ダイエット(減量)をお考えの方は少なくないかもしれません。誰でも短い期間で自分が希望するような体重・体形になり […]

posted on 2018.12.25

ダイエット(減量)をお考えの方は少なくないかもしれません。誰でも短い期間で自分が希望するような体重・体形になりたいと思うものですが、人間の体重や体格が変化するためには時間がかかります。どれくらいの期間でダイエット効果が出るかは、体質や減量方法によって違いがあります。ダイエットの効果が出て来るまでの期間の目安と、肥満になりにくくするためのコツをご紹介します。

効果が出始めるまでの目安は「1~2週間」

active-adult-athlete-416778

食事制限で摂取カロリーを極端に少なくすると、短期間で体重が減っていきます。早ければ、1~2週間程度で体重が減少する人もいます。短期間でダイエット効果が出る理由は余分な脂肪が燃焼したからではなくて、単に筋肉が減少したからです。筋肉は重いので、少し減るだけで体重が大きく減少します。

短期間でダイエットをすることは可能?

極端な食事制限をしたりサウナに入ることで短期間で体重を落とすことができますが、肥満の原因である脂肪が減ったわけではありません。サウナで体重が減るのは単に体の水分が一時的に抜けて脱水症になっているだけで、体の余分な脂肪が減ったわけではありません。
人間の体は、糖や脂肪をエネルギー源として蓄えています。活動をする際は糖が先に燃焼に使用され、肥満の原因である脂肪は糖が枯渇した後に消費されます。脂肪を燃焼させることは、簡単なことではありません。

極端なカロリー制限はNG

食事抜きとか朝食はリンゴ1個だけなどのように極端な食事制限をすると、短期間で筋肉が減少することで体重が減ります。その後は体重が変化せず、余分な脂肪を燃焼させることはできません。
人間の体は生きるためのエネルギーを蓄えるようになっています。食事の量を大きく減らしてカロリー制限をすると、体は消費エネルギーを減らす「省エネモード」に入ってしまいます。極端なカロリー制限で省エネモードに入ってしまうと、かえって痩せにくい体質になる恐れがあります。筋肉を減らすと脂肪が燃焼しにくくなり、基礎代謝が落ちてしまいます。
極端な食事制限で短期間に急激に体重を落とすことは、余分の脂肪を燃やしにくくして太りやすい体を作っているようなものです。効果的なダイエットとは筋肉を増やしつつ、時間をかけて余分な脂肪を燃やすことです。効果的にダイエットをするためには食事の質やカロリーを調整しつつ、トレーニングをして基礎代謝を上げて脂肪を効率的に燃焼させる必要があります。


ダイエットが習慣になるまでの目安は「3週間」

効果的に余分な脂肪を燃焼させる方法は筋肉をつけて脂肪の燃焼効率を上げることと、食事の調整を行うことの2点です。脂肪の燃焼効率を上げるためには、生活習慣を変えて脂肪を燃焼させるための体を作ることが大切です。

脂肪を燃焼させるために必要な要素とは

余分な脂肪を燃焼させるためには、エネルギーを消費しやすくするための体質改善が必須です。
脂肪を燃焼させる「道具」は筋肉なので、筋力を付けるためのトレーニングが欠かせません。これに加えて余分な脂肪が体に蓄えられないようにするためのカロリー制限も必要です。カロリー制限のために食事の量を減らすことは簡単ですが、筋肉を減らさないようにしなければなりません。筋肉を付けながらカロリーを減らすためには、低カロリーでタンパク質を多く摂取することが大切です。ビタミンやミネラルなどの栄養素も不足しないように配慮しなければなりません。
ダイエット中はカロリーを減らしつつ栄養が不足しないようにする必要があるので、栄養価が豊富な食事を心がけることが大切です

ダイエットの習慣を身につけるための期間とは?

ダイエットで余分な脂肪を落とすためには、トレーニングと食事の量と質の改善が必須です。これは数日だけ行えば済むというものではなく、長期間にわたり継続することが求められます。ダイエットに成功した後に生活習慣や食生活を以前の状態に戻すと、再び肥満の原因となってしまうからです。
運動や食事制限の習慣が身に付くまでに要する期間の目安は、おおむね3週間程度です。これは、体の余分な脂肪を燃焼させるための「準備期間」と考えることができます。3週間をかけて運動をする習慣を身につけて、食事の量を調整するようにしましょう。ダイエットで本格的に余分な脂肪を燃焼させるのは、運動や食事の調整などの習慣が身についた後が本番です。約3週間をかけて脂肪を燃焼させるための準備を整えることで、ダイエットのスタート地点に立つことができるのです。

ウォーキングダイエットで効果が出るまでの期間は?

exercise-fitness-jogging-6346

ダイエットを成功させるためには脂肪を燃焼させることが必要で、そのためにはトレーニングが欠かせません。ただし普段運動をする習慣がない人が急激な運動をすると心臓などに負担がかかってしまい、長続きしません。ダイエットをするためには、継続してトレーニングをすることが大切です。誰でも無理なく継続することができるトレーニング方法のひとつは、ウォーキングです。歩くことでもエネルギーを消費しますし、無理なく筋力をつけることができるからです。

ウォーキングダイエットのメリットとは

人は普段の生活で、移動をする目的で歩きます。歩く程度では大きな運動効果が期待できないように思えるかもしれませんが、ダイエットのために非常に効果的といえます。ウォーキングには、体質改善・心肺機能を向上させる・脂肪燃焼効果・脳の働きを活発にする・ストレスの解消・美容効果などの多くのメリットがあります。
普段の生活で体を動かさない人が急にジョギングやスポーツなどの運動をすると、心肺機能がついて行けずに苦しく感じて長時間にわたり運動を続けることは難しいかもしれません。これに対してウォーキングであれば心臓に大きな負担がかからないので、長時間にわたり体を動かし続けることができます。短期間だけ急激な運動をするよりも長期間にわたり少しずつエネルギーを消費した方が、トータルの運動量が多くなることでしょう。

ウォーキングダイエットで効果が出るまでの期間とは?

ダイエットが目的でウォーキングをする場合には、正しい姿勢で手足をしっかりと動かす必要があります。脂肪を燃焼させるためには血糖値が低い食事前の方が効果的で、歩く距離や時間を決めて毎日続けることが大切です。効果の程度は歩き方や時間・距離によりますが、早ければ1ヶ月くらいで効果が出る人がいます。遅い方であっても、2~3ヶ月程度で効果が出始めます。1回のウォーキングで消費されるエネルギーが少なくても、継続をすることでトータルで消費されるエネルギーを大きくすることができます。ウォーキングダイエットを始めても短期間ですぐに結果が出るとは限りませんが、辛抱強く続けることが大切です。

ランニングダイエットで効果が出るまでの期間は?

「運動」と聞くと、多くの方はランニングを思い浮かべるのではないでしょうか。学校の部活などでスポーツをする場合には、まず最初に基礎体力を付ける目的でランニングを行います。走ることで、短時間で多くのエネルギーを消費することができるからです。

効果的なランニング方法とは

エネルギーを消費するためにランニングは効果的な運動方法のひとつですが、無計画に走っても大きなダイエット効果は期待できません。ランニングをするためには基礎代謝や心肺機能を強化しなければならず、運動の習慣がない人が急に始めても脂肪を効率的に燃焼させられる訳ではないからです。効果的に脂肪を燃焼させるためには一時的に激しい運動をするよりも、無理なく継続することが大切です。効果的なトレーニング方法ですが、最初は基礎体力をつけるためにゆっくり走るようにしましょう。息が苦しく感じるようであれば、1日に2~3回に分けることができます。基礎体力が付いて苦しく感じないようになったら、少しずつ距離と時間を増やすと良いでしょう。

ランニングダイエットの効果が出始める期間とは?

ランニングをスタートすると筋肉が付いてきますし、少しずつ心肺機能が向上します。息苦しく感じないで走ることができるようになれば、有酸素運動で脂肪を燃焼させやすくなります。トレーニングをスタートしてから基礎代謝が上がったり有酸素運動で脂肪の燃焼ができるようになるまでに要する期間の目安は、3週間程度です。3週間以上運動を続けると、脂肪を燃焼させるための体制が整い、本格的にダイエットをスタートすることができるでしょう。逆にランニングをスタートして3週間以内の期間は、心肺機能の向上や筋肉をつけるための準備期間と考えることができます。ランニングダイエットをする場合でも、長期間にわたり継続をすることが大切です。すぐに結果が出るわけではないので、無理なく毎日続けられるような計画を立てるようにしましょう。

筋トレダイエットで効果が出るまでの期間は?

肥満の原因は余分の脂肪で、多くの脂肪を効率良く燃焼させるのが筋肉です。筋肉をつけると基礎代謝を向上させることができ、余分の脂肪を燃焼させて太りにくい体質にするのに役立ちます。体の筋肉をつける方法のひとつが筋トレで、筋トレはダイエット方法のひとつです。

筋トレダイエットの流れとは

筋トレダイエットは、2段階のプロセスで余分の脂肪を燃焼させます。最初の段階は、トレーニングを行って筋肉を大きくする「筋肥大」です。脂肪を燃焼させるためには、筋肉が必須だからです。筋肥大が達成したら、次の段階は脂肪を燃焼させる「除脂肪」です。筋拡大の期間は多くの脂肪を燃焼させることができないので、体重は減少しません。筋肉は脂肪よりも重いので、筋肥大の段階では体重が増加するケースもあります。それでもトレーニングを続けることで脂肪を燃焼させるための体制を整えつつ筋肉が大きくなるので、目先の体重を気にしないことが大切です。筋肉が大きくなれば、トレーニングで脂肪を燃焼させてダイエット効果が出始めるでしょう。

筋トレダイエットで効果が出るまでの期間

筋トレをスタートしても、すぐに筋肉が大きくなる訳ではありません。まず最初に心肺機能を向上させ、次に体の筋肉をフル稼働させるための「神経適応」を経なければなりません。トレーニングを開始してから半月~1ヶ月程度で神経適応が達成され、これ以降に本格的に筋肥大がスタートします。筋肥大がスタートするまでに1~2ヶ月くらいの期間が必要で、これ以降に筋力がついて脂肪の燃焼がスタートします。筋トレダイエットで脂肪の燃焼効果が始まるまでの期間は3ヶ月間かそれ以上と考えることができます。これも個人差があるので、普段運動をしていない人の場合はもっと長い期間がかかる場合があります。
筋トレダイエットは効果が出るまでに長い時間がかかるので、すぐに結果が出なくても諦めずに継続することが大切です。

期間を過ぎても効果が出ない場合は「基礎代謝」に注目しよう

ダイエットと聞くと、まず最初に「減量」を思い浮かぶ方が多いかもしれません。ダイエットの最終的な目標は余分の脂肪を燃やして体重を落とすことですが、サウナで汗をかいて水分を排出したり極端な食事制限で筋肉を落として目先の体重を減らすことは無意味です。本当のダイエットとは、継続して余分の脂肪を燃焼させることです。

ダイエット効果が出ない場合の対処方法

長期間にわたり運動やカロリー制限をしているのにダイエット効果が出ない場合は、脂肪が効果的に燃焼していないことが考えられます。ダイエット効果が見られない場合には、脂肪の燃焼効率(=基礎代謝)に注目をしましょう。目先の体重を減らすことではなく、基礎代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくすることを目標にします。
基礎代謝を上げる要素は、運動で筋肉をつける・体温を上げる・栄養のバランスを整えることです。運動をしても筋肉がつかない場合には、食事の質を改善して筋肉の材料であるタンパク質を多めに摂取することができます。
運動をしているのに脂肪が落ちない場合には、有酸素運動をするようにトレーニング方法を変えることができるでしょう。激しいスポーツは糖が消費されるので、脂肪の燃焼効果は期待できません。長時間のウォーキングやジョギングの方が、脂肪を燃焼させるのに適しています。

ダイエットの真の目的

仮に減量に成功したとしても、短期間で元の状態に戻ってしまうようでは意味がありません。ダイエット後も肥満になりにくい体質を維持することが大切です。どのような方法でも基礎代謝を上げるためには長い時間がかかりますが、脂肪を燃焼させやすい体質・生活習慣を身につけることでリバウンドを防ぐことができます。ダイエットは体重を減らすことではなく、基礎代謝を向上させて太りにくい体にすることを目標にすると良いでしょう。筋肉が大きくなると一時的に体重が増加しますが、ダイエットは目先の体重を気にしないことが大切です。

まとめ

calendar-3073971_1920

肥満の主な原因は基礎代謝が低下することで、燃焼されなかった脂肪が体に蓄えられてしまうことです。目先の体重を気にして極端なカロリー制限をしたり短期間で減量する目的で激しいスポーツを始めても、効率的に脂肪を燃焼させることはできません。時間をかけてトレーニングを継続しながら心肺機能や筋力をつけることで、基礎代謝を上げることが大切です。

dairy-1986532_1920

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter