痩せるために食事制限や運動をしているのに、なかなか結果が出ないという人は多いです。努力が足りないのかと自分を責 […]

posted on 2018.12.20

痩せるために食事制限や運動をしているのに、なかなか結果が出ないという人は多いです。努力が足りないのかと自分を責めてしまう人がいますが、もしかすると血液やリンパの流れが悪いのかもしれません。ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれている部位で、マッサージすることで流れを改善するだけでなくダイエット効果も期待できます。

ふくらはぎマッサージダイエットとは?

bright-cardiac-cardiology-433267

ふくらはぎは第2の心臓。

ダイエットをするためには、厳しい食事制限とつらい運動をしなければいけないというイメージが定着しています。確かにダイエットの基本は摂取カロリーと消費カロリーのバランスを見直す必要がありますが、カロリーだけでなく生活の中に太ってしまう原因がある場合が多いです。
人間の心臓から送り出された血液は、新鮮な酸素を届け二酸化炭素を戻していきます。リンパ液も老廃物などを流す働きがありますが、心臓のようなポンプがないために筋肉などの動きの助けを借りています。ただ、心臓から遠く離れた足までくるとうまく流れなくなってしまうことが多いです。そこでふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。

ふくらはぎをもむだけのマッサージダイエットとは。

第2の心臓であるふくらはぎにはポンプ機能がありますが、冷えなどで血液の流れが滞ってしまうことが多いです。自分で触ってみて、カチカチに硬くなっていたり、むくんでいるようですとポンプ機能がうまく働いていない証拠です。ウォーキングをすると、筋肉が使われ血液の流れが改善しますが、仕事などで忙しくなかなか歩く機会がないという人も多いでしょう。
そこでおすすめなのがふくらはぎマッサージダイエットです。ふくらはぎの筋肉は歩くだけでなく、手で押すことでもポンプの機能を発揮します。下半身にたまっていた血液が流れ始めるので全身の血流がよくなります。実際にマッサージしてみると、もんでいる部分だけでなく全身があたたかくなるのを感じることができるでしょう。

マッサージすることで得られる効果。

マッサージするだけで痩せられるというのは夢のようなことかもしれません。けれども、ウォーキングをするのと同じ効果を発揮できるので、ダイエットに効果的なことが分かります。運動が苦手で会ったり、歩く時間がないという人にこそ試してほしいダイエット方法です。
マッサージなので自宅で行うことができますし、天気も関係なく、自分のペースで進めることが可能です。誰かに見られたりすることもなく、運動神経なども一切問題ありません。あいた時間にゆっくりとマッサージすることで、自分の体の状態が分かる良いきっかけになります。なかなか痩せないという人や、運動が苦手だけどダイエットしたいという人におすすめの方法です。


ふくらはぎマッサージで代謝がアップする理由

ダイエットに欠かせない基礎代謝とは。

運動すればカロリーを消費しますが、人間というのは寝ていても呼吸などでカロリーを使っています。この、何もしていない時に消費されるものを基礎代謝と呼びます。基礎代謝が高い人ほど太りにくいと言われるのは、運動しなくてもカロリーを使っているためです。
ダイエットで摂取カロリーを抑えようとして食事制限をする人がいます。体は食べ物が体に入ってこないという危機的な状況になるので、順応するために基礎代謝を下げます。そうすることで少ないカロリーでも体を維持できるようになるのです。けれども、ダイエットの面から見るとせっかく食事制限をしても、使われるカロリーが減っているのでなかなか結果が出ないということになります。

ふくらはぎをマッサージすると代謝が向上。

基礎代謝は年齢を重ねるにつれて誰でも落ちていきます。そのため、若い頃と同じ食事を続けているとどんどん太ってしまいます。そこで、代謝を上げるためにふくらはぎをマッサージしましょう。揉むことで血液の流れが改善し、代謝を高めることができるからです。血流の悪いところは冷えてしまいますが、血行が改善されると冷えも解消し体温が上がります。体温が1度上がるだけで基礎代謝は13%も向上します。
呼吸など自分が意識して運動しなくても、カロリーを消費しやすい体になるということはダイエットに向いていることが分かります。毎日の生活の中で体の代謝が上がり、脂肪を燃焼することができればわざわざ運動する必要もなくなるでしょう。
マッサージで筋肉を刺激できます。
人間の体は60%以上が水分でできていますが、うまく循環しないと手や足など心臓から遠いところにたまってしまいます。心臓は血液を送り出すポンプの役割がありますが、戻ってくる血液を吸う機能はありません。手や足から戻すポンプの力がないと、きちんと血液を循環させることができなくなってしまいます。
手や足に心臓はありませんが、それぞれ大きな筋肉がありポンプの役割を果たしています。筋肉を刺激するためには運動が必要だと考えられますが、実は外部からのマッサージなどの力でも十分刺激することは可能です。ふくらはぎをマッサージすると、大きな筋肉を刺激して血液の流れを大幅に改善することができます。

ふくらはぎマッサージダイエットの効果

alone-chatham-county-daylight-713108

ふくらはぎをマッサージして血流を改善。

第2の心臓であるふくらはぎをマッサージすることで、血液の流れが改善します。もし、自分のふくらはぎを触ってみて、固いようでしたら血液が上手く流れていない証拠です。しっかりともんで血液の流れを改善しましょう。血流というのは運動することで良くなりますが、外部からのマッサージという刺激でも十分に改善します。これは筋肉が収縮するためで、ポンプの役割をするからです。
手足が冷たいなどの冷えを感じる人も、血液の流れが滞っています。いきなりランニングをするのは難しいことですが、マッサージなら自宅で誰でも始めることができるでしょう。手軽に行えるので習慣化につながり、良い状態を保つことが可能になります。

リンパの流れも改善します。

リンパ液には心臓のようなポンプがありません。筋肉などの動きに合わせて流れていますが、多くの人がきちんと流れていない状態です。リンパの流れが悪くなることで起こる代表的な症状がむくみです。夕方になるとブーツがはけなくなってしまうという人も多いでしょう。自分の筋肉だけで流れを改善できるのが理想ですが、すぐには無理なので、マッサージをすることで老廃物を排出させるための手助けをします。
流れが悪くなっているので、末端から心臓の方に向かって戻すような気持でマッサージするのがおすすめです。老廃物をそのままにしていると脂肪細胞と結合してセルライトになってしまい、余計痩せにくくなってしまいます。

内臓の働きなども改善します。

毎日の食事から人間は栄養素を吸収しますが、冷えなどで内臓の働きが悪くなっているケースが増えています。腸や胃などの内臓がしっかりと働けば基礎代謝も増えて痩せやすい体になりますが、放置していると加齢も手伝ってどんどん太りやすい体になってしまいます。マッサージをすることで血液の流れが改善すると、内臓の働きも良くすることが可能です。
肩こりや腰痛、頭痛などに悩んでいる人も多いですがその多くの原因が血行不良です。腸の動きが悪いと便秘なども起こりやすいですが、血液がきちんと流れることでこれらのトラブルを解消できます。ダイエットはもちろんですが、健康面でも良い影響があることがよく分かります。自律神経を整える働きもあるので、不眠などにも効果的です。

ふくらはぎマッサージダイエットのやり方

ふくらはぎマッサージのやり方。

まず、左足の膝を立てるようにして座ります。楽な姿勢で、両手を使ってかかとから膝の裏までふくらはぎを擦ります。この時、必ず下から上へ向かうようにして、手をかかとに戻すときは足に触らないようにします。せっかく戻した血液を逆流させないために必要なことです。次に、親指だけを表側にして、残りの4本の指でふくらはぎの裏側を下から上へと揉んでいきます。気持ちいいと感じる程度の力で行いましょう。最後に親指と人差し指を使ってかかとから膝の裏まで一気に擦ります。こうすることで、ふくらはぎ全体をマッサージすることができます。

マッサージをする上での注意点。

マッサージをする時の力は気持ちいと感じるくらいです。強ければそれだけ効果があると思い込み、痛くても力任せにやってしまう人がいますがこれはいけません。血流が悪く、ふくらはぎが固くなっていると少し押しただけでも痛みを感じてしまいます。強く押しても意味がないばかりか、体を痛めてしまう原因にもなります。絶対に行わないようにしましょう。
そして、爪を切っておくというのも注意点です。伸びた爪が皮膚に刺さってしまうのを避けることができますし、安全面や衛生的な面からの配慮も必要です。ネイルなどがはがれそうになっていたら、この機会にやり直すというのもいいでしょう。自分が安心してゆったりとした気持ちでマッサージできる環境を用意するのが大切です。

マッサージを人にやってあげるとき。

ふくらはぎは自分でもむことができる部位ですが、人にやってもらうと自分で行うのとは違った心地よさがあります。力の加減は状態によって異なりますので、他の人にやる時は必ず痛みはないかの確認をしましょう。気持ちい力加減で行いますが、場所によっては痛く感じるということもあります。状態に合わせて行うことが大切です。痛がるのがおもしろいからと、力強く押すのは絶対にやってはいけません。
相手にはうつぶせで寝てもらった状態で行うのがやりやすいでしょう。この時も、下から上へという流れは変わりません。自分でやるよりも手の動きが自由になりますので、さすったりもんだり、気持ちがいいと感じる動きをしてあげるのがポイントです。余裕があれば、足裏や太ももまでマッサージしてあげるとより血流が改善します。

ふくらはぎマッサージの効果を高める3つの方法

adult-bath-bathtub-1540907

ふくらはぎマッサージをするタイミング。

せっかくマッサージをするのであれば、効果的なタイミングを知りましょう。血流が良くなっている時がいいので、湯船の中に入っている時は絶好のチャンスです。水の中で手の動きもなめらかになります。お風呂上りも血流がいい状態が続いていますので、ゆっくりをマッサージするのもおすすめです。ただ、高齢者や心臓疾患、高血圧などの症状がある人は入浴後に行ってはいけません。心臓への負担が強くなってしまうからです。健康な人も入浴後は脱水状態なので、必ず水を飲んでからマッサージをするようにしましょう。こうすることで安全にマッサージできるだけでなく、効果も高めることができます。

マッサージオイルやクリームを併用。

お風呂以外の場所でマッサージをするのであれば、マッサージオイルやクリームを使いましょう。手の動きがなめらかになり、マッサージしやすくなります。肌を摩擦の刺激から守るだけでなく、うるおいを与えるなどの効果も期待できます。最近はいい香りのするクリームなども販売されています。アロマテラピーの効果はすでに実証されていますが、自分の好きな香りに包まれてマッサージするというのは精神的にもいい効果が得られます。癒しの時間で体だけでなく心もほぐれるでしょう。

マッサージが終わったら水を飲む。

マッサージの後というのは、老廃物が流れやすい状態です。この時に水分をとることで、体外に排出しやすい状態にできます。コップ1杯程度の水をゆっくりと飲むのが効果的です。ジュースなどの甘いものには砂糖が含まれていますし、コーヒーなどではカフェインが入っているのでおすすめできません。
水であっても、冷蔵庫から出したばかりでは冷たすぎます。常温の水を用意したり、お湯を用意しておいて白湯にしてもいいでしょう。飲み方も一気に飲むよりも、ゆっくりと1杯の水を6~8回程度に分けて飲むようにすると吸収されやすくなります。体の中に浸透していくようなイメージでゆっくりと飲むのがポイントです。ペットボトルやタンブラーの中にお水を入れておき、マッサージする隣に置いておけば、終わってからすぐに飲むことができます。入浴後に行うときには、マッサージの前後に水を飲むことになりますがまったく問題はありません。

まとめ

ダイエットに苦労している人は、ふくらはぎをマッサージするだけで痩せられると聞くと驚きます。しかし、血流の改善やリンパの流れの改善に加えて代謝の向上など、体の中から痩せやすい環境を作ることがダイエットの近道です。入浴後などの血流がいい状態で行い、クリームやオイルを使うとより快適にマッサージすることができます。

attractive-beautiful-beauty-769584

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter