ダイエットをしているのに足だけがどうしても痩せられない、こうしたケースは決して珍しいことではありません。ダイエ […]

posted on 2018.12.23

ダイエットをしているのに足だけがどうしても痩せられない、こうしたケースは決して珍しいことではありません。ダイエットの効果があまり得られないという人の場合、その原因がいくつか挙げられます。より効率的に足痩せを進めていきたいという人はまず、詳しい原因と対処方法について、知っていくことから始めていきましょう。

筋肉質なふくらはぎの正体は?

筋肉質なふくらはぎの正体、人それぞれで多少の違いはありますが、主な原因とされているのがふくらはぎ部分にある腓腹筋とヒラメ筋という筋肉です。ふくらはぎの大部分を占めているこの筋肉が極端に鍛えられてしまった場合、見た目に足が太く見えてしまうことがあります。本来であれば、バランスよく筋肉はついていくものですし、極端な筋トレなどをしていなければ見た目にそれが目立つことはありません。ただ、骨盤のゆがみ、姿勢の悪さが影響して立ち方や座り方に偏りが出てしまうと、それがふくらはぎの筋肉にも影響を及ぼすことになります。ちょっとした体のゆがみでも、立ち方や歩き方が変わってしまい、筋肉の付き方にも変化があらわれてくることになる、これによって筋肉質な足が出来上がってふくらはぎ痩せが失敗してしまうというわけです。
学生時代に運動部だったという人、運動が好きだという人にもこうした筋肉が原因で足が太くなるというケースが多発していきます。途中運動をやめたとしても、過去に付いた筋肉の上に脂肪が蓄積され悪影響を及ぼしてしまうというケースもあるので、とりわけ注意が必要になっていきます。
ダイエットをしてもふくらはぎだけが痩せない、それは患部に蓄積された水分や老廃物、脂肪が原因となっていることもありますが、中には長年鍛えてきた腓腹筋とヒラメ筋が関係している人もいる、この点は覚えておくに越した事はありません。こうした腓腹筋とヒラメ筋が原因で足が太くなっている人は、食事制限で摂取カロリーを抑えても、運動で消費カロリーを稼いでも思うように効果が得られなくなっていきます。まず偏ってついた腓腹筋とヒラメ筋をどう対処していくのか、この点を抑えてから通常のダイエットに挑戦していくのがおすすめです。より効果的にふくらはぎ痩せを実現するために、見た目をきれいにしていくために、前もって知識を身に着けていく事が大切になってくるということです。


ふくらはぎ痩せを妨げる生活習慣とは?

adult-beautiful-bench-618914 (1)

ふくらはぎ痩せをするためには、極端に腓腹筋とヒラメ筋を鍛える生活習慣を改善することが大切になっていきます。足が太くなる原因がこの腓腹筋とヒラメ筋にあるという人であれば、まずその生活習慣を改善していくだけでも十分に見た目に変化があらわれてくることになります。必要以上についていた筋肉が徐々に減っていくわけですから、これと一緒にダイエットを続けていれば、その効果もより実感しやすくなっていきます。
足が太くなりやすくなる原因としてまず挙げられる生活習慣、それが体のゆがみを誘発するような行動です。足を組んだり、鞄をどちらか一方の腕だけで持ったり、一見すると誰しも経験しているような事ですが、こうした動作が毎日続くことで徐々に体のゆがみは助長されていきます。極端なケースであれば真っすぐに立った状態でも、見た目に骨盤が歪んでしまう人も中にはいます。足が太いことをコンプレックスに感じているという人はまずこうした生活習慣から改善していくことが大切です。
この他、足の血行を悪くする要因にもなる生活習慣にも注意が必要です。睡眠不足や乱れた食生活、日々のストレスなど、これが毎日のように続けば体の中のホルモンバランスが乱れてそれが体調にも影響を及ぼしていきます。血行が悪く成れば、それだけで太りやすい体質を作っていく事になるので、人によっては見た目に足が太くなってしまう事もあるというわけです。ダイエットをしてもなかなか効果が得られないという人は、ここで挙げた生活習慣がその原因として取り上げられることがあります。すべての人がそうというわけではありませんが、ふくらはぎ痩せの効果を最大限に引き出していくために、今一度自身の生活習慣を見直して足が太くなる原因となる要素を取り除いていきましょう。たったこれだけの事でも、ダイエットの効果があらわれやすくなっていきますし、その分ダイエットに対する意欲も増していきます。

ふくらはぎ痩せしたいなら遅筋を鍛えよう

足瘦せをしていきたいというのであれば遅筋を鍛えるのがおすすめです。筋肉には大きく分けて速筋と遅筋の二つの種類がありますが、短距離走など瞬発力を必要とするときに使用されるのが速筋です。速筋はその筋力を使うときに多くのエネルギーを使うのが特徴で、遅筋に比べて太くなるのがデメリットとして挙げられます。日常生活の中ではあまり使わない筋肉でもあるので、人によってはただ足を太くするだけの要因としてもとらえられてしまいます。つまり、筋肉が原因でふくらはぎが太くなっているという人は特にこの速筋が発達しすぎている可能性がでてくるというわけです。
ふくらはぎ痩せを効率的に進めていきたいのであれば、この速筋ではなく、遅筋を中心に鍛えていくと効果的です。遅筋は速筋に比べて細いので、多少鍛えたところで足が極端に太くなってしまう事はありません。筋肉を鍛えてしまうとその分足が太くなって逆効果になるのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、この点は心配ないということです。
遅筋を鍛えるためには足に軽い負担を掛けながら続ける運動がお勧めです。長時間動き続けることが出来るウォーキングや軽いスイミングなど、出来るだけ同じ動作を長く続けるものを選ぶのがおすすめです。瞬発力を鍛えるのではなく、こうした長くゆっくりとした動きを続けることでつけるのが難しいとされる遅筋を徐々に強くしていく事が出来ます。同時にヨガやストレッチなど、血行を良くする運動を取り入れるようにすれば、体の中にたまった老廃物や水分を排出しやすくなり、鍛えられ過ぎた速筋もスムーズに細くしていく事が可能です。遅筋を鍛えるだけでなく、速筋を細くしていく、この二つのポイントをしっかりおさえてさえおけば、効率的にふくらはぎ痩せを実現していく事が可能です。いくらダイエットをしても思うようにふくらはぎ痩せの効果が実感できないという人はここでのポイントを参考にしていくといいでしょう。

ヒラメ筋を鍛える筋トレ3選

body-brawny-exercise-1587647

ヒラメ筋を鍛えるために覚えておきたいのが、どの運動もゆっくりと動作を繰り返していくという点です。先にも挙げたように、短距離走などの瞬発力を鍛えすぎてしまうとその分太い速筋が発達してダイエットの逆効果となります。もちろん、適度な筋肉は消費カロリーを多くするために必要になってくるのですが、それで見た目に足が太くなってしまうようであれば意味がありません。太さのある速筋ではなく、より細く、長時間の運動で熱量が消費しやすい遅筋を効率的に鍛えていく事が大切になってくるわけです。
具体的にヒラメ筋を鍛えるのにおすすめのが、ウォーキングです。この時、正しい姿勢を心がけてお尻にきゅっと力を入れていきます。足の内側の筋肉を意識してゆっくりと歩くようにすれば、自然とバランスよくヒラメ筋を鍛えていく事が可能です。足をつけるのはかかとから、足全体を使って地面をけりだすようにして次の足を踏み出していく、この動作を意識するだけでもダイエットには効果的です。
次におすすめなのがスイミングです。水の中での抵抗力を利用してゆっくりした動作を意識していくと、より効率的に筋肉を鍛えることが出来ます。瞬発力を促す速筋は自然と弱くなっていくので、この点も魅力点の一つになっていきます。スイミングもウォーキングも有酸素運動の一つなので、辛い思いをすることなく毎日続けることも可能です。もちろん、毎日続けられるのかどうかは人それぞれで異なってきますが、継続して続けることで着実にその効果を実感していく事が出来ます。
最後におすすめになってくるのが、サイクリングです。ウォーキングでもスイミングでも似たような景色ばかりで飽きてしまうという人も出てきますが、サイクリングであれば一定のスピードで景色を楽しむこともできるので飽き性の人には打ってつけです。また、変速機能付きの自転車であれば最も軽いペダルにして足への負担を軽減することも可能です。ゆっくりと遅筋だけを鍛えることが出来る、この動作もふくらはぎ痩せにはベストです。

運動の後はふくらはぎを揉みほぐそう

運動の後、大切にしていきたいのが患部の疲れやむくみなどを解消するケアです。運動の後はとりわけ筋肉がつかれている状態、そのまま放置していると翌日の筋肉痛がひどくなってしまったり、ケガを誘発したりしてしまいます。こうした事態を防ぐためにも、出来るだけ運動の後はヒラメ筋をほぐすマッサージ、ストレッチを取り入れていきましょう。
簡単な方法であればまず、壁にお尻をついた状態であおむけになります。この状態から壁を伝って足をあげていくだけ、普段は下へ下へと蓄積されていく老廃物や水分も、このストレッチによって改善されて血液やリンパの流れも良くなっていきます。毎日寝る前や入浴後などに行うとより効果的です。
この他、毎日でも続けられる簡単なリンパマッサージもここではおすすめになっていきます。足のリンパに沿ってツボを刺激するようにしてマッサージをしていく、この時少し強めに刺激を与えてあげることで滞りがちであったリンパの流れを促進していく事が出来ます。マッサージジェルやオイルを使うと手の滑りが良くなるので、素人でも比較的簡単に実行できるのでおすすめです。
また、こうしたマッサージは軽いストレッチなどで全身の筋を柔らかくした状態、もしくは入浴後である程度血行が良くなっている状態で行うと効果をさらに高めていく事が出来ます。マッサージの主な目的は筋肉のコリを解消する事、それによっておこる足のむくみや血行不良を改善していく事です。毎日続けることで着実に足にたまる老廃物、水分は解消することが出来ますし、見た目に足は細くなっていきます。ふくらはぎ痩せを出来るだけ早く実感していきたいという時には、運動や食事制限ばかりに気を配るのではなく、こうした運動の後の患部のケアにも着目していく事が大切です。これからダイエットに挑戦するという人であれば猶の事、ここで挙げた点を参考にしていくといいでしょう。

ふくらはぎ痩せに最適!美脚になる歩き方

adult-blur-child-1070383

ふくらはぎ痩せには、普段の歩き方を変えるのがベストです。猫背で普段から姿勢が悪いという人、骨盤自体が歪んでいるという人であれば、先に挙げたようにヒラメ筋が偏ってついてしまうので意味がありません。いかに普段から正しい姿勢、正しい歩き方が出来るかで美脚になれるかどうかが変わってきてしまうということです。
美脚になるための歩き方でまず大切になってくるのはその姿勢です。視線は前方顎を引きつつも顔を下げすぎないようにするのがポイントです。そして、肩甲骨をしめるようにして胸を軽く張ります。ここで胸を張りすぎてしまうと前に進みにくくなるので、適度なバランスを自分で見極めていきましょう。
次のポイントはお尻の位置です。軽くお尻をしめるように力を入れると猫背が改善されて背骨のゆがみもましになっていきます。その状態で片足を踏み出し、かかとから着地する、足全体で地面を踏んでから地面をけるようにして次の足を踏み出していく、この動作を繰り返していくだけでも十分歩き方は変わります。
いきなりこれらすべてのポイントをクリアしようとすれば、難しい点も出てきます。最初のうちは姿勢を改善すること、猫背やゆがみを改善することを念頭において歩いていくのがおすすめです。姿勢を改善していくだけでもヒラメ筋の状態は改善されていきますし、よりバランスよくふくらはぎの脂肪を燃焼、そして筋肉をつけていく事ができます。ある程度姿勢を改善することが出来てから、歩き方にも意識を持っていく、もしも難しいという人がいれば専用のウォーキングシューズなどを用いていくのもおすすめです。専用のシューズであれば必要な部分に必要な分だけの筋肉をつけることが出来ます。よりバランスのとれた見た目にきれいなふくらはぎを手に入れるためにはこの方法が最適です。歩き方を改善していきたい、手軽な方法で足を細くしていきたいという人は参考にしていくといいでしょう。

まとめ

ふくらはぎ痩せのためには適度な筋肉が必要ですが、その種類、体質によっては逆効果となってしまうことがあります。効率的に足痩せを実現していくために、まずは筋肉についての知識を身に着け、効率的な運動方法について知っていく事からはじめていきましょう。より自分に合った方法で運動やケアを行えば、見た目にバランスのとれたふくらはぎが出来ます。

back-view-dress-fashion-1202281

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter