトレーニング #出張パーソナル #出張パーソナルトレーニング #プライベートジムtakumi匠

完全個室プライベートジムtakumi匠さん(@privategymtakumi)がシェアした投稿 – 2018年11月月29日午前5時07分PST

 

お尻のダイエット法【ストレッチ】

小尻ストレッチ

【やり方】

①ヨガマットなどを敷いて、膝を直角に立てて座ります。

②足は腰幅よりもやや大きく開いて、両手をお尻よりも後方について体を支えておきます。

③その状態を保ったまま。左足首を右ももの上にのせます。このとき、左の股関節がしっかり開くのを意識しましょう。

④この姿勢のまま、上体を足のほうへと倒していきましょう。

⑤お尻や腰の筋肉がしっかりと伸びているのを意識しましょう。この状態を10秒間キープします。

⑥反対側の足も同様に行いましょう。

【ポイント】

上体を前方に倒す際には、背中が丸まってしまわないように気をつけましょう。骨盤ごと上体を倒すようにしましょう。

ヒップアップストレッチ

【やり方】

①肩幅に足を開いて真っすぐ立ちましょう。

②片足を後ろの方に引いて、つま先を立てます。

③つま先を立てた足を、内側から外側のほうへとぐるぐると回しましょう。これを10秒ほど行います。

④今度は逆方向へとぐるぐると回しましょう。

⑤反対側の足も同様に行いましょう。

⑥ここまでの流れを1セットとして、3セットを目安に行いましょう。

【ポイント】

お風呂上がりの20分以内にこちらのストレッチを行うと、血行がとても良くなっている状態で行いますので、脂肪が燃焼され、より小尻効果が期待できます。

View this post on Instagram

★ 【ヒップトレーニング】 ★ 【目的】 ・ヒップアップ ・内腿裏シェイプ ・お尻と腿裏の境い目 ・骨盤の安定性 ★ 【アドバイス&注意点】 ・骨盤が横にブレない ・骨盤の高さが床と平行 ・腰を反りすぎない ・呼吸を止めない ★ #美尻##美姿勢#美脚#尻#ヒップ#ヒップアップ#ヒップトレーニング#筋トレ#筋トレ女子#シェイプアップ##ダイエットジム#fitness#パーソナルトレーニング#浜松市#スポルタ

浜松市中区細島町パーソナルトレーニングジム「スポルタ」さん(@suporuta1001)がシェアした投稿 – 2018年11月月14日午後8時55分PST

お尻のダイエット法【マッサージ】

小尻リンパマッサージ

【やり方】

①片足を少しだけ後ろに引いて立ちましょう。

②両手の手のひらで、鼠蹊部(太ももの付け根部分)から腰までを少し力をこめてさすり上げていきましょう。

③お尻の横側の肉も腰の後ろまで、寄せていくようにもみほぐします。

④これを5回ほど繰り返しましょう。

⑤反対側の足を後ろに引いて、同じようにしましょう。

⑥お尻の上の腰の真ん中あたりにあるリンパ節に⑤までで集めた老廃物を指先に力を入れてさすって流します。

⑦両手とも拳をにぎって、リンパ節の周辺を三角形を描くように流していきます。

⑧これを5回繰り返しましょう。

【ポイント】

食後30分以内や、リンパ節が腫れているとき、熱があるときなどには行わないようにしましょう。

ヒップアップマッサージ

【やり方】

①左右のお尻の真ん中にあるツボである「環跳(かんちょう)」を握りこぶしでぐりぐりと抑えます。これを30秒間ほどじっくりと行いましょう。

②握りこぶしでぐりぐりと、尾てい骨の辺りからお尻の外側に向かってほぐしていきましょう。

③手のひらを使って、太ももの後ろ側から、お尻を持ち上げるようにさすり上げます。リズムよく10回ほど繰り返しましょう。

④お尻全体を手のひらで円を描くようにしてマッサージをします。

【ポイント】

お尻がむくんでいる人は、痛みを感じると思いますが、これを繰り返していくうちにむくみが取れて、痛みも消えていきます。お風呂の時間に行うとより効果的ですよ。

お尻が小さくなる生活習慣

正しい姿勢で歩く

4084b715fa4bea15d4bcdb80bbefaf31_s

歩くときの姿勢に気をつけるだけで、お尻を小さくすることができます。歩くときは、背筋をまっすぐに伸ばして、肩甲骨を寄せるようにして胸を開いて歩きましょう。また、着地するときはつま先を真っすぐ前方に向けて、かかとからしっかり着地をします。足を蹴り出すときにはお尻の筋肉を意識して蹴り出しましょう。腕は肩甲骨を寄せるようにして後ろに後ろに引きましょう。

大股で歩く

小尻を目指すには、とにかくお尻の筋肉を引き締めることが大事です。

歩くときに大股を意識して歩くと、お尻の筋肉や太ももの筋肉、さらには腹筋まで使うので、小尻を目指す人はぜひ大股で歩く習慣をつけましょう。いつもよりも、もう一歩前に着地することを意識すればいいですよ。

電車では立つ

普段電車を利用している人は、電車に乗っている間を小尻にする時間にしましょう。電車に乗ったときには、なるべく座らずに、立つようにします。この際、お尻の穴を閉めるようにして、お尻の筋肉を使いましょ。また、立っているときには、真っすぐに立つことを意識しましょう。足をクロスさせたり、片側の足に重心をかけたりすると、骨盤が歪んでしまい、これが大きなお尻の原因になってしまいます。

階段を使う

お尻を効果的に鍛えるには、階段の上り下りはとても効果的です。デパートや地下鉄の駅など、エスカレーターを使わずに、階段を使うようにしましょう。このとき、くどいようですがなるべくお尻の筋肉を使うように意識します。

階段を上るときには、かかとをつけるようにすると、お尻の引き締め効果がアップします。

 

ダイエットして引き締まったお尻を手に入れよう!

お尻が大きくなってしまう原因や、その解消法までを詳しくお伝えしましたが、いかがでしょうか。

女性は少しくらい丸みを帯びた体型が女性らしくていいですが、お尻はプリッと上を向いていたいですよね。

こちらの記事を参考に美しいヒップラインを手に入れてください。

adult-arms-beach-722036

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter