ダイエットに成功する人・失敗する人の間には、生活習慣の違いがあるケースが少なくありません。 日々の生活の積み重 […]

posted on 2018.12.14

ダイエットに成功する人・失敗する人の間には、生活習慣の違いがあるケースが少なくありません。

日々の生活の積み重ねが体質を形成している以上、不規則な生活を改善していくことは必須課題です。

体のリズムを整えることで痩せやすい体質になれますので、まずは悪習慣を自覚する部分から見直してください。

健康によい生活を維持することが結果的にダイエットを成功させるのです。

ダイエット成功のいちばんのコツは「習慣にしてしまうこと」

習慣化することで無理せず痩せられます

人は習慣化したことを無理なく継続できる性質があるため、日々の生活の一環としてダイエットをすることが大切です。

例えば近所のスーパーに行くときはクルマを使わずに歩いたり、毎食後にサプリメントを飲んだり、早寝早起きを意識したりする方法は鉄板と言えるでしょう。

ダイエットだと認識するほど身構えてしまい、無理をして挫折やリバウンドする方は少なくありません。

気軽に実践できる方法ほど成功率が高く、これらは毎日継続しやすい方法とも言えます。

例えばサプリメントを活用する方法は飲み忘れが多いかもしれませんが、次第に忘れなくなっていきます。

毎日の歯磨きや入浴を忘れないのは習慣にしているからで、癖と考えるとわかりやすいです。癖となった行為は無意識下でも覚えているもので、ダイエットを成功させる秘訣と言えます。

習慣にするべき理由は継続にあり

ダイエットを習慣にしたい理由は、モチベーションを維持して無理なく継続できるためです。

ダイエットは一日で成るものではなく、日々の継続により結果が実を結ぶものです。健康的に痩せるためには少なくとも3ヶ月はかけたいところで、1ヶ月未満の短期ダイエットはリバウンド率が高くなります。

リバウンドする方法は脂肪と筋肉を同時に落としてしまうため、筋肉本来の脂肪燃焼力を期待できなくなります。

脂肪だけを落として筋肉を維持するためには、時間をかけて実践する必要があるわけです。

苦痛を伴うような方法だと三日坊主になりやすいため、気軽に実践できる方法を長く続けるのがおすすめです。

不規則な生活習慣を変えていく

不規則な生活が継続していると、それだけで太りやすい体質になります。

人間の体は規則正しい生活を続けることで、本来の健康を維持できるのです。

不規則な生活は基礎代謝を低下させてしまうので、体脂肪を蓄えやすくなります。

体脂肪が増えることで血中脂質まで増えてしまい、さまざまな生活習慣病を招くことになります。

自身の生活が不規則だと自覚している方は早急に改善することから始めてください。早寝早起きをすること、適度な運動をすること、ストレスを溜めないことなどは基本です。

生活を変えていくためには、とりあえず1ヶ月は継続してみることです。継続することで苦痛を感じなくなり、その状態が自分にとって当たり前になります。


痩せる人の生活習慣①睡眠しっかり、早寝早起き

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

睡眠のリズムを整える重要性とは

何をやっても痩せないと悩んでいる方は眠りの質が悪いのかもしれません。

生活リズムを整えるためには睡眠リズムから改善していくのが基本で、そのためには早寝早起きをすることが大切です。

少ない時間で熟睡するのは難しく、疲労やストレスも抜けにくいでしょう。

睡眠をしっかりと確保するためには、1日8~9時間を目安にするとよいです。

時間を決めることで起床時から逆算して就寝するべき時刻を算出できます。

例えば朝7時に起床するなら8~9時間前に就寝すればよいので、前日の22~23時には眠りたいところです。

睡眠リズムが狂ってしまうと、すべての生活習慣に影響してくるので注意してください。

疲労・ストレスが抜けずに体がだるさを感じたり、頭がぼーっとしたりします。これはダイエットにおける集中力低下にもつながるので、まずは眠りの質を高めることを意識してください。

太りにくい人に見られる特徴とは

規則正しい生活をしている方は眠りの質もよいと考えてよいでしょう。

こうした人たちは総じて太りにくく、中年世代になっても適正体重を維持していることが多いです。

早寝早起きはもちろん1日8時間以上の睡眠を確保している方が目立ちます。

脳の疲労をリセットすることで気持ちがリフレッシュされますし、ストレス耐性が生まれるのでダイエット成功率が高くなります。

ストレスに対して弱くなるとダイエットを継続することが難しくなり、挫折やリバウンドすることが多くなるのです。

疲れた脳の機能をリセットするためにも睡眠はしっかりと取りましょう。

睡眠の質を高めるコツを知っておく

過度の飲酒とストレスは睡眠の質を低下するので注意してください。

質を高めるためには飲酒を適量に抑えること、そしてストレスを溜めないことが何より大切です。

アルコールは寝つきをよくしてくれますが、それに反して睡眠の質を低下させることがわかっています。

ストレスは心身を緊張させて自律神経のバランスを崩し、入眠障害の原因となるので注意です。

眠りの質が低下すると集中力まで低下するため、ダイエットに挑戦しても結果を出すのが難しくなります。

床に入る前にはネガティブな思考をしないことがコツなので、心を無にする癖をつけましょう。

例えば仕事の失敗や嫌なことはすべて頭から消し去るようにします。

痩せる人の生活習慣②食事はバランスとカロリーとタイミング

栄養バランスを意識した食生活を

痩せる人は規則正しい食生活を徹底しており、腹八分目で終えていることが多いです。

満腹になるまで食べる習慣のある方は胃袋が膨張してしまい、たくさん食べないと満足できなくなります。

食べるほど過剰にカロリーを摂取してしまうので、太りやすくなるのは間違いありません。

また食事内容はバランスを考慮し、ワンパターンにならないように注意します。

特に野菜をほとんど食べない方、炭水化物の摂取が多い方などは気をつけてください。

食べ物の好き嫌いが多い方は太りやすく痩せにくいため、1日30品目を目標にして食材を摂取しましょう。

1日の食事回数は3回がベストであり、1~2回に減らしてしまうと栄養バランスの維持が難しくなります。

カロリーと栄養素のバランスが大切

カロリーを制限すれば痩せやすくなりますが、無理に制限すると必須栄養素が欠乏するので注意です。

例えばビタミンや食物繊維は痩せるために必須であり、これらの摂取量が減少すると摂取カロリーがそれほど多くなくても太ります。

ビタミンは基礎代謝に関わる栄養素であり、特にビタミンB群は十分に摂取することが大切です。

食物繊維は老廃物を排出するために役立ち、毎朝のスッキリを応援してくれます。

老廃物を溜め込まないことは代謝を高めるために役立ちますし、脂肪周りに付着している老廃物を追い出すことで痩せやすい体に変えてくれます。

低カロリー食材を活用すればカロリー制限をしながら満腹感を得られるのでおすすめです。

食べる時間帯を工夫してダイエット

夜遅くに食事する方は太りやすいので、適切な時間に食べるように工夫しましょう。特に夕食は7時ごろまでに済ませるのがおすすめで、夜食はなるべく摂らないようにします。

胃腸に飲食物が入っていると胃腸が活発に働くので入眠を阻害してしまいます。

また夜食で摂ったカロリーは体脂肪に変化しやすいので、肥満を予防するためにも夕食のタイミングには気を配りましょう。朝食抜きダイエットは非常に太りやすく、カロリー吸収を高めたり栄養バランスを崩したりするので注意です。

1日30品目をクリアするためにも朝食は食べたほうがよいですし、朝食を抜いてしまうと昼食や夕食のボリュームが増えやすい問題もあります。

1日3回の食事を正しい時間に食することが痩せるための基本です。

痩せる人の生活習慣③行動の中に運動を組み込む

6b114b52538a202e8e1fdd5564aeb41b_s

なるべくクルマを使わない工夫を

クルマに乗ることが日課になっている方は運動不足になりやすいです。

運動不足解消のためには、なるべくクルマに乗らないことが大切です。

例えば近所まで買い物に行くなら、歩くように工夫しましょう。行動の中に運動を組めば無理なく痩せられるので、中高年のダイエットとしておすすめします。

徒歩で会社まで通っている方なら、ウォーキングを意識すると代謝量をアップできます。

ウォーキングは歩くという意味ですが、ニュアンス的にはダイエットのために歩くという感覚です。

大股を意識して腕をよく振って歩くことで、消費カロリーを増やすことができます。

ウォーキングによって体幹を強化し、体脂肪の付着を予防してくれます。

また筋肉を強化することで基礎代謝を高めて、今までより痩せやすい体質に変えてくれるでしょう。

ながら運動を取り入れてみる

ながら運動とは日常の動作に運動を加えるもので、例えば洗い物をしながら足踏みをしたりします。

歯磨きをするときに片脚立ちをする方法は下半身を強化し、痩せにくい下半身痩せを促進してくれます。

上半身と比べて下半身ダイエットは難しく、成功させるには体幹と骨盤を強化するのがコツです。

1日の運動量を増やすことで脂肪燃焼力が増えますし、基礎代謝を高めることになります。

中年太りの原因の多くは代謝不良にあるため、ながら運動は非常に効果的です。

多忙な方でも無理なく実践できる方法で、部位痩せをしたい方にも適しています。

ダイエットとは単なる減量ではなく、綺麗に痩せることが目的です。

理想のスタイルを維持するためにも減量に加えて部位痩せを実践してください。

足浴なら気軽に基礎代謝をアップできる

仕事で疲れているので運動は無理という方でも、足浴なら気軽にできるはずです。

テレビを見たり本を読んだりしつつ行えるので、無理なく継続できるとの声が多いです。

足浴は全身を温めることによって体温を上昇させ、基礎代謝をアップしてくれます。

ダイエットのコツは体温の上昇にあり、36.5度以上を維持するのが好ましいです。

冷え性は肥満体質を誘発してしまうので、足浴で深部から冷えを取り除いてください。

1日20分の足浴をするだけで代謝アップはもちろん、ストレス解消や免疫力アップも期待できます。

心身によいことはダイエットにもよいと考えて間違いありません。

ダイエットが続くコツは「楽しむこと」

aafc815a3bf7f1d9dc812d8c76f0ed98_s

楽しむためには成功後のイメージが大切

ダイエットで失敗する方は過程で苦労しているケースが少なくありません。

毎日のダイエットを辛いものだと認識してしまうと成功率は低くなります。

人は辛いことを継続することが難しいため、頑張るダイエットほど失敗しやすいと考えてよいでしょう。

成功させるコツは楽しむことにあり、そのためには成功後を明確にイメージすることです。

理想体型を手に入れて恋人を作る、海水浴シーズンにビキニを着用する、などなど。

漠然と痩せようと考えてもうまくいかないので、楽しいことをイメージしてください。

ダイエットすることでどのようなメリットを得られるか明確にすることで無理なく痩せられるでしょう。

楽しむためには自分に合った方法を選ぶことも大切なので、複数のダイエットを試してみていくつかに絞っていくのがおすすめです。

結果を確認することが楽しむコツです

頑張っても体重がほとんど落ちないとなればモチベーションは低下していくでしょう。

挫折しないためには毎日体重計に乗って、現在の体重を把握しておく必要があります。

2週間実践してほとんど減量できない場合は、他の方法に変えることを考えます。

自分に合わない方法を一生懸命に頑張っていても、結果が伴わないので楽しくありません。

みるみる減量していけば痩せるのが楽しくなり、ダイエットが趣味になってしまう方もいます。

例えば通常の食事制限をしてもほとんど落ちなかったのに、炭水化物制限をしたらみるみる減少するという方がいます。

ダイエットにはそれぞれ相性があるので、自分に合ったものを時間をかけて探していく必要があるでしょう。

苦痛なく行える方法を実践しよう

生活習慣を大きく変えてしまうような方法は、苦痛を伴うので継続が難しいです。

楽しくダイエットするためにはマイペースでコツコツ継続できる方法を実践しましょう。

例えば毎日外でウォーキングをするのは難しいという方でも、自宅にルームランナーを導入すれば運動できるという方がいます。

季節や天候と問わずにマイペースで継続できるので、減量効果が高いと評判になっています。

置き換えダイエットをするなら土日など休日限定にすれば、負担を軽減できるはずです。

リバウンドする方法は自分に合っていませんし、何よりストレスが溜まるので注意してください。

まとめ

生活を改善することが痩せる基本であり、そのために生活を習慣化させましょう。

早寝早起きや食事バランス・カロリーの健全化は、基礎代謝を高めるために役立ちます。

運動も基礎代謝を高めてくれるので、日常生活にながら運動を導入するのがおすすめです。

いずれにせよダイエットは楽しむことが大切なので、楽しみながらモチベーションを維持させましょう。

b4e631e7c249bae1c7912d2ad90e8261_s

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Twitterでも最新情報をチェックしよう

RANKING

PICK UP

KEYWORD

FOLLOW

Dr.Diet(ドクターダイエット)は、国内外のダイエットに関するニュース・トレンドをはじめ、エクササイズ法、食事、レシピなどのダイエットに役立つ情報をわかりやすくまとめたメディアです。

  • Follow on facebook
  • Follow on Twitter