ふくらはぎの筋肉太りとは、筋肉の上に脂肪がついてしまい、ふくらはぎが太くなってしまう状態の事を指します。男の場 […]

posted on 2018.12.19

ふくらはぎの筋肉太りとは、筋肉の上に脂肪がついてしまい、ふくらはぎが太くなってしまう状態の事を指します。男の場合は筋肉太りというとマッチョマンの事を想像し、良い事の様の感じるという人も少なくないのですがこれはあまりいい状態ではありません。長く続いてしまうと冷え性や怪我の原因にもなってしまうのです。これからその上手い解消方法と痩せ方を研究していきましょう。

ふくらはぎの筋肉太りとは?

athlete-barbell-bodybuilder-949129

例えば学生時代に随分キツイ体育会の部活に参加していたとして、そんな人がデスクワークの仕事の方に入ってしまうと筋肉の上に脂肪がついてしまう事になります。筋衛生細胞と言って本来は筋肉を修復するために働いていた細胞が活躍の場が少なくなると脂肪細胞になってしまうのです。パッと見た限りでは、筋肉のままの様にも思えます。三段腹の様にブヨブヨでもしていたら危機感を持つ事もあるかもしれませんが、カチカチしているものですので気づかないのです。女性程に男性は見た目を大きく意識しない面がある事も関係していますが、これは放っておくと冷え性や怪我の原因になってしまったりします。急激なこむら返りなどを起こしやすくなったりもしますので、デメリットが大きいのです。代謝が悪い結果とも言えますので、他の部分の筋肉が現役時代ほどではなくなったのに、ふくらはぎだけがマッチョなままというような場合は筋肉太りの方では無いかと少し疑った方が良いです。ちなみに、この状態は浮腫みと被る部分がとても多いです。これも運動不足が原因で体液の流れが滞ってしまう事で起きたりもしますので、運動で解消出来たりもするのですが腎臓系を壊した結果の場合はそうはいきません。基準としては、ふくらはぎ以外にも手や顔が急に浮腫んできたという事だったり、尿や汗が変にベタ付いてくる事なんかが一応出てきますがおかしいと思った場合は即医者へ行くことを強くお勧めします。自分の不摂生が原因だから、トレーニングで痩せてしまえば問題は解決するという事で無理をしてしまい、病気を悪化させてしまったという人なども結構いますので。


ふくらはぎの筋肉の下に隠れているものとは?

ふくらはぎは下腿三頭筋とヒラメ筋で構成されています。この機能が足の曲げ伸ばしをサポートしてくれており、ダメージを受けると筋衛生細胞が損傷部分を修復してくれるのです。ですが、体を使わなくなったりすると、これが脂肪細胞へと変わって筋肉太りになる事があります。筋肉は本来つられている状態になっていますが、脂肪が増えると弛んできてしまうのです。これは激しい筋トレの後に適切なたんぱく質を取らない事でも起きたりしますので、現役の運動部でも決して油断はできないのです。筋衛生細胞はたんぱく質が無いと損傷部位に脂肪を詰めてしまったりしますので。最近はこの辺の対策のためのサイトも出ていますから、心配な時は確認してみる事をお勧めします。ちなみにこれらの解消法にはトレーニング以外にマッサージや足湯といった方法があります。筋肉太りは脂肪に老廃物や水分が混ざってしまう事で起きてしまうものですので、体液がそれらを上手く排出出来る様に外からサポートするわけです。基本的には温めつつ、リンパに沿って押し出すような形のものがよく効きますよ。家で簡単にできる方法としては、蒸しタオルを使うものなどがあります。タオルを38度から40度程にして、ふくらはぎに被せ、冷めるまでそのままにしておくのです。そうすると血行が良くなるのと同時に、そのままタオルが冷えるのに合わせて沈静化も上手く行えますので。体に負担が無く良い新陳代謝を作り痩せる事が出来ます。本来は病院へ行くほどではないにしても、体の一部が変に硬かったり冷えたという場合に行う民間療法の一種でした。お灸の仲間みたいなものですが、新陳代謝を良くするという事ではとてもいい方法ですので。ちなみに冷える事で体の沈静化も狙っていますのでカイロなどのずっと熱いものは避けた方が良いですよ。

STEP1.ふくらはぎの筋肉を揉みほぐそう

ふくらはぎの筋肉太りを解消し、健康的な足へと痩せさせるにはマッサージも有効です。前述してきた様にこれらの状態になってしまうとは、ふくらはぎの新陳代謝が悪くなってしまう事が原因ですので。生活習慣の改善だったり運動をする事等もそうですが、この部分を温めてみたりマッサージする事でも随分結果は変わってきます。ただ、この時に注意点があります。マッサージというと力強くグイグイ押しつぶす事だと思っている人がいますが、それをやってしまうと痩せる所か筋肉太りが酷くなってしまいます。毛細血管や皮膚組織が力で痛んでしまい、その部分にもっと脂肪が付いてしまうのです。男性の場合どうしても『力強くやった方が気持ちいい』という人も多いのですが、それは単に脳が興奮しているだけで体には逆効果であることが珍しくないのです。例えば、膝とふくらはぎの繋ぎ目のあたりを掴んだとします。そうしたらそのままグイグイやらないで静かにユックリ三呼吸ほどしてください。目を閉じても良いですが、その上で手を静かに離していきます。同じ場所をやるのでしたら上限は三回ほどにしてアキレス周囲までやるのです。これは上手くいくと、ボンヤリですが内部から温かくなりそれが持続する様になっているかと。力まない事で始めて認識できる多くの機能が体には存在するものです。そういうのを確認する為の練習とでも思って、ジックリやってみた方が目的のふくらはぎを痩せさせるというのも達成できるものですので。男性の場合は慣れるまで結構時間がかかるかもしれませんが、色々研究してみると面白いかと思います。訳わからんという場合は、つまんだ状態でゆっくり目を閉じ、一分は開けず呼吸に集中するという事などでも良いですよ。

STEP2.ふくらはぎの遅筋を鍛える

ふくらはぎを効果的に痩せさせるには遅筋をトレーニングする事等も有効です。方法はいろいろあります。例えば踏み台昇降は普通にやるだけでも痩せる効果があったりしますが、これをユックリ行うのです。普通は足をスタスタあげたりさげたりするものかと。それを少しずつバラすのですね。『足あげた→止める→右足台に乗せた→今度は台からあげてまた静止』という具合に、所々で止めてみたりするのです。この辺意味が分からないというのでしたら、階段上り下りを足をあげては止めしながらゆっくりやっていくという事で理解して頂けたらと思います。同じような理屈でスクワットをしてみるのも良いです。別に一度に百回やれというような事は言いません。暇な時を見つけたら、両足を平行立ちにし爪先を開かないようにしつつ、ふくらはぎに少しくる程度に腰を落とすのです。しゃがんでしまう程に勢いよくやったりしない事が重要です。そして深呼吸を十してください。その間、自分の中に強張りの類があったらユックリ抜いたりすると効果的になりますよ。これで慣れてきたら深呼吸を二十にしてみたりするのです。ただし、これは人によったら結構腰にくるという人もいるのでコツが分からないという人は最初の間、壁に背をくっつけてまっすぐする感覚をつかんでみる事などが良いですよ。ちなみに本当にキツイという場合は完全に寝っ転がって、両足をまっすぐ伸ばし爪先を反り返らせてふくらはぎを伸ばしては静止し、三呼吸ほど待つというのでも良いです。この辺だけでも相当にキツかったり、痛いという人もいます。そういう場合は、こういうのでふくらはぎ部を使うのに慣れた後で他に入った方が良いです。

STEP3.ふくらはぎのむくみ解消!リンパマッサージ

ふくらはぎが太くなってしまうのには、体液の流れが悪くなる事で浮腫んでしまうというものもありますので。その解消のためにはリンパマッサージなどもとても良いです。ただ、前述もしましたが男性は力強く揉み潰す様な勢いでやってしまう事が多いです。その場合は痩せる所か太ってしまいますので注意が必要なのですが。そういった事を防止する場合には、まず手を当てるだけにする事から始めてみる事です。ふくらはぎで訳わからないという場合は、お腹で練習してみるのが一番分かりやすいですよ。痛い場所なり、なんだか不健康だなと思う所に手を当てたら、お腹の方から手を見る意識にしてみてください。それで静かに呼吸をしていくのです。手の方に注意を向けると、どうしても力強く揉んでみようなど出やすいですので、やられる側のお腹から手を窓越しに見ている様なつもりになると随分落ち着いてくるものがあります。この辺で落ち着いてくると呼吸のスパンなどもユックリ手に伝わって来たりするのが分かるかと。その辺で練習したら、今度はふくらはぎの方に移るのです。ふくらはぎを触る手ではなく、ふくらはぎから触れてるものを見つめるつもりになってユックリ呼吸します。そしてこれに慣れたらゆっくり掴むことを始めてみるのです。少し面倒に思うかもしれません。男性としてはもう少しパワフルに行きたいと思うのも当然かと思いますし、こんな静かな事で痩せるのかよというような気分も出るでしょう。ただ、人間の体は想像以上に多くの環境に無理をして適応してしまう性質がありますので。力強くやってしまうという事は無理をしたままの状態で体に接するという事です。一度そういうのを無しにしないと、こういうものの効果は減衰してしまうのです。マッサージのプロを目指す等でしたら違う面も出てきますが、一般人でしたら、この部分は特に注意した方が良いのです。

STEP4.ふくらはぎ痩せする歩き方を習得!

backlit-city-cityscape-1466852

ふくらはぎを痩せさせる方法としては、歩き方の練習をする事等も有効です。ちなみに前段階として、寝転がった状態のままで爪先を反り返させたり、爪先まで伸ばしてみたりする事などをして強張りを無くすことはしっかりしておいてください。片足を抱えて、逆足を延ばした状態で上下させ、その内に抱えた足を離しユックリ逆足の方まで延ばしていくといった事などでも余力があったらしてみるといいです。そしてその上で基本ですが、まず片足立ちが出来るでしょうか。重心を変に曲げたり挙げた足を高くする必要は無いです。少しあげてフラフラしないならそれでOKですので。ちなみに揺れまくるという場合はこの辺の感覚を鍛えることなどでも相当なトレーニングになったりもします。それで、しっかり立てるようでしたら大股にならない程度に足を前に出します。この時、自分は薄い氷の上に立っているとイメージしてください。思い切り踏んでしまうと氷は割れてしまいます。氷を割らない様にそっと踵から地面に足を付けていくのです。そのままユックリ前に体重をかけていくといつのまにか後ろ足があがっているかと。そうしたらまた同じように氷を割らない様に足を前に出していきます。この時の軌道は前足と多少かする程度のものにしていくと良いですが、分からない場合は普通に歩くのと同じで、ただ氷を割らない様にするとだけ考えても構いません。本来は此処に腰や姿勢の問題なども入ってきます。ただ、最初の間は氷を割らないように歩く事だけをやってみるのが良いかと思います。これで慣れてきたら、変に猫背になっていないかといった事や呼吸が止まっていないかなどを意識したら良いです。暇を見つけては飽きるまでやるくらいが良いバランスかと。

STEP5.ふくらはぎが太くなる生活習慣を見直そう

beard-bench-cup-374044

ふくらはぎが痩せずに筋肉太りのような状態になってしまう事は、生活習慣から来ている部分も否定できません。例えば男性でしたら飲酒や喫煙なども響いてきますし、寝不足なども影響は出てくるでしょう。長時間立ちっぱなしになる事や逆に座りっぱなしになる事もあるかと思います。仕事の性質上不可避であることも多いでしょう。それこそ、ふくらはぎ痩せを気にする余りストレスが重なってしまったら体調を壊してしまったりもします。痩せようと思う切欠になる浮腫みなども女性の問題と思われがちですが、男性の方にも相当に出たりしますし。その辺が前述したように病気からくる場合もあるなどと言われると、なんだかキツイ気持ちにもなるかと。ですので、極端な所から始めようとしないで出来る事から始めるようにしてください。痩せる方法として歩き方の話などを前述したりしましたが、これらの方法を思い出したときに少しずつ生活習慣に混ぜていくだけでも随分変わってきますので。書いてある通りでなくとも必要に応じて、自分なりに内容を変えていくのなども全然構いません。それこそ体がキツイと思ったら、そのメニューはパスしても良いですし。男性はどうしてもキツイ方向で行った方が良いと考えることも多いですが、重要なのは体に負担を少なく長続きさせる事です。寝る時間を少し早くしてみるとか、煙草を一本だけ減らしてみたり、電車を使わないで歩くのを増やすというような程度でも十分変わってきますよ。座り仕事だらけの時には気づいた時に立つ癖を付けたるなどでも、積み重なれば普通にできる様になるものですので。そういう視点を持ちながら、気になった時にはトレーニングサイトなどを覗いて情報収集などをしてみたら良いかと思います。

まとめ

女性の問題だけではなく、男性にも重要な問題になってくるのが筋肉太りです。マッチョマンで良い事の様に聞こえてしまうかもしれませんが、要するに肥満の変化球みたいなものですので。ただ、生活習慣を上手く変えたり、適切なトレーニングをすれば十分なんとかできる問題でもあります。体を壊さない範囲で色々研究してみると、色んな発見がありますので。興味がある人はもっと調べてみるのをお勧めします。

asphalt-clouds-endurance-421160 (1)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter